カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

大阪市西区で「カーテン夢工房」というカーテン屋をしている私が日々感じることを書いていき、ホームページ上で公開していきます。業界の話やお客様の話など、仕事を絡めながら私自身の考え方を書いていきます。

裏からみたジャパンテックス2014(2)

昨日のブログ、裏からみたジャパンテックス2014(1)の続きでです。

別に裏側をみているわけではないのですが、ブログではタイトルが重要で

「ジャパンテックスに行ってきました」的のタイトルならばあまり興味を

示されないと思いまして、敢えて過激なタイトルにしています。

読者にとって、まずタイトルをみて、写真をみて読むかどうかの判断を

されていると思っていまして、書き手としては、せっかく書いたならば

最後まで読んでいただきたいのです。

「斜めからみたジャパンテックス」にすればよかったかなと思っています。

 

さて、ジャパンテックス2014ですが、主催者側のセミナーやイベントは

ひじょうによかったと思っています。

大手メーカーのブースが元気がなかったのが残念です。

セミナーをきちっと聴いて、ブースをじっくりみてまわろうとすると2日間でも

時間が足らないぐらいです。

WTP(ウインドウトリートメント需要活性化プロジェクト)のセミナー会場に

あったコーディネート例の展示は、専門店の私どもにとりましてはひじょうに

参考になりました。

JAPANTEXに行かれた方でも、ほとんどご覧になっておられないと思いますので、

ここにアップしておきます。

作品は今年のトーソー主催のWith Curtain 2014のプレゼンテーターでもあり、

窓装飾プランナー養成講座の講師でもある木村さちこさんによるものです。

コーディネートのポイントと使用生地まで説明してありました。

ジャパンテックス2014 DSC02919_R

DSC02916_R DSC02917_R

DSC02914_R DSC02915_R

DSC02912_R DSC02913_R

DSC02910_R DSC02911_R

DSC02908_R DSC02909_R

DSC02906_R DSC02907_R

DSC02904_R DSC02905_R

 

14日の夜、帰社したら茨城県のエンドユーザーの方からメールがきていました。

この方もブログを書いておられて、新築中で私のブログをよく読んでいただいています。

 

メール

>御世話になります。

>サンゲツショールームとJapanTEXに行ってきました。

>あいにくサンゲツの「Mine」には該当の生地色がなく、また今月末に「SOLEIL

>が切り替えになるということでした。

>来月頭にSOLEILの新しい生地を確認してから、最終的に決定したいと思います。

>もうちょっと待ってください。

>ところで、小嶋さんはJapanTEXに行かれましたでしょうか?

>会場で面白いものを見つけました。

>WISFUGAという商品です。

>これはシルエットシェードなのですが、ニチベイやトーソーの商品と違って

>シェードを上げた状態でも調光が出来るのだそうです。

>http://www.wis-interior.co.jp/cgi-bin/wis-interior/siteup.cgi?category=

>もし、実物をご覧になられたのならプロの目にはどう写るのかな~とちょっとお

>聞きしたいです(^o^)

 

それに対して、私の返信

 

>小嶋です。

>お世話になります。

>ジャパンテックスはいきました。

>fuga取扱のWISさんとは親しくしており、fugaは当店店内展示しております。

>当日会場でも社長といろいろと話しました。

>上の方まで巻き上げた状態で上昇すると逆回転させていますので

>巻き径が大きくなるため、クレームの原因になりますが、1m以内ぐらいならば

>問題ないと思います。

この商品です。ちゃんと会場で写真も撮っていました。

DSC02900_R DSC02901_R

DSC02902_R DSC02903_R

 

これに対して返信をいただきました。

 

カーテン夢工房 小嶋様

 

御世話になります。

fugaの感想をありがとうございます。

さすがプロのカーテン屋さんですね。なんでも知ってる!

 うちは手動のもの(高さ 1mくらい)を採用しようかと思っているので、

大丈夫かな?と思っています。

 小規模なところの商品は採用するのに勇気が要るので、小嶋さん

の話は大変為になりました。

 ありがとうございました。

 

ここに書いていただいている「さすがプロのカーテン屋さんですね」という

言葉です。

たぶん、カーテン屋はそれで生計をたててるので、皆、プロですがエンドユーザーの

目には商品知識のない素人的なカーテン屋も多いと映っているんだと

思います。

商品知識のあるカーテン屋とそうでないカーテン屋がはっきりわかるように

しないといけない、

そんなエンドユーザーの声にこたえるために、創設されたのが

「窓装飾プランナー」の資格制度なんです。

続く

今日の話はよかったですか? いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

裏からみたジャパンテックス2014(1)

