ダブルシェード(ツインシェード)ってうまく洗濯できるの? » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

ダブルシェード(ツインシェード)ってうまく洗濯できるの?

雨〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃〃
台風が近づいてきています。外は激しく雨が降っております。さすがに今日はお客様も午前中に1件あっただけで静かな1日でした。今年は天変地異で地震も多いし、いったいどうしたんでしょうか。熊は出没するし、野菜は高いしね。昨日、ファミレスで食事したらサラダバーからレタスがなくなっていました。

14日のブログに書きましたダブルシェード(ツインシェード)がここ2年程よく売れてますが、買われたお客様は洗濯はどのようにされているのでしょうか。私自身、あまり好きではないので当店ではあまりお勧めしておりませんが、住宅メーカーの仕事をしているとよく使われます。
洗濯するために生地をはずすのは簡単なんですが、取り付けがひじょうにめんどうだと思うのです。また、トーソータチカワのメカはレースにハトメをしてコードを通すタイプのため、このハトメ部分が洗濯することによって痛めやすく、この部分がほつれるとシェード自体使えなくなるのです。

メーカーはカーテンに関してウォシャブルということを盛んにアピールして新しい見本帳がでると、掲載生地の何%がウォシャブル商品だということをよくアピールする割りにローマンシェードやダブルシェードの洗濯に関してはあまりいわないのはなぜなんでしょうか。
ニチベイのメカは以前はハトメする仕様だったんですが、2年前に改良しまして今は写真のようになっていまして他社に比べてまだ洗濯のことを考えています。しかしながらニチベイとOEMをくんでいるファブリックメーカーはなく、ほとんどのファブリックメーカーはトーソーのものをつかっております。
当店では、どこのファブリックメーカーの生地でも自社の加工所でニチベイのメカを使用しています。
cd469a0f.JPGf44826b8.JPG

写真上左はトーソーのメカを使用したセルコンでメーカー縫製した商品です。
写真上右はニチベイのメカを使用して当社で縫製した商品です。
下左側はセルコンの縫製のツインシェード(ダブルシェード)のハトメの部分です。
下右側はタチカワのダブルタイプでハトメの部分を引っ張ると痛んできています。(写真をクリックすると拡大します。)

be7bc832.JPG18e20359.JPG



Fatal error: Call to undefined function related_posts() in /home/www/cnacv000/public_html/wordpress/wp-content/themes/andyblue/single.php on line 47