カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

Pinterest(ピンタレスト)をやっています。

Pinterest(ピンタレスト)を当店でも始めました

ピンタレスト画像

2008年にアメリカで生まれた「未来型画像検索サイト」で今年の4月に

Pinterest Japanの事務所が新しくなり、今話題のツールです。

Pinterest(ピンタレスト)は、好きな写真や画像をこのサイトやネット上から

集めて自分専用のページ(ボードという)にブックマーク(ピン止めするという)

することができるツールです。

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)のFacebookやInstagramとよく似て

いますが少し違います。

インテリア業界でいうならば、Instagram(インスタグラム)とhouzz(ハウズ)の

中間みたいなツールで、その両方の良さを取った感じです。

FacebookやInstagramなどの一般的なSNSでは、今の出来事や過去に起こったことを

アップしてお友達とコミュニケーションをとるツールです。

Twitterでは、「今していること」をつぶやくサイトです。

それに対して、Pinterestは「未来の自分のために使うサービス」という感じで

自分にとって役に立つ行動のために情報を集める「画像検索サイト」です。

さらに詳しく知りたい方はこちらのサイトを参考にしてください。

 

これが、我々小売店やメーカーにとってひじょうに役立つサイトで1つ画像をアップ

してその詳しい説明をするために別サイトにリンクをすることができるのです。

Instagram(インスタグラム)はリンクを貼ることができないので、個人の

利用が主ですが、Pinterest(ピンタレスト)は企業側が情報発信しやすいツールです。

スマホだけではなくパソコンからもできるのがいいです。

 

すでにほとんどの大手企業や感性の豊かな企業はやっています。

我々の同業者でも、若い経営者や感度のいいところはすでピンタレストに

アカウントを持って情報発信をされています。

すでにアカウントをもっているカーテン屋は時代の流れを捉えていい仕事を

されているところだと思います。

インテリア業界のメーカーは、こうした新しいことには興味がなさそうです。

私ども少し出遅れていまして、まだピンを101個しかできていません。

今後積極的にピンをつくっていきます。

 

カーテン屋やフリーのインテリアコーディネーターでホームページや

ブログを持っているところは、今すぐ簡単にできますのでもっとインテリアの

情報をエンドユーザー向けに発信していきましょう。

 

エンドユーザーにとっても使いやすいツールです。

例えば、今度リネンのカーテンを買いたいけどどんなのがいいのかが

わからないとします。

まずはスマホにPinterest(ピンタレスト)のアプリをダウンロードして登録します。

そしてその中の検索で「リネンカーテン」をすると世界のリネンカーテンの

画像がいっぱい出てきます。

その画像から詳しい情報を知りたいと思うと「アクセスする」をタップすると

そのホームページやブログに飛んで情報を得ることができるのです。

それを自分のボードにピンをたて保存して、情報収集できるというツールです。

いろんな使い方ができて、旅先の情報を知りたいときなども画像から検索できて

情報収集できるのです。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台北に行ってきました(3)~食事編【2】~

昨日のブログの続きです。

台北で食べた物の話で、カーテンと窓周り品に関する話ではありません。

初日の夜は、兄弟大飯店(ブラザーホテル)の2階で台湾料理を食べたのですが、

そのホテルにおいしいパン屋があるのです。

そこで、伝統の台湾のパンというものを買ってもらいました。

これを翌日の朝食にしたのですが、これがまたうまいのです。

IMG_9214_R

肉鬆(ローソン)といいまして、シンプルで柔らかいパンの上に肉でんぷんが

トッピングされています。

うまかったので、翌日日本へのお土産に買いに行きました。

IMG_9285_R

36台湾ドル(135円ぐらい)

情報筋の話によれば、素材は肉なので日本に持ち込むときに税関でひっかかるかも

しれないといわれたのですが、このパンみて肉があるなんて思わないだろうと

思って持って帰りました。

関空で通関の荷物検査のところで呼び止められて、ちょっとドキっとしたのですが、

キャリーバッグとは別に、台湾の桃園空港の免税店でお土産にバッグを買って

それを別の袋に入れていたのをチェックされました。

「いくらしました?」

「ギリギリですね。」といわれたのですが、ぜんぜんギリギリの額ではないのです。

そんな会話をしていて、パンは問題はありませんでした。

 

お昼は工場でお弁当を取ってもらっていただきました。

IMG_9237_R

この弁当、見てくれの割にうまかったのです。

カレー弁当なんですが、色の組み合わせがよくないのでうまそうにみえないのです。

日本の女性がつくる弁当はやはり色の組み合わせに気を遣っておられると思います。

この仕事をしていて、色って大事だなと思いましたけど、逆効果もあって

うまそうにみえないけどうまかったら感激するものです。

これを食べだした日本人は皆、「うまいなぁ」と思わず口に出していました。

 