先週はインテリア業界において、大きな話題が3つありました。

1つはサンゲツの株価が11月10日にストップ高(最終的には502円高)で3205円になったこと、

2つ目は14日に国土交通省が「住宅エコポイントの復活」を検討しているという話が

新聞に大きく取りあげたこと、

3つ目はインテリア業界の最大のイベントであるジャパンテックスがヤフーニュース

とりあげられたということです。

 

サンゲツは11月7日に中期経営計画を発表し、株主優遇策を打ち出したため、

それが好感されたようです。主要5紙に大きく取り上げられていました。

 

「住宅エコポイント」は2年前まで実施されていて、当店にとっても

内窓の需要開拓ができましていい成果をあげました。

消費税増税後の住宅建築の低迷を打開するため、復活させる動きがあります。

次回は外壁の断熱材まで拡大するようなことが主要紙一面に書かれていました。

窓周りの遮熱商品はどうなるのでしょうか?

これが住宅エコポイントの対象となれば、この業界も活気づくと

思います。

日本インテリアファブリックス協会(NIF)も1年半かけて遮熱基準をつくったので、

エコポイントの対象になるように一生懸命活動をしてくれることでしょう。

 

 

ジャパンテックスは、インテリア業界の最大のイベントで今年33回目を迎える

合同の展示会です。

今まで一般紙でニュースになったことはないと思いますが、今年は

ヤフーニュースが取り上げてくれました。

これが大きなニュースです。

 

さて、ジャパンテックスに私も行ってきました。

JAPANTEXに関しましては、多くの人が「行ってきました。」ということで、

写真を載せて主催者側のニュースリリース的に書いておられますので、私は

斜めから書きます。

 

今年のジャパンテックスは、ここ数年入場者減少傾向に歯止めががかかり、

数字的には前年に対して10%弱の増加です。

内容的には、主催者側の企画としてはよく頑張っていて、見どころ

たくさんでひじょうにいいです。

しかし、プロモーション活動が下手というか、まったくなっていないため

動員力がありません。

大阪に居てると、参加企業の営業が自社の展示会でもあるにもかかわらず、

まったく広報、勧誘に来ないのです。

特にひどいのが、副委員長を輩出しているサンゲツ、東リ、川島織物セルコン、

住江織物の大手メーカーで、営業は案内すらしません。(東リに関しては代理店である

リックが案内を持ってきてくれました。)

これらの企業が集客マシンとして、機能しないと来場者が増えないのです。

会場でも、ジャパンテックスの出展企業は元気がないのです。

営業員を一人も配置していないで、企画・開発系のスタッフのみのブースもありました。

隣接していたJapan Home&Build Show2014の方はブースからの呼び込みや

パンフレット配布が熱心で活気がありました。

 

出展企業のブースとしては、「サンゲツが変わった」ということを印象づけるものが

ありました。

昨年までは四面を囲って、サンゲツの名前を前面にだしていましたが、

今年はサンゲツの名前があまり見当たらなくて、天井もなくして

開放的なブースになっていました。

 

今までの酸欠(サンケツ)から風通しのいいサンゲツになったような感じです。

 IMG_1835_R   ジャパンテックス2014_n_R

 

上の写真の左はサンゲツの展示ブース。

ここに展示してある生地を使って別のブースで、デザイナーが洋服を作って

おられました。

 

続く

②はイベント等

③は「窓装飾プランナーを祝う会」

④はオフ会

 

 

今日の話はよかったですか? いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自慢するのははにかむが見せたくなるブラインド ハニカムブラインド

アメリカのコンフォテックス社のハニカムブラインドを取り付けた施工例です。

この商品はハニカム(蜂の巣状)にもなり、ブラインドのようにスラット(羽根)と

スラットの間から外も見ることができます。

途中でもスラットの開閉もできます。

断熱効果がありながら遮蔽性のない商品で、高層マンション(タワーマンション)の

高層階のリビングにおススメの商品です。

当店にも展示しています。

DSC02874-1

DSC02873-1

DSC02876-1 DSC02877-1

 

スラットはハニカムになっています。DSC02878-1

 

 

 

 

 

 

DSC02880 DSC02883-1

DSC02891-1 DSC02893

 当店店内展示サンプルの動画はこちらです。

 

人に自慢するのははにかむが見せたくなるブラインドです。

 

今日の話はよかったですか? いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ     JAPANTEX 2014

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

カーテンを床に垂らす吊り方

だんだん寒くなってきました。

この季節になると、カーテンの縫製のやり方で床ぎりぎりに作ってくださいと

いう依頼が多くなるのです。

それは、床からの冷気を防ぐためなのですが、夏も同じ状態になり、夏冬に

カーテンを取り替えるわけではないのです。

心理的影響でしょう。

 

確かに、冬になると室内と室外の温度差が激しくなり、空気が動いて冷たい空気は

下にいき、床とカーテンの隙間から冷たい風が入ってくるのです。

カーテンと床との隙間をできるだけなくすのは寒さ対策になります。

 

