カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

カーテンレールのマグネットランナーが強い時は・・・

11月7日 立冬です。

暦の上では冬が始まる日とされています。

関西では、暑い日があったり、寒い日があったりで体調に気をつけなければなりません。

お鍋の日でもあります。

先日、阪神高速で渋滞でのろのろ運転中追突されました。

その日はおカマの日でした。

 

昨日書いた同じ現場の話です。

クローゼットの間仕切りにカーテンを取り付けました。

お客様は建築段階からそこにレールを付けてカーテンで間仕切りをしようと考えておられました。

今まで住んでおられたところは、クローゼットにドアがついているそうですが、

ご主人やお子さんは開けたら閉めないし、半分しか開かないので使い勝手が悪いので

カーテンを考えておられました。

dsc03489

カーテンはレース地で少し透け感がありますが、個室で問題はないし、キチンと整頓ができて

いいとのことでした。

使ったレールはトーソーのネクスティです。

これは機能性レールとしては、最新のもので、真ん中に入れるマグネットランナーも

レールの溝の中に隠れるようにできています。

そのマグネットランナーがけっこう強力でよくつくのです。

そうすると、取り付け高さが高いと開けにくいのです。

その場合は、マグネットランナーの磁力を弱めるためにマグネットランナーの受けのところに

セロテープを貼ると磁力が少し弱くなりいいのです。

着き具合をみて、2枚3枚と重ねて調整します。

dsc03487 dsc03486

シングルのレールで天際付けの場合は、ネクスティのLTエキストラシングルブラケット

(ビスを打つ位置が通常のものと比較して逆で下側に打つブラケット)を使っています。

これの方がより高い位置にレールを取り付けることができるのと、ランナーの

中心が壁から45㎜で通常のシングルブラケットに比べて10㎜部屋側にでます。

そうすることによってAフック(天付け仕様)にした場合、開けた時に壁と干渉

しにくいのです。

ロールスクリーンの巻きずれ調整テープで代用できます。

dsc03485

dsc03490

間仕切りカーテンなので、両サイドにもマグネットランナーを入れて、

左右からも開くようにしています。

 

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

機能性レールの時のカーテンフックの位置は?

今年もあと2か月を切りました。

私の場合は、この季節になると来年の年賀状の原稿を書くのに悩むのです。

毎年、その年に起こった出来事をおシャレに言葉遊びで書いていまして、

このパターンを25年続けているため、そのネタを考えるのがたいへんなんです。

今年はいいネタがなくて苦しんでいます。

会社からの年賀状も同じパターンで書いていまして今まで買っていただいたお客様にお送りしています。

毎年、お年玉付き年賀はがきを1万枚近く買っていますので、10月初めになると、

郵便局の関係者から少しでもこちらから買っていただけないでしょうかという

アプローチがあるんです。

郵便局員のノルマもたいへんそうなのです。

近くの郵便局の前を通ると、年賀はがき発売中という案内がありました。

161106-134243_r

今年は9種類あります。

そのうちの1つであるインクジェット版がおシャレなんです。

161106-134223_r

切手の部分の印刷がとり自撮りしている絵なんです。

その下の年賀の部分は、さとりをひらいているとりなんです。

一番下の真ん中の絵はちどりあしとりなんです。

日本郵便株式会社もなかなか洒落ているのですが、どのぐらいの人が気づいて

理解しているかは知りません。

この年賀状は毎年洒落ているのです。

今年の年賀状は12年前のデザインと同じにして、子ザルが1匹生まれたことになっています。

桶も2つになりました。

img_3857_r

 私は年賀状のネタは1年間ずっと考えていますので関心がひじょうに高いのです。

年賀状の「一言居士」(いちげんこじま)といわれています。

 

来年の年賀状のアイデアは酉年にかけて、自撮りの写真にしようかと思いましたが、

先に日本郵便にアイデアを取られました。

もうとりません。

 

さて、本題です。

 

