カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

22年前に取り付けたプリーツスクリーンの修理

お客さんから電話があり、ガラス窓と障子の間にとりつけたプリーツスクリーンが

動かなくなったので修理してほしいとのことでした。

 

資料をみると平成9年7月7日に発注しているトーソーのしおり15コンパクトと

いう商品で幅20mmぐらいの隙間に取り付けることができるプリーツスクリーン

なんです。

 

当店では、カーテン夢工房開店以来の25年間(創立は32年)のお客様の

施工データはすべてスキャンしてパソコンで管理しています。

顧客管理がきちんとしていますので、22年前のお客さまも、当店に

声をかけていただけるのがうれしいです。

 

今日のブログのアピールポイントはこれです。

 

 

メーカーのトーソーに聞いたら、とっくに廃番になっている商品なので

工場での修理はできないと言われました。

 

マンションの和室で窓ガラスと障子の隙間が22㎜しかなく、今の

商品では他社も含めてないのです。

 

お客様は、これはコンパクトで遮光性があり、重宝していて毎日

開け閉めをしていてすごくいいのでなんとか修理ができないかと

頼まれました。

伺って拝見すると、昇降コードがめくれて細くなっていたり、団子に

なっていたりして、上下開閉できない状態でした。

 

でもこれは昇降コードさえ取り替えれば直すことができると思いました。

メーカーはストッパー等の他の部品に不具合があれば部材供給はできないと

言っていて、もしその部分に不具合があれば「ごめんなさい」なんだけど

昇降コードだけなら私が交換しますと言ったら「ぜひ、お願いしたい」と

いうことになりました。(昇降コードだけは使えるのがある)

 

メーカーができないというならば、やってみたいという血が騒ぐのです。

こんな商品です。

見事に復元しました。

 

このような商品は今はないです。

マンションの和室が減ったことで、こういう隙間につける商品の

需要が少ないんだと思います。

アルミブラインドならば29㎜の隙間にとりつけられるものはあります。

 

思うに22年前の商品ですが生地は未だしっかりしていて、問題はなかったし、

メカの仕組みも単純なんです。

 

トーソーの商品はいい。

 

今の各社の商品は複雑なのですぐに壊れやすいのです。

でも、壊れた部品を交換すれば簡単に修理ができるのですが、メーカーに

依頼するとけっこう費用がかかります。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

 

セイキのハニカムスクリーン連装タイプガイドレール仕様

先週の日曜日、会社の近くにあるラーメン屋に朝8時ごろに
 
100人ぐらいの行列ができていてびっくりしました。
 
近所のラーメン屋の名前は「いかれたNOODLEFishtons」でそこが土曜日曜で、
 
札幌のラーメン屋「Japanese Ramen Noodle Lab Q 」と
 
2日間コラボ企画をしていて札幌の人気ラーメン店のラーメンが
 
大阪で食べられるという企画なのです。
 
土曜も順番待ちですごく並んでいたのが、日曜は朝の8時から整理券を配ると
 
なったみたいなんです。
 
そんなことは近所の人は誰も知らないのですが、皆SNSのInstagramを通じて
 
情報発信されています。
 
それにラーメン大好き人間が反応して、朝の8時前から大行列となっていたわけです。
 
このコラボ企画は、大阪のカレー屋さんで流行っていて、1つの店である期間だけ
 
有名店のカレー屋のカレーが食べられるというものです。
 
それもいつも行列ができています。
 

要するに、この時代にSNSで情報を発信するのにネタが必要なんです。

 
 
こういうのをインテリア業界でもできないかなと考えてみました。
 
ライバルとなるところとコラボをするとか?
 
