カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

微信支付(We Chat Payment)の取り扱いを始めました。

8月24日の日本経済新聞の一面は「中国スマホ決済 日本でも」というタイトルになっていました。

(下の新聞の画像は、クリックすると別のページに飛び、そこでもう一度クリックすると拡大して読めます。)

日本経済新聞1中国ではスマートフォン(スマホ)を使った電子決済サービスが急拡大していて、

これが日本企業にも商機をうみだしているということです。

中国ではクレジットカードによる支払いは少ないというのは知っていましたが、

これは現金至上主義なのかなと思っていたら、そうじゃなくて今はスマホで

決済するのが主流なんだそうです。

まず、現金はいろんな人がさわるので汚いという発想があるのと、大金になると、

かなり紙幣がかさばって財布に入れて持ち歩くのが不便というのがあります。

スマホ決済というのは、モバイルカード決済と言われるもので、事前に

銀行口座を開設していて、そのデビットカードがスマホという感じです。

購入者はスマホのアプリをタップするとQRコードが画面にでてきて、

販売者はそれをタブレット(スマホ)のカメラで撮って金額を入力をすると

その場で決済される仕組みになっています。

購入者は、その時点で銀行口座からその金額が引き出され、販売者は

月末締めの翌末に銀行から一定の手数料を引かれ入金となります。

これを世界で4億5000万人の人が利用しており、最大手はアリババの

アリペイで、

次が、中国版LINEの微信(ウェイシン=We Chat)のWe Chat Paymentなんです。

このスマホ決済システムを日本でも導入する企業が増えてきているというのが

日本経済新聞の記事なんです。

この秋には、グーグルのスマホ決済が日本でも実施されるようになり、

そうなれば日本でも浸透すると思います。

 

これは、インバウンドを狙ったもので、観光で日本に来て、この決済ができると、

中国人はキャッシュレスで買い物ができますし、日本の販売側はわずかな手数料はひかれますが、

確実に入金があるというメリットがあります。

DSC02967

DSC02961 5か国語対応

当店でも、微信支付(We Chat Payment)を取り扱っています。

当店の近くは民泊(Airbnb)が多くて、毎朝や夕方はスーツケースを

コロコロしながら外国人がいっぱい歩いているのです。

それを狙っているわけではないのですが、カーテン屋もグローバル化が

必要なのです。

詳しくはこちらをお読みください。

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

bana_insta_02

↑ 画像検索ができます。詳しくはこちら

 

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

TOSO エリート発売50周年

 住江織物株式会社の第127回定時株主総会がありました。

住江の米国現地法人における会計処理問題で、未だ決算が発表できない状態での

株主総会でしたが、荒れることもなく粛々と行われました。

吉川社長はあらゆることに誠実に答えておられましたが、第三者委員会に調査を

委ねておられ、今日の段階では何もでてきませんが、根は深そうな感じがしました。

この問題は、住江織物の社内の問題で、エンドユーザーに対しては迷惑をかけておられず、

とりあえず期末配当も1株3.5円出ることになったので、がんばって株価の回復に

努めてもらいたいです。

私なんか、めちゃくちゃ損をしてるんやけどなぁ〜

 

さて、本題です。

 

カーテンレールのトップメーカーのトーソー株式会社がエリートというレールの

発売50周年を記念して、新色3色を9月5日より発売をいたします。

トーソーエリート発売50周年

左から

①アッシュグレイン

近時トレンドの、グレーがかったベージュ色。ナチュラルなインテリアや、モダンな

インテリアなど幅広く使える色です。

真ん中は

②マイルドグレイン

赤みを抑えた、ミディアム系カラーの新定番。近時の住宅の建材カラーによく採用されて

いる色と同系色です。

右は

③ビターグレイン

赤みと彩度を抑えたグレイッシュなダークカラー。建材メーカーでトレンドの、

窯で燻したような色が特長です。

 

エリートの初期の頃の広告はけっこうユニークでした。
(ユニークはニチベイの代名詞か?)

エリート50周年チラシ1

(画像はクリックすると別のページに飛び、そこでもう一度クリックすると拡大します。)

 

「エリート」が50年間愛された理由は

 

① デザインの良さ

壁面に取付けても、ブラケット(取付け金具)が見えない。

カーテンの縫製で上から3〜4㎝のところの引っ掛けるフックをつける正面付け(Bフック)は

エリートから始まりました。

② 走行性(滑り)の良さ

直径12mmの車式ランナーを採用したことで、とても滑りが良い。

すべりが良すぎて、風が吹くと勝手に開いたりするので、マグネットランナーが

最初に考えられたレールです。

③しっかりしている。

同業者の同じようなレールと重さが違う。( ここ を読んでください。)
スチールなので、重さイコール価格であり、品質です。

④施工性の良さ

ブラケット(取付け金具)の種類が多く、様々な場所や状況に対応できる。

ワンタッチでレールを取付けられるブラケットを採用を取り入れたのはエリートが初めてです。

 

 

