カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

簡易型形態安定加工の巾は無限に出来るようになりました。

今やカーテンにおいてはオーダーや既製でも形状記憶加工か形態安定加工を

することが多くなりました。

しかし、出来る商品には制限があり、ポリエステル100%のものが主で、

製作幅も限られていました。

形状記憶加工(真空釜でしっかりプリーツを 出す加工)は

当店では片開きで4m20㎝ぐらいまでは可能でしたが、

簡易型の形態安定加工は出来上がった商品をフックに

引っ掛けて加工するため、最大で片開きでヒダ個数27個(約3m強) しか

出来ませんでした。

この度、当店の加工所で簡易型形態安定加工を無限にできる機械を

導入しました。

片開きで巾3m以上のものも形態安定加工をすることができるように

なりました。

レース2倍使い手前吊り  片開きで3650㎜ (ヒダ山30個)

    生地は五洋インテックス サザンクロスSL5312

ドレープ(厚手カーテン)は オリジナルシャンタン 1.5倍使い2つ山

 

 


             

 先日、他店でカーテンを購入されたお客様のところに

ロールスクリーン1台追加で注文をいただき、実測に行ったときに

相談されました。川島織物セルコンのカーテンはきれいにウエーブが

でるのだけど、自分で買った無印良品の遮光カーテンはぶわ~と広がって

いてきれいにならないんですとのこと。

これは、川島織物セルコンのメーカー縫製はドレープのみで標準で形態安定加工を

しているためで、こちらはウエーブがでるのですが、無印良品は

その加工をしていないためです。

「あとからできますか」といわれ、できることはできますが、他店購入の分は

けっこう高くなるのです。

川島織物セルコンはドレープのみ標準で簡易型形態安定加工をして

いますが、レースはやっていません。

(川島織物セルコンは片開きで最大3mまでだと思います。)

当店はレースも無料のオプションでやっています。

 

 

今日のブログは役にたちましたか?        はい、クリック

カーテン・窓周り品やブログに関する質問は右下小箱のメッセージリーフからお願いします。

 
カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