カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

セントレジスホテルにみるカーテンレールの交叉ランナーの使い方

本日4月29日は休業です。

 

平成31年4月30日、令和元年5月1日も休業です。

 

令和元年5月2日、3日は営業します。

 

このブログは4月28日書いており、タイマー設定で4月29日にアップしています。

 

昨日のブログに関連する話でセントレジスホテル大阪のカーテンで

新しい発見をしまして、勉強になったことについて書きます。

 

交叉ランナーについてです。

 

交叉ランナーとは、カーテンの両開きで閉めた時に、真ん中からの

光漏れを防ぐために、ランナー(コマ)が交叉するように長くなっている

ランナーのことです。

先頭ランナーが突き出ています。

 

光漏れを防ぐために、このような交叉ランナーを使う場合と、

少し曲がったレールで交叉レールを使う場合もあります。

 

セントレジスホテル大阪の場合

右片開きに交叉ランナーを使って部屋側に出るようにし、

左片開きにも交叉ランナーを使って左側は窓側に突き出るようにしてあります。

この両方に交叉ランナーを使うというやり方はより重なる部分が多くなるので

理解できます。

私が関心したのは、先頭部分で生地を折り返していて、ふくらみを持たせて

密閉しやすいように考えていることです。

これは今後使おうと思いました。

 

当店の展示品はそのようになっていません。

 

交叉ランナーを使う時は、基本的には向かって右が交叉するときに前にくるように

します。

着物と同じです。

 

左を前にすると云々というように・・・・

「左前」というのは商売が傾くときにも使ったりします。

 

そのため、レールのトップメーカーのトーソーは右側に交叉ランナーを入れて

右のカーテンが部屋側に突出することをカタログで提案しています。

 

当店では、カーテンは右が前ですが、交叉ランナーは左側に入れて

窓側に突き出るようにすることを提案しています。

 

縫製にも工夫が必要なのですが、こうした方が、閉めた時にツラが

揃うのできれいと思っています。

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

 

 

 

フラットカーテンをピッチキープコードでしているホテルの部屋

4月28日(日)は営業しております。

昨日の27日(土)も営業しておりましたが来店は少なかったです。

この辺は市内中心部のビジネス街に近いため閑散としていました。

ニュースなどをみていると、大型の10連休で盛り上がっていますね。

海外旅行も多いようです。

 

休みになるとブログのアクセスも落ちまして、読んでくれている人も少なくなります。

 

軽い話を書いておきます。

 

昨日、「フラットカーテンに形状記憶加工をかけたら」という話を

書きました。

今日はフラットカーテンをピッチキープコードでウェーブを作っている

施工例です。

 

先日、大阪の本町にあるセントレジスホテル大阪に宿泊しました。

 

何度か宿泊していまして、最初に宿泊した話はこちら

セントレジスホテルのカーテンの話をかいているのはこちら

こちらのホテルではトーソーの電動カーテンレールが使われていて

ドレープはフラットカーテンで、ピッチキープコードで強制的に

ウェーブを取っています。

 

ピッチキープコードとは、レールのコマ(ランナー)をコードで結び付けて

ランナー間を一定の距離にする紐です。

カーテンのフックとフックの間を15㎝にして、ピッチキープコードで

ランナー間を10㎝にすれば、1.5倍のフラットカーテンになります。

 

 

こちらのホテルでは、もう廃番になりましたがトーソーのルーフィットの

ウエーブランナーというのを使っていて、きれいにピッチがキープできるように

なっています。

これで約1.7倍ぐらいのフラットカーテンです。

このピッチキープコードを使うときれいなフラットカーテンができます。

レースはフラットではなく三ツ山のヒダを取っています。

これらは夜撮影しました。

この問題点は上部はきれいにウェーブがでますが、裾まできれいに

ウェーブがでなくて広がるのです。

こんな感じです。

これは朝に撮影しました。

当店の縫製ではありません。

 

フラットカーテンで1.3倍以上で、ポリエステル素材ならば形態安定加工を

した方がきれいにいくと思いますが、これもちょっとした技があって

どこのカーテン屋でやってもきれいにいくわけではないのです。

 

当店の施工でピッチキープコードを使った施工例はこちら

ポリエステル素材でない場合は、こういうやり方になります。

 

 

 

このホテルのカーテンをみて、今回新しい発見をしました。

交叉ランナーを使って閉めた時の光漏れを防ぐやり方の縫製に関してです。

これは勉強になりましたので後日ブログに書きます。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

 

 

フラットカーテンに形態安定加工をかけてみたら

大型連休になりました。

当店は本日4月27日(土)は営業しております。

明日28日(日)も営業します。

 

日本人にとってはこの時期に10連休なんて初めての経験で、私どもの世代の男性は

何をしていいのかわからないというか、やることがないという人も多いのでは

ないでしょうか?

