カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

この季節にカーテンを洗いましょう

2019年1月15日の大分県臼杵市にある当店の縫製とカーテンクリーンング

工場の株式会社なる良さんに行ってきました。

25年のお付き合いで、毎年この時期に行っています。

いつもは大阪南港から別府までのフェリー「さんふらわあ」で行きまして

往復船中泊で0泊3日の弾丸ツアーで往復10,000円で行っていました。

今年は大分に行き始めてちょうど25年だったので、ちょっとゆっくり

させてもらおうと思って、前日の祝日に妻と一緒に別府温泉に前泊しました。

 

別府温泉といえば杉乃井ホテルかなと思って、ネットで調べたらけっこう

安いんです。

税サ込みで2人で15600円【1人7800円】で、温泉付き、2食付き(バイキング)

ボーリング2ゲーム無料付きでした。

 

今回は初めて大分まで飛行機で行きました。

大阪→大分間はLCCが飛んでなくて、全日空で片道11000円で、いつもLCCを

乗っている私にとってはすごく高く感じました。

帰りはフェリーです。

別府に着いたらまずは竹瓦温泉の砂風呂に入りました。

 

砂湯は砂の中に寝っ転がっていると全体が暖かくなって、気持ちいいのです。

私は岩盤浴より好きです。

今は韓国からの観光客がひじょうに多くて、砂風呂は1時間待ちとかあります。

ホテルは杉乃井ホテル、1人1泊2食付きで7800円(税・サービス込)なので

あまり期待はしていなかったのですが、コストパフォーマンスは最高でした。

今度また泊まりたいホテルです。

 

温泉が大きい風呂が2つあって、すばらしい湯です。

でも、ここは韓国かと思われるぐらい韓国語が飛び交ってます。

食事は低価格プランだったので朝夕ともバイキングでした。

これも、いろんな料理があり、ふつうに美味しいかったです。

ハーゲンダッツのアイスクリームも食べ放題だったのは

 

アイスです。

 

ちゃう

 

ナイスです。

 

ボーリングも1人2ゲーム無料でついているのです。

久しぶりにボーリングができて楽しかったです。

この企画は私にとって、ド ストライクでした。

 

大分の臼杵市にある縫製加工・カーテンクリーニング工場は、この25年間

毎年1月に行ってます。

臼杵港はフグの水揚げ港で、フグが美味しくて、これを頂くのが楽しみなのです。

 

 

いつも行くのは、天然のフグを食べさせてくれる『光』さんで、

私が行くと、「特別やで~」と言って白子酒を用意してくれます。

唐揚げも白子も絶品です。

「ふぐ料理 鮨 光」さんのフグを食べたいと思ったら

臼杵市にふるさと納税で寄付すると特産品としてお礼が送られてきます。

 

私もいろんなところでふぐを食べましたが、ここのフグを食べると他では

食べられないのです。

 

帰りにはお土産に かぼすぶりを1尾買って帰り、黒門市場の魚屋で

3枚にさばいてもらいました。

 

 

臼杵の縫製加工所である なる良さんはカーテンクリーニング工場もあり、

いつもお世話になっています。

 

なる良の紹介は地元のテレビで放映されたものがユーチューブにアップされて

いますので御覧ください。

こちらです。

 

最新のミシンが見られます。

 

カーテンクリーング工場の機械です。

カーテンのことがよくわかっている縫製加工所がやっているクリーニング工場で

修理も一緒にすることができます。

小さな工場なので、納期がかかりますが国家資格のクリーニング師の

資格を持った者が、1点1点チェックしながら丁寧にクリーニングを

しています。

多量に一緒に洗うこともなく、そのカーテンに合わせて洗剤を調合していますので

きれいに仕上がります。

 

結露が終わるこの時期にぜひカーテンを洗ってください。

結露したところでは、なにもしないとカビが繁殖して不衛生です。

カーテンについている洗濯絵表示ラベルをみて、自宅で洗えるものは

洗ってください。

不明な場合はご購入店にお問合せをください。

自宅で洗うのが不安な方は当店でお手伝いします。

 

【予告】

当店でお買い上げいただいたカーテンは5月20日前後から20%オフの

キャンペーンを実施いたします。

その案内は5月になったらダイレクトメールでご案内をします。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

「4月10日はインテリアを考える日」です。

 

 

 

 

 

カーテンの縫製は柄出し重視

先日、ウインドートリートメント業界活性化プロジェクト(略称WTP

水越勝也代表)から「窓装飾プランナーのいるお店」というステッカーが

おくられてきました。

 

以前のステッカーは年号が入っていて1年限りで、活躍が評価されないと

認定されなかったようなのですが、今回認定頂いたのは年号が入っていません。

 

