カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

ハニカムスクリーンの価格比較

 昨日のニュースで、『窓ガラスフィルム「断熱効果に根拠なし」措置命令へ』と

いうのが話題になっていました。

窓ガラスに張るだけで冷暖房の効率が大幅にアップするとして大学や公共機関などに

納入されているガラスフィルムについて、断熱効果に根拠がないとして

消費者庁が近く、フィルムの製造メーカーに景品表示法違反で措置命令を出す方針を

固めたことがわかりました。措置命令の対象となるのは、

東京・文京区のフィルム製造メーカー翠光トップライン」です。

こちらの商品は91%の透明度にもかかわらず、「冷暖房効率が30~40%アップ」

「夏涼しく、冬暖かい部屋になり、省エネに効果てきめん」などと、

メーカー側が高い断熱効果を強調して販売していました。

透明に近かっただけに、人気があったようですが、直射日光を遮り、遮熱を

しようと思えば透け感がない方が効果がアップします。

 

私どもとしてはメーカーが出しているデータを信じるしか方法がないのです。

 

さて、本題です。

 

インテリア商品で、もっとも断熱効果があるのは「ハニカムスクリーン」だと思います。

これは、蜂の巣状になっていて、そこに空気層ができますので、断熱効果は

高くなります。

私自身、「こんだけ違うよ」というようなことは言えませんが、

間違いなく断熱効果があることは実感しています。

 

ルーセントホーム(キューセント株式会社)のシェルシェードを取り付けました。

DSC04128

DSC04130

DSC04121

 今回取り付けたのはコードレスタイプ。

 お客様はコードレスタイプがご希望で、ハンターダグラスの同じタイプの

ライトライズと悩まれていました。

両方の見積もりをだすと、あまりにも価格差があるのです。

「この価格差はなんなのですか」と聞かれて、答えられなかったので

ハンターに聞くと「ブランド力です。」というのです。

ハンターダグラスは世界100か国以上で愛用されていて162社の事業法人を

展開しています。

日本人はブランドが好きですね。

どこにもウランド(売らんど)というのがいいのかもしれません。

 

そこで、当店で取り扱いのあるメーカーで、同じタイプのもので定価で価格

比較をしてみました。

各社同じようなものがあるのが25ミリタイプのシングルドラム式です。

サイズは今回発注しました巾840㎜×丈1900㎜です。

 

ハンターダグラスはデュエット・シェードと言いまして、DIシリーズの

ウルトラグライドで 62600円

 

ルーセントホーム(キューセント株式会社)はシェルシェードといいまして、

ドラムタイプで34700円

 

セイキ総業はハニカム・サーモスクリーンといいまして、

ループコードタイプで39100円

※セイキの商品は、すべてダブルハニカムになっています。

 

 

ニチベイはハニカムスクリーン「レフィーナ25」といいまして、

ループコード式で51000円

 

トーソーはハニカムスクリーン「エコシア」といいまして、

シングルスタイルチェーン式で48800円

※但し、トーソーの商品は全点防炎品(ぼうえん)です。

 

他社は防炎品もありますが、今回の比較は非防炎品でみています。

防炎にすると、ハンターダグラスはこの価格から30%アップになります。

 

これは定価での比較です。

ニチベイ、トーソーは当店は40%引きの販売価格は定価の60%になります。

ハンターダグラスなどはほぼ定価に近い販売価格です。

 

これは単なる価格だけでの比較です。

断熱効果は、この商品群での比較ならば、各社そんなに変わらないと思います。

セイキはダブルハニカムで二重の空気層になっていますので、この価格帯では

もっとも断熱効果があると思います。

メカのクレーム率においてはMADE IN JAPANは安心できます。

ルーセントホームは台湾製です。

 

生地の素材感や色数の豊富さは各社違います。

これは好みがあると思います。

当店では各社のサンプルを展示しておりますので、ご来店の上ご確認ください。

認定窓装飾プランナーのいる店

 

何に価値を求めるかはお客様の判断になります。

 

 

メールでの相談にはお答えしておりません。

 

 

今日の話はよかったですか?  いいね!クリック

 

 

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