先日取り付けたお客様は私のブログをよく読んでいただいていて、ここならば

安心して任せることができると思ってお願いしましたとおっしゃっていただきました。

ありがたいことです。

でも、ブログに書いていることは半分ぐらいしか理解できないとおっしゃってました。

確かに、できるだけエンドユーザーにわかりやすく書くことを試みているのですが、

専門的なこともありますのでわかりにくかもしれません。

同業者やインテリアコーディネーターがたまに勉強になりますと言っていただけるので

難しいことを書いているのかもしれません。

こちらの現場へは吹き抜けに電動のロールスクリーンを取り付けたので、私もハシゴ持ちに

行っていました。

レールの取り付ける位置等はお任せだったので、なぜこうしたのかを

説明をしました。

dsc03484

dsc03488

これをブログにアップしようと思って写真を撮ったわけではないので

いい写真がありません。

今日、同業者と電話で話していて、機能性レール(普通のレールのこと)を付けるときは、

手前にくるカーテンの縫製はレールを隠す仕様なのかどうかという話がありました。

同業者は機能性レールはトーソーのエリートを使っていてレールを隠す仕様

(業界用語ではBフックもしくは正面付け仕様といいます。)でやっているというのです。

当店は機能性レールを使う時は、トーソーのネクスティが主で、レールをみせる仕様

(業界ではAフックもしくは天付け仕様といいます。)です。

カーテン業界では、普通のレール(機能性レール)が壁の正面に着いているときは、

手前側にくるカーテンはレールを隠すように縫製するのが当たり前になっていました。

(下の図のBフックです。)

a%e3%83%95%e3%83%83%e3%82%afb%e3%83%95%e3%83%83%e3%82%af

しかし、ここ10年程は形態安定加工や形状記憶加工というのが流行っていまして、

ウエーブがきれいに出る加工をするようになりました。

そうした場合、たたんだ時はヒダとヒダの間の谷は向こう側に行った方がきれいなのです。

Bフックにするとレールと干渉して谷の部分が向こう側にいかないのです。

そのため、当店では谷の部分が向こう側にいくAフックにしています。

Aフックにすると、窓上の光漏れが気になるので、従来よりもレールの取り付け高さを

4センチほど高くしています。(参考ブログ

以前はトーソーのエリートというレールを使って、手前のカーテンはレールを

隠す仕様(Bフック)にして、ビス位置を窓上10㎝にしていました。

今はトーソーのネクスティを使って、レールをみせる仕様(Aフック)にして、

ビス位置を窓上14㎝にしています。

上の施工写真はネクスティを窓上14㎝のところにビスを打ち手前の

ドレープ(厚手のカーテン)もレースもレールが見える仕様に(Aフック)にしています。

当店の得意先の住宅メーカーのレール取り付けマニュアルでは、以前はエリートを

使ってレールを隠す仕様(Bフック)で、その時はビス位置は窓上8㎝でした。

何年か前に、機能性レールはネクスティが主になり、カーテンもレールをみせる仕様(Aフック)になり、その時からレールの取り付ける

ビス位置は

窓上11㎝に変わりました。

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

今どき金属フック

インスタグラムを見てご来店いただけるお客さんが増えてきました。

インスタグラムはスマホに特化した写真投稿サイトで、当店もアカウントを持っていて、

施工写真を540件ぐらいアップしています。

img_5289_r若い人は、これを検索機能としてよく使っておられまして、私も食事するときは

その店に関する投稿(これはハッシュタグ機能#で簡単にわかります。)をみて、

リアルな声をみます。

今は「食べログ」の評価が不正操作されていることが問題になっていて信用できない

ところもありますが、インスタグラムは、まだ信用できるかなと思っています。

ネット上の評判に関しては、変なことを書かれるとこちらとしては商売的に影響するのですが、

「評判を書きます。」というビジネスもあるのです。

私どものところにも、そういうお手伝いをしますという営業メールがきます。

私どもは、第三者を使って、良いことを書き込んでもらうようなことは一切

やっていませんが、同業者の中にはあきらかにそのようなことをされていると思われる

ところがあります。

インスタグラムも昨日から写真を拡大できる機能がつきましたので便利になりました。

 

