カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

ハワイのコンドミニアムのカーテン(2)~LCCについて~

平昌オリンピック、日本選手の活躍がすばらしいですね。

昨日の男子フィギアの羽生選手と宇野選手の金・銀には感動しました。

私はブログを書いているのと、リピーターさまに前年に起こったことを

言葉遊びで書く年賀状を毎年書いていますので、いつも何かネタにならないかを

考えています。

「羽生選手、ゆづらない金で連覇」

「羽生選手、ピョンチャンでチャンピオン」

「羽生破れても羽生で金」

※これは将棋の羽生(はぶ)竜王が藤井五段に負けた話と掛けています。

「羽生ゆづらず金、小平なおも銀、高梨さらに銅」

今夜、小平選手は500mスピードスケートで金を取ってくれますので

ネタはまた考え直さなければなりません。

宇野選手のネタはまだ思い浮かばないのですが、この間まで話題になっていた

小室圭さんに顔がよく似ているなぁと思っています。

 

 

さて、ハワイに遊びに行った話です。

 

前回からの続きです

 

自分の記録のために書いていますので、今回はカーテンと窓周りに関することは

ないです。

 

ハワイまでの飛行機はLCCのエアアジアXです。

LCCとはローコストキャリアの略で、比較的安い価格で乗れる飛行機のことで

ここ数年すごい勢いで増えています。

メリットは価格が安いことですが、デメリットも多く融通がききません。

座席が狭くて、機内のサービスもすべて有料で、食事も飲み物もお金がかかり

ますし、毛布も有料です。手荷物も重量によって有料です。

キャンセルも出来ませんし、乗れなくても代替機は用意してくれません。

基本運賃は安くなっているのが魅力で、他のサービスをうけるのにお金を

加算していくシステムになっています。

昨年の6月に大阪の地下鉄の中吊り広告にこんなのがでていました。

私はそれをみて、すぐに申し込みました。

搭乗する日によって金額が大きく違いまして、また申込日によって金額が

大きく変動します。早く申し込むと安いのですが、人気となってくると

値段が上がってきます。

私は片道14000円で購入しました。

エアアジアXはマレーシアの航空会社ですが、昨年12月からシンガポール航空の

LCCであるスクートが関西空港からダニエル・K・イノウエ空港(ホノルル)まで

就航しまして、これも片道10000円ぐらいで安いのです。

スクートはボーイング787で座席も広いのです。

エアアジアXも今は最安値が9800円になっています。

 

関空からはダニエル・K・イノウエ空港までの直行便がLCC2本でていて、

大阪ではちょっとしたハワイブームになっています。

JTBもネット販売で、直行便スクートで行くハワイ3泊5日を44800円から

販売をしています。

 

私は、今回はオプションで座席指定をしたり、食事をつけたり、持ち込み荷物

20キロまでにアップしています。

座席はフレックスシートにして5800円アップグレードしました。

座席指定をして、前が広い席にしています。

自分の席の前には席がないので足を広げられるので楽でした。

このフレックスシートにすると、チェックインするときも優先ラインがあり、

ずらっと並んでいる人を横目にすぐにチェックインができますし、空港での

手荷物検査も優先されてゴールデンラインで行けます。

飛行機の搭乗も降りるのも優先されます。

預けた荷物もエクスプレスというシールが貼られて、優先してでてきます。

飛行機はどこもお金を出す人とよく乗る人が優先されるシステムになっています。

機内食は事前申し込みで1500円ぐらいしましたが、これはしょぼかったです。

熱々で美味しかったですけど。

 

上の左が行きで右が帰りです。

エアアジアは関西空港発が夜の11時30分発で、ダニエル・Kイノウエ空港

(ホノルル)着が当日の昼の12時過ぎです。(時差-19時間)

この時間帯が意外と都合がよくて、他の航空会社の日本発便は夜の8時前後が

多いのです。

そうするとダニエル・K・イノウエ空港には朝7時頃から10時ぐらいに着くことが

多く、その時間帯は到着便が多くて空港での入国審査にすごい行列ができて

審査までに1時間半から2時間ぐらいならばなければならないらしいのです。

関空発のエアアジアは昼の12時過ぎ着(実際は30分早く着きました)で、

この時間帯は他社の到着便が少なく入国審査は並ばずにす~と通れました。

預け荷物も優先ででてきて、12時過ぎには空港の外に出られました。

 

入国審査もスムーズで夫婦一緒に並んでパスポートをだすように言われ

入国目的は何かと聞かれるのです。

日本人は英語が苦手というのがわかっているので、日本語で書かれた紙が

用意されていて番号がついていて、①観光②ビジネス・・・・と書いてあるのを

指すようになっています。

私は入国目的はなにかと聞かれて

「ハネムーン ♡♡」

と答えました。

そしたら、空港がイノウエ(胃の上)だけに

ハイ(

といってにっこり通してくれました。

アメリカ人はユーモアが通じるのです。

 

子供が小さい時はよくグアムに行っていて、入国審査の時に

「What’s your purpose?」

と聞かれたら友達の布団屋の斎藤くんのことを思い出して

「斎藤寝具」(Sightseeing=観光)

というたらいいんだよと教えていたら

子供は緊張していて「サイトーふとん」と

言ってしまいました。

それを聞いた審査官も

 

ふっとんだ~

 

続く

 

この先も読みたいと思ったかたはこちらをクリックをお願いします。

      右のバナーをクリック

ブログを書く上で励みになるのです。

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

お知らせ

2月20日大阪でのフリーのインテリアコーディネーター三宅利佳さんの

トークショーにゲスト登壇します。

残席あります。

ぜひ、来てください。

お申込みはこちら

終了後、オプションで当店によって頂いて、三宅利佳さんを囲んで茶話会を

予定しています。