「WTP推奨店」となっています。

WTPと言っても誰もご存じではないかと思いますが、

ウインドートリートメント業界活性化プロジェクトのことで

窓装飾プランナーの認知度アップのために努力されている団体です。

 

「窓装飾プランナー」とは、日本インテリアファブリックス協会(NIF)が

設定した資格制度で窓装飾に対して専門的な知識を持った人を認定しています。

 

当店は接客スタッフ5名全員窓装飾プランナーの資格を持っています。

キャッチコピーが「窓のおしゃれのプロになる」です。

 

私は、窓のダジャレのプロを目指しています。

ダジャレ好きのカーテン屋です。

 

 

さて、本題です。

 

 

商品は住江織物のU-Lifeというカーテンの見本帳に載っているU-8024です。

ホームページのデジタルカタログからスクリーンショットした画像です。(下)

この商品は生地巾300㎝でヨコ使いでタテリピート300㎝ヨコリピート64㎝で

メーターあたり21000円の生地です。

 

当店店内に展示しており、お客様はこれをリビングのレースにお買上げ

頂きました。

 

どのように縫製をしましょうかとお尋ねすると「まかせるからきれいにして」と

言われます。

 

こういうのは意気に感じるのです。

 

普通に縫製すると1,5倍使いや2倍使いというやり方があるのですが、

それならば柄が生かされないのでフラットがおススメなのです。

 

フラットといっても1,1倍、1,2倍、1,3倍、1,5倍のフラットがありまして

簡単ではないのです。

お客さまとの打ち合わせで、「じゃ、柄がわかるように1.1倍のフラットに

しましょうか」といっても、柄が横リピート64㎝あるので、単なる1.1倍にすると

柄が切れてしまうのです。

しかも今回の取り付ける現場は幅の違う窓が2窓あります。

1つの窓は幅が151㎝、もう一つは135㎝です。

大きな柄を3つ入れることを優先して片開きで作りました。

ボリューム感を揃えるために左右の余白の部分で調整して

1つの窓は約190㎝の幅でつくり、もう1つの窓は170㎝で作りました。

2窓とも1.25倍のフラットです。

 

 

それがこんな感じです。

サイズの違う2窓です。

ドレープは輸入のPASAYAの生地で納品が間に合っておらず、

それだけ後日の取付です。

↑ 大きい方の窓は左右の余白が大きい目

↑ 小さい方の窓は左右の余白があまりありません。

 

フラットカーテンを同じサイズで作ると窓のサイズが違うのでボリューム感が

違ってきます。

単なるボリューム感だけを合わすと柄だしがおかしくなります。

 

窓が1つだけならば、何も考えずできます。

 

ここに専門的知識のある「窓装飾プランナーのいるお店」ならば

こういうことができるのです。

 

1,25倍フラットのボリューム感は

 

カーテンと窓装飾品のお求めは「窓装飾プランナーのいるお店」の

ステッカーの貼ってあるところで買いましょう。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

「4月10日はインテリアを考える日」です。

 

 

 

 

 

 

お子様の安全対策にコードレスの商品を

消費者庁が2019年3月14日にブラインドのひもによる事故が起こっている

のでTwitterで注意を呼び掛けていました。

消費者庁のホームページから抜粋

家庭で、日除けや目隠しのためにブラインドを設置することがありますが、消費者庁には医療機関から、ブラインドのひもが子どもの首に絡まったという事故情報が寄せられています。

「子どもが、椅子の上でブラインドのひもで遊んでいるうちに、ひもが首に掛かった。音がしたため両親が駆けつけると、首をつった状態になっていたため、すぐに外した。」(3歳)

子どもは、高いところからぶら下がっているブラインドのひもに興味を持ち、引っ張ったり、体に巻き付けたりして遊ぶことがありますが、何かの拍子に首に引っ掛かって絡まってしまうおそれがあります。

ブラインドを設置する際は、ひもが付いていない製品を選ぶと安心です。ひも付きの場合は、規定以上の重さがかかると、ひものつなぎ目部分が外れる等の安全対策が施されたものを選ぶようにしましょう。ひもの安全対策が施されていない製品では、クリップ等を使用して、ひもを子どもの手が届かない位置でまとめましょう。

 

ここ数年、チャイルドセーフティということが盛んに言われるようになり、

インテリア業界でも安全対策が施されています。

クリップなどを用意してお子様の届かないところにひもをあげるようなことですが、

これではまだまだ十分だと言えないと思っています。

 

一番危険な状態は、ブラインドの設置されている近くにソファや椅子などが

ある場合です。

(上の消費者庁のTwitter(ツイッター)のイラストでもそうなっています。)

