カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

大阪市西区で「カーテン夢工房」というカーテン屋をしている私が日々感じることを書いていき、ホームページ上で公開していきます。業界の話やお客様の話など、仕事を絡めながら私自身の考え方を書いていきます。

進化しているプレーンシェード

 

インテリアの業界は繁忙期と閑散期の差が大きいのです。

3月は1年のうちで一番忙しくて、1月は最も暇な時期です。

当店はオーダーカーテンと窓周り品が中心で、新築と吊り替えの比率は半々ぐらいなので

1月は特に暇です。

3月は企業の決算月のところも多く、また年度末で引っ越しシーズンでもあるため、

マンションや住宅メーカーの戸建物件の引き渡しも集中しています。

カーテン屋は3月末に引き渡された物件の工事が4月になることもあり、

3月4月はめちゃくちゃ忙しいのです。

その反動で5月6月は暇になります。

また、インテリア業界では、職人さん不足というのも深刻な問題です。

昨年は消費税増税前のにわか需要で職人さん不足が顕著だったため、今年は

この時期の受注をわざと控えている内装業者もあるぐらいです。

オーダーカーテンの縫製においても縫い手さんの不足のため、この時期は需要拡大に

より納期がひじょうにかかるようになります。

 

職人さん不足は若い人のなり手が少ないのと、高齢化により廃業される方が多く

なってきていることが挙げられます。その要因として、たいへんな割に

賃金が低いという問題があります。

これは、日本の建築業界にとっても深刻な問題となってきています。

魅力ある仕事と賃金がないと、この業界もダメになりますので何卒

ご理解くださいませ。

また、仕事が集中する時期が決まっていて、その時期になると

職人さん不足になります。これもある程度、平準化できればうまく回転すると思うのです。

よって、吊り替え等で特に緊急を要しない場合は4月中旬以降のご注文でお願い

します。

その時期になると落ち着いてきますので、お客様にとってもメリットがあります。

 

 さて、本題です。

 

20年前に当店で買っていただいたお客様の吊り替えです。

その時、私が伺ったようで、ちゃんと私のことを覚えていただいていました。

 

20年前に取り付けたシェード

DSC04213

ナショナルトレーディング(現ナショナルインテリア)のフランス製の生地。

当時よく売れました。

当時は、操作はコード式。

何度かクリーニング屋さんにクリーニングを出されたとのことですが、綿の

生地で横方向に少し縮んでいます。

シェードのクリーニングは気をつけてください。

日本インテリアファブリックス協会のウォッシャブルの基準はタテ方向に

1%、横方向には2%以内の縮みならばウォッシャブル表示になっています。

カーテンとして吊ることを前提としていますので、タテ方向のの縮みは

気にしていますが、ヨコ方向の縮みはあまり気にしていません。

混紡の生地で、綿のような縮む組成はヨコ糸に使われていることが多いのです。

そのため、ドライクリーニングをしてもヨコ方向に縮む生地もあります。

 

今回取り付けたシェードは

DSC04215

メカはドラム式で裏地付きです。

DSC04232 DSC04227

遮光裏地なので、リング付きテープを縫い付けるとミシンの針穴が

目立つので、リングは1点止めの手縫いしています。(これは有償のオプション)

リング付きテープを使わないプレーンシェードです。

 

DSC04228

↑ 裏地の縫製は無双縫製 ↓ リング付きテープは使っていませんので針穴は

ありません。

DSC04230

リングも洗濯のために簡単に着脱が可能なリングを使っていて、そのピッチも

均等になるようにしています。

DSC04231

カーテンも裏地付きのリターン仕様です。

DSC04220

DSC04226 DSC04224

 

 

生地はドレープがスミノエU6129  レースがスミノエU6088

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

「4月10日はインテリアを考える日」

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

省エネ住宅ポイント制度が始まっています。

1年前の昨年の3月に当店で新築マンションのリビングのカーテンボックスに

シルエットシェードを取り付けています。

先日、そちらの窓にマンション管理会社の紹介で内窓を取り付けされました。

内枠の奥行があまりない窓で40ミリのふかし枠を使っておれれます。

(一般的なやり方です。室内に40ミリでます。)