さて、本題です。

先日、遮熱レースの実験をした小さなホテル奈良倶楽部は姉夫婦が経営していますので、

カーテンは当店で施工しています。

何回か吊り替えていますが、直近では5年前ぐらいです。

生地は輸入で余っていたようなものを使って、フックはすべて金属フックにしています。

これは安くするためではなく、敢えて金属フックにしたのは、不特定多数の人が

触ると、今は普通となっているアジャスターフックだとフックの位置が

勝手に動いてしまい、それを避けるためです。

金属フックは勝手に位置が動かないので、不特定多数が使用するときに重宝です。

dsc03057

dsc03058

今は下のような樹脂製のアジャスターフックばかりで、金属のフックは

ほとんどみることはないのです。

 

dsc03069  dsc03070

上の写真の左は縫込みアジャスターフック(当社標準仕様)、右は

差し込みアジャスターフック

 

昔からのレールのブラケットはレール挟み込むタイプなのです。

代表的なのはCガタレールです。

下の写真のようなレールも同じです。

dsc03066 dsc03068

この場合、正面付けのBフックだとアジャスターフックの樹脂がブラケットの

でっぱりと干渉する場合があるのです。

金属フックならば干渉しません。

今のレールは下の写真のようにブラケットの先がレールの中に隠れるようになっています。

dsc03072 dsc03071

上の写真は当店の展示もので、左がトーソーのエリート、右がネクスティです。

ブラケットの先が見えません。

エリートは、これを50年前に発売をしまして、この発想が今でも続いていて

人気の秘密なのです。

 

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOSO エリート発売50周年

 住江織物株式会社の第127回定時株主総会がありました。

住江の米国現地法人における会計処理問題で、未だ決算が発表できない状態での

株主総会でしたが、荒れることもなく粛々と行われました。

吉川社長はあらゆることに誠実に答えておられましたが、第三者委員会に調査を

委ねておられ、今日の段階では何もでてきませんが、根は深そうな感じがしました。

この問題は、住江織物の社内の問題で、エンドユーザーに対しては迷惑をかけておられず、

とりあえず期末配当も1株3.5円出ることになったので、がんばって株価の回復に

努めてもらいたいです。

私なんか、めちゃくちゃ損をしてるんやけどなぁ〜

 

さて、本題です。

 

カーテンレールのトップメーカーのトーソー株式会社がエリートというレールの

発売50周年を記念して、新色3色を9月5日より発売をいたします。

トーソーエリート発売50周年

左から

①アッシュグレイン

近時トレンドの、グレーがかったベージュ色。ナチュラルなインテリアや、モダンな

インテリアなど幅広く使える色です。

真ん中は

②マイルドグレイン

赤みを抑えた、ミディアム系カラーの新定番。近時の住宅の建材カラーによく採用されて

いる色と同系色です。

右は

③ビターグレイン

赤みと彩度を抑えたグレイッシュなダークカラー。建材メーカーでトレンドの、

窯で燻したような色が特長です。

 

エリートの初期の頃の広告はけっこうユニークでした。
(ユニークはニチベイの代名詞か?)

エリート50周年チラシ1

(画像はクリックすると別のページに飛び、そこでもう一度クリックすると拡大します。)

 

「エリート」が50年間愛された理由は

 

① デザインの良さ

壁面に取付けても、ブラケット(取付け金具)が見えない。

カーテンの縫製で上から3〜4㎝のところの引っ掛けるフックをつける正面付け(Bフック)は

エリートから始まりました。

② 走行性(滑り)の良さ

直径12mmの車式ランナーを採用したことで、とても滑りが良い。

すべりが良すぎて、風が吹くと勝手に開いたりするので、マグネットランナーが

最初に考えられたレールです。

③しっかりしている。

同業者の同じようなレールと重さが違う。( ここ を読んでください。)
スチールなので、重さイコール価格であり、品質です。

④施工性の良さ

ブラケット(取付け金具)の種類が多く、様々な場所や状況に対応できる。

ワンタッチでレールを取付けられるブラケットを採用を取り入れたのはエリートが初めてです。

 