ありえないけど、ニトリとコラボをして、当店でニトリのカーテンが
 
買えますみたいなもありかなと思います。
 
お互い弱い部分を補うことによって両方にメリットがあるように
 
なるのです。
 
ニトリは相手にしてくれないですが、リアル店舗にとって、ライバルになる
 
ネット販売店とコラボをするというのは有りかもしれません。
 
安売りだけが特徴のネット販売店ではなく、独自商品をもってい
 
ネット販売店です。
 
商品群がバッティングしなければうまくいくもしれません。
 
ネット販売店にとっては、ネットを通じての情報発信力がありますが、
 
実際にお客様とお会いすることはなく、商品を見ていただく機会がないのです。
 
実測や打ち合わせができないのです。
 
それに対して、リアル店舗は情報発信力が弱くて集客に困っていますが、
 
細かい動きができ実測にも行けます。
 
ある期間、ネット販売店がリアル店に間借りして商品を並べて販売を
 
するのですが、ネット販売店の商品だけでは満足されないのお客さまも
 
多いはずで商品を補うことによって両社にメリットがあり、エンドユーザーにも
 
メリットがあると思います。
 
びっくりするような企画ではないです。
 
 
これからの時代は、ひとりの力では太刀打ちできなくなってきているので
 
コラボするということも考えなければならないということを
 
ラーメン屋の行列をみて思った次第です。
 
 
 
さて、本題です。
 
店内にも展示しているのですが、セイキ総業のハニカムサーモスクリーン
 
連装タイプガイドレール仕様を遮光タイプの生地を取り付けました。
 
この商品は隙間防止(合欠き)構造になっていて、2台連装で取り付けても
 
隙間が開かないようになっています。
 
 
 
 
 
なぜこういうことができるかというとセイキのハニカムスクリーンは
 
ダブルタイプだからなんです。
 
 
 
 
  取り付けたお客様のところは大阪市内にあるマンションで西面に
 
幅4,2mの窓が一面にあるのです。
 
今まで遮光1級のCランクのカーテンを取り付けてその前に遮光の
 
バーチカルブラインドをとりつけとられるのですが、夕方になると
 
それでも暑くて過ごせないぐらいとおっしゃっていました。
 
 
 
 
両サイドにはガイドレールもつけています。
 
 
 

 

 

光は差し込んでこないですが、光は漏れまして完全遮光にはなりません。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

ねこのシェード

先日、京都丹波にある るり渓温泉の「京都和牛と松茸すき焼き・

焼き松茸食べ放題プラン」に行ってきました。

いつもならば、この時期は韓国ソウルの京東市場に松茸を買いに

行くのですが、今年は韓国の反日政策に日本は遺憾と言うし、私も

行かんことにしました。ブログはこちら

そんなわけで、京都に行きました。

 

真ん中の三角をクリックする動画になります。

これは奥さんがInstagramでみつけたのですが、関西の食通のインスタグラマーが

「よかった」「美味しかった」とアップしてるんです。

それに乗かかって行ったんですが、おそらくステルスマーケティング

(ステマ)をしているんだと思います。

ステマというのは、相手に対価を支払って宣伝してもらうやり方で、

この話をfacebookにアップしたら、そのあとに京都出身の兄弟漫才コンビの

「ミキ」に京都市が100万円を支払ってTwitterで「京都市のイベント」の

宣伝してもらったということが話題になっていました。

 

そのぐらい、今はInstagramやツイッターなどのSNSの影響が大きいということです。

※るり峡温泉には3週間以上前に行ったのですが、台風の甚大な被害が

あったためアップを控えていました。

 

インテリア業界では、SNSの活用はまだまだ低いと思いますが、最近では

メーカーの商品開発にInstagramやルームクリップなどにアップされる

消費者の動向を参考にしているケースが増えてきています。

 

トーソーの新しいレールでレールの上に棚がある商品(ヴィンクスシェルフ)も

ルームクリップを参考にして開発されたという話を聞いています。

SNSではねこちゃんブームなので、ロールスクリーンにねこの形を超音波カット

したような商品もでるようです。

(ニチベイは数年前に50㎜のブラインドでねこの影が映し出した

商品を出していましたけどね。)

 

そんなブームに乗り遅れないように当店でもネコのシェードを展示しております。

 

下の動画はブラインドエンジンを使って手動のチェーン式シェードを

電動で動くようにしています。

動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

(動画は4倍速に変速しています。)

このシェードをご覧いただいて、神戸のネコカフェのオーナーが気に入って

いただき、他社で決まりかけていたものを新築一棟丸ごと窓周り品は

当店にご注文を頂きました。

 