さらに掃出し窓でサッシの中心部分が30ミリほど室内側に飛び出します。

そのため、シルエットシェードを室内側に移動しなければなりません。

IMG_2335_R

内窓を取り付けられました。

IMG_2337_R

IMG_2338_R

カーテンボックスにシルエットシェードが手前に移動して取り付けられていました。

サッシ屋さんが、3人で説明書をみて1時間ぐらいかかってとりつけられたそうです。

お客様はシルエットシェードとカーテンボックスの間が25ミリほど

開いているので、もう少し手前につけてほしいと言ったのに、サッシ屋さんは

これが構造上ギリギリの付け方でこれ以上開けないと取り付けが出来ないと言われた

とのことです。

そこで、私にSOSがありました。

IMG_2341_R

シェードを一番下まで降ろして、上げる時に

ボトムバーがサッシの真ん中部分のでっぱりに引っかかるのです。

サッシ屋さんの取り付け方はひじょうに正しい取り付け方です。

シルエットはブラケットの前に30㎜ほど隙間がないと取り付けらないように

なっています。

メーカーに聞いても、これはどうすることもできないと必ずいうと思います。

 

でも、私には28年の経験とメカを知り尽くした知識があります。

なんとかしました。

IMG_2339_R

さらに15ミリ手前にだして、カーテンボックスとシルエットの隙間を10ミリに

しました。

これによって、シルエットシェードが内窓の枠に引っかからずにスムーズに

開閉することができました。

IMG_2342_R

 

 カーテンボックスのある窓に後から内窓をつける場合でふかし枠を使うときは

カーテンレールやメカものと干渉することが多々あります。

 

カーテン屋は、カーテン屋の立場で内窓をみますが

サッシ屋はカーテンのことはわからず察してよというだけです。

内窓はカーテン屋に頼むのがいいのです。

 

さて、本題です。

 

こちらのお客様を訪問して26年12月27日以降の契約から適応されている

「省エネ住宅ポイント」についてご存じなかったのです。

過去2回行われた「住宅エコポイント」とおなじような制度で

 

国土交通省が実施しています。

省エネ住宅に関するポイント制度(省エネ住宅ポイント制度)は、

省エネ住宅の新築やエコリフォームの普及を図るとともに、消費者の需要を喚起し、

住宅投資の拡大を図る事を目的とし、一定の省エネ性能を有する住宅の新築や

エコリフォームに対して、様々な商品等と交換できるポイントを発行する制度です。

詳しくは国土交通省のホームページをごらんください。

 

内窓も対象商品です。

来年の3月31日までです。

内窓を取り付けを検討されている方は、です。

どこの窓をすればいいかって?

居間です。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

「4月10日はインテリアを考える日」

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

ピッチホールドテープで1.3倍フラットカーテン

当店では、ここ最近フラットカーテンの1,3倍以上ではピッチホールド

テープを使って、均等なウエーブが出るようにしています。

ピッチホールドテープとはギャザーテープみたいな商品でヒモをひっぱると

均等なウエーブがでるようになっています。

DSC04173

フック間は山になって

部屋側にくる方は11センチピッチで、谷側にくる方は8センチピッチで

正確にいうと山が大きくて谷が小さい均等ピッチです。

このテープを使わないと均等にウエーブが出にくいのです。

(テープのヒモを引っぱる前の施工写真 1.3倍状態

DSC04183

DSC04180

テープを使うとフック間は常に一定になります。

DSC04192

DSC04193

 

両開きですが、真ん中の部分は耳があるのですが、柄は流れるように

縫製しています。

DSC04176

DSC04178

↑ 少し開いている。写真はわかりやすくするためにテープのヒモを

引っぱる前に撮っています。

生地はフィスバのサーペンタイン54093-20

 

ドレープはお客さんが知人から買われたサンゲツのカーテン

DSC04191

 

サンゲツのメーカー縫製は簡易型形態安定加工が標準仕様でないのです。

 

 

今日のブログは15分で書けました。

いつも1時間以上かかっているんです。

施工写真を載せる簡単なブログでもいいですかね?