 

このトーソーという会社は、私もすごくお世話になっているのですが、

すごい会社なんです。

創業67年の上場企業ですが、この間に社長は2人しかおられないのです。

しかも、創業者の斉藤太一氏と今の大槻保人社長は親族ではないのです。

インテリア業界の上層部の人達の間では、ここ十数年、社内の「エリート」は

誰なんだということが話題になっています。

 

次は

 

次は

 

次は

 

次は

 

そして、名乗りを上げたのは社員じゃなくて

 

 

レールだったんです。

 

次は

 

ネクスティ

 

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

bana_insta_02

↑ 画像検索ができます。詳しくはこちら

 

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

埋め込みカーテンレール

先日の日経ビジネスに「残業は減らないのは、家に帰りたくないから」という記事が

載っていました。

会社が「ノー残業デー」を水曜日にしたら、その日は早く帰るのではなく、

同僚との飲み会の日になるというのです。

私にはよく理解できないのですが、家に帰る前に、どこかで一杯ひっかけて帰る

サラリーマンも多いのです。

早く家に帰りたいという気にさせるには、自慢したくなるインテリア、

おいしい食事、楽しい家族が必要だと思っています。

 

さて、本題です。

 

 

最近、埋め込みのカーテンレールを使うことが多くなりました。

これは、建築段階でボードを貼る前に、それ用の溝を作っておかないと

後からは埋め込むことができません。

納まりがひじょうにきれいで天井とカーテンとの隙間が少なくなりますので、

冷暖房効率もよくなります。

DSC02482

DSC02485 DSC02494

こちらの現場も埋め込みカーテンレールです。

DSC02498 DSC02497

7月21日にオープンしたフジエテキスタイルの大阪ショールーム

展示用のものは埋め込みカーテンレールを使っていました。

DSC02649

DSC02650

サイレントグリスのレールですが、フジエテキスタイルは以前からよく、

サイレントグリスの埋め込みレールを使っています。

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

bana_insta_02

↑ 画像検索ができます。詳しくはこちら

 

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

スマホ連動型カーテン自動開閉機「めざましカーテン mornin,」

今朝のスポーツ新聞は各社がほとんど取り上げていて、インテリア商品が大きな

話題になっていました。

私は観ていないのですが、テレビでも取り上げていたそうです。

スポーツ新聞ではHKT48の指原莉乃(23)とチュートリアル・徳井義美(41)が、

ベットインしながら商品説明をしたということが話題になっていました。

指原が「40代の男性とベットに入ったことは一度もないので・・」と言ったことに対して

徳井が「20代ならあるのか・・」と突っ込んだとか、

どうでもいいことが大きく取り上げられていて、新商品の発表会の内容は小さいのです。

その新商品というのが、「スマホ連動型カーテン自動開閉機「めざましカーテン mornin,」

です。

解説記事はこちら

既存のレールの先頭ランナーにモーターをとりつけて、スマホで操作することができ、

時間設定で朝に自動的にカーテンを開けることができるのです。

しかも、価格が4000円ぐらいです。

 

この商品はカーテン屋からみたらすごいものがでてきたと思っているのです。

私は、タイマー付きの電動のカーテンレールは、身体にもいいのでおススメしていますが、

この価格で電動カーテンができるのは画期的です。

 

アマゾンで販売していて、今朝新聞で知って、仕事を終えてから注文をしようと

したところ、すでに1000台即売されていて売り切れになっていました。

次回、入荷は8月上旬のようです。

同業者のSNSに、買った人はいないかと聞くと6台買った人がいて、アマゾンなので

今朝の注文ですでに届いていました。

 

これにより、レールが電動になったことによってカーテンの吊り替え需要を喚起できれば

いいなと思っています。

 

