ロールスクリーンの生地交換 » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

ロールスクリーンの生地交換

10年前に取り付けたトーソーのロールスクリーンの生地交換をしました。

ロールスクリーンの生地交換はエンドユーザーの方でもできるようになっていますが、ほとんどの方が当店に依頼されてきます。

生地交換の依頼も年に数回あるかないかぐらいで回数としては少ないと思います。たぶん、生地だけ交換できるというのをご存じないのかもしれません。

メカは古くても国産のものはけっこうしっかりしていて使えなくなったというケースは少ないのです。生地は今、販売されている色や柄のものと交換できまして、生地のみ交換の場合はメカ込みの単価の55~60%ぐらいが定価になっています。

ただ、今まで使っていた生地がレース地で薄くて軽いものから遮光の生地にするというような場合は、巻き径や重さの関係でできません。

今回のものはトーソーで、問題ないと思って発注時のデータとともにトーソー大阪に発注しました。

そうしたところ、交換部品がすでに廃番になっているために交換用生地はつくれないという連絡がありました。

我々販売店は、販売時に汚れたら生地のみの交換もできますよと言って販売しているのです。ちょうど汚れで取り替え時期の10年後に部品が廃番だから交換生地はつくれないと言われたら困るのです。

そのことをツイッターでつぶやいたら、トーソーの広報がツイッターで私をフォローしてくれていて「大阪の業務の勘違いです。交換できます」というりツイートがあったのです。

いや~助かりました。

もし、1年前ならばトーソーはツイッターをやっていなくて、トーソー大阪に発注して「できません」といわれて泣き寝入りしなければならないところでした。

業界の末端にいる大阪の一業者の声も、東京の本社の広報に瞬時に届き、すぐに改善されるといういい時代になりました。

 今や、世界的にはツイッターよりもフェイスブックが活用される時代になってきていますが、インテリア業界には、ツイッターやフェイスブックでの情報発信をしていないメーカーもたくさんあります。

時代に合って営業をしていかないと世の中に取り残された業界になってしまいます。

同業者の方もツイッターやフェイスブックをやりましょう。メーカーの営業員の来ない地方にいても、東京の情報がいち早く得られますし、同業者間の情報交換はすごく役にたちます。

 

  

今まではTR-2114という白っぽい生地がついていました。巻きずれで生地の端がよれっとしており、汚れもひどかったです。

新しいきじはコルトのTR-8003です。

 

階段の間仕切り用に使われていて、上の左の写真は左1台だけ交換したところです。

色を変えるだけで、部屋の雰囲気もかわります。

こうしてインテリアを楽しんでいただきたいものなのです。

この商品はサイズは840×2400が2台で通常に発注して、何の連絡もなかったのですが、箱をみると「ノンクレーム」と印字されているのです。

 

「ノンクレーム」というのは、「何かクレームが起こってもメーカーとしては責任は持ちませんよ、。クレームをつけたらダメですよ」という意味なんです。

そんなこと、事前に聞いてな~い。

「次回は文句いうなよ」という意味なんだろうか?

 

ツイート    このエントリーをはてなブックマークに追加   

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→



オーダーカーテンならば大阪・カーテン夢工房  

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

Share on Facebook


Pingback from トーソーロールスクリーン生地の取り替え » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記
Time 2012年9月1日 11:09 AM

[…] その時のブログ 2011年7月26日 ロールスクリーンの生地交換     […]

Write a comment

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.