日本の場合は、一般的に床とカーテンの隙間は1センチぐらいにします。

引きずるとカーテンが汚れてイヤがられます。

ヨーロッパの寒い地域では、カーテンを床に垂らす吊り方が一般的です。

ローラアシュレイのカタログをみてもほとんどが床にすっています。

 

日本でも最近はたまに床に垂らすようにカーテンを作ってほしいというお客様が

おられます。

そんな施工例です。

 

 DSC02861-1

DSC02869-1

 生地は フィスバのスプレンディド14370 137

レースは床上がり1センチでつくっていまして五洋インテックス(インハウス)

 SL09801

 

以前、同業者間で、この場合何センチぐらい長くするのがいいのかという

議論をネット上でやったことがあるのですが結論は出なかったのです。

お客様の好みや生地の特性もありますし、この業界は決まりごとは

ないのです。

一番の要因は日本でのこのケースの施工例がまだ少ないということでしょう。

今回の施工例写真は20㎝長くなっています。

 

今日の話はよかったですか? いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ     JAPANTEX 2014

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

巾継ぎのない厚手カーテン(ドレープ)

11月3日は父親の86歳の誕生日で、先月の27日に81歳になった母親と一緒の

誕生日会をしました。

以前に島之内一陽で、両親と食事をしたら、そこをたいへん気に入ってくれて

毎年そこでやっています。

ここは、メニューに価格が載っていません。

それは、たとえば5人で行ったら、一つの品を5人でシェアできる分量を

だしてくれるためで、3人ならば3人分分量になり、定量でないためです。

しかし、良心的な価格でひじょうにおいしいのです。

真ん中の△をクリックするとスライドショーになって、食事がでてきます。

 

さて、本題です。

 

たまに厚手カーテン(ドレープ)に巾継ぎが入るのはおかしいといわれる方が

おられます。

カーテン業界で販売している者にとっては、巾継ぎが入るのは当たり前の

ことで、カーテンには巾継ぎが入りますよということがほとんど説明さていないと

思います。

カーテン生地の多くは100㎝巾、137㎝巾、150㎝巾で大きなカーテンを作る場合は

巾をつながないとできないのです。

 

既製カーテンの場合で、150㎝巾の生地を使って、1,5倍使いで巾100㎝の

カーテンならば、巾は入りません。

これを片開きとして2枚使うと1間(180㎝ぐらい)の窓に吊るすカーテンとして

巾継ぎなしでつくれます。

これを基準に話されるのですが、オーダーの場合は2倍生地をつかってたっぷり

仕上げすることが多くて、その場合は巾継ぎが入りますし、大きいサイズならば

必ず入ります。

 

オーダースーツでも背中のど真ん中に巾継ぎが入っているのです。

 

シームレスドレープ

巾継ぎのない厚手カーテンというのもありまして、当店では

シームレスドレープと名付けてたくさん用意しています。

これは、生地巾280㎝で横に使っていきます。

 

そのため、巾継ぎが入りませんが製作丈が100㎝でも240㎝でも価格が

同じです。

CIMG9555

この商品は巾200㎝×丈240㎝で16200円(2倍使い)

      巾500㎝×丈240㎝で37800円(2倍使い) 税抜価格

けっこうリーズナブルです。

DSC02700

レースは巾継ぎのない横使いの商品はたくさんあります。

 

今日の話はよかったですか? いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ     JAPANTEX 2014

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

フィスバのレースとPASAYAのドレープ

最近、小忙しいのです。

リピーター(以前当店でお買い上げいただいたお客様向け)にカーテンクリーニングの

キャンペーン(11月20日まで)をやっていまして、それがようやく浸透してきまして

その引取り取り付けに走り回っているのです。

お店の斜め前にある高級スーパーの「おいしい紅茶の入れ方セミナー」に行ってきました。

DSC02818

DSC02816 DSC02815

私はお茶屋の息子で、小嶋家に伝わる一子相伝の日本茶の入れ方がありまして

うるさいのです。

人の投稿に茶々いれるのも好きです。

紅茶も好きですが、入れ方は自己流のため勉強してきました。

紅茶もなかなか奥が深いのです。

 

 さて、本題です。

 

フィスバ(クリスチャン・フィッシュバッハ)のレースDARA14163-300を手前に、

窓側にはパサヤのドレープ(厚手)MOZART   NAVAJOを取り付けました。

DSC02844

DSC02837 DSC02840

DSC02842

 

この分が輸入生地で納期が遅くなり、他の窓はレールとともに先に

取り付けていたので、これだけを私があとから吊りこみに行きました。

ただ、それだけの話です。

SEO対策で検索に引っかかるように、当店はフィスバもやってますよ、

パサヤもやってますよということのアピールですみません。

 

