2本糸の掬い縫いミシン » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

2本糸の掬い縫いミシン

今日はとても寒いです。明日はもっと寒くなるようです。

当店の縫製仕様は裾の折り返しの部分は掬い縫いをします。スカートやスラックスの裾の折り返しのように糸が表に出ない縫い方で、本縫いに対して掬い(すくい)縫いといいます。こうすることによってきれいに見えます。

特に無地のポリエステルの生地や遮光の生地を本縫いすると、縫い目を境にヒゲがはえたようにビビッた感じになったり、黒糸が見えたりします。そのため、このような場合は掬い縫いした方がきれいに仕上がりますが、問題点として1ヵ所糸が切れると、全部抜けてしまうというのがあります。

それを解消するために、当店では2本糸の掬い縫いミシンを使っております。上糸と下糸で掬い縫いをします。これによってほどけることはありません。
この縫製仕様をしているのはメーカーではフィスバだけだと思います。当店のこだわりです。2本糸の救い仕様2本糸の救いミシン
写真はクリックするとおおきくなります。
Share on Facebook


Write a comment

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.