カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

リピーター様向けカーテンクリーニングキャンペーンは11月20日まで

リピーター様には5月にダイレクトメールをお送りした時にご案内しておりますが、

当店でお買い上げいただいたカーテンのクリーニングキャンペーンの期限が

11月20日となっています。

 

今回は創立30周年記念で、

当店でお買い上げいただいたカーテンのみ

通常価格の30%引きでさせていただいています。

通常価格はこちらです。

 

30年に1度の企画で、今後30%はありませんので、ぜひこの機会にカーテンの

クリーニングはいかがですか。

今回より、オプションでレースにUV カット加工ができるようになりました。

 

そんなことを思っていたら、昨日リピーター様より、カーテンクリーニングの

依頼が3件あり、

意外と5月に送ったダイレクトメールを意識していただいているんだなぁと

思った次第です。

 

昨日、引き取ってきたカーテン

 

10年前に当店でお買い上げいただいて、過去2回当店でクリーニングを

させて頂いています。

クリーニングのリピーター様もひじょうに多くなってきています。

 

10年前に形状記憶加工をしており、ウエーブは比較的きれいにでていました。

 

当店で納品させていただいたカーテンと、クリーニング依頼で出会えるのが

結構楽しみなんです。

 

 

嫁にだした娘と久しぶりに再会するような気分です。

 

ちょっと違うかな?

娘がいないのでよくわからないです。失礼しました。

 

1週間から10日ほど納品までかかりますので仮吊りカーテンをお貸ししています。

遮光のアイボリーの無地のカーテンでマジックテープで継ぎ足したり

できるようになっていて、あらゆるサイズに対応できるようになっています。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

JAPANTEX2017オフ会のご案内

先日、Twitterで話題になっていた話で、花王が、シャンプー容器の側面に

ギザギザをつけて、目を閉じたままでもリンスやコンディショナーと区別できる

ようにして、1991年に実用新案を申請したののですが、これだと花王の商品

だけになり、エンドユーザーに浸透しないので実用新案を取り下げました。

そして業界全体で採用されるよう、日本化粧品工業連合会を通じて業界各社に働き

かけました。

 

その結果、国内のほとんどのメーカーのシャンプーの容器の側面には

ギザギザ「きざみ」がつくようになりました。

コンディシュナーの容器には「きざみ」はついていません。

よく似た容器でも目を閉じててもシャンプーとコンディショナーが区別できるように

業界全体でなったのです。

 

花王のホームページはこちら

 

「企業の利益より消費者の利便性を優先」

 

この企業姿勢はすばらしい。

思わず花王の商品を買おう」と思います。

 

それに比べてインテリア業界・・・・・

 

言いたいことはいっぱいありますがひとまず置いといて。。。

 

消費者の利便性を考えて業界がまとまって何かをするということがないので、

インテリア業界自体が世間から認知されていません。

よく何かを申し込むときに、職種を選択するようになっているのがあります。

その欄にはほとんど「インテリア」というのがないのです。

「建設業」「家具業界」でもないし、何を選んでいいか迷うのです。

私の場合は「小売業」というのがあればそれにしているのですが、

いつもそのときインテリア業界ってなんなん?と思うのです。

 

そんな中、インテリア業界の最大のイベント「JAPNTEX2017」が

11月15日、16日、17日の東京のビックサイトで行われました。

この内容に関しては、主催者側からも出展企業からもまったく広報がないので

こちらのホームページをご覧ください。

 

以前にも告知させてもらいましたが【業界関係者向け】でインテリア関係者の

オフ会が11月16日の夜に開催されます。

こちらの申し込み受付が始まりましたのでご案内です。

Facebookの案内ページはこちらです。

 

代表者の挨拶

JAPANTEX2017 off meeting のご案内です!

