カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

レースのカビ、あきらめる前にカビキラー

サントリーのプレミアムモルツを買うと神泡体験キットとグラスが

無料でついているというので購入しました。

ビールのうまさは泡にでるといわれているので、少し泡を多めにして

試飲しました。

きめ細かい泡でビールがうまいんです。

この簡単取付サーバーは単4電池2本で動くようになっています。
(これは自分で購入)

そしてこのサーバーは他の缶ビールにもつけられる汎用性があります。

 

1箱で350ml24本入りを買うのですが、ネットで買うとこのおまけ付けで

送料を入れても1本あたりはコンビニで買うよりも安いのです。

イチローがテレビコマーシャルをしている商品でサントリーでも、

このサーバーが当たる確率が2倍というキャンペーンもしています。

神泡体感キットとプレモル6缶がもらえるというキャンペーン

応募条件がサントリーのTwitterやインスタグラムのSNSを

フォローして、ハッシュタグ(#)をつけて投稿するとなっています。

 

これなんか、SNSをうまく活用して口コミで宣伝する無料の広告です。

私も嬉しがってInstagramに投稿しましたし、こうしてブログにもかいています。

サントリーのプレミアムモルツをタダで宣伝していて、うまくサントリーに

のせられているのです。

 

 

惚れたっ。

 

 

 

さて、本題です。

 

15年前に取り付けたお客様でカーテンとシェードのクリーニングの依頼がありました。

シェードはツインタイプで、表地のドレープ(厚手カーテン)はクリーニングで

レースはカビがはえているので、レースだけ新規に取り替えとなりました。

レースを新調した施工後の写真

取り外したレースのシェードは下部に黒カビがはえていたので、貰って帰って

社内で、カビーキラーでカビがとれるかどうかの実験をしました。

 

これは以前にもやってブログにも書いて、Facebookにもアップしたところ、

反響が大きかったので、別の商品で改めてやってみることにしました。

カビキラーの実験ブログはこちら

(ブログ内でカビキラーで検索したもので数件のブログがあります。)

 

カビがはえているレースのシェード

 

カビキラーは薬局やスーパで販売していまして250円ぐらいです。

これをカビのはえているところに噴射しまして、5分間置いておきます。

5分ぐらいできれいにカビがなくなります。

漂白機能がありますので、より白くきれいになります。

段ボールが変色するぐらい劇薬なので取り扱いには気をつけてください。

段ボール箱はスーパーマーケットにいくとタダでもらえます。

 

5分経つとすぐに水洗いしてください。

実験のため左半分だけカビキラーを噴射しました。

洗ったあとですが、下の部分はなにもしていない部分でカビはおちませんが

上の部分はカビキラーを噴射したところはきれいになりました。

 

結露の時期が終わりました。

今すぐレースにカビがはえていないかみてください。

 

カビキラーをするのは自己責任でお願いします。

私はレースをみていないので責任は持てません。

 

注意点としては

1)白いレースしかできません。

  カビキラーは漂白機能がありますので、色物でやるとその部分だけ白くなります。

2)白いレースでも洗濯絵表示ラベルを確認して水洗いOKの商品かどうかを

 確認してください。

 水洗いOKのポリエステル100%の商品でないとやめた方がいいです。

3)劇薬ですのでお子様のいないところでしてください。

4)臭いもすごくします。外でされることをおススメします。

 お風呂場でするとしばらく臭いが残ると思います。

5)噴射後放置する時間は5分ぐらいです。最近のカビキラーは浸透スピード

 3倍になっていてよく効きます。

6)5分経つとすぐに水で洗いながしてください。

 カビキラーは塩素系洗剤で酸性の洗剤と一緒に使うと危険です。

 洗濯は中性洗剤でしてください。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 



Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/www/cnacv000/public_html/wordpress/wp-content/themes/andyblue/single.php on line 47