ロールスクリーン 取付面が水平でなかった時は・・・ » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

ロールスクリーン 取付面が水平でなかった時は・・・

築30年のお宅をリフォームされた現場で階段のところの間仕切りに天付けでロールスクリーンを取付けました。

そうしたところ、まっすぐ降りなくて下にいくと枠からはみでるぐらい左側にずれるのです。

  

おかしいなと思って調べると、枠内の右側と左側の高さが3ミリ違っていました。取付ける面が水平でなかったのです。

尺取り虫で実測

 

そこで裏技として水平にするために片方のブラケットにだけワッシャーを4枚かましてつけ直しました。

 

そうすると、天とロール本体との間に斜めに多少隙間ができますが、ヨコの壁に対してはほぼ垂直になり、まっすぐ下に降りるようになりました。

 

このようなケースはリフォームの場合はよくありますし、新築の場合でも枠がまっすぐでない時もあります。

新築の場合は、「まっすぐではないですね 」とは大きな声では言いにくいので、こそっとやりますが、今回は築30年の物件なのでお客様に説明をして堂々とさせていただきました。

 

 

今日のブログは役に立ちましたか        はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 

 
カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

Share on Facebook


Write a comment

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.