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

「4月10日はインテリアを考える日」

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

最近の修理物件(3)

 

店の近くにあるタワーマンション「大阪ひびきの街 ザ サンクタスタワー」が

今月の下旬から始まります。(オプション販売業者はすでに納品をしています。)

おかげさまでたくさんのご注文をいただいています。

この部屋の1つのタイプで巾が7910㎜の全面ガラスの大きな窓があります。

そちらにタテ型ブラインドを均等2分割で納品するのが2件あり、エレベーターに

乗るかどうかの調査をしてきました。

実測時に部屋の玄関からリビングへの搬入は可能なのは確認済みで、エレベーターも

メジャーで測る限り微妙なところでした。

もし、エレベーターに乗らなければ、395㎝のレールを担いで階段で48階まで

登らなければならないので、実際の長さのものをつくって調べました。

DSC04167 DSC04168

DSC04171 DSC04169

ギリギリ乗ることがわかり一安心です。

 

昨年の第一回窓装飾プランナーの資格試験の記述式問題に「巾270㎝の

窓のあるマンションでの注意事項を述べよ」というようなのがありましたが

「搬入経路を調べる」というのも回答文のキーワードのひとつです。

事前にこういうチェックをするのも窓装飾プランナーの仕事です。

 

さて、本題です。

 

前に書きました最近の修理物件(2)の続きです。

今年に入って当店で修理した物件を紹介しています。

 

7)ハンターダグラスのデュエットシェードトップダウンボトムアップの

紐切れ

DSC04196 DSC04199

これはよく起こります。

修理は当店でやっていまして、

事務所の天井にはハンターダグラスのデュエットとシルエットの歴代のブラケットが

つけてあって、すぐに修理できるようにしてあります。

すべてハンターのブラケットです。

DSC04200 DSC04201

 

こちらは当店でお買い上げいただいたものですが平成21年4月の発注分で

5年間の無料保証期間が過ぎていますので2台修理で1台あたり5400円の

修理代です。

 

 

8)浴室ブラインドの塗装はがれ

お客様のところに別件で伺ったら他店で取り付けの浴室のブラインドの塗装が

はがれてきているのですが、こんなもんでしょうかと相談を受けました。

DSC04066 DSC04063

浴室用のブラインドなのにヘッドレールとボトムバーの塗装がはげてきているのです。

これは初めての経験でした。ご購入されているところもはっきりわかっているとのことで

そちらに言ったほうがいいですよというアドバイスをさせていただきました。

インテリアの業界は、メーカーに話をするときは購入店を通じてするのが

一般的なんです。

ここで、気づいたのは浴室ブラインドが縮んでいるのです。

DSC04067 DSC04068

画像はクリックすると別のページに飛びまして、そこでもう一度

クリックすると拡大します。

発注サイズは丈は95㎝になっていますが、実際は92.5㎝に縮んでいました。

私は浴室のブラインドは縮むということを知っていまして、2005年にも

ブログに書いています。

たぶん、施工された業者もそのことをご存じで長めに発注されているんだと

思いますが、実際ここまで縮むとは思ってもいませんでした。

いいデータがとれました。

 

9)モルザのプリーツスクリーンが斜めにあがる。

7年前に当店で取り付けたモルザのプリーツスクリーンが斜めになり、

昇降できないとのこと。

DSC04133

昇降コードがシャフトに絡まっていました。

現場で分解してその場で修理。

当店の販売で7年前のため、修理代3240円

 

10)ヨコタの木製ブラインドの開閉がぴったりいかない

中の部品が割れていました。

ヨコタは倒産して、部品の入手が困難なんですが、製造メーカーに部品が

あったので分けてもらって修理。他店購入分で修理代12000円

DSC03651

 

11)ブラインドのコードが団子になり昇降不能

10年前に他店で購入されたブラインドでコードが切れそうになっていて

昇降できないとのこと。

 