今日の話はよかったですか? いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ     JAPANTEX 2014

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

タグ : ,

窓装飾プランナーの役割

 

10月24日に「第1回窓装飾プランナー」の資格制度の合格の発表がありました。

受験者数が2540名で合格者が699名、合格率27.5%です。

大阪会場(近畿、中国、四国地区)では162名の合格者です。

当店からは5名受験して合格率80%でした。

DSC02801私も合格しましたが、実は受験後

ひょっとしたら落ちたかなと思って

いました。

密かに全問正解でトップ合格を目指し

ていたのですが、試験は問題数が多くて

最後まで完全に書ききれなかったので、

正解率75%ぐらいかなと思っていました。

私としては予想以上にできなかったので、

これじゃ

「ダメよ〜、ダメダメ」と

思っていたのですが、多くの受験者も同じような状況だったみたいで、

合格ラインが69点で低かったのと、マークシートと記述式の比率の割合が

7:3で試験の内容に比べて記述式の比率が高かったのがよかったと思います。

記述式は30分で3題書かなければならなくて、これも考える時間がなかったのですが、

実務を経験していれば書けそうなケーススタディの問題でした。

採点は専門家がするのではなく、外部の委託業者がしますので、専門的なことを

書くより、それに関するキーワードをいかに多く並べるかということが重要

だったのです。

そこらはわかっていました。

今回の試験は記述式で実務経験での知識が問われる問題で、その比率が比較的

高かったのは良かったと思います。

マークシートは、大学入試の共通一次世代より上の私にとってはひじょうに

厳しかったです。

時間の配分がわからず、問題量が多すぎて全部回答ができなかったのです。

内容は引っ掛け問題も多かったですが、当初から600〜700名の合格者を

想定されていたので、多少落とす意味でもこのぐらいは適正かなと

思います。

ただ、運営に問題があり、すべて外部に委託されていたようで、事前に問題の

チェックがされていませんでした。

試験中に2回誤植のアナウンスがあったのは、ひじょうに煩わしかったです。

その誤植のところは、私は気づいて通過して、他の問題を焦りながら考えていた時

だったのですごいロスタイムになりました。

最後に

アディショナルタイムが2分あるのかなと思ったらそれもありませんでした。

業界紙の主幹が「窓装飾プランナー受験体験記」を自らの紙面に、

誤植のアナウンスが煩わしかったと書かれたら、その数日後に

主催者である日本インテリアファブリックス協会はホームページ

その2問は全員正解としますとアップしていました。

業界紙としては、珍しく批判的でよい指摘だったと思います。

たぶん、次回に「窓装飾プランナー合格体験記」を書いてくれることでしょう。

 

 

さて、699名の窓装飾プランナーが誕生したわけですが、これをいかにして

業界内だけでなく、広く国民に知っていただけるようにするかが課題です。

 

日本インテリアファブリックス協会の窓装飾プランナーのホームページには

窓装飾プランナーとは、

カーテンやスクリーン、ブラインド、それぞれが持つ特徴を駆使して、

装飾性はもちろんのこと、機能的にも最適な窓まわりをつくりだすことが

窓装飾の目的です。

そのためには窓装飾に関する深い知識とスキル、そして専門家ならではのセンスが

求められます。さらに、建造物やインテリアの知識も備えている必要があります。

窓装飾プランナー資格とは、このような幅広い知識とスキル、センスをもとに

最適な窓装飾を実現でき、お客さまが安心して窓装飾を依頼できる能力を有して

いることの証しとして、一般社団法人日本インテリアファブリックス協会が

創設した資格です。

と書かれています。

私にとりましては、資格を持っているかいないかはそんなに重要ではないのです。

資格を持っていない人でも、豊富な知識とすばらしい提案ができる人は

いっぱいおられます。

この資格制度ができたことによって、インテリアの業界関係者が少しでも

勉強をしてレベルアップをし、エンドユーザーにインテリアの楽しさを

伝えていけたらいいなと思っています。

その一つの手段として、このような制度ができたことは喜ばしいのです。

主催者である日本インテリアファブリックス協会(NIF)は、今回の試験の実施に

より、何千万円の利益を得たはずです。

それを、この制度を通じて、広く国民にインテリアの楽しさが伝わるように

お金を使っていただきたいのです。

また、制度自体も業界内だけのものにならないように、前のブログにも

書いてますが、厚生労働省社内検定認定制度もとっていただきたいのです。

 

10月27日追記

アクセス解析をしていたら、「窓装飾プランナー」のワードでこのブログに

アクセスがひじょうに多くありました。

逆にそこから逆検索をしていたら「窓装飾プランナーの掲示板」を

見つけました。

試験問題に関していろんな意見があります。ご参考に。

 

 

今日の話はよかったですか? いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ     JAPANTEX 2014

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

 

 

1 / 337123...10...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.