カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

ハワイのコンドミニアムのカーテン(7)

この話を書くために今まで6回、旅行の話を書いてきました。(前回の続き)

 

お待たせしました。

 

誰も待っていないって!!

 

こういう突っ込みをされるから、ブログに書くときは絶対に

「久々の更新です。」「ご無沙汰しております」とか「バタバタしてまして」

というようなことは書いてはいけないという話を同業の彩雅の中嶋さんが

ブログに書いておられました。

私のブログに対してのリプライなのでぜひお読みください。

 

ハワイ(ワイキキ)ではAirbnbを通じてコンドミニアムに4泊宿泊しました。(その話

オーナーがその部屋を個人所有されており、それを丸々貸出しされていますので、

ハワイにお住いの人の一般住宅に泊まるような感じです。

 

(画像はクリックすると拡大します。)

カーテンのヒダも3つ山で芯地の部分は上も下もミシンで縫わない仕様です。

オーナーが日本人なので、カーテンも日本的でした。

レールが1本しかなくて、レースはありませんでした。

開閉するためのカーテンバトンがついていました。

この棒を持って開閉すればカーテンは傷まないのです。

日本では、あまり使われませんが海外では普通かもしれません。

意外と便利で当店でも販売していますが使っていただいた方は皆さん

喜んでいただけます。(カーテンバトンに関するブログはこちら

 

バスルームにはシャワーカーテンがついていて、2重になっています。

シャワーカーテンが2重になっているのは初めてみました。

 

タイムシェアで見学に行ったマリオットコオリナビーチクラブの部屋のカーテン

 

ここも普通のカーテンがついていましたが、カーテンバトンがついています。

 

廊下にあるエレベーターホールには、ポールのレールにタブカーテンがついていました。

 

耳のところの縫製はすくい縫いされていました。

 

続く

あと1回番外編を書きますので、我慢してください。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は右のバナーをクリック

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