デュエットシェード ウルトラグライド操作取り付け » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

デュエットシェード ウルトラグライド操作取り付け

ハンターダグラスジャパンのデュエットシェードの新しい操作の

ウルトラグライド操作を取り付けました。

この商品は3月27日に発売になった商品で当店の店内にも展示しています。

こちらには動画もあります。

操作コードが常に一定の長さで、小さいお子様がおられる家庭なんかでは

安全性という点でひじょうにすぐれて商品です。

しかし、どこのメーカーもそうだと思いますが、発売当初は不具合が

よく発生しまして、私の経験からしてハンターダグラスの商品は

このケースが多いのです。

そのため、しばらく店内に展示して様子を見ることが多いのですが、

今回はお客様のご指定でした。

初めての取り付けでしたが、不具合でした。

斜めに上がるのです。

原因はなにかを分解してみたところ、ドラムに昇降コードが引っ掛けるところが

あるのですが、それが外れていて右左の昇降コードの長さが違っていました。

写真ではわかりにくいため、展示品を分解して説明をしますと、

本来は

上の写真のように溝の切り込みのところにコードが引っかかっていなければ

ならないのですが、それが外れて

上のようになっていました。

分解してわかったことですが、これは簡単にはずれます。
固定されるようにはなっていなくて自由に動きます。

 

明らかに構造上の問題で、降ろした時にボトムレールが何かに触れて斜めに

なったりするとすぐにこのようなことは起こると思います。

ハンターダグラスに現場から電話で状況を説明したところ、写真を撮って送れだ、

修理依頼書に報告を書いて送れとかいうものですから、

邪魔くさいのでブログで報告させていただきます。

まだ、あまり売れていないようで今のところそういう問題は

ないとのことですが、このままだと、なにかの拍子に同じことが

必ず起こると思います。

早期の改善をメーカーに求めます。

 

この分は私が修理しましたが、キャップを外すとゆるくなったため、

それは新品と交換しなければなりません。

 

ハンターダグラスに言わせると、こういうことが起こっても

操作のやり方が悪くて、そうなったといいかねないのです。

当店ではお客様に対してそういうことは言いません。

エンドユーザーの立場に立って、商品の問題点を公にしておきます。

 

今日のブログは役にたちましたか?        はい、クリック

 

 

カーテン・窓周り品やブログに関する質問は右下小箱のメッセージリーフからお願いします。

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook


Pingback from 新商品 電池で動くデュエット・シェード » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記
Time 2013年7月15日 11:44 AM

[…] 初期不良の問題や高温多湿の日本でもモーターは大丈夫なのかという […]

Pingback from シルエットシェード ウルトラグライド操作 | カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記
Time 2014年2月14日 10:12 PM

[…] いつも新しい商品がでれば初期不良というものがあります。 […]

Write a comment

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.