参加お申込みは、PEATIXでの受付となります。こちらのページの参加ボタンだけではお申込み登録にはなりませんのでご注意ください。
参加ボタンを押して頂けますと、こちらのページでで申込み開始時期なども確認できます。

・日時 2017年11月16日(木) (JAPANTEX2日目)
17:30 受付開始
18:00 開宴
21:00 解散

・会場 東京ベイ有明ワシントンホテル
(ビックサイトより徒歩10分です)
東京都江東区有明3丁目7−11
http://washington-hotels.jp/ariake/

・参加方法 PEATIXによる事前予約制となります。10月より受付開始し、定員(150名)に達し次第、締め切りとさせていただきます。
※インテリア業界に関連するお仕事をされている方のみの募集となります。(例 IC、建築、施工、設計、不動産、デザイン、専門店など)

<申込先>
http://ptix.co/2flQWnq

・定員 150名
・会費 6,500円

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜


今年も11月15日〜17日まで東京ビックサイトにて国内最大級のインテリア展示会JAPANTEX2017が開催されます。

全国から住宅・建築・インテリア業界の関係者が集まるこのタイミングに合わせてリアルなコミュニケーションの場を設けるべく、「JAPANTEX off meeting」を開催し、今年で8回目となりました。

インテリアという同じ業界に携わりながら、普段あまり接点のない方々に広くお集まりいただき、毎年150名程の方が参加されています。

人と人を繋ぐことをテーマとして、ご参加いただいた方々が同じ業界で働く仲間として繋がりを作る、きっかけの場になれば良いと思っています。

そこから先はビジネスとして結びついても良いし、飲み友達でも良いし、それぞれの自由だと思っていますが、あくまでもオフ会ですので、参加してくれた皆様が仕事モードを一旦オフにして気張らずに交流を楽しめる空間を作りたいと思っています。

同業者のブログ仲間同士の交流から始まったイベントですので任意の団体ではありません。堅苦しい肩書やご商売のしがらみとは離れて、お気軽にご参加ください。

代表幹事 佐々木 剛

 
 
 
申し込みはPEATIXからしかできません。
先に入金しないと受付扱いにななりません。
 
 
私は第1回の呼び掛け人で、今年も参加します。
 
ブログを読んでいただいている業界関係者とリアルにお会いできるのを
 
楽しみにしています。

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Sumiko Honda 」カーテンフェア開催

当店では、川島織物セルコンの最高級ブランドである「Sumiko Honda」

ブランドのカーテンを50点、丈230㎝の縫製サンプルで店内に展示しています。

川島織物セルコンの協力により、期間限定で

   10月4日(水)~10月20日(金)

日本のカーテンでは、最上位の商品で見るだけでも目の保養になりますので

ぜひご来店いただき本物をご覧ください。

川島織物セルコンも「Sumiko Honda」のインスタグラムの公式ページを開設し

情報発信をしています。

こちらをご覧頂い、インスタグラムをされているかたはフォローをお願いします。

【日本の四季を愛でること】Sumiko Hondaの公式アカウントです。日本ならではの自然観があふれるSumiko Hondaのカーテンコレクションと、日常を彩る素敵な四季折々の風景写真をご紹介しています

「Sumiko Honda」のホームページはこちらです。

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

タグ :

3000回目の投稿

2004年の9月29日にこのブログを書き始めて今日がちょうど13年目で

3000回目の投稿になります。

13年前にこれからはネット活用の時代だと思ったのですが、すでにネットで

カーテンを販売されているところがあり、充実されたホームページがあったのです。

その時点で、そこには勝てないと思いながらもネットを通じて何か集客する

方法がないかと考えたのです。

 

当時はまだブログもあまり浸透していなくて、アメブロができたのも同じ年でしたが、

これからはエンドユーザーに向けて情報発信をしていかなければならないと思って

苦肉の策で929日からブログを書き始めました。

 

