お客様から送っていただいた遮熱レースの施工写真 » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

お客様から送っていただいた遮熱レースの施工写真

近畿地方は梅雨明けしました。

ほんとに暑いですね。

こんな日がこれから毎日続くかと思うとゾッとします。

 

当店は基本的にネットでの販売はやっていません。

ご来店いただいた方への店頭販売が主です。

当店は5年保証をしていますので、顔の見えるお客様を相手に

何かあったときにお伺いできる営業テリトリーの範囲で

小さな商いをしています。

今は、ネット販売なんて当たり前で、同業者も次々と参入されいていて、

少しでも売り上げ確保を狙っておられますが、当店ではそういう

ことはやりません。

専従のスタッフもおりませんし、お問い合わせをいただいても

すぐに返事はできていなくて対応はよくないかもしれません。

 

基本的にネット販売はやらないのですが、ブログを読んで

高く評価していただけるお客様がおられたらこそっと販売もしています。

 

そんなお客様から、超高機能の遮熱レース「シャネットレース80」と

あとから取り付けることのできるレース用遮熱フラット裏地

シャネットうらだⅡ」の施工写真を送っていただきました。

今までついていた出窓のレース

これを夏用に遮熱レース「シャネットレース80」をご注文いただきました。

当店から実測マニュアルとメジャーをお送りしてお客様で測っていただきました。

 

もうひと窓は

今ついているレースに後から取り付ける遮熱用のフラット裏地

「シャネットうらだⅡ」(シルバーの商品)をお買い上げいただき、

ご自身で取り付けていただきました。

お客様からのメールには

シャネットレース80は予想以上に明るいですが、確かに熱さは防いでいるようです。主人はうらだ2のほうが日蔭のようで視覚的に涼しそうだといっています。

 どちらも夏本番前に取り付けが完了してよかったです。

 

インテリア業界では、ここ2年遮熱レースがよく売れています。

確かに効果はあると思いますが、冬もこれを吊っていると

逆効果になります。

すだれは夏だけとりつけて冬ははずすように

遮熱レースも冬は取り替えなければなりません。

このように、夏は遮熱レースを使い、冬は透け感のあるレースに

取り替えされることをお勧めしております。

もしくは、3番目の写真のように夏だけ後から取り付けられる遮熱用の

フラット裏地をレースにとりつけて、

冬はそれをドレープ(厚手カーテン)の裏地として使うことを

おススメしています。

そうすると、冬は裏地付きのドレープになりました暖房効率が

よくなるのです。

 

今日のブログは役に立ちましたか?   はい、クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

 

 



Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/www/cnacv000/public_html/wordpress/wp-content/themes/andyblue/single.php on line 47