夜は大勢で台湾料理です。

中華系の料理は多くの人でシェアして食べないといろんなものが食べられないので

今回は同業者も一緒だったのでいろんなものを食べられてよかったです。

鶏家荘 長春路店

鶏肉の専門店ですが、なにを食べてもうまいです。

 

3日目の朝

いつも行列が1時間ぐらいできるので有名な

「阜杭豆漿(フーハンドウジャン)」

現地の人が朝に1時間ぐらい並んでもここで朝食を買う(現地の人は

Take out)という

お店ということに好奇心がそそられました。

朝は5時30分にオープンする店です。

私はいつも5時に起きていまして、5時55分に家を出て会社で妻が用意してくれて

いるサンドイッチやおにぎりなど軽めの朝食です。

朝はいつも食べるのですが、あまり食べられなくて少な目です。

ここでも5時に起きてシャワーを浴びて、ホテルからタクシーで朝食を食べに

行きました。

地下鉄が動くのが6時前後ぐらいで、タクシー代は140台湾ドル(520円ぐらい)

5時33分に着いたら、すでに行列ができていまして並ぶこと20分。

IMG_9254_R IMG_9256_R

建物の2階にあるのですが、1階の外まで列ができていました。

IMG_9258_R IMG_9259_R

(画像はクリックすると別のページに飛びまして、そこでもう一度クリックすると

拡大します。)

いろんな人のブログを読むと、以前はひじょうに注文がやりにくかったのですが、

最近はメニューに番号が書いてありスムーズに注文ができるようになったようです。

私が注文したのは12番と2番

QOYE6583

これで70台湾ドル(260円ぐらい)

牛乳があまり好きでないので、代表的な豆漿(トウチャン)を食べなかったら

妻からは「何しにいってんの?」と言われました。

厚餅夾蛋を食べたのですが、これがうまい。

「卵を追加で」と頼むのが最高と他人のブログに書いてありました。

これはおススメです。12番。追加で44番のたまご

「阜杭豆漿(フーハンドウジャン)」は台北に観光に行ったら行くべきところです。

行列は覚悟しなければなりませんが、昔ほど並ばなくても済むようで、

時間帯としては6時過ぎに着くようにいくのがベストだと思います。

5時半から並んでいる人が一段落して、地下鉄で来る人までの瞬間的に

「なぎ」になります。

帰り際は6時過ぎでしたが、行列はほとんどなかったです。

 

ランチは小籠包で有名な

鼎泰豊(ディンタイフォン)

最初に台湾に行ったときにここで小籠包を食べました。ひじょうにおいしかった

のですが、いつ行ってもすごい行列なので、その後何回か台北に行ったときは

違う店で小籠包を食べていました。

いろんなところで食べましたが、やはり鼎泰豊(ディンタイフォン)の

小籠包のうまさは一番です。

TBSL6136

この皮の薄さだと思います。

VGAT4077

 IMG_9286_R IMG_9287_R

(画像はクリックすると別のページに飛びまして、そこでもう一度クリックすると

拡大します。)

本店は 信義路にあるのですが、10時オープンからいつでも行列なんで、今回は

新光三越南西店1館 B2Fにある支店の方に行きました。

三越が11時オープンでそれと同時に入店するとまったく並ばなくていいです。

帰る時は少し行列が出来ていました。

朝6時前に食べると11時ぐらいの昼食でちょうど良いと思います。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

台北に行ってきました(2)~食事編【1】~

 昨日のブログの続きで台北に行ってきた話です。

今日はカーテンと窓周り品とあまり関係のない話です。

海外に行くときの楽しみは食事で、事前にネットで調べていきます。

海外では、たまたまここに入ったということはほとんどなく、今まで食べ物で

失敗したことはほとんどないと思います。

海外の店でも日本語の「食べログ」などがいっぱいありますし、食べた人のブログ

などを参考にしていて、それらがひじょうに役に立っています。

「情報はタダではないよ」というのが私の考えで、他人のブログを参考にさせて

いただいて情報を得ていますので、私も情報発信をするのが筋だと思っています。

普段のブログにおいてもこれは重要

 

初日のランチ

永康牛肉麺館(ヨンカン・ニウロウミェングァン)

台湾名物の牛肉麺と粉蒸排骨(さつまいも入り)を食べました。

IMG_9197_R

QRAT6958

ここの牛肉麺の牛肉が柔らかくてめちゃくちゃうまいのです。

麺は・・・・

ごめん、

総合評価は高いです。

この牛肉だけはもう一度食べに行きたいです。

 

