カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

カーテンクリーニング物語 その3

私がこの2日間で納品に行ったカーテンクリーニングの現場が3件ありまして、

その話を書いています。

その3です。

21年間で初めてカーテンのクリーニングをされたお客様です。

65キロ離れた兵庫県明石市から、カーテンクリーニングをやってくれるところを

求めてご来店いただきました。

営業テリトリー外で、電話で問い合わせがあれば完全にお断りをしていますが、

遠方よりご来店を頂いた場合は、意気に感じてどこへでも行きます。

21年前に住宅メーカーでカーテンを購入されて、そのお見積もりを持ってこられたので

サイズはわかりましたのでクリーニングの見積もりをさせていただきました。

クリーニングだけでは悪いのでとおっしゃって、バルーンシェードは生地の劣化が

激しいので新しくご購入していただきました。

dsc04176

取り外したバルーンシェードです。

dsc04173 dsc04174

バルーンシェード3台は出窓についていて、日がよく当たり劣化して破れたり

していました。

これは新しく取り替えました。

dsc04178 dsc04180

他のレースも傷んでいたので、お客様の了解を得て、1窓だけ先に試し洗いを

させていただきました。

それが、裂けたら後のレースは洗わないという条件でやってみたところ意外ときれいに

なったのです。

ドレープは新品のようになりました。

クリーニング後のカーテン

dsc04183 dsc04182 dsc04171

画像はクリックすると別のページに飛びまして、そこでもう一度クリックすると

拡大します。

 

教訓3

カーテンはマメに洗いましょう。

その方が丈夫です。

 

教訓4

ドレープ(厚手カーテン)はカーテンクリーニングでかなりきれいになりますが、

レースの黒ずみはとれません。

レースは5〜6年で新調しましょう。

そうすると部屋も明るくなり、気分も明るくなります。

 

来年、2017年は酉年です。

カーテンもとり替えましょう。

img_6033

インテリア業界では、酉年にはカーテンをとり替えましょうという

大々的なキャンペーンをします。(後日ご案内)

当店では、とり残されないように、協賛して入口にステッカーを貼っています。

img_6032

 

また、来年2017年2月17日には創立30周年を迎えます。

ひとえにご購入いただいたお客様のおかげです。

感謝の気持ちをこめて、当店でお買い上げいただいたカーテンのクリーニングは

2017年5月20日〜11月20日まで、

30周年にちなんで、通常価格より30%引きの感謝セールをさせていただきます。

嫁に出したカーテンを真心込めてきれいにさせていただきます。

 

後日ご案内をいたします。

 

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