 

 

ネコカフェには初めて行きました。

神戸の猫の屋おでん さんです。

こちらのネコカフェも集客はほとんどSNSだそうです。

東京や広島からもInstagramをみて来店されるそうです。

スタッフブログにも書いていますので、こちらをご覧ください。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

 

当社の脚立は小さな巨人です。

カーテン屋にとって脚立は必需品です。

通常のカーテン取付は3尺(90㎝)の脚立を使っています。

この仕事を32年間していますので、用途に応じて脚立を買ってきて、

今は4尺(120㎝)5尺(150㎝)6尺(180㎝)、伸縮段違い脚立など

いろんなサイズのものがあります。

 

この夏、同業者のネットワークで「これは便利」と話題になっていた

脚立がありまして、当店でも買いました。

通常はこのサイズで高さは172㎝です。

脚立にして一番大きくすると270㎝ぐらいまで伸ばせることができ、

2段目に足を乗せて、脚立状態で床から430㎝の高さまで取り付けることができます。

 

はしごにすると579㎝になり、吹抜けの高さ550㎝でもこれ1つで

問題なく取り付けることができます。

以前から持っている分に比べてすごく安定感があります。

こういう吹抜けに電動ロールスクリーンを取り付ける場合でも

足場を組まなくても楽に施工ができます。

一番役に立ったのが、階段吹き抜けの窓に取り付ける場合です。

この脚立は段差1mぐらいまで安定的に置くことができます。

こんな窓にも

この脚立ならば簡単なのです。

問題は重さが17キロでちょっと重いのです。

でも縮めた時の高さが172㎝なので搬入はしやすいのです。

アメリカ製でちょっと高いのですが、すごくいいです。

その名は

Little Giant (リトルジャイアント)

 

ずっと昔ですが、大塚製薬のオロナミンCのコマーシャルで

読売ジャイアンツの選手が出ていて、

「元気ハツラツ、オロナミンCは小さな巨人です」

というのがあったのです。

 

この脚立があると高所の取付も問題なく

元気ハツラツになるのです。

 

高所の取付は当店におまかせください。

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

 

現場で消臭、抗菌、防カビ、防汚加工をしました。

1年程前までは、消臭、抗菌、防カビ、防汚加工のエコキメラ加工に

ついてよくブログに書いていると、問い合わせも多くたくさん加工も

させていただきました。

 

しばらくブログに書いていないと問いあわせも少なくなってきましたので

エコキメラの話を書きます。

 

以前のブログはこちら

カテゴリー分けでは、こちらに過去のブログを12件書いています。

 

 

エコキメラ」は【無光触媒】で、リン酸チタニアの効力で消臭や抗菌等の

効果があります。

納品時にカーテンや、ブラインド、ロールスクリーン、調光スクリーン、

タテ型ブラインド、プリーツスクリーン等のメカものに

消臭、抗菌、防カビ、防汚加工をオプションですることが

できます。

 

 

 

コンプレッサーを使って専用のガンで、液体を霧状にして吹き付けます。

1)安全安心で、飲んでも大丈夫なぐらいで無臭です。

2)公の機関である大阪市立工業研究所との共同特許をとっていて、信頼できます。

3)インテリア業界では、まだ実績はないですが、他の分野では多くの実績が

あります。

4)光触媒と違って暗い場所でも効果を発揮し、24時間休まず働きます。

5)50回洗濯をしても大丈夫です。

 

こういう人に向いています。

1)掃除のきらいな人

2)カーテンを洗うのがめんどうくさい人

3)ブラインドやロールスクリーンの汚れが気になる人

4)結露しやすいところに取り付けてカビが生えるのが気になる人

5)臭いが気になる人

  (部屋の臭いはカーテンだけやっても効果はうすく、部屋全体をしなければなりません。)

6)吹抜けなど、手が届かないところに取り付ける商品には最適

7)ペットを室内でかっている家

8)室内でたばこを吸う人

 

下の窓はFUGA手動タイプで、上の窓はニチベイの木製ブラインドです。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

 