これは掃出しの窓で、出入りをよくされる窓でブラインドの羽根(スラット)を

閉じた状態で昇降されるとよく起こります。

コードを通す穴の金属の部分とコードが触れると消耗しやすいのです。

私のデータでいくと、夜ベランダでたばこを吸われるホタル族のご家庭で

その出入り窓がブラインドの場合に一番起こりやすいのです。

夜なので、ブラインドを閉めた状態で昇降されるためです。

IMG_1907_R IMG_1911_R

他店購入分で修理代は21600円。

 

当店で購入いただいた分はすべてデータがありまして、5年間は無料保証して

いまして、その後も比較的安く修理をさせていただいています。

他店でご購入分はデータがないので、一度現場調査に行って、部品を

発注して取り替えに行くという2度手間になりますので修理代が高くなります。

 

お客様にとっては、購入されたお店に修理依頼されるのがメリットです。

他店購入分で当店に修理依頼がくるのは、買った店が無くなったというケースと

どこで買ったかわからないというケースと、買った店に聞いたらメーカーに

丸投げするとのことでひじょうに高かったというケースです。

 

購入時にはメンテナンスのことも考えてお店を選ぶようにしましょう。

 

 続く

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

「4月10日はインテリアを考える日」

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

 

あとから取り付けられるカーテンボックス

先日、ご来店いただいたあと、木製ブラインドの実測にお伺いしたところ、

お客様はスマホのInstagram(インスタグラム)のアプリを開いて

#木製ブラインド (ハッシュタグ木製ブラインド)で検索されて、このぐらいの

色がいいんですとおっしゃるのです。

Instagram(インスタグラム)とは、世界で1億2000万人が利用している

写真投稿サイトです。

私も個人的に早くから利用していました。

当初はフォロワーもいなかったので奥さんとのやりとりで、今日のランチの

写真をアップして、夜はかぶらないようにしてねという具合に活用していました。

それを何もわからず、公開設定にしていると第三者も見れることがわかり

やめてしまいました。

そのあと、中国と日本との連絡用に使っていました。

中国は、フェイスブックもツイッターも政府が規制していて使えないのです。

昨年7月からラインも規制されるようになりました。

昨年9月時点では、Instagram(インスタグラム)は使えてました。



お客様がInstagram(インスタグラム)を使い切っておられるのを知り、

当店も仕事でInstagram(インスタグラム)を活用することにしました。

同業者の活用振りをチェックしたらやはり若手経営者のところが

数社活用されていました。遅ればせながら

個人のアカウント名を「カーテン夢工房」(CURTAINYUMEKOUBOU)に

変更しまして、今後施工写真をアップしていきます。

 

さて、本題です。

 

戸建住宅でカーテンボックスを取り付けたいという要望が意外とあります。

建築段階で、それを要望すれば簡単につくることができると思うのですが、

完全に出来上がった状態でとりつけるのは、色の問題や下地の問題等で

スムーズにいかないことがあります。

 

今回の現場では、トーソーの「グラビエンス」というイージーオーダーの

カーテンボックスを後から取り付けました。

DSC04158

↑ カーテンボックスのない窓

DSC04160

天井近くに取り付けたのですが、天井に下地補強がされていないため、

天井際の壁に正面付けしています。

天井ぴったりにはつけられなくて、天との隙間が3センチぐらい空きます。

DSC04162

DSC04166

DSC04163

カーテンボックスを取り付けるメリットはシンプルに見栄えよくできまして、

上部からの空気の流入を防ぎ、光漏れも緩和します。

サイドをリターン仕様にすることによってサイドからの冷気も防ぎますので

省エネ効果もあります。

カーテンで省エネする方法としては、

1)カーテンボックスをつける

2)生地をたっぷり使う(2倍使い以上)

3)ドレープとレースの2重吊り

4)裏地を付ける。(インナーライナーを入れて3重仕上げにする。)

5)リターン仕様にする

6)カーテンの丈を長くする

7)厚めの生地を使う

8)遮熱糸や遮光性のある糸など機能性のある繊維を使っている商品を使う

 

これら8つぐらい考えられるでしょうか?