このトーソーという会社は、私もすごくお世話になっているのですが、

すごい会社なんです。

創業67年の上場企業ですが、この間に社長は2人しかおられないのです。

しかも、創業者の斉藤太一氏と今の大槻保人社長は親族ではないのです。

インテリア業界の上層部の人達の間では、ここ十数年、社内の「エリート」は

誰なんだということが話題になっています。

 

次は

 

次は

 

次は

 

次は

 

そして、名乗りを上げたのは社員じゃなくて

 

 

レールだったんです。

 

次は

 

ネクスティ

 

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

bana_insta_02

↑ 画像検索ができます。詳しくはこちら

 

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

接客は6か国語で対応します。

30年前にインテリアの商社で営業をしていた時は、しゃべるのが苦手で

成績が悪くて窓際族でした。

 

窓際で寝返りをうっていたら、背中から沢田研二の「カーテン屋しやがれ」という曲が

流れてきました。

 

サラリーマンに行き詰って、彼女に相談したら、「勝手にしたら」といわれたのを

「カーテン屋をしたら」と聞き間違って始めたのがこの仕事です。

 

創業時に会社名をどうするかを考えました。

当時、トヨタ自動車が「グローバルテン構想」というのを掲げていまして、地球上の

シェアを10%取るというのがありました。

トヨタ自動車が目指すもの、

「それ、おもろいやん」と思って会社名を

株式会社グローバルテンにしました。

それから、後からこじつけまして、

地球上の点(ポイント)となるような企業を目指そう

とか

地球上のトップ10%の人をお客様にできる企業を目指そう

とか、

これからの時代は、カーテン屋もグローバル転化になるぜ〜

とか

思いました。

そして、今年になって、春節の時に中国のインバウンド2件のカーテンの

受注に成功しました。

その時は、通訳の方が一緒に来られましたし、メールのやりとりで

何とか対応はできましたが、やはり言葉がしゃべれるというのは

重要なことだと痛切に感じました。

 

そこで、スタッフ全員が外国語をしゃべれるようにしなければならないと思ったのですが、

 

能力が追い付かず、タブレットの扱いを勉強して、FaceTimeを利用して

テレビ電話で通訳するシステムを導入しました。

英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、大阪弁(日本語)の

6か国語で24時間対応します。

DSC02970

導入しているアプリをタップすると、世界に8か所ある拠点のどこかと24時間通じて

日本語と他の言語の2か国語をしゃべれるスタッフがタブレットの画面にでてきて、

隣にいるような感じで会話ができます。

中国人のお客さんが来られたとしたら、こちらが日本語でタブレットの人に向かって

しゃべると、中国語でしゃべってくれます。

お客様の中国人が、中国語をしゃべると、タブレットの向こうから

日本語でしゃべってくれます。

 

attachment01

カーテン屋もグローバル転化です。

 

微信支付(We Chat Payment)中国人に人気の新しいスマート決済の

微信支付(We Chat Payment)も導入しました。

詳しくはこちらをお読みください。

 

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

bana_insta_02

↑ 画像検索ができます。詳しくはこちら

 

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

レースの形態安定加工

先日、ご来店いただいたリピーターのお客様が、当店の年賀状がめちゃおもしろくて

毎年楽しみにしているんですよとおっしゃっていただけるのです。

ご来店時は私は居なかったのですが、「この年賀状があと10年ぐらいすると来なくなると

寂しくなるネェ」とまでおっしゃっていたとスタッフが言っていました。

 

おいおいおいおい !!

どういう意味なんや〜

一人ツッコミをしておりました。

 

当店の年賀状

こんなパターンなものを買っていただいたお客様全員に20年近くだしています。

 

DSC02962-1

さて、本題です。

よく実測に行くマンションの1階のテナントのレースカーテンが外から見て

いつも気になっているんです。

160828-104436_R

160828-104423_R

ポリエステル100%のレース(ボイル)なんですが、裾のウエーブがきれいでないのです。

形態安定加工がされていないので、均等なウエーブがでていなくて、広がって

いるのです。

当店の場合は、ポリエステル100%の商品は無料のオプションで、ほとんど

形態安定加工をしています。

メーカー縫製でも、ドレープ(厚手カーテン)は形態安定加工をしても、

レースは標準仕様ではしないことが多いです。

だから、レースには、形態安定加工をしない方が一般的なのかもしれませんが、

私は化学繊維であるポリエステルには形態安定加工をした方がきれいと

思っています。

形態安定加工は吊った状態でアイロンをかけるようなもので、ポリエステルの

熱可塑性という特長を利用してきれいなウエーブがでるのです。

 

川島織物セルコンが縫製をしている住宅メーカーのカーテンもドレープ(厚手カーテン)は

形態安定加工をしていますが、レースはしていません。

DSC02951

DSC02956

ドレープ(厚手カーテン)はしています。 (下の写真)

DSC02960

下は当店の施工例 レースの形態安定加工

DSC04680-490x368

CIMG9189-490x368

CIMG6230

DSC02760-490x368

 

