インテリ商品で節電を考える③   遮光裏地付きカーテン » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

インテリ商品で節電を考える③   遮光裏地付きカーテン

本日、サンゲツ大阪ショールームのリニューアルグランドオープンがありました。記念セミナーがありましたので見てきました。

感想はツイートしておきましたので、ご興味のある方は私の個人のアカウントのツイッターをご覧ください。私のツイートに対してりツイートする形で、セミナーに参加された方の情報交換が盛んに行われています。

さて、本題です。

インテリア商品で節電を考えるシリーズです。

インテリア業界の省エネ(節電)基準データを統一されたものがなく、各企業が各自にだしております。そのため、比較検討ができないので、日本インテリアファブリックス協会にもメールをしてそういった基準とか同じ検査方法を用いるように各社をまとめられないかとお願いをしました。

前向きな回答はいただいているのですが、なにか1つ決めるのにそうとう時間がかかりますのでたぶんこの夏までには間に合わないと思います。

そのため、ブラインドと裏地付きのカーテンとではどちらが遮熱(節電)効果があるのかといわれてもよくわからないのです。

カーテンに遮光裏地をつけると遮熱効果があり、多少でも節電になると思っています。

手元に岐阜県産業技術センターで調べた資料があります。

シュミレーションですが、1重のカーテンと裏地付きのカーテンでの電力料金は1年間で約1500円違うという結論がでています。

しかし、このシュミレーションは冷房を6月2日から9月21日までいれて、暖房を10月2日から4月14日までの9.1カ月間で1日18時間エアコンを入れることで計算されています。

その結果、1年間で裏地付きのカーテンは普通ののカーテンより1500円電気代がやすくなるということなんです。

でも、このシュミレーションのように、関西地区ならば10月2日から暖房を入れる事もないと思いますし、1日18時間もエアコンをつけることもないと思うのです。

そうすると1ヶ月で100円も違わないのです。

しかし、1ヶ月で100円の違いが大きいことを認識してほしいのです。

一家で100円でも日本中では相当な金額になり、かなりの節電効果になります。

地球温暖化防止においても、研究者は0.なん度さげることに対して血眼になってけんきゅうしているのです。

国民1人1人が少しでも節電をすれば、大きな節電になります。

それをぜひ、インテリア商品で節電を考えましょう。

特に今年は、東京電力管内では、計画停電が夏場に実施されることも想定して、窓を開けて風を入れながら遮熱しなければならないということも考えなければなりません。

 

 当店では裏地を半額にて提供中です。

カーテンに裏地をつけるとさまざまなメリットがあります。

(画像はクリックすると拡大します。)

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック





カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→



織物研究会

 

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

 

Share on Facebook


Write a comment

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.