メーカーのホームページには、対応できるカーテンレールのサイズが

書いてありました。

カーテン屋の立場で、具体的に説明しますと、マンションに最初から

ついているC型のレールはほとんど対応できます。

カーテンレールのトップメーカーのトーソーのレールでいうとネクスティ等の

機能性レールはほとんど大丈夫ですが、今年発売50周年になるエリートは

対応していません。

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

bana_insta_02

↑ 画像検索ができます。詳しくはこちら

 

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機能性レールのカーテンの吊り方

この5月の大型連休の期間の5月3日4日5日は休業しています。

ブログは事前設定によってアップされています。

休み前に書いたものです。

 

 

5年ほど前に1階のリビングだけカーテンのご注文をいただいたお客様で、

この度、2階も新しくカーテンを取り替えたいということでご注文を

いただきました。

2階はお客様の方でご購入されていて、以前使われていたものや既製カーテン

がついていました。

今回は2階の3室吊り替えで、すべてドレープ(厚手カーテン)は

シェードで壁付けをし、レースは両開き2倍使いで窓枠内にレールを

取り付けて内付けしました。

 

洋室1

Before

DSC01644

After

DSC01659

 

洋室2

Before

DSC01647

After

DSC01655

 

洋室3

Before

DSC01646

After

DSC01667

これで終えてもカーテン屋のブログとしていいと思っていますが、

何か一つテーマを決めて、情報発信しなければコンテンツ(内容)の

ないブログになってしまうのです。

今、「御社のサイトがキャッシュマシンに変わる お客が集まる

オンライン・コンテンツの作り方」という本を読んでいまして

少し影響を受けています。

 

今回はレールをすべて枠内に天付けしています。

DSC01650

この場合、レールを隠すようにカーテンを縫製した方がいいのか、

それともレールが見えるように縫製をしたほうがいいのかを

考えてみたいと思います。

 

レールを見えるように縫製するのを天付け仕様⇒aフック

レールを隠すように縫製するのを正面付け仕様⇒bフック

AフックBフック

このように業界ではいいます。詳しくはこちらをお読みください。

 

機能性レールというのは一般に言う普通のレールです。

多くの専門店が扱っているのは、ホームユース向けでは圧倒的なシェアのある

トーソーのエリートやネクスティ等です。

 

以前はトーソーのエリートというレールが主だったので、カーテンの縫製は

枠内に取り付ける時は、正面付けが普通でした。【上の写真】

最近はトーソーのネクスティというレールが多く使われるようになってきて、

この場合は天付けすることが多くなってきました。(レールが見える)【下の写真】

DSC01669

 

なぜ、レールをみせる仕様が増えてきたかといいますと、カーテンの

形状記憶加工や形態安定加工が増えてきまして、きれいなウエーブを

保つには、開けた時にカーテンの上部の芯地の部分がレールの向こう側に

いかないといけないのです。

それに合わせるような形で、トーソーがネクスティという新しい機能性

レールを発売して、これはダブル使いの正面付けでも、ドレープ、レース

ともにaフックを勧めてきました。

 

私の考え方としては、よく開閉するときはaフック、

あまり開閉しない場合はbフックをおススメしています。

今回のケースは、レースが枠内付けであまり開閉しないとのことだったので

bフックにしてレールを隠す仕様にしました。

 

bフックは、通常カン上4㎝といいまして、カーテンの一番上から

4㎝下がったところに引っ掛けるフックがくるようになっています。

今回の現場はbフックなんですが、アジャスターフックでカン上3㎝に

なるように調整しています。

そうしないと、枠内の天にカーテンが触れてしまうのです。

このカン上3㎝のことを川島織物(現川島織物セルコン)は「セミ」と

言っていました。

これは社内用語なんですが、当時の住宅メーカーの営業の方が優秀で、

住宅メーカーの企画担当者に、「カン上3㎝はセミといいます」と

教えてため、当店の得意先である住宅メーカーのマニュアルには

カン上3㎝に設定することを「「セミ」というと書かれているのです。

ネットで「セミフック」を調べると、元川島織物セルコンの社員の方が

されている店のブログと、幅広く知識豊富でなんでもご存じの

インテリア山田の荒井さんのブログに書かれているだけでした。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.