カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

大阪市西区で「カーテン夢工房」というカーテン屋をしている私が日々感じることを書いていき、ホームページ上で公開していきます。業界の話やお客様の話など、仕事を絡めながら私自身の考え方を書いていきます。

レースの洗濯はこまめに

 先日、大分県臼杵市にある加工所に行ってきました。

いつも往復フェリーさんふらわ(以前の関西汽船)で大阪南港から別府まで行きます。

夜、寝ているうちに港に着くので私はひじょうに便利なんです。

私はどこでもすぐに寝れるのでいいのですが、スタッフはなかなか寝れなかったと

言ってました。

IMG_2125_R IMG_2124_R

朝、別府に着いて、その晩に別府をでるツアーを弾丸ツアーといいまして、

それならば雑魚寝部屋(ツーリスト)で平日で往復12960円、週末ならば

往復10000円です。

けっこう安くて雑魚寝部屋(ツーリスト)は一部屋に2〜3人ぐらいしかいなくて

ゆっくりできるのです。

加工所は臼杵市にあります。

ここは石仏と「ふぐ」で有名な町です。

臼杵は人口4万人弱の市ですが、ふぐ専門店が30軒弱あって、

どこもつぶれていないないそうです。

全国から食べに来られるそうです。私もそのうちの一人です。

2015のミシュランのランク付けで3つ星に昇格した東京・西麻布の山田屋の

本店は臼杵市にあります。globeのKeikoさんの実家です。

山田屋のホームページをみていると、ふぐを東京で食べると臼杵の2.5倍ぐらい

してましたね。

 

さて、本題です。

 

5年2か月前に当店で納品した川島織物セルコンのレースFT-1859

(今のFT-5327)を当店でカーテンクリーニングをしたら「ピリッ」と

裂けてしまいました。

DSC03847

DSC03844

寝室の南側の窓に5年2か月洗濯せずに吊りっ放しという状況で、

クリーニング師が洗う前にチェックしたところ、大丈夫だろうと判断したのですが

まさかの結果になりました。

この商品は今も継続してあり、見本帳には小さな字で注意書きがしてありました。

FT5327-1

拡大

FT5327説明

分繊糸という極細繊維を使っている商品で、紫外線に弱いのです。

直射日光の強いところでは、裂けるということは専門店ならば知っていることで、

その注意喚起をしていたかという問題と、まめに洗濯をした方が

ほこりや汚れを取り除くので、洗濯をよくしてくださいということを

伝えていたかという問題があります。

小売店にも販売責任というのがありますので、問題のある商品はマイナス要因を

充分に説明をして、それに納得されない場合は「売らない」ということも

必要かと思っています。

 

そのやり方が当たりかどうかはわかりません、

なにせ、「うらない(占い)」ですから。

 

最近のメーカーのカタログにはこうしたマイナス要因が小さな字でいっぱい

書いています。

メーカーの商品説明会(新作展示会)や営業員がこうしたことを説明して

くれることはめったにないですが、何かあった時に責任逃れできるように

なっています。

この注意書きにも

「ほこりや汚れが生地の傷みを進めることも考えられますので、

半年に1回のお洗濯をお薦めします。」と書いてあるのです。

当店でも、「ドレープ(厚手カーテン)は2年に1回

      レースは半年に1回洗濯しましょう」ということを

言ってます。

レースは直射日光のよくあたるところで、長い期間洗わないでおくと、

裂けることがよくあります。

DSC03914 DSC03915

一度も洗わず5年程経ったキロニーKTB1429。

洗う前に裂けました。

 

これは極細の繊維を使っているレースにおいては

避けて通れない問題です。

 

カーテンの洗濯は、自信がない場合は洗う前に購入店に相談しましょう。

よい商品は、購入店にカーテンクリーニングを依頼しましょう。

 

カーテンはカーテンクリーニングをしている店で購入するのが賢明です。

そこにクリーニングを依頼しないにおいても、そういう店は

販売責任をもってやっていますし、商品知識もあると思います。

 

 

 

今日の話はよかったですか?  いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

フラットカーテン用ピッチホールドテープ

フェイスブックのお友達の投稿をみていると、多くの人がハイムテキスタイルなどの

ヨーロッパのインテリア展示会に行かれて、現地の情報を発信していただいています。

私の周りでは、20名近くの人が行っておられて取り残された気分ですが、

おそらくハイム等に行っておられる方がフェイスブックで積極的に情報発信を

されているだけで、多くのインテリア業界の関係者は日本におられるのだと思います。

 

さて、本題です。

 

私もハイムでいい商品を見つけてきました。

日本のここにもあったか?