途中挫折しかかって、なかなか書けない時もありました。

そんな時に、ブログをみたお客様が来られて、ローマンシェードプレーンタイプ

(プレーンシェード)は製作高さによってリングピッチを変えてほぼ均等にしている

と書いた2008年12月4日のブログに感動されて、あれを読んでカーテンは

ここで買おうと思ってきましたといわれたのです。

その言葉を聞いて、私のブログが役に立っているんだと思い、それから3年半ぐらいは

ほぼ毎日ブログを書きました。

 

また、25歳の息子が高校の時に「とうさん、ブログを3000回書いたら、俺

あとを継いだってもええで~」と言った言葉を励みに、とりあえずは

3000回書こうと思っていました。

その息子は、ひとりの商人として無数の使命をおってまったく別の仕事をしています。

 

3年前の10年目の時が2338回の投稿だったので、密かに13年目の

9月29日に3000回を達成しようと目標を立てていました。

3000回は単なる通過点ですが、これからは気張らず月に10回ぐらいの

ペースで書いていきたいと思います。

 

 

当社の工事用の車「タウンエース」の走行距離は303787キロです。

 

社内にある輪転機(リソグラフ)の印刷枚数は2705759枚です。

 

(画像はクリックすると別のページに飛びまして、そこでもう1回クリックすると

拡大します。)

 

まだまだ現役です。

 

「継続は力なり」を切に感じます。

 

これからも「ゆっくり歩けば遠くに行ける」を信条にエンドユーザーに役立つ

情報を発信していきたいと思っています。

 

今後ともお付き合いの程、よろしくお願いします。

 

このブログは役に立っていますか?

3000回投稿記念で役に立っていると思っていただいている方は

このブログランキングのバナーをクリックしてください。 

ありがとうございます。

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

川島織物セルコン「Sumiko Honda」フェア開催

ホームページの容量がいっぱいになり、サーバーを変えたりブログのソフトの

Word Pressのバージョンをアップしたりしている中で、トラブルが発生し、

一時的にブログを閲覧できないときがあり、ご迷惑をお掛けしていました。

これでうまく復旧できたと思います。

今後ともよろしくお願いします。

 

さて、当店で10月4日(水)より20日(金)まで川島織物セルコンの最上級ブランドの

「Sumiko Honda」

縫製サンプル(丈230㎝)を約80点展示してフェアを開催します。

 

日本のカーテンの中では最高級品で、見るだけでも目の保養になります。

今回はメーカーの協力を得て、

期間限定で10月4日~20日まで

当店にて展示します。

ぜひ、ご来店ください。

 

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

JAPANTEX2017を盛り上げよう

私事ですが、9月13日父が永眠しました。

老衰で最後は自宅の布団の中で苦しむことなく静かに息を引き取りました。

享年90歳でした。

実家は京都南部の田舎なのですが、お参りなどが田舎のやり方ですべてが丁寧で、

葬式のあと夜2日間はご近所の人に参ってもらったり、初七日や逮夜(たいや)で

四十九日までは毎週お坊さんにお勤めをしてもらうなどけっこう忙しいのです。

いろいろな打ち合わせや母が一人生活になったこともあり、実家にしょっちゅう

帰るなどバタバタしてましたが、少し落ち着きました。

お通夜、告別式をする中でネットでいろいろ調べると知らないことばかりで

たいへん勉強になりました。

お坊さん便というのがありまして、全国一律、葬式や49日の法要のときなどに

お坊さんを派遣してくれるサービスがあるのです。

びっくりすることにアマゾンでも売っているのです。

金額が全国一律35000円よりで、価格がわかりやすいのです。

アマゾンのサイトはこちら

 

私の実家は、創立600年ぐらいの浄土真宗園城寺の檀家ですのでこういうところに

頼らずともきちんと執り行いましたが、この「お坊さん便」というサイトは

マスコミが多く取り上げていて、ひじょうに人気があるそうです。

人気の要因としては、

1)アマゾンという媒体で販売していること

2)料金が一定でわかりやすいこと

3)業界初

ということのようです。

 