家にずっといてもけむたがられるんでしょうね。

そんな人達向けに大阪・難波で「おとうさん預りサービス」という

ビジネスがあるというのがヤフーニュースになっていました。

今回の「お父さん預かり」サービスは、元々ロッカーなどがすぐ埋まってしまう難波で、空いている部屋を使って旅行用の荷物を預かるというサービスを進化させたものだという。

貸し会議室、貸し展示場を主な業務としている難波御堂筋ホールが、連休期間に空く貸し会議室を有料で開放するという。

会議室は200平方メートルの広さ。
その中にワークスペース、漫画コーナー、フットマッサージ、バランスボール、ごろごろできるマットなどか置かれている。
Wi-Fiもあり、携帯電話充電器まで貸し出されている。

1時間500円ですが、終日で1000円です。

 

これを商売にする大阪商人の発想がすごいですね。

でも意外とニーズが多いかも。

 

さて、本題です。

昨日、『高さ4m30㎝のカーテンに形態安定加工をかけてみたら」という話を

書きました。

その関連する話で「フラットカーテンに形態安定加工をかけてみたら」という

話です。

形態安定加工というのは、ポリエステルの熱可塑性を利用してきれいな

ウェーブを出す加工のことです。

今や、ポリエステル素材の普通のカーテンではほとんどされています。

 

フラットカーテンでは、本来はあまりしないのです。

フラットにつくっているのでウェーブが必要ないのですが、

フラットカーテンといってもいろいろありまして、

ほんとのフラットでレールの長さとほぼ同じぐらいから、

少し余裕のある1,1倍フラット、1,2倍フラットや

少しウエーブのできる1.3倍フラット、

かなりウェーブが出来る1.5倍フラットなど生地によっていろいろと

変えます。

今回納品した現場は、大柄で柄を生かさなければならないけど、

生地巾とレールの長さに関係で1,3倍のフラットカーテンになっています。

1.3倍フラットカーテンというのは、例えばレールの長さが4mだとすれば

生地を約5.2mの幅に仕上げます。

そうすると、レールに対してカーテンの幅が1,3倍になっていますので

フラットと言えども1.2mほど長くなっているのです。

その分がウェーブになるのですが、均等にきれいなウェーブがでないのです。

開けていたカーテンを閉めるために真ん中を引っ張ると先頭から

ずっとフラットな状態ですすんでいき、最後の残っているところが

ウェーブとなっているのです。

 

そのため、私どもでは1.3倍ではピッチキープテープをつかったりしています。

1.5倍ならば形態安定加工をかけたりしていましたが、今回は1.3倍の

レースで形態安定加工をかけてみました。

 

生地はフジエテキスタイルFA1641GY

 

フラットカーテンですが、裾にゆるやかなウェーブがついていて

きれいになりました。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

高さ4m30㎝のカーテンに形態安定加工をかけてみたら

世の中は、明日4月27日(土)から5月6日(月)まで大型の10連休です。

 

当店は明日27日(土)28日(日)は営業しています。

 

5月2日(木)3日(金)も営業しています。

 

 

本来ならば、国民の祝日であり、皇位継承というお祝いの中で休みに

しなければならないのですが、小売り店では10日も休むとそれだけ

売り上げが落ちましてたいへんなんです。

 

また、大阪では6月のG20開催にあたり、6月27日~30日まで

高速道路はほとんど使えなくなり、市内の道路は大渋滞で、学校も

休みになり、あまり外に出歩くなというお達しがきていまして、

市内中心部の小売店はほぼ開店休業状態になります。

 

このこともあり5月6月の売り上げはそうとう厳しくなることが予想されます。

 

多くの方のご来店をお待ちしています。

 

さて、本題です。

 

