カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

寒さ対策(1)吹抜けに簡単に取り付けられる天幕

ブログ投稿3000回を達成してからは、月に10回ペースでブログを書くぐらいに

ペースダウンしているのですが、今日実測に行ったお客さまも、昨日の

お客さまもすごくブログを読んでいただいていてもう少し書かないといけないと

思った次第です。

 

ダナンの旅行に行った話を書いていて、最後に食べた話や観光のことや

おもしろいネタがいっぱいあって、それを書こうとして行き詰っていました。

 

旬のネタなので、先に吹き抜けに天幕をつけた話を書いておきます。

 

この時期になると吹抜けからの冷気が寒いのでなんとかしてほしいという

問い合わせがよくあります。

今回のお客様は冬場だけ取り付けて、夏は外すので着脱できるタイプで

いいというお話でした。

そこで考えたポイントは以下の通りです。

1)できるだけリーズナブルにできるようにする

2)着脱ができる

3)外しているときの美観

4)お客様が一人でも簡単に着脱ができる

5)天幕はできるだけピンと張って圧迫感がないようにする

6)安全面にも考慮して、風にあおられてマジックテープが緩んでも

  落ちないようにする

吹抜けのサイズが260㎝×260㎝で今までも天幕は作ってきましたが、

この大きなサイズは初めてだったので、ピンと張れるか垂れ具合はどんな感じかを

事前に店内で実験をしました。

 

 

店内で270㎝の生地を使ってどのぐらい垂れるかを実験し、風でどのぐらい

あおられて波打つかをみました。

かなりピンと張らないと風であおられることがわかり、事前にお客様に

写真を送って了解をもらいました。

外した時に美しく見えるようにするためには、壁から立体的にならないように

することで、トーソーのバランスレール(マジックテープのオスがついている)

を直付けしました。

 

生地には落下防止と取付しやすいように四隅にリボンをつけて固定できるように

工夫しています。

対面にバランスレールを取付けて、生地も風呂敷のようにして2か所に

マジックテープを縫い付けてレールと貼り合わせただけで、着脱も簡単に

できます。

一人でも脚立があれば簡単に着脱ができます。

 

上からみると

出来上がってみれば、ひじょうに簡単なもので、

今までよくやってきた可動式に比べればかなり安くでき、

冬場以外は外すことができ、外した時のレールもほとんど目立ちません。

 

吹抜けのある家で寒さ対策で困っておられる方はお近くの

窓装飾プランナーのいるお店に相談してください。

日本インテリアファブリックス協会認定の窓装飾プランナーのいる店は

こちらです。

 

 

続く

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 



Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/www/cnacv000/public_html/wordpress/wp-content/themes/andyblue/single.php on line 47