すごい安心感と興味をそそるものがあると思います。

これは我々のビジネスにおいても言えることで、集客するにも同じで、

内容の良さは当たり前ですが、得られるものがあり新鮮さがあることが

重要だと思います。

 

さて、本題です。

 

今年もインテリア業界最大級のイベントである「JAPANTEX2017」が

11月15日~17日まで東京ビックサイトで行われます。

今年が36回目で、主催は日本インテリアファブリックス協会(NIF)です。

NIFはインテリア業界のメーカー・問屋が正会員として14社加盟している

業界の最大の団体です。

その14社のうち、今年は最大手のサンゲツと老舗の川島織物セルコンが

出展しません。

以前から出展していないアスワン、リリカラも含めると主催者側の14社中10社しか

出展しないという最大級の展示会です。

主催者側の企業にとっては、魅力のない展示会になっているのでしょう。

この状態ならば、今年が最後の展示会になるかもしれません。

 

ここはなんとかして、インテリア業界の発展のために我々の力で盛り上げていきたいと

思います。

インテリア関係者は今年はぜひJAPANTEX2017に行きましょう。

 

業界関係者向けのオフ会も毎年やっています。

今年が8回目です。

最初は私が呼び掛け人となって、インテリアブロガーのオフ会を開催したのが

きっかけで、毎年代表幹事が変わっていって今や150人規模のオフ会になっています。

 

今年のJAPANTEX2017 off meeting のご案内

日時 2017年11月16日(木) (JAPANTEX2日目)
    17:30 受付開始
     18:00 開宴
     21:00 解散

・会場 東京ベイ有明ワシントンホテル
(ビックサイトより徒歩10分です)
東京都江東区有明3丁目7−11
http://washington-hotels.jp/ariake/

受付は10月になってからPEATIXからの申し込みになります。

詳しい申し込み方法は10月になったら私のブログで案内をしますが、

11月16日の夜は東京でもオフ会に参加する段取りを早めにしてください。

参加資格はインテリア業界に関連するお仕事をされている方のみとなります。

(例 IC、建築、施工、設計、不動産、デザイン、専門店、縫製など)

堅苦しい会ではなく、同業者が集まって食べながら飲みながら情報交換する会です。

今までも、このオフ会がきっかけで交流が広まり、仕事に役に立っている方が

たくさんおられます。

写真は昨年のオフ会の様子です。

 また、展示の中では見逃せないのがJAPAN Decoon(デコオン)

これは我々の同業者が主催してやっていまして、輸入ブランド(または海外にも

誇れるような国産ブランドも含む)23社による空間展示をメインに、

ライブラリーコーナーとセンタースペースに、商談コーナーを設けています。

カーテンに携わっている方にとってもは見逃せない内容になっています。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

JIS規格に基づくインテリアファブリックス用語

日本工業規格(JIS)の繊維製品用語(衣料を除く繊維製品)―第2部:

繊維製インテリア製品(JIS L 0212-2:2017)が今年の5月に改訂されました。

その詳細をネット上で探したのですが見つけることができませんでしたが、

その元となる原案を出している日本インテリアファブリックス協会(NIF)が

「インテリア情報ハンドブック」を6月に改訂版3版を発行し、JIS規格に基づいて

本の中で「インテリアファブリックス用語」の解説をしています。

IMG_0192_R

 

その中で、私が気になった用語を抜粋で書いておきます。

 

私は何度もブログに書いているのですが、インテリア業界のメーカーは好き勝手に

商品に名称をつけており、固有名詞ばかりで一般名詞があまり浸透していないのです。

JISで統一した名称が書かれているので、メーカーとしてもできるだけ

これに合わせていただきたいものです。

私達もできるだけJIS規格に基づいた名称を使っていきたいと思います。

 

 