 

今はひも操作でない、コードレスの商品もよく売れています。

 

ハニカムスクリーン 

ルーセントホーム(キューセント)のシェルシェード トップオープンタイプ

コードレスの施工例

コードレスで取っ手がついていまして、それを持って上げ下げをします。

 

これがとっても便利

 

先ずはつかみでおシャレ

上も下もオープンにすることができます。

 

難点は手で持ってあげたり下げたりしなければならないので屈伸運動を

しなければなりません。(年をとるときついかも)

取付高さは手の届く範囲まででないと操作が困難です。

ハニカム(ハチの巣)状態になっていて、空気層が出来て断熱性の

高い商品です。

 

コードレスタイプはお子様には安全ですがお年寄りにはキツイかも。

 

お子様の安全を優先しましょう。

 

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

「4月10日はインテリアを考える日」です。

 

 

 

 

 

台湾に行ってきた話(6)

前回の続きです。

台南から台北に移動して3日目(2019年1月5日)の朝は、以前にも

行ったことのある行列のできる 「阜杭豆漿(フーハン・ドゥジャン)」

行きました。

ホテルからが地下鉄で1本ですぐのところにあり、朝の7時前につきましたが

40分間並びました。

前回訪問の時のブログはこちら

 

 

2人で125台湾ドル(440円ぐらい)

朝5時からやっていますので、台北に行ったら早起きして1度は行く価値は

あると思います。

午前中は少しホテルでゆっくりしてマッサージに行きました。

足将

ここも2回目で中山駅の近くの中心街になり、リーズナブルでレベルが高いです。

前回のブログ

まだあまり有名でなく、検索にはよくでてこないですが、知人に勧めると

喜んでいただきました。

湯つけ10分+足裏30分+全体マッサージ30分=70分で800台湾ドル

(2800円)

台北でいろんなマッサージに行きましたが、ここは全体のレベルは高いです。

 

 

 

ランチは火鍋で有名なお店である無老鍋中山店

ここは美味しくて感激しました。

また絶対に行きたい店です。

なかなか予約の取れない店で、予約せずに行くと1時間以上待ちとか

あるようです。

 

日本から事前にkkdayでチケットを購入しました。

【台湾名物・人気火鍋店】台北・無老鍋:お食事セット2人分セット6682円(2人分)

を申し込みました。

今、調べるとこれはなくなっていて別の店の分になっていました。

2人分セットで申し込むと少量で多種の料理が用意されて、何を選ぼうか

考えなくても美味しいものだけでてきて便利です。

現地でメニューをみて注文をすると、一人前の量が多くてあまり多くの

品が頼めないのです。

少人数で行くときは、こういったものはおススメです。

今あるのはこれ

 

お土産は新光三越百貨店(中山店)でマンゴーのドライフルーツとベルギーチョコの

DARCIS(ダルシー)が昨年10月にアジ初出店したので、行ってチョコを

買ってきました。

  

 

台湾のおみやげには、ドライフルーツはなかなかいいと思います。

ダルシーは日本ではバレンタインのときだけ百貨店に出店しますが、

路面店は台北店がアジアでは初めてです。

これは、私はゴディバより好きです。

 

 

台湾に行った話はこれで終わりです。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

「4月10日はインテリアを考える日」です。

 

 

台湾に行ってきた話(5)

前回からの続き

 

台南から台北への移動は台湾高速鉄道(いわゆる台湾の新幹線)で、これも

日本でチケットを買っておくと20%引きになります。

kkdayで申し込みました。【外国人専用価格】

20%引きで3900円ぐらいで、1時間40分です。

 

ネットでクーポンを買って、クレジットカード先払いですが、

駅の切符売り場でスマホのクーポンのバーコードをみせるとすぐにチケットを

発行してくれます。

 

台北の宿泊はWホテル台北

wホテルはマリオットホテルグループで私はMarriott Bonvoy™

(マリオットボンヴォイ)の会員なので、安く泊まれて充実したサービスが

受けられます。

部屋はグレードアップを無料でしてくれて29階で101が見える部屋です。

窓は電動のロールスクリーンが2台ついていて、手前がレースのロール

窓側が完全遮光のロールスクリーンです。

 

ハッピーアワーでのバーは、カクテルが無料で食事の前に一杯飲みました。

 

この正月の台湾旅行での一番の楽しみは北京ダッグを食べることなのです。

このホテルの31階のレストラン 紫艶中餐庁 

北京ダッグを食べました。

ここは2人でも食べられるハーフサイズというのがあり、事前に予約をしなければ

ならないのです。

リクエストをするときに101の見える窓側の席を用意してほしいとも

いいましたが、101が見えるところは個室しかなく、それはかないませんでしたが

静かな窓際の席を用意してくれました。

 