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

「4月10日はインテリアを考える日」

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

最近の修理物件(2)

中国の春節の影響で、10日程前ぐらいから中国語圏からの多くの観光客が

来日され、日本で爆買いをしていました。

大阪の街もすごくて心斎橋商店街や免税対応の店は人で溢れかえっており、

中国語が飛び交っていました。

大阪の庶民の台所、黒門市場も年末同様に歩けないぐらい中国人でいっぱいでした。

黒門市場はいち早く中国人観光客を取り込む体制をつくっています。

空き店舗を無料の休憩所(店で買ったものをそこで食べられるようにしている)にし、

無料のWi-Fiを設置し、仮設トイレを新設し、そこには中国人・韓国人の風習に

合うようにトイレットペーパーを捨てるバケツまで置いてあるのです。

(紙にはうんちくが・・・)

 

案内板も英語、中国語併記でどんな店かわかるようにしています。

IMG_2311_R

IMG_2312_R IMG_2313_R

 

中国語のガイドブックにも黒門市場が紹介されていて、本の写真を指差して「トロ」

といっていた観光客もいました。

 

私がよく行く魚屋の83才のおばちゃんも外国人には英語で対応されます。

「英語しゃべったら中国人か香港人がすぐわかるな。

香港人の方が英語がうまいわ。」とゆうてはります。

 

商売をやっていると「ニッパチ」と言って2月8月は売り上げがひじょうに

厳しいのです。

その中で、ビジネスモデルを変えて、この時期に中国の富裕の層(冬の層)を

取り込んだやり方は見習うべきものがあります。

 

当店も店内表示を英語、中国語、韓国語併記をして、

 グローバル店舗を目指さなければならないと思いました。

 

 

さて、本題です。

 

昨日のブログの続きで今年になって依頼のあった修理物件です。

 

4)プレーンシェードが止まらない

このクレームはよく起こりまして、ほとんどはトーソーのパティナというメカの

コード式です。

お客様から依頼があったときは、それだと思って修理部材を持っていったら

川島織物のメーカースタイルで15年程前の商品でした。(他店購入分)

メカは倒産したエスエム工業のものでした。

DSC03638 DSC03635

生地も汚かったので新規で新しく作り直すことになりました。

 

5)プレーンシェードのコードのもつれ


これもよく起こるクレームです。

昇降コードは切れていなくて、コードは外れて、ドラムにからまるという現象。

14年ほど前に当店が取り付けた物件で、メカはフェデポリマーブルの

ドラム式(エスエム工業のメカで、倒産後引き継いでいて、このメカは

なかなか優れものでした。)

分解して修理。修理の部分の写真は撮り忘れました。

当時流行っていたフラットバルーンのスタイルです。

1年に1回は洗濯していただいていて、生地は比較的きれいです。

DSC03624

DSC03628 DSC03634

(画像はクリックすると別のページに飛びまして、そこでもう一度クリックすると

拡大します。)

 

修理代は当店施工のもので5400円です。

 

6)木製ブラインドが滑る。

3年半前に取り付けたタチカワの木製ブラインドが一番上に上げた時にピタッと

止まらずに少しずれ落ちます。

これは当店では2回目で、コントローラーの部分を取り替えです。

DSC04014 DSC04013

(画像はクリックすると別のページに飛びまして、そこでもう一度クリックすると

拡大します。)

施工後3年半ですが、スラットが意外と反っていました。

DSC04010 DSC04009

鉄の部分が、樹脂の部分と接しているところが回転することによって

すり減って隙間ができます。

そのために滑ります。

構造的な問題だと思います。このメカはリニューアルされて今は廃番になっています。

3台取り替えましたが、当店の販売で5年保証なので無料です。

 

 続く

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

「4月10日はインテリアを考える日」

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

最近の修理物件(1)

