カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

レール等の配送費値上げ問題について

昨年から運送業界の過酷な労働が社会問題となっており、佐川急便やヤマト運輸の

運送代が値上がりしました。

それに伴い、私どもが取り扱う商品も配送費が値上がりしていますが、

当店においては、それをエンドユーザーに負担を強いることはしておりませんでした。

 

生地に関しましては、メーカーによって、一律かかるものやメーター数によってや

全くかからないものもありました。

ブラインド等のメカ物に関しては、自店入れに関しては送料はかかっていません。

ずっと昔からそうだったので、メーカーが負担しているというより、それも含めた

定価となっていました。

 

レールに関しては、トーソーは1回の発注が4万円以下の場合は実費で

1500円、長物に関しては梱包費という形で配送費をとっていました。

 

当店の場合は発注量が多いので、これは大きな負担ではありませんでした。

 

それが6月15日より、トーソーが、カーテンレールの長尺物に関して

基本配送料が50000円以下が実費1500円で+特別配送料(273㎝以上の商品)が

1500円かかるようになりました。

レールのカタログには、ページ毎に273㎝以上の商品の価格を赤色で囲んで

特別配送料が別途1500円かかるという事が明記されているのです。

これは1本ごとに実費1500円ということではなく、1回の発注でということです。

発注量によって、配送費の負担割合が違ってきます。

量が多かったり、金額が大きかった場合は配送費の負担額が小さくなります。

 

今の社会情勢から考えると、日本経済発展のためみんなで負担しなければ

ならないのかと思います。

 

そのため、エンドユーザーの方にも応分の負担をお願いすることになるかと

思いますが、何卒ご理解の程よろしくお願いします。

 

メカ物はどうなのか?

今月1日に納品した4m32㎝の1本のタテ型ブラインドです。

2台共片開き仕様です。

2階なので窓から納品したのですが、外壁に立てると2階から手が届くので

施工担当者が一人で施工しました。

配送費という名ではないのですが、梱包費という名で送料はかかっています。

配送費がないだけに、配送してくれなくて、こちらから佐川急便の営業所まで

引取に行かなければならなかったのです。

こうした長物に関して、現状はかなりの運賃がかかっています。

今までは、メーカーが応分の負担をしてくれていましたが、今後は

販売店・エンドユーザーもそれなりの負担をしなければなりません。

 

昨日、注文をしたナニックの木製バーチカルブランドも長さ3m20㎝だと

送料が10000円かかるといわれました。

商品の定価が数十万円するんだから、これぐらいメーカーで負担してよと

いいたいのですが、きっちり請求がきます。

 

ブラインド、ロールスクリーン、タテ型ブラインド等に関しては、

タチカワが8月1日より1台に付き2000円定価を上げます。

 

各見本帳にシールを貼るようです。

<製品価格改定について>
このサンプル帳に記載しております製品本体価格(価格表)に
物流諸経費 2,000円/台(税別)を別途加算して下さい。

 

こちらは、1台に付きですが、定価で物流諸経費にも割引率が適合されます。

 

他メーカーの動きはまだ把握していませんが多分追随してくると思います。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