FUGAの充電式コードレス電動を展示

3D調光スクリーンのFUGAにこの度新しく

充電式コードレス電動タイプが登場しました。

製造元は広島県福山市の株式会社WISさんで、小さな会社ですが、

ここ数年手動タイプの調光スクリーン「FUGA」が

大人気でエンドユーザーまで「FUGA(フーガ)」というブランドが浸透して

きています。

電動タイプのAC100Vのコンセントに差し込むタイプは、音が静かで

施工が簡単で、連窓でもジョイントコードを使って1つの電源に差し込む

ことができます。

アフターメンテナンスも良い会社です。

 

今回、新しく発売されたのが、電源が不要のコードレスタイプで、

本体にバッテリーが内蔵されていて、バッテリーがなくなったら

USBケーブルをつないで充電します。

電池も不要で取り替えることもしなくていいです。

 

その名は【Eco Rimo】(エコリモ)

 

まずは動画をご覧ください。

店内に展示しています。

 

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

 

 

充電式

本体にUSBケーブル(タイプC)を差し込む穴があります。

そこにUSBケーブル(タイプC)を差しこんで充電をします。

スマホの充電と同じ要領です。

モバイルバッテリーでもできます。

USBケーブル(タイプC)は持っておられる方も多いし、コンビニでも

売っていますし、長さも0.5M~3Mぐらいあり、現場によって必要な長さも

違いますので別売です。

モバイルバッテリーでも充電ができます。

1回のフル充電(約10時間)で1日2回の操作で1年間連続使用が可能です。

※持続は目安です。当店でも実験中です。

 

吹抜け等の高窓の場合は、USBケーブルを本体に差し込んでおいて、

窓枠の天板までモールで隠しながら垂らしておきます。

バッテリーが切れた時は、6尺ぐらいの脚立に乗って充電をしてもらわなければ

なりません。

電源が近くにあれば、従来のFUGA電動が使えます。

 

この商品はマンションや戸建て住宅で、電源が近くになくてあとから

取り付ける時最適です。

停電時でも動かせることができます。

 

建築段階では、本体をとりつけるところに電源を用意しておいて

頂いた方が、年に1度充電する手間が省けます。

 

【Eco Rimo】(エコリモ)のまとめ

 

調光スクリーンの充電式のバッテリーコードレス電動タイプです。

 

1)電気工事が不要

2)停電時でも動く

3)配線コードがないためすっきり

4)取付は普通の商品と同じで簡単

5)従来のFUGA手動タイプと同じメカを使用しているため、互換性があり、

生地そのままで、手動から電動に現場で取り替えが可能

 

 

サンプルを店内に展示していますので御覧ください。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

JAPANTEX2019に行こう

大阪にいると、この度の台風19号の被害にピンと来ていないところがあるのですが、

テレビでニュースを観るたびにたいへんなことになっていることが日増しに

感じています。

改めて被災された方にお見舞い申し上げます。

 

川の決壊や氾濫による水害の恐ろしさを改めて知りました。

当店のあるところは、川の氾濫はあまり考えられないのですが、瞬間的な大雨に

よる冠水は大いに考えられます。

前の道路に水が溢れると、玄関ドアのすき間から店内に水が入ってくるのです。

前の入居者は24時間オープンのコンビニだったので、ドアが開閉しやすくなって

います。

店に入口が道路と高さが変わらないのです。

そのため、5年前から水で膨らます土のうを常備しています。

 

これ一つで16~20キロの土のうが10個できるのです。

とりあえず、玄関ドアと床の隙間にシートを敷いて土のうを並べる

準備はしています。

まだ使ったことはないので、一度使ってみたい気もするのですが、

そんな日がこないことを望んでいます。

 

どうのこうのいう前に備えあれば憂いなし

 

さて、本題です。

 

今年もインテリア業界最大のイベントであるJAPANTEX2019が

11月13日(水)~15日(金)まで東京のビッグサイトで行われます。

 

こちらをご覧ください

 