【アコーディオンカーテン、アコーディオンドア】

蛇腹方式で左右に開閉する折り畳みの可動式間仕切り

2つの名称が使われているのは数少ない例ですが、これは一つに

統一できなかったんだと思います。

タチカワはアコーデオンカーテン、ニチベイはアコーディオンドア

トーソーはアコーデオンドアと言っているためです。

ディオン」なのか「デオン」なのかによって違っています。

我々にとってはどっちでもいい問題なんですが、メーカーにとっては

自社の名称がJIS規格になるかどうかは大きな問題だと思います。

この結果、ニチベイの名称はそのままJIS規格の名称になっています。

 

【ストリングスカーテン】

複数の紐が垂れ下がったカーテン

IMG_9175

今年7月にサンゲツが「ストリングス」というカーテンの見本帳を出しましたが

ストリングスカーテンとは上記のことです。

 

【調光式スクリーン】

光が透過する部分と透過しない部分とを組み合わせて構成される窓装飾エレメント

[注記]生地(ファブリック)の重なり具合から調光を細かく操作できる

と書かれています。

CIM111748

 

これはトーソーがビジック、タチカワがデュオレ、ニチベイが調光ロールスクリーン

と言っている商品です。

私どもは、昇降式調光型ロールスクリーンといっていました。

また、ニチベイのハナリ、トーソーのエコシア、ハンターダグラスの

シルエット、WISのFUGAも含んだ総称としていると思います。

今後はブログに書くときはJIS規格に基づいて書いていきたいと思います。

 

【ハニカムスクリーン】

プリーツスクリーンの一種で、二重にしたスクリーンをハチの巣(ハニカム)状

の断面に仕立てて窓装飾エレメント

これもメーカーによっていろんな言い方をされていますが、これに統一されて

よかったです。

 

【プレーンスタイル】

シェードを降ろしたときはフラットで、シェードを上げると、柔らかに

畳みあがるスタイル

【ローマンシェード】

生地(ファブリック)を仕立てたシェード、幕体を昇降器具に取り付け、

上下に開閉を行う窓装飾エレメントの総称。

DSC05062

 

私達はよくプレーンシェードという言い方をしていますが、正式には

ローマンシェードプレーンスタイルというのです。

NHK(日本放送協会)では多分そういうでしょう。

 

【ルーバー】

バーチカルブラインドに使う縦長の羽根

【スラット】

ベネシャンブラインドに使う薄い板

 

NTT(ニチベイ、タチカワ、トーソー)ではベネシャンブラインド

(横型のブラインド)の羽根はスラットという名称で統一されているのですが、

バーチカルブラインド(タテ型ブラインド)の羽根はニチベイ、トーソーは

ルーバーと言っていて、タチカワはスラットと言っています。

私どもは今まで、ニチベイ、トーソーを使ったときはルーバーと書き、

タチカワの場合はスラットと書いていましたが、今後はJIS規格に基づき

バーチカルブラインドの羽根はルーバーで統一していきます。

 

 

【スカラップスタイル】

カーテンの裾をアーチ状又はスカラップ(ホタテ貝)状に仕上げたスタイル

DSC06837

これは20年ほど前にスタイルの名称を統一された時からこの名称なのですが、

私にとってはこれは「ブリッジカーテン」という名称なのです。

私がこの仕事を始めた時に、今の五洋インテックスにたいへんお世話になり、

そこが出していたスタイルブックの「Lisa」という見本帳には「ブリッジカーテン」と

いう名称だったのです。

当時はバブルになりかけていた時で、このスタイルブックの「Lisa」を

持って住宅メーカーに営業にいくだけで、仕事がもらえたのです。

リサのことは今でも忘れない。

その五洋インテックスが今、インテリア業界で最も注目されています。

2か月前までは100円台だった株価が、今日の終値で990円です。

勢いよく値が上がっていくのですが、要因はなになのかはさっぱりわかりません。

1000円超えはあるのかが話題なのですが、掲示板を見ても「みよ」

 

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

1 / 4812345...102030...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.