カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

さすがサンゲツ、やっぱりフィスバ

今日は車内でラジオを聴いていると、ノーベル賞を取ったボブ・ディランのことを

いくつかの番組で話題にしていました。

未だノーベル財団がボブ・ディラン本人と連絡が取れていないということを

テーマにして、視聴者にそれに関する話題を募集していました。

また、12月10日の授賞式には出席するのかどうかというのも関心を集めています。

多分、本人に聞くと

 

ボク、出らん。。

 

述〜べるしょ。

 

さて、本題です。

 

私のブログはアクセス解析をしていますと、1回目の訪問(新規)がここ1か月の

統計をみても71.4%になっています。

さらに分析をすると、7割の方が検索で私のブログにひっかかって訪問していただいている

ことになります。

たぶん、そのほとんどの人が1回切りの訪問になっています。

私のブログを常に読んでいただいている人の割合は少ないのです。

そういうことがわかっていますので、検索に引っかかりやすいように

1つのブログに対して1つのテーマというように絞って書いています。

 

今日のブログは、昨日書いたブログと同じ現場の同じ部屋のクッションと

ボルスターの話です。

ボルスターとは、クッションの1つで円筒形・直方体などの形でボリュームのあるもの。

ソファの背やベッドの背もたれとして使います。

ここで、タイトルを「残布でクッションとボルスターを作りました」としても

関心度は低いと思って、フィスバの生地でつくったのであえて

「さすがサンゲツ、やっぱりフィスバ」にしました。

 

タイトルってけっこう重要で、ブログランキングなんかではタイトルしか表示されないので、

それを見て読んでもらえるかどうかが決まるのです。

同業のホームデコアさんのインテリアコーディネーターのブログ

コーディネーター三好律子のブログ」というのがありまして、先日

タイトルが「形態安定加工へのお叱り」というのがフェイスブックの

タイムラインに紹介されていたのです。

このタイトルを見て、思わずブログを読みにいきました。

当店のスタッフも同じことを言っていました。

当店でも形態安定加工はよくやっていますので、何が問題だったのかが興味をそそったのです。

ここでは書けないですが、このブログを拝見し問題点はわかりました。

ホームデコアさんはいい仕事をされていますので東京の方にはぜひおススメします。

「さすがサンゲツ」

「やっぱりフィスバ」

というのは、インテリア業界でよく言う言葉なんです。

サンゲツはマンパワーがすごいのです。

フィスバはやっぱり生地がいいんですね。

こちらの現場では、フィスバのカーテンを使っています。

リビングのレースは昨日のブログで紹介しましたが、ドレープはフィスバの

ヴァイタス14404-414を使っています。こちらはほとんど閉めることがないとのことで、

ダミー的に152㎝巾の生地を3巾だけ使って両開きにしています。

dsc03376

これはポリエステル100%のベルベットですが、柔らかくてウエーブがきれいにでるのです。

やっぱりフィスバ。

こちらの生地と、レースのティアトロが300㎝巾で、裾20㎝切り落として210cmの丈のカーテンを

作ったら上部が55㎝余り、それを活用してクッションを作りました。

dsc03351-1

dsc03347

別の部屋でもヴァイタスの色違いを使っていまして、残布をうまく利用して

クッションやボルスターを作っています。

dsc03368-1

 

 残布でクッションとボルスターを作ったという写真をアップするのに

1400文字まで引っ張ってしまいました。

続く。

 日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