11階建てのビルの最上階は天井高が4m30㎝あり、そこには

カーテンボックスにレールがついていてカーテンを吊れるようになっています。

その部屋にエステサロンを開業されるのに、長さ4m30㎝の

厚手カーテンに遮光1級の裏地をとりつけて、レースと一緒に吊りこみました。

取付は7尺の脚立があるのでカンタンなんですが、きれいにウェーブをだして

納めるのが難しいのです。

 

きれいにプリーツを出す加工としては、簡易型形態安定加工がありますが

高さ的には2m70㎝ぐらいまでしかできません。

 

以前にも4m20㎝ぐらいの高さにカーテンを取り付けたのですが、

形態安定加工ができなかったので、裾が広がってウェーブがきれいに

でなかったことがありました。

 

そこで、今回は当店のクリーニング工場にある形態安定加工機で

極東産機に初代のパーマネントフィニッシャーを使い、上から

半分ぐらいまで熱による形態安定加工をしました。

 

この機械は、裾でピン止めできないタイプで、、長いカーテンでも

裾をだらっとして上部だけかけることができるのです。

上半分ぐらいしか形態安定加工ができません。

 

その結果は

レースはある程度きれいにいきます。

もう少し時間がたてば、裾もウェーブがきれいになると思います。

ドレープはきれいとは言えませんが、裾がばらけて広がることは

ありません。

もう少し、時間が経てば落ち着くと思います。

結論として、丈の長いカーテンは半分だけでも形態安定加工をした方が

きれいになります。

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

 

床にするカーテン

「平成」も終わり、もうすぐ「令和」ですね。

日本中が祝賀ムードになっています。

私どももそれにあやかりまして、

 

令和元年記念カーテン  

作りました。

 

といっても、オーダーカーテンに取り付けている当店のネームタグに

「令和元年」をいれまして5月1日出荷分よりカーテンに縫いつけるだけです。

当店では、縫製工場にこのようなタグをプリントする機械がありまして

その都度小ロットで洗濯絵表示ラベルなどをつくっていますので、

ずっと以前より西暦を右上に入れていました。

何年にカーテンをつくったかがすぐにわかるようにです。

今回、それに新たに「令和元年」を入れただけです。

 

別に記念にはならないと思っていますが、新しい元号になり、

カーテンも新しくするのはいかがですか?

 

 

さて、本題です。

 

ヨーロッパではよく使われているスタイルで、わざとカーテンを床に

するように長く作る場合があります。

これを「ブレイクスタイル」とか「ブレイクする」と呼んでいる人も

いますが、エンドユーザーにはわからないことで、カーテン業界内においても

浸透しているとは思えないので、私は「カーテンスル~」で

いいと思います。

 

そんな施工例

生地はドレープがクリエーションバウマンSaphirPlus862

レースが クリスチャンフィッシュバッハ(フィスバ)Vitus14404-438

タッセル トーソーMS75

寝室で家具がないので写真だけ見てもつまらないかもしれません。

約20㎝床に垂らしています。

ヨーロッパでは窓からの冷気が床から隙間風として入ってくるのを

防ぐ目的と、綿などの商品を家で洗って少々縮んでも問題がないように

このようなスタイルにします。

 

日本人は、カーテンが床にするとカーテンが汚れるからイヤだという

人が多いようで、日本では床より1㎝ぐらい上げるスタイルが一般的です。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

 

★ 社員募集中です。

  インテリア特に窓装飾に興味のある方がおられましたら問い合わせフォーム

からメールでお問合せください。

 

★ 4月5月の大型連休の休業についてのご案内

  4月27日(土) 営業

  4月28日(日) 営業

  4月29日(月)~ 5月1日(水) 休業

  5月2日(木) 営業

  5月3日(金) 営業

  5月4日(土)~5月6日(月) 休業

  5月7日(火)以降は通常営業

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調光ロールスクリーンから遮光ロールスクリーンへ

私の故郷は京都・山城町(現木津川市)でお茶とたけのこの名産の町です。

そのため、創立以来毎年この時期にお世話になっている人にたけのこを

送っています。

山城のたけのこは柔らかくて白くて美味しくて高級料亭でよく使われています。

昨年から小学校の同級生がやっている秋田農園さんでわけてもらっています。

今年は豊作とのことでした。

 

 

さて、本題です。

 

