カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

オーダーカーテンのサイズがぴったりだと誉めてもらえる

昨日の14時ごろから今朝の11時ごろまでインターネットがつながりませんでした。

今の時代に、ネットが繋がらないというのは、メールも読めなくて仕事にならない

不便さがあります。

パソコン関係で何かトラブルがあればすぐに修理に来てくれるメンテナンス業者と

月々定額2800円で年間契約をしていまして、有事の時は無料できてくれるのです。

この会社がひじょうに便利で、支払っている価格以上に価値があり、今回も

助けていただきました。

サーバーが繋がらない状態になっていて、システムを入れなおしていただき、

復旧しました。

原因はよくわからなくて、こういう時はどこにいえばいいのかもわからないので、

パソコン専用のこういうなんでも屋さんは重宝です。

インテリア業界にも、こういう需要はあるのかなと考えながら・・・・

 

 近くのマンションで私が吊りこみに行った現場の話です。

吊りこみをしていると背後から、いろんなことを話しかけてくる大阪のおばちゃんなんです。

「サイズぴったりやん」

「一応はかりましたんやん。」

「3年前にニトリで買った時は、紙とはかるやつをもらって、自分で測ったら

15㎝長かってん。それで丈直しをしてもらったら4000円取られたんや〜」

「当店はカーテンの取り付け、実測は無料ですからね。でも、4000円で

丈直しをしてくれたら安いと思いますよ。」

「兄さんとこ、カーテン安いねぇ。この大きさで26000いくらやもんなぁ。

ニトリより安いねぇ」

「まぁ、にとりよったりですけどねぇ。袋物の既製カーテンはニトリは

安いけど、オーダーカーテンやったらけっして安くはないと思いますよ。

当店は実測費や取り付け費なども含めて総合的にみたら安いと思いますよ」

「お店の人も感じよかったもんなぁ」

「ありがとうございます。」

「お兄さん、年いくつなん?」

「いくつにみえますか」

「50ちょいかな」

「来年、還暦ですねん。商売始めて30年ですね。」

「へぇ〜 社長さんですか?」

「こんなカッコしてとりつけてますけど、責任者なんです。」

社長というとびっくりされたようですが、これはブログは読んでおられないなと思って

書かせてもらいました。

 

逆のケースもありまして、創業して間もない29年前ぐらいの話です。

誰かの紹介だったと思うのですが、新築のお客様のところに打ち合わせに行ったのです。

その時は、サラリーマンを辞めたあとだったので、お客さまと会う時はネクタイをしていく

のは当たり前と思っていったのでそうして打ち合わせをしました。

紹介だったので、仕事はいただいて、取り付けも自分で行きました。

そしたら、言われたことが

「あんた、社長やと思っていたら職人かい?」

引っ越し日で、ご家族の方が店屋もん(出前)を取られるのに私の分も

ご馳走していただいたのですが、ご家族の方は皆、「親子丼」で私だけが

「玉子丼」だったのです。

この食い物の思い出だけは、未だ忘れることはなく、

「いつかはかしわ(関西では鶏肉のことをいう)のはいった親子丼を

食べたい」と思ったものです。

 

こちらの現場でついていたカーテン

img_5291

片開き分だけ新しくしたところ

img_5293 img_5294

img_5296

お客様はブルーのLED照明付きの棚を買われて、それに合わせてカーテンも

変えたくなったと言っておられました。

3年でカーテンを替えていただけるお客様はありがたいです。

巾534㎝×丈241㎝ 1.5倍使いの形状記憶カーテンで税込で26568円

こんなカーテンも取り扱っています。

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