3時のおやつ

マンゴーミルクかき氷(150台湾ドル【日本円で560円ぐらい】)

OYFJ7558

IMG_9198_R

台北に行くと必ず行く店です。

冰讃 (ピンザン) です。

とれたてのおいしいマンゴーにこだわっていて、マンゴーの採れる季節の

4月中旬から10月中旬しか営業しないというこだわり好きなんです。

 

昨年のブログ

日本の女性グループが多いです。

 

夕食は大勢で台湾料理を頂きました。

兄弟大飯店(ブラザーホテル)の2階にある 「梅花庁」

老舗で現地の人が好んで食べる台湾料理で飲茶レストランでもあります。

何を食べてもおいしかったです。

 

食べた話を一気に書こうとしたのですが、まだまだあるので2回にわけます。

続きは明日書きます。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

台北に行ってきました。~ハニカムスクリーン電動について

6月14日~16日まで台湾・台北市に行ってきました。

今回の目的はルーセントホーム(キューセント株式会社)の台湾工場で

研修を受けることでした。

私は台湾が好きで6回行っています。(過去の台湾の話はこちらをお読みください)

研修や観光というより食べに行くという感じで、明日のブログに食べた話を書きますが

今回もひじょうに充実していました。

台湾に行くときはいつもLCCのピーチで行きます。1日3便出ていまして

価格が安いのです。

関空発8時30分で行くと台北桃園空港に10時20分(1時間の時差あり)に着き、

帰りは18時30分発で22時15分関空着で時間も有効に使えます。

4月8日のブログにも書いたのですが、今回のチケットはローソンで買いまして

運賃だけならば片道3990円です。

ピーチは1か月に1回ぐらいバーゲンセールをしまして、メルマガに登録すると

その情報がきます。

IMG_9135_R  IMG_9136_R

(画像をクリックすると別のページ飛びまして、そこでもう一度クリックすると拡大します。)

だいたいこのぐらいの価格で海外に行けます。

私はほとんどこの価格で東アジアに年4回ぐらい行ってます。

東京にいくような感覚です。

必要なのはパスポート、クレジットカード、スマホ、新生銀行の

キャッシュカード(海外のほとんどの銀行のATMから現金を引き出せる)

それと、2~3日の旅行ならばWi-Fiのルーターをレンタルしていくことです。

IMG_9132_Rこれがあればどこへでもスマホが使えて、グーグルマップを見ながら

移動ができます。

このWi-Fiルーターのレンタルも安くて、私は今はGLOBAL Wi-FIという

ところから借りていまして、リピーター割引で台湾の4G LTE大容量で

3日で1083円です。

関空でもらって、関空で帰りに引き渡すシステムで安心で便利です。

現地の会社で台湾の空港引取引き渡しならば1日260円ぐらいからありますが、

時間のロスもあるので日本の会社で借りています。

 

台湾・台北市は地下鉄が便利です。

運賃が安いし(20~30台湾ドル【日本円で75~110円ぐらい】)で分かりやすいし、

便利です。

DSC06284まず悠遊カード(Easy Card)を最初に乗る時に駅で購入します。

これは、関西でいうとICOCAやPiTaPa、関東でいうとSUICAみたいな事前にチャージ

して使うカードです。

これを使うと20%引きになります。購入時には保証金100台湾ドル(376円)

かかりますが、返金するときには20台湾ドルを除いて戻ってきます。

 

さて、本題です。

 

昨年から海外では販売しておりましたが、日本では電波法の問題があり、

それをクリアできたのでやっと本格的な販売となりました。

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックすると動画になります。

 IMG_9234

IMG_9238 IMG_9236

これはすごくいいです。

電池で動かすタイプもあります。

 IMG_9239

これは動きは問題はないのですが、連続実験では3~4か月ぐらいで

アルカリ電池8個が消耗するとのことで、まだまだ改良の余地がありそうです。

AC100Vの電源に差し込むタイプは全く問題はないです。

 

この電動のハニカムのリモコン(下の左)、なんかみたことがあるんです。

IMG_9240 DSC06285

 

 当店の店内展示の電動木製ブラインドのリモコンとひじょうによく似ているのです。    (施工例はこちら

 

ということは、モーターの会社は・・・・

う~~ん

これならば安心しておススメできます。

天窓用の電動もできます。

IMG_9245

電動のハニカムスクリーンは早速店内に展示します。

 