2月20日〜22日に東京・阿佐ヶ谷で行われた「3人のインテリアコーディネーター展」に

行ってきました。

3人とは、荒井詩万さん、飯塚奈津子さん、三宅利佳さんの1971年生まれの同い年で、

母親でもあるインテリアコーディネーターです。

出会いのきっかけは、ジャパンテックスの時に行っているインテリア関係者の

オフ会で意気投合されて3人でなにかやろうということになったようです。

展示会とは、実際に賃貸物件として使用するマンションを三人が三様に

コーディネートをして、それも含めて賃貸しするというものです。

内容に関しては、インテリアの楽しさを教えていただき、素晴らしいものでしたが、

多くの人がフェイスブックで感想を書いておられますのでここでは割愛します。

彼女らのブログを読んでいただければと思います。

 

私が注目をしたのはフェイスブックブランディングと、こうしたビジネス

モデルがうまくいくのかということです。

 

彼女らの宣伝はフェイスブックが中心でした。

フェイスブックで情報を発信続けることでインテリア業界のイベントである

ジャパンテックス実行委員会が目をつけ、業界紙が取り上げ、あるメーカーも

接触をもったりしました。

フォロワーも話題にして拡散していきました。

 

また、賃貸物件をコーディネートして貸し出すというのも新しいビジネス

モデルで、こういうやり方が成功するのかどうかも関心がありました。

 

これらがうまくいったのかいくのかはわからないですが、

3人の淑女が並んでいて気付いたことがあります。

 

我ら世代の永遠のアイドル「キャンディーズ」とかぶったのです。

個々の性格・雰囲気が一緒です。

オープニングで前に立っておられた位置もキャンデーズと同じで、

左からミキ・ラン・スーでした。

 

インテリアを目指す若い人たちにとって、彼女たちが憧れの存在に

なってくれれば、この業界も明るいとおじさんは思うわけです。

 

「もうすぐ、春ですね♪♪ コーディネートしてみませんか〜♪♪」

 

おじさんももうすぐお世話になるかもしれません。

 

ミキランスー♪♪ ・・・・・→アデランス♪♪

 

さあ、いくもう

 

 

さて、本題です。

 

最近は修理依頼がひじょうに多いのです。

今年になって修理した物件は12件ありまして、それを4回に分けて書いていきます。

当店は、当店でお買い上げいただいた商品は5年間の無料保証をしておりますし、

それ以降でもひじょうに安く修理をしております。

こうしてブログに書いていますと、他店購入の修理依頼も多くあります。

その場合は、メーカーの修理価格に準じております。

 

1)レールのランナーが欠落した。

7年前に他店で取り付けされたお医者さんの間仕切りカーテンのレールで

ランナー(駒)の引っ掛けるところがなくなっていました。

メールで写真を送ってもらったところ、トーソーのニューリブかとおもって

ニューデラックのランナーを持っていきました。

DSC04149 DSC04147

(画像はクリックすると別のページに飛びまして、そこでもう一度クリックすると

拡大します。)

DSC04150

使ったことのないレールでタチカワのものでしたが、トーソーのランナーでも

問題なく入りました。

こういう経験は初めてでした。

修理費10800円

 

2)ブラインドのコード切れ

15年前に他店購入のブラインドのコード切れ。正確にはコードは

まだ切れていないのですが、団子状になって昇降不能になっていました。

DSC04151 DSC04152

トーソーのセラミー18でセパレートタイプ巾225㎝×丈200㎝

昇降コード、ロックベルト、NCスナップリング交換

現場調査に行って、部品を用意して2回行かなければならないので、

修理代23760円

 

3)ハンターダグラスのデュエットシェードのコード切れ

 

4年前に他店購入のデュエットシェードのプライバシービューの昇降コード切れ

DSC04023 DSC04029

 ハンターダグラスのデュエットのコード切れはひじょうに多くて今年で

3件修理しています。

メーカーに修理依頼をすると35000円程かかります。

当店は、ほとんど私がやっていますので、当店でお買い上げで5年以内のものは

無料です。他店購入分はメーカー修理価格と同じです。

今回は別の部屋の分でプレーンシェードを一緒に注文をいただきまして、

少し安くさせていただいて、修理代が21600円です。

 

続く

 

 

今日の話はよかったですか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

「4月10日はインテリアを考える日」

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

 

 

タグ :
1 / 345123...10...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.