フロントレーススタイル » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

フロントレーススタイル

CIMG7892

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1月8日 一か八か勝負の日です。

今日は高校ラグビーの決勝と高校サッカーの準決勝が行われ、すべて同点でいい試合でした。
仕事をしていましたので生中継は観ていませんが、インターネットではハイライトシーンを動画でやっており、ラグビーの決勝は東福岡と桐蔭学園が同点で2校優勝という素晴らしい内容でした。

今日のこころに語りつづける言葉

人生から返ってくる球はいつかあなたが投げた球
                         サンゲツダイアリー2011 week52より

さて、本題です。

ここ数年、レースを手前に取り付けるスタイルが多くなってきています。
この名称なんですが、統一されたものはなく、皆、好き勝手に言っていまして、当店では、「レース手前、ドレープ(厚手カーテン)窓側」といったような言い方をしています。

レースオンドレープ」という言い方もよくされていますが、
最近は「フロントレース」という言い方をするところも多くなってきています。
これが、正しい英語の表現なのかよくわからないのですが、今日はブログのSEO対策上、「フロントレース」としておきます。

まだ、この表現もインテリア業界で認知されたものではないと思っています。

本日の施工現場

リビングダイニングのリビングの方は、レースを部屋側に両開き2倍使いにして、ドレープはシャープシェードで窓側に取り付けてます。
シャープシェードは、バーが細いオリジナル(ニューシャープシェード)のものです。

CIMG7904CIMG7890

CIMG7889CIMG7884

CIMG7887CIMG7885

 

 

 

 

 

(画像はクリックで拡大)

CIMG7896ダイニングは掘り込みカーテンボックスから2m80㎝の高さで、レギュラーカーテンをつけてドレープはマナのリップル、レースはリノなんですが、リノが欠品でこちらは1月末ぐらいの納品になります。

タッセルはトーソーのフロントフックスタイルA(ブラウンレザー)を使っています。
こちらの窓は、レースを納品した時に写真アップいたします。

リビング・ダイニングの生地はすべてマナ・トレーディングの商品で、当店のスタッフと打ち合わせをしながらマナのショールームに行ったりして決定しました。

マナというメーカーは、ひじょうにセンスのいい生地が多くて、レベルの高いコーディネーターには人気のメーカーですが、一般的知名度は低いと思います。

お客様が、どうしてマナをお知りになったのかを伺ったところ、同じ住宅メーカーで家を建てた人や建てている人達が、家が出来上がるまでのプロセスをブログに書いておられ、そのブログからの情報とのことでした。

実際にカーテンをつくった人が、「あのメーカーはどうだ~、この業者はこうだった~」等の生の声を発しておられるのは真実味があると思います。

そして、はるか遠方よりネットを通じて当店を見つけていただき、ご来店いただいたことがうれしいです。

インターネットでの情報発信こそ、一か八かじゃなくて真剣勝負しなければならないと思った1月8日でした。

ブログは役にたちましたか  はい、クリック 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

      織物研究会  「キッズ・インテリア」コンテスト

 

 

 ブログのトップ

 

 



Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/www/cnacv000/public_html/wordpress/wp-content/themes/andyblue/single.php on line 47