続く

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

電動ロールスクリーンの配線処理

リビングの吹き抜けに電動ロールスクリーンを取り付けました。

昨年新築されて、ひと夏の経験をされたのですが、吹抜けの窓からの

日光が暑くてたまらないという事で電動ロールスクリーンをつけることに

なったのですが、窓の近くには電源がありません。

DSC06249

左側の窓です。

DSC06260

天井高は5m50㎝です。

 

窓上に電動ロールスクリーンを取り付けるのは簡単な作業ですが、配線をどう

するかで電気の線をまっすぐ天井にもって行き、そこから天井際を入隅まで

這わせていきました。

そこからまっすぐ1階の天井の位置までもっていき、和室の天井際を通って、

入隅から床まで這わせました。

DSC06251

DSC06261

DSC06252

DSC06254

電線は8m80㎝必要で、結線は現場に行く前に知り合いの電気屋さんに

してもらっていて、現場では用意したモールをつけていくだけで

長さもぴったりでした。

ロールスクリーンはニチベイの遮熱の生地でフェアフレクト遮熱N7158です。

電動商品は、今や取付はすごく簡単ですが、あとの処理をどのようにするかで

販売店の違いがでてくると思います。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

中間吊りのダブルレールつけ

ねえ ムーミン

こっち向いて

ムーミン

スタッフがフィンランドに行ってきましておみやげにムーミンのペロペロ

キャンディを頂きました。

 

さて、本題です。

 

薬品会社の更衣室に目隠しになるように中間吊りのレールを取付け、カーテンを

吊りました。

DSC05745

DSC05746

片開きは使いにくいとのことで両開きにすることになりました。

1本のレールで両開きにしても、真ん中の開きのところでそんなにみえるとは

思わないのですが、お施主様の強い要望でレールを重ねています。

レールは設計からの指定でC型レールでした。

カーテン屋としては、もう少しいいレールを使って、先頭に交叉ランナーを

使った方がきれいにいくのにと思ったのですが、孫請けだったのであまり

口出しせずに指示に従がって取り付けました。

DSC05748

DSC05749 DSC05750

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カーテン夢工房のちょっと役立つセミナー開催

6月10日に第2回カーテン夢工房のちょっと役立つセミナーを当店で開催しました。

講師は香取美智子さんで、「スッキリ美しく暮らす!シンプル空間収納セミナー」で

お話が上手でわかりやすく役に立つセミナーでした。

DSC06105

DSC06125

IMG_9137_R

香取さんは海外生活もされておられ、近年は毎年北欧の一般家庭なども

訪問されているので、もっと気取ったお話をされるのかと思っていたら、

身近なイケアや無印良品の商品などを活用する話などをされていて、

アンケートを読んでも参加していただいた方の満足度はひじょうに高いものが

ありました。

次回は少し趣の変わったイベントを企画していますので、またご期待ください。

 

これから始める当店の企画で、当店の施工写真をお客様ご自身のFacebookや

インスタグラムにアップしてもらうことを考えているのですが、そのお礼の品に

悩んでいます。

入浴剤にすることは決めたのですが、ドイツ製のクナイプにするか、日本製のものに

するか決めかねており、今回ご参加いただいたお客様には、両方差し上げて

どちらがいいかモニターとしてご協力していただくことにしました。

クナイプ

DSC06082

国産の入浴剤

IMG_9176_R

入浴剤にしたのは、金額的なこともあるのですが、消耗品で郵便でおくれるものと

いうことで選びました。

今の時代に佐川急便やクロネコヤマトで送って、不在で不在配達になるのも

なんかヒンシュクをかいそうで、ポストに配達されるものがいいかなと思ったの

です。

以前、トーソーの展示会でノベリティグッズとして入浴剤をいただいたことが

あります。

貰った時は、インテリアのメーカーとしてセンスがないなと思ったのですが、

自宅で入浴剤を使ったときに、これはなかなかいいかもと思ったのです。

「草津の湯」や「別府の湯」等はおじさんにとってはいいのですが、スタッフからは

それだけはセンスがないのでやめてといわれ、いろんなメーカーからサンプルを

買ったり、試供品を試したり2週間いろんなものを使ってどれにしようかと

悩んだのです。

ドイツ製の入浴剤クナイプは、日本でも知る人は知っているブランドで、

香りもよく、とても癒されてそのあとよく眠れるのです。

価格はすこし高いのです。

日本製のものは、いろいろと試しましたが、安いのは香りはあまりせず、

色だけが濃いかったりで、手頃な価格と香りとパッケージの良さでポタニフルに

しました。

この2つで悩んでいましてお客様の使用した感想を送っていただいてきめようと

思っています。

粗品ひとつにも、これだけこだわっていて、こうした遊び心がエンドユーザーに

わかっていただければうれしいのです。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 425123...10...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.