カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

ユニットラグがよく売れています。

「ウーバーイーツ」を試してみました。

東京に遅れること1年半でやっと大阪市の中心街(中心の10区のみ)にも

4月26日からウーバーイーツが出来るようになりました。

これは、世界70か国で展開する配車アプリの「ウーバー」がやっていり食べ物版で、

「ウーバーイーツ」という無料のアプリをダウンロードすれば、そこに登録している

お店から出前をしてもらえるシステムで、配達する人は店のスタッフではなく、

別の登録人で掛け持ちで配達専門です。

試しに高校の後輩が経営している堂島スウィーツ道頓堀店からプリン3個を注文をして

みました。

 

システムはアプリから店を選んでメニューを選んでクレジットカードで支払いを

します。配達料は別に一律380円かかりますが、5月31日まではキャンペーンで無料です。

今は友達を紹介すると500円値引きというクーポンもあります。

注文をすると何分で届けるという案内がスマホにあり、5分ごとぐらいに更新

されて配達状況が随時わかるのです。

最初の案内では40分ぐらいとなっていたんですが、だんだん早くなり、

若い兄さんが自転車で注文後20分後ぐらいで持って来てくれました。

プリン3個配達で900円のみで、保冷剤もちゃんと入っていて、これがまた美味しい

のです。

 

 

ひじょうに便利なシステムでスマホ1台でなんでもできる時代です。

今は東京、横浜、大阪の中心街だけですが、これが全国的に広がっていくと

すごいことになります。

自宅だけじゃなくて、公園でバーベキューをしていてもそこに配達をしてくれますし、

ホテルに宿泊していても玄関まで配達してくれます。

 

大阪ではあらゆるジャンルのお店が登録されていますし、今後もっと増えていくと

思います。

例えば、大阪の中心街のホテルに泊まって、夜小腹がすいてお好み焼きを

食べたいなと思うとスマホをいじれば、ホテルの玄関まで30分ぐらいで

持ってきてくれるのです。

 

世の中はかなり進んでいるのですが、我がインテリア業界はまだファックスが

主流です。

業界団体の日本インテリアファブリックス協会のセミナーを個人で申し込む

時なんかも、ファックスしか申し込む手段がないのです。

今は、ほとんどメールで個人でファックスを持っている人は少ないのですが、

発想が20世紀の感覚で、世間一般よりかなり遅れています。

 

さて、本題です。

 

以前のブログで川島織物セルコンのユニットラグを紹介したところ、

同じ商品ばかり売れています。

これは市川海老蔵さんのブログを拝見すると、自宅に敷いてあったという

話を書いたからかもしれません。

 

住宅用の置き敷きのラグマットで、敷き詰めることもします。

 

 

 

別の現場

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