フロントレーススタイル » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

フロントレーススタイル

CIMG7892

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1月8日 一か八か勝負の日です。

今日は高校ラグビーの決勝と高校サッカーの準決勝が行われ、すべて同点でいい試合でした。
仕事をしていましたので生中継は観ていませんが、インターネットではハイライトシーンを動画でやっており、ラグビーの決勝は東福岡と桐蔭学園が同点で2校優勝という素晴らしい内容でした。

今日のこころに語りつづける言葉

人生から返ってくる球はいつかあなたが投げた球
                         サンゲツダイアリー2011 week52より


さて、本題です。

ここ数年、レースを手前に取り付けるスタイルが多くなってきています。
この名称なんですが、統一されたものはなく、皆、好き勝手に言っていまして、当店では、「レース手前、ドレープ(厚手カーテン)窓側」といったような言い方をしています。

レースオンドレープ」という言い方もよくされていますが、
最近は「フロントレース」という言い方をするところも多くなってきています。
これが、正しい英語の表現なのかよくわからないのですが、今日はブログのSEO対策上、「フロントレース」としておきます。

まだ、この表現もインテリア業界で認知されたものではないと思っています。


本日の施工現場

リビングダイニングのリビングの方は、レースを部屋側に両開き2倍使いにして、ドレープはシャープシェードで窓側に取り付けてます。
シャープシェードは、バーが細いオリジナル(ニューシャープシェード)のものです。

CIMG7904CIMG7890










CIMG7889CIMG7884










CIMG7887CIMG7885

 

 

 

 

 


(画像はクリックで拡大)


CIMG7896ダイニングは掘り込みカーテンボックスから2m80㎝の高さで、レギュラーカーテンをつけてドレープはマナのリップル、レースはリノなんですが、リノが欠品でこちらは1月末ぐらいの納品になります。

タッセルはトーソーのフロントフックスタイルA(ブラウンレザー)を使っています。
こちらの窓は、レースを納品した時に写真アップいたします。


リビング・ダイニングの生地はすべてマナ・トレーディングの商品で、当店のスタッフと打ち合わせをしながらマナのショールームに行ったりして決定しました。

マナというメーカーは、ひじょうにセンスのいい生地が多くて、レベルの高いコーディネーターには人気のメーカーですが、一般的知名度は低いと思います。

お客様が、どうしてマナをお知りになったのかを伺ったところ、同じ住宅メーカーで家を建てた人や建てている人達が、家が出来上がるまでのプロセスをブログに書いておられ、そのブログからの情報とのことでした。

実際にカーテンをつくった人が、「あのメーカーはどうだ~、この業者はこうだった~」等の生の声を発しておられるのは真実味があると思います。

そして、はるか遠方よりネットを通じて当店を見つけていただき、ご来店いただいたことがうれしいです。

インターネットでの情報発信こそ、一か八かじゃなくて真剣勝負しなければならないと思った1月8日でした。

ブログは役にたちましたか  はい、クリック 





カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→



      織物研究会  「キッズ・インテリア」コンテスト

 

 

 ブログのトップ

 

 

Share on Facebook


Comment from spiral
Time 2011年1月10日 1:23 AM

明けましておめでとうございます。本年も楽しみに読ませて頂きます。 レースを内側に吊るすスタイルは、わたしのまわり(マンションのインテリアオプション)では「レースイン」と呼ぶことが多いです。 小嶋社長のブログ拝見してると、レース内側の場合、大きな掃き出し窓を、ドレープはメカもの(シャープシェード)で、レースを両開きにされてる事が多いですね☆とってもキレイですね。 この場合は、メカものはドラム式にされているんでしょうか。 出入りの不便などについては、お客様から声はありませんか? 年初から質問で、失礼しましたm(__)m

Comment from 小嶋@カーテン屋の奮闘記
Time 2011年1月10日 8:59 PM

spiral さん、コメントありがとうございます。 「レースイン」といういい方も検索で調べるとよく使われているようです。 でもちょっとわかりにくいように思います。 私どもは、シェードに関しましてはお客さまからの強い要望がない限りすべてドラム式を使っています。 それは耐久性がいいからです。 ドラム式が普通と考えていますので不便とか思ったことはないです。

Comment from spiral
Time 2011年1月12日 11:24 PM

何度もすみません(^^ゞ 先日の質問は、言葉足らずでした。失礼しました。 「ドラム式」と「出入りの不便」は別の質問なんです(^^ゞ 「ドラム式だから不便」という事はないと思います(むしろいいですよね)。 掃き出し窓の場合、シェードや横型のブラインドにすると、出入りするのに身長くらいの高さまで上げないといけないので不便、という先入観があり、わたしはあまり今までお勧めしていませんでした。でも小嶋さんのブログを拝見すると、よくそのスタイルをされているので、実際はそんな事はないのかな、と思ったのです。 長くなってすみませんm(__)m 毎日の「こころに語り続ける言葉」も好きです。いい言葉ばっかりですね。

Comment from 小嶋@カーテン屋の奮闘記
Time 2011年1月13日 8:04 PM

質問の意味がよくわかりました。 私の場合は、レースでのシェードはあまりおすすめしていなくて、ドレープのシェードです。 昼間の出入りをよくする時間帯は、ドレープのシェードは上げていることが多いというのが前提になっていますので、不便という声は聞かないです。 レースでシェードをされていればおそらく不便だと思います。

Comment from spiral
Time 2011年1月14日 2:54 PM

なるほど!なるほど! 有難うございますm(__)m 納得しました。 ずうずうしくも、年初から質問させて頂きましたが丁寧なお答え、感謝です。

Pingback from 当店の施工例がHouzz(ハウズ)に紹介されました。 » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記
Time 2016年7月21日 11:04 PM

[…] 2011年1月8日のブログにも書いています。 […]

Write a comment

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.