あったか ハイム

DSC03907

 

 オーストリア製のフラットカーテン用のピッチホールドテープです。

DSC03912

フックの取り付け位置が均等になっていないのがポイント ↓ ↑

DSC03911

ここ何年かフラットカーテンがひじょうによくでます。

フラットといっても、レールと同じ長さのフラットではなく、1.1倍フラット

1.2倍フラット、1.3倍フラット、1.5倍フラットというような言い方をしますが

少し余裕を持たせます。

そうするとカタログの写真でみるようにいつもきれいな均等なウエーブが

でているわけではなく、動かすと真ん中にくる方が平たくなり、

両端にウエーブが残るような感じになります。

こちらのブログを参考にしてください。

 

 そのため、1.3倍のフラットにして形態安定加工をしたり、ピッチキープ

コード(バーチカルのスペーサーコード)を使ったりしていました。

しかし、このオーストリア製のピッチホールドテープがあればきれいにできます。

テープを縫い付けた裏側 ↓

DSC03748

裏側にピッチキープテープを縫ってギャザーテープのように糸を

引っぱればいいだけです。

DSC03746

均等なウエーブがでます。

1.2倍から2倍のフラットまでできます。

上からみたところ↓

DSC03747

一番上の写真をみていただいたらわかるように、フックの差し込む位置が

決められていて均等ではないのです。

当店のハトメ加工のリングの位置と同じように山側(前に出る方)の

フック間が大きく、谷側が小さいのです。

そのため、糸をひっぱるだけで、山が大きく、谷が小さい均等ウエーブがでるように

なっています。

これできれいなウエーブの出るフラットカーテンができます。

 

今日の話はよかったですか?  いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

HOULES(ウレス)社のタイバック(タッセル)

メーカーのシステム化された商品以外のものをよく使うので東急ハンズに

施工部材を買いに行くことが多いのです。

心斎橋の東急ハンズまでは、当店からクリスタ長堀を通って歩いて15分ぐらいです。

クリスタ長堀から地上に出るところにこんな看板がありました。

IMG_2075

なんかおかしくないですか?

日本語、英語、韓国語、中国語で書かれているのですが、

英語で「AM5:00〜PM23:00」となっています。

日本語でいうと午前5時から午後23時ということなんでしょうけど、

午後23時といういい方はしないでしょう。

正しくは 5:00AM 〜 11:00PM  です。

AM、PMも数字の後ろに書くのが正しいのです。

これも間違っている人が多いですが、こういうのがひじょうに気になるのです。

 

さて、本題です。

フランスのメーカーで80年以上続く老舗のHOULES(ウレス)社の

タイバック(タッセル)を取り付けました。

日本ではほとんどのメーカーがタッセルといっているもので、カーテンを束ねる

房飾りのことです。

または、タイバックともいうのですが、インテリア用語辞典などで調べると、

「タッセルのことで、欧米ではタイバックという」と書かれています。

タッセルも英語ですが、欧米で使われていないようで、カーテン関連商品としては、

日本で使われている言葉のようです。

ウレスのタイバック(タッセル)はひじょうに数多く商品があり、

日本でも多くのメーカーが取り扱っています。

今回、取り付けた商品はお客様がマナのショールームでみられたもので、

名前はわかりません。商品番号は35023の9800と9500です。

DSC03863

これを自由にいろいろと組み合わせることができます。

DSC03864

5本つないだものを1組作りました。

DSC03871

 

 DSC03881

腰窓でベッドがあって写真はうまく撮れてません。

 

このタッセルは1つ1900円(税抜)で5つの組み合わせが2本で1窓

2万円ぐらいします。

うれしい〜す。

 

マンションは下地がないので、タッセル金具の取り付けは、アンカーを使います。

当店ではアリゲーターという商品を使っています。

DSC03865 DSC03866 DSC03878

DSC03868 DSC03869

(画像はクリックすると別のページに移り、そこでもう一度クリックすると

拡大します。)

取り付ける高さは当店では腰窓の場合は白銀率(1:1.414の比率)

掃出し窓の場合は黄金比率(1:1.618)を用いています。

詳しくはこちらをお読みください。

(間違って理解していただいている方が多いのですが、これはふさかけ金具の

つける位置ではありません。カーテンと触れる位置の比率です。)

 

この考え方は、ブログを書きだした10年前ぐらいに書いていますが、

インテリア業界では認知されていません。

エンドユーザーの方が、これが正しいと判断していただいて、多くの方が

リンクを貼っていただいたり紹介していただいています。

けっこう浸透してきていると思っていまして、来年改訂になる

「窓装飾プランナーBOOK」に載らないかなと思っているのですが、

大手メーカーが通そうとしてくれないのです。

そのため、窓装飾プランナーBOOKはレール部門だけが、記述がひじょうに

古くて、今の時代に合ってない内容になっています。

 

 

 

今日の話はよかったですか?  いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

動物柄の生地でシェードをつくる

先日、福井市に行ってきました。

主目的は越前海岸にある純喫茶「cafe mare」さんに行くことで、ここはフェイスブック

ページで「いいね!」が4800以上あり、その魅力はなんなのかを知るためです。

アポなしで行ったにもかかわらず、美人ママが、親切丁寧にお話をしていただき、

たいへん刺激になり勉強になりました。

 

