実験シリーズ② 簡易型形態安定加工の洗濯実験 途中経過 » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

実験シリーズ② 簡易型形態安定加工の洗濯実験 途中経過

5月3日憲法記念日です。

昨日のブログで簡易型形態安定加工について、よく洗濯をすると3~5回ぐらいで型が崩れると言われていると書きました。

当店でははたしてそうなのかどうかを実験をしています。まだ、途中経過で3回しか実験をしていませんが報告します。

メーカーの縫製においても、簡易型形態安定加工の機械が違いますので、各メーカーに聞いても答えはバラバラです。川島織物セルコンは3回程度、東リも3回、住江織物は2回、シンコールは4~5回ぐらいの洗濯で形態安定の型が崩れると言っています。

実験データ

 

 

 

 

 

 

 

 

 


これは平成18年に富山県工業試験センターで実験したデータです。(ジャパンテックスでメーカーのラポージュのブースでいただきました。)洗濯したあと、両端を持って広げて離すと何センチの広がりになるかを調べたものです。

形態安定加工をしたものは洗濯する前は27センチ、1回目34センチ、2回目38センチ、3回目38センチ、4回目39センチ、5回目41センチになっています。

未加工のものは洗濯する前が35センチ、1回目51センチ、2回目49センチ、3回目49センチ、4回目47センチ、5回目48センチとなっています。

この実験では形態安定加工をしたものも、洗濯するたびに少しずつ広がっていく結果がでています

メーカーがいう3~5回ぐらいの洗濯で型が崩れるというのは正解です。でも私は5回以上しても大丈夫だと思っているんです。誤解のないようにいっておきますが、この実験は1日で連続してやったものです。

5回洗濯するには1年に1回しても5年はかかります。2年に1回ならば10年はかかるのです。
その間に生地もへたりますし、折り癖もつきます。10年経ったら型が崩れて問題だというほどのものではないと思っています。

私はメーカーがいう簡易型形態安定加工は洗濯3~5回で型崩れをするというのは大きな問題ではないと思っています。

今、当店で実験をしているのはずっと吊り放し状態で1か月に1回洗濯をしています。

縫製したあと、形態安定加工をする前の状態です。

CIMG0924

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

形態安定加工機にセットしました。 

CIMG0925

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡易型形態安定加工をしました。 

CIMG0927

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カーテンを洗濯をする前の状態です。(2009年2月13日) 

洗う前2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1回目の洗濯をしました。(2月13日) 

1回目1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2回目の洗濯をしました。(3月21日) 

2回目

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3回目の洗濯をしました。(4月20日) 

洗濯3回目ー1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は3回洗濯をしてこんな状態です。

とりあえず、こんな状況です。これからも毎月1回洗濯をしていきます。

今後の報告に期待しておいてください。

今日のブログは役立つ情報でしたか。    はいクリック 
役に立った時はクリックをお願いします。
今後の励みにしていきます

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ

 

 

 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です

ブログのトップ

Share on Facebook


Write a comment

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.