 

目の前でカットしてくれます。

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

実際は6分30秒かかっていますが、8倍速に変速して45秒ぐらいにしています。

北京ダッグに圧倒されて、他に食べたものの写真を撮るのを忘れました。

めちゃ美味しいのです。

北京ダッグのハーフサイズでも2人では食べきれないぐらいの量です。

1200台湾ドル(4200円)

 

続く

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

「4月10日はインテリアを考える日」です。

 

 

台湾に行ってきた話(4)

前回の続き

 

2日目(2019年1月4日)の朝は、宿にも無料の朝食がついているのですが、

台南に来たら、小吃(シャオツー:Xiǎochī)やろ

 

ということで、宿の近くにある国華街で朝食の食べ歩きです。

小吃(シャオツー)というのはいわゆる軽食(ファーストフード)の店です。

量も少なめです。

この国華街には、金の三角形といわれているところがあり、三角形の位置関係に

店があり、うまくて安いと言われています。

こんな雰囲気のところです。

 

 

金得春捲の春巻き 40台湾ドル(140円)

阿松割包 台湾ハンバガー 70台湾ドル(245円)

 

 永楽牛肉 牛肉湯 100台湾ドル (350円)

これはうまいっす!

 

朝から3軒回って朝食。どれも美味しかったけど

これじゃ太るわ~

 

台南市内の観光はレンタル自転車「T-Bike」

公営で市内のいたるところに自転車置き場があります。

クレジットカードがあれば外国人でもレンタルできまして3時間で

60台湾ドル(210円)

 

3段変速でスマホを入れるケースもついていて、ここにスマホをいれて

グーグルマップを見ながら運転します。

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

 

 

台北市でも公共のレンタル自転車がいっぱいありますが、台北は

車の量が多くて怖いのです。

台南はまだ比較的大丈夫かな?

台南の観光は自転車で回れます。

「赤崁楼/せきかんろう」(チーカンロウ)や林百貨も行きましたが、

私たちは観光地より食べる事に興味があります。

 

お昼は、度小月担仔麺

 

ここは、有名な担ツー麺の店でけっこう混んでいます。

ここもうまいっす!

 

 

からすみも豚足も食べました。

全部で2人で525台湾ドル(日本円で1835円ぐらい)

 

3時のおやつにマンゴーかき氷を食べようとしたのですが、この時期はまだ

マンゴーが採れないとのことでフルーツミックスアイス(195台湾ドル・680円ぐらい)

にしました。

 

 

このあと、新幹線で台南から台北に行きました。

 

続く

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

「4月10日はインテリアを考える日」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

台湾に行ってきた話(3)

前回より続く

 

台南の夜の食事は 阿霞飯店

蟹おこわの有名なお店で、以前に台北の欣葉 (シンイエ) 創始店 (本店) で

食べた蟹おこわが忘れられず、それ以来蟹おこわが大好きで台南に行ったら

ここに行きたかったのです。

ここも有名店でなかなか予約が取れないとのことで、台南市出身の

仕入先の社長に電話で予約をいれてもらっていきました。

 

台湾料理というのは、大勢の人数でいろんなものを一品ずつ注文してシェア

しながら食べるのがいいのです。

私たちはいつも夫婦2人旅なので、食事の時にいろんな種類を注文できないので

困ることがあるのですが、この店は2人用のメニューがあって

名物の蟹おこわを含めて少量で多種のセットメニューがあります。

2人で1500台湾ドル(日本円で5250円ぐらいです。)

 

確かに美味しい

でも、私は台北の欣葉 (シンイエ)の味の方が美味いかなぁと思いました。

 

食事のあとは台南最大の夜市である「花園夜市」に行きました。

日本でNHK BSで放映している「2度目の旅」シリーズの「台湾・台南編」の

録画を観ていて、そこで紹介されていた眉毛を整えるのを

やってもらいたかったのです。【参考記事

 

眉毛を整えてくれるところをみつけました。

台湾では、眉毛と眉毛の間の毛を剃ると金運に恵まれるというのが

あるようなです。

1回88台湾ドル(310円)ぐらい

結構人気のようです。

私は眉毛と眉毛の間の眉間のシワも取ってくださいというと

それはおだやかな顔をしなさいといわれました。

その結果

上が剃る前の写真(直前に撮り忘れたのでアルバムにあった写真)

下がアフター(直後ではなく、2日後ぐらい)

こんな写真、どうでもいいか~

 

続く

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

「4月10日はインテリアを考える日」です。

 

 

 

 

 

 

 

1 / 45312345...102030...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.