わからないことがあれば現場に聞け。

当店は現場主義。

現場を起点にやっています。


 
「カーテン夢工房」を作って今年は21年になります。(創業28年)

最初の10年は地上戦で、DMを送ったり、ポスティングをしたりしていました。

そのあとの10年は空中戦でインターネットでの情報発信に力をいれてきました。

これからの10年は接近戦で、エンドユーザーともっと近づくために

フェイスブックやLINEに力を入れていきたいと思っています。

 

カフェマーレさんにて

IMG_2117_R

IMG_2116_R IMG_2118_R IMG_2120_R

集客のためにフェイスブックブランディングをして、相当努力されています。

常に前向きでした。

 

夜は、サラリーマン時代の元同僚と福井県・三国町の民宿「ふるき」さんで

越前ガニのフルコースを食べてきました。

ここは、魚屋さんがやっておられる民宿で安くて最高に美味しかったです。

「ふるき」を訪ねて「あたらしき」を知る。

うまかったな〜 どうでもいいが動画です。

 

さて、本題です。

最近、動物柄のカーテンがよく出るようになってきました。

動物柄は、上下の部分でからだの部分がカットされないように柄出しを

しなければならず、けっこう気を遣うのです。

事前に柄のリピートをみて、この位置で柄を出そうと決めるのですが、

メーカーからの出荷はこちらの欲しいところがうまくでるようにカット

されてこないので、こちらの負担で1リピート余分に取らなければならないのです。

DSC03883

DSC03885

DSC03887

DSC03889 DSC03888

生地はフィスバのパピオン(PAPILLON)14172-217 135㎝巾 18200円/m

 

同じ現場でクリエーションバウマンのクッションも納品させていただきました。

引っ越し前で、まだ家具はないので和室で写真を撮っています。

DSC03890

VANAの84と85

クッション1個が20000円以上します。

 

 

今日の話はよかったですか?  いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

レースの二重一体縫製

新築マンションの中学生のお嬢さんの部屋で窓向こうにマンションがあり

目線が気になるので見えないようにしたいという要望がありました。

ドレープ(厚手カーテン)を1日中閉めておけば外からは見えませんが

それもうっとしいのです。

レース1枚でも、少し離れていると外からは中の様子は見えないのですが、

中から外がよく見えると若い女性にとっては気になるものです。

 

夜は、外が暗くて室内の明かりがついていればレースだけならば外からは

丸見えです。(逆に室内からは外は見えにくです。)

それをある程度緩和するのがレースの二重吊りです。

ダブルレールにレースの二重吊りをすると夜でも外からは見えにくくなります。

(みえないというわけではないです。)

そうするとレールはダブルになっているのでドレープ(厚手カーテン)が

吊れなくなるので、今回はレースを2枚重ねて一体縫製でフラット仕上げに

しています。

手前はサンゲツのPK7581で裏側がプレーンなボイルです。

DSC03258

DSC03257

DSC03263

DSC03261

こうすると、外からは見られている意識はなくなりますが、

レース地を重ねるとモアレ現象が起こるという問題があります。

 

 

今日の話はよかったですか?  いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

お客様のブログに紹介していただきました。

先日、「カーテンバトンタッセルをつくろう」と書きましたが、私のブログの

読者で関東にお住まいの方がカーテンバトンタッセルをご購入いただき、

ご自身のブログで紹介していただいています。

チョコ実さんの「人生の折り返しに建てる家」

昨年の11月ごろにメールをいただいて「カーテンバトンタッセルを購入できますか」と

言われたので、生意気にも「ネットでは販売はしていません。」と

返信したところ、大阪在住のお父様がご来店いただき、注文・お支払を

していただきました。

 

恐縮してしまいました。

ありがとうございます。

 

チョコ実さんのブログでカーテン・窓周り品に関するものをじっくり

読ませていただきましたが、カーテンに興味を持っていただき実によく

勉強されているんです。

こんなエンドユーザーがおられるのはうれしいです。

 

 

今日の話はよかったですか? いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

 

メゾネットタイプのマンションにカーテンを取り付ける

 メゾネットタイプというのは、マンションやアパートで内階段がついていて

2階建てになっているものです。

古いマンションをリフォームされて超豪華な内装になったのですが、

窓は床から2mぐらいのところにカーテンボックスがあり、その上に吹き抜けの

窓が同じようにあるのです。

あまりカーテンを着飾ることができないのです。

吹き抜け部分はフィックス窓で固定で動かすことができません。

そのため、すべてクロスオーバーのスタイルにしている施工例です。

 

 

CIMG9692

CIMG9700

CIMG9698

 

 

今日の話はよかったですか?  いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

1 / 343123...10...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.