どちらかと言えば業界関係者向きの展示会ですが、エンドユーザーの方にも

興味ある展示会になっています。

私は関係者ではないのですが、京都のメーカーの営業員に「今年は

出展するんですか」と聞いても「どうなんでしょうかね?」といっているぐらいで

業界全体自体意識が低いのです。

業界の底辺にいる私としては、なんとか盛り上げていきたいと思っています。

今年の展示会で、インテリア関係の経営者におススメしたいのがこのセミナーです。

11月14日(木)のステージB 15:45~16:45で行われる

WTPセミナー「変化するインテリア業界を生き残るための経営指南

(株)創造経営センター 代表取締役 森田雅美

約300社以上へのコンサルティング・サービスの提供実績を誇り、現在も100社以上のクライアントを抱えて経営コンサルティングで活躍している創造経営センターの代表がインテリア業界の経営指南について提言します。

 

私は以前から経営者も行きたくなるJAPANTEXにしてほしいということを

言ってました。

ここ近年、メーカーの展示はつまらないし、イベントもファブリックが

中心でコーディネートが主となってきています。

それが流れかもしれないのですが、業界の社長連中は1回行けばもういいか

みたいな雰囲気になってきており、そうなると社員も行きにくくなってきていて、

毎年JAPANTEXの入場者数が減ってきています。

 

そんな中で、窓装飾プランナーの養成に力を入れてきたWTP(窓装飾

活性化プロジェクト)が、今年は窓装飾プランナー向けではなく、

経営者向けの企画をしてくれたことがよかったと思っています。

 

来年から5Gの商用サービスが始まり、日本は大きく変わります。

政府の未来予想図の動画はこちらです。

 

インテリア業界も大きく変わります。

変わらないと生き残れないのです。

そうしたことに何かヒントを与えてくれると思います。

 

11月14日(木)の夜にはインテリア関係者のオフがあります。

主催者側の案内文です。

 

JAPANTEX2019 OFF MEETING
**10th Anniversary**

~地上215mの煌めく東京を愛でながらインテリアを語らう夜~

今年も東京ビッグサイトで開催されるJAPANTEX。
全国からインテリアのお仕事をしているたくさんの方が集まるこの機会に、交流を深める場として恒例になりましたオフ会がなんと記念すべき第10回目を迎えます!!!

そして今年は全国へ広まりつつある「ICの日」=14日、の開催となりました!(もちろんICじゃない人もご参加ください!)

新しい出会い、久々の再会、同業の仲間、ビジネスチャンス、色々な出会いが生まれインテリアの輪が広がっています。

同業者のブログ仲間の交流から始まった肩ひじ張らない、本当に楽しいイベントです。
インテリア業界のお仕事をされている方は、ぜひお気軽にご参加ください!

◆日時  2019年11月14日(木)
     18:30~21:00(18:00受付)

◆場所  ルミヴェールTOKYO 41F クリスタルレジデンス(住所:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター41F/TEL:0120-752-683)

◆会費  6,500円(事前申込制)

◆定員  100名

◆申込締切 10月31日(木)(コンビニ/ATMでのお支払いは10/30(水)まで)

◆参加条件 18才以上の方でインテリア業界に関連するお仕事をされている方(例、IC、建築、施工、設計、不動産、デザイン、専門店など)

お申込み(チケット購入)はこちら!

peatixというサイトからイベントチケット購入で、正式申し込みになります。
こちらのイベントページへの参加ボタンでは申し込みにはなりません!!お間違えのないようお願いいたします!

↓↓↓お申し込みはこちらから↓↓↓

http://ptix.at/UL9CTI

************************************************************

私は、この運営には今は携わってはいないのですが、9年前に

JAPANTEXの時にインテリアブロガーのオフ会をしませんかと呼びかけて

29名で飲み会をしたのがきっかけで、若い人がその後繫いでいってくれて

今も続いています。

 

インテリア業界はヨコのつながりが希薄なので、こういう機会に

業界内の知り合いをたくさん作って、その後ネットを通じて繋がれると

いうメリットはかなりあります。

 

私は9年前に呼び掛けたわけですが、その後ネットを通じて多くの人と

繋がることができ、同業者とは今でもグループウエアで情報を共有できており、

大きな力となっています。

 

インテリア関係者はぜひ参加してください。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

タグ : ,
1 / 45412345...102030...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.