カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

22年前に取り付けたプリーツスクリーンの修理

お客さんから電話があり、ガラス窓と障子の間にとりつけたプリーツスクリーンが

動かなくなったので修理してほしいとのことでした。

 

資料をみると平成9年7月7日に発注しているトーソーのしおり15コンパクトと

いう商品で幅20mmぐらいの隙間に取り付けることができるプリーツスクリーン

なんです。

 

当店では、カーテン夢工房開店以来の25年間(創立は32年)のお客様の

施工データはすべてスキャンしてパソコンで管理しています。

顧客管理がきちんとしていますので、22年前のお客さまも、当店に

声をかけていただけるのがうれしいです。

 

今日のブログのアピールポイントはこれです。

 

 

メーカーのトーソーに聞いたら、とっくに廃番になっている商品なので

工場での修理はできないと言われました。

 

マンションの和室で窓ガラスと障子の隙間が22㎜しかなく、今の

商品では他社も含めてないのです。

 

お客様は、これはコンパクトで遮光性があり、重宝していて毎日

開け閉めをしていてすごくいいのでなんとか修理ができないかと

頼まれました。

伺って拝見すると、昇降コードがめくれて細くなっていたり、団子に

なっていたりして、上下開閉できない状態でした。

 

でもこれは昇降コードさえ取り替えれば直すことができると思いました。

メーカーはストッパー等の他の部品に不具合があれば部材供給はできないと

言っていて、もしその部分に不具合があれば「ごめんなさい」なんだけど

昇降コードだけなら私が交換しますと言ったら「ぜひ、お願いしたい」と

いうことになりました。(昇降コードだけは使えるのがある)

 

メーカーができないというならば、やってみたいという血が騒ぐのです。

こんな商品です。

見事に復元しました。

 

このような商品は今はないです。

マンションの和室が減ったことで、こういう隙間につける商品の

需要が少ないんだと思います。

アルミブラインドならば29㎜の隙間にとりつけられるものはあります。

 

思うに22年前の商品ですが生地は未だしっかりしていて、問題はなかったし、

メカの仕組みも単純なんです。

 

トーソーの商品はいい。

 

今の各社の商品は複雑なのですぐに壊れやすいのです。

でも、壊れた部品を交換すれば簡単に修理ができるのですが、メーカーに

依頼するとけっこう費用がかかります。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