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

bana_insta_02

↑ 画像検索ができます。詳しくはこちら

 

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

修理 8年前取り付けのヨコタのシェードメカ

8年前に当店で取り付けたヨコタのメカ(生地以外の機械の部分)を使った

プレーンシェードが動かなくなったとお客様から連絡がありお伺いしました。

原因はシェードを降ろす時に何かに当たり、昇降コード浮いてドラムから

外れたのですが、お客様がご自身で直そうとされて、いろいろと触られた結果、

シャフト(レールの中にある棒)が曲がってしまっていました。

当店は、以前はよくヨコタのメカを使っていましたが、6年前にヨコタが倒産したため、

その後はトーソーのメカを使っています。

今は、ヨコタのメカの修理部材はなかなか手に入らない状態です。

 

そのため、お客様でヨコタのメカを使ったシェードの吊り替えがあった場合で、メカが不要に

なった時はメカだけ残しています。

今回はそれを活用しました。

メカの心臓部門のシャフトを、他のメカからの移植手術です。

シャフトだけ交換して、動くようになりました。

本来ならば、修理部材はもうないので、「全体を交換しないといけませんわ。」ということで、

お客様に多大な費用負担をお願いしなければならないところだったのですが、

中古部材で賄うことによってわずかな費用ですみました。

DSC02945

DSC02944

DSC02947

 すべてはお客様のためです。

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

bana_insta_02

↑ 画像検索ができます。詳しくはこちら

 

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

間仕切りにハニカムスクリーン

青いポストを見つけました。

160815-124521_R

調べると全国に35本しかないらしく速達専用のポストです。

そのうち27本が大阪市内にありまして、その中でも当店のある西区に

8本あります。

一番多い時に全国で400本以上あったそうですが、今や郵便速達で

一刻を争う時代でもなく、次々と消えていったようです。

 

さて、本題です。

マンションのリフォームで、和室とリビングの間の襖を取り除かれて

使われているのですが、エアコンの冷房効率がひじょうに悪いとのことで

間仕切りにハニカムスクリーンを取り付けました。

 

これならば、横に開けた時に横にたまることはなく、断熱効果がひじょうに

高いのです。

また、ロールスクリーンと違って、左右の隙間はあまりありませんし、

床につく長さでつくれば、エアコの風で揺れることもありませんし、

床との隙間から風が出るということもありません。

普段は開けっ放しですが、リビングに居て、エアコンをつける時にハニカムスクリーンを

閉めるというやり方です。

DSC02935 DSC02942

DSC02938

DSC02937 DSC02941

このような間仕切りにはロールスクリーンを使うケースが多々ありますが、

ハニカムスクリーンの方がはるかに効果があります。

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

bana_insta_02

↑ 画像検索ができます。詳しくはこちら

 

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

ブラインドの外し方

リオオリンピックが終わりました。

日本中が盛り上がりました。

そのせいか、暑さも伴って小売業は来店が少なくて、8月は売り上げがひじょうに

厳しいというのが現実です。

閉会式の演出は、スポーツの祭典を政治的に利用するなというようなことを

言っておられる方もおられますが、私はひじょうに良かったと思います。

安倍さんが好きとか嫌いとかは別にして、日本として、東京としてあのぐらいの

ユニークさで世界にアピールする必要はあると思います。

ただ、あのユーモアがどのぐらい世界に通じたのかはわかりません。

安倍総理が、マリオに扮する演出。

日本から間(ま)を開けずにリオに着くという発想は

 

NARIO  ⇒RIO

 

なんてうまく考えたなぁと思っています。

そして、土管を通じて、閉会式の会場に

 

ドカ〜ン !!

 

と出る。

これは日本人しかわからなかったと思います。

AKB48に阿部マリアはいますが、ここで安倍マリオとなるとは?

 

マリオの帽子には、「TOKYO」と書かれていたのですが、すぐに取られたので

よくわからなかったと思います。

私も真似てみました。

マリオ2

 

小池都知事もよかったと思います。

鶴の柄の和服に金の帯。

日本女性の品の良さと艶やかさがでていて、それでいて強烈にアピールできていたと

思います。

小池都知事の代名詞である環境大臣時の「クールビズ」とも掛けて

「来〜る、ジャパン」の4年後が楽しみです。

小池知事は、選挙期間中に石原元知事から

「天皇陛下になるんじゃないか」といわしめたぐらいで

 

 

「皇位継承」

 

ちゃう

 

「濃い化粧」

 

さて、本題です。

 

 

 仕入れ先のリックから送られてくるメルマガに「ブラインドの外し方3社比較」という

のがありました。

まずはこちらをご覧ください。

アクセス解析をしていると、「ブラインドの外し方」というのがひじょうに

多いとのことです。

転載させていただきます。

ブラインドの外し方です。

ブラインドの外し方3社比較

 

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

bana_insta_02

↑ 画像検索ができます。詳しくはこちら

 

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

1 / 396123...10...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.