カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

上海のカーテン屋

上海のカーテン屋を見てきました。

日本語でいうと「チョキ・グー・パー」というインテリア専門のショッピングセンターにある店です。

 店内の写真はこそっといっぱい撮ったのですが、写真を撮っていると注意されたのでここにはアップしません。帰国してからならば問題ないと思いますので、カーテン夢工房のフェイスブックページにこそっとアップしておきます。

余談ですが、中国ではフェイスブック、ツイッター、ユーチューブ等は政府の規制がかかっていてみることができません。フェイスブックはここではみることができませんがツイッターは事前にいろいろと情報を得て対策をとってきましたの問題なくみることができます。

ツイッターは携帯用のアプリで、「モバツイ」というのをパソコンのお気に入りにいれておくと、問題なくみることができます。auの携帯では問題なくみれます。(中国に行かれる方のためのツイッター最新情報です。)

 上海のオーダーカーテンショップにはとにかくびっくりしました。

ショップはすごく広くて、2階のカーテンと3階にはレール・メカコーナーがあります。店員の方も平日の朝ですが、店におられるだけでも15名ぐらいはいました。

台湾資本らしいのですが、日本のどのオーダーカーテンショップよりも充実していまして、事業努力もされていて、各国の商品もいっぱい展示してあります。

こういう店が台湾資本で上海に4~5店舗あるらしく、これだけの店構えで成り立つ上海の市場にちょっとびっくりしていたら、7階にはトータルでコーディネートする店があり、そこにはもっと高級な商品がいっぱいありました。

 

2階の店は、オーダーカーテンは日本のヒダつまみミシンを使っていることをアピールしており、3つ山2倍使いが標準でした。一般的にはテープを縫い付けてヒダをとります。

そして、展示品はすべてリターン仕様で、裏地付きです。また、ハトメ仕様も多く、ハトメの種類もいっぱいあります。

 

写真がないとわかりにくいので帰国してから写真をアップしながら説明します。すみません。

 

 

 

ツイート    このエントリーをはてなブックマークに追加   

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

オーダーカーテンならば大阪・カーテン夢工房  

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