昨日、パネルスクリーンから調光ロールスクリーンに取り替えた話

書きました。

 

これはレース地のパネルスクリーンでは夜が丸見えで調光できなかったからです。

 

今日の話は別の現場で、調光ロールスクリーンから遮光のロールスクリーンに

取り替えた話です。

 

3か月前に他店で購入されたトーソーの調光ロールスクリーン「ラクーシュ」が

明るすぎて寝られないということで、遮光のロールスクリーンに取り替えました。

 

Before

After

ロールスクリーンは遮光1級でニチベイのN7233

遮光ロールスクリーンだけつけると殺風景なのでウッドバランスをつけて、
ボトムバーの色を変えました。

 

チェーンはホワイトです。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

 

★ 社員募集中です。

  インテリア特に窓装飾に興味のある方がおられましたら問い合わせフォーム

からメールでお問合せください。

 

★ 4月5月の大型連休の休業についてのご案内

  4月27日(土) 営業

  4月28日(日) 営業

  4月29日(月)~ 5月1日(水) 休業

  5月2日(木) 営業

  5月3日(金) 営業

  5月4日(土)~5月6日(月) 休業

  5月7日(火)以降は通常営業

 

 

 

 

 

 

パネルスクリーンから調光ロールスクリーンへ

7年間お世話になっていたサイボウズLiveの無料版が4月15日をもって

使えなくなりました。

サイボウズLiveとは情報共有ツールで、社内や仲間同士で情報交換や

スケジュール管理できるもので、私は全国の前向きな同業者とインテリア業界の

情報交換をやっていました。

ブログに書けない内容がいっぱいあり、業界の動きが瞬時にわかりひじょうに

役に立っていました。

このツールが無料で、ひじょうに使いやすかったのです。

200万人の利用者がいて、ほとんどの人が「最強だった」という投稿を

されています。

有料版はまだあるのですが、無料で気軽に情報交換できるツールを

探していたのですが、なかなか私どもの意向とぴったり合うのがないのです。

とりあえず、無料でシンプルなものとして、Stock(ストック)という

ツールに乗り換えていますが、どなたか仲間うちの情報共有ツールとして

これはいいよというのがあれば教えてください。

 

今や一人や一社ではなにもできない時代になっていて、情報を共有しなければ

ならないのです。

私はインテリア業界にとっぷり浸かっていて40年近くいますが、

この業界の人は情報を共有することに前向きな人は少ないと思います。

この業界のメーカーや仕入先に聞いても、社内のイントラネットが進んでいて、

情報を共有している会社は成長していってますが、そうでない会社は

低迷していて明らかになってきています。

 

情報は発信しないと得られない とも思っています。

 

 

さて、本題です。

 

2年前に住宅メーカーの仕事で当店で施工したパネルスクリーンを

調光スクリーンの「FUGA」に取り替えました。

 

パネルスクリーンとは、生地をパネルのようにフラットの貼り付けて

横にスライドさせて開閉させる商品です。

中庭がみえる玄関にレース生地で取付ていました。

 

パネルスクリーンのメカは、2年程前にトーソーが廃番にしており、

今はサイレントグリスとタチカワぐらいでしょうか?

 

こちらの現場は外から見られるところではなく、中庭なのでレース地で

つくっていたのですが、夜は室内で照明をつけると丸見えになり、

それがちょっと不安とのことで、昼間は外がみえて夜は見られなくできるものが

ほしいという要望がありました。

そこで調光スクリーンのFUGA(フ-ガ)を提案しまして取り付けました。

ロールスクリーンのように上に巻き上げます。

ブラインドのように生地の角度をかえることができ、透けてみえるように

することができます。

角度を変えるとまったく見えなくなります。

暗くはなりません。

 

これがお客様の求めているものだったので、良い提案をしていただいたと

喜んでいただきました。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

 

★ 社員募集中です。

  インテリア特に窓装飾に興味のある方がおられましたら問い合わせフォーム

からメールでお問合せください。

 

★ 4月5月の大型連休の休業についてのご案内

  4月27日(土) 営業

  4月28日(日) 営業

  4月29日(月)~ 5月1日(水) 休業

  5月2日(木) 営業

  5月3日(金) 営業

  5月4日(土)~5月6日(月) 休業

  5月7日(火)以降は通常営業

 

 

 

 

 

 

1 / 212

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.