タテ型調光ブラインド » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

暑さ対策は単品ではなく商品の組み合わせで

カーテンの吊りこみでお客様のところに行きました。

本来、4月の頭に納品予定だったのがお客様の都合で伸びていました。

お客様は企業の教育をされているコンサルタントの方で、今まで、各企業の新人教育の

講師をされていて忙しかったとのことでした。

レールがついている吊り替えで、私は吊り替えしながら、「今年の新入社員は

どんな感じですか」と聞きました。

そしたら、お客様はすぐさま的確にお話をしていただきました。

簡潔にいうと、ここ2〜3年の新入社員は「会社から言われたことは、なんの反抗もせず、

忠実に実行してきたけど、今年の新入社員は少し空気を読んで完璧に言われた通りで

なくなってきた」とのことでした。

おそらく、私が思うには2〜3年前は就職にひじょうに厳しい時期であったので

従順にならざるえなかったのですが、昨年の就活から少し明るい兆しがあったため、

ゆとりのある学生がでてきたのではないかと考えています。

 

我が家の長男も大学4年で4月1日の就職の選考解禁で活動していましたので興味深く

聞いていました。

息子は4月1日には

「泣いても笑っても今日から就活」と言ってましたが、3日後には

「内定もらって今日で終結」と連絡してきました。

親としては早く決まってホッとしています。

 

さて、本題です。

高層マンションの南西のリビングにタテ型ブラインドと遮光2級のドレープ(厚手カーテン)を

取り付けました。

高層マンションで開放的に外の景色をみたいけど、遮熱対策も考えなければ生活できないという

状況です。

高層マンションの軒のない窓で西向いているところは冬場は暖房をつけなくても十分

暖かくて、夏場は想像を絶するぐらい暑くなるようです。

このような場合、インテリア商品の単品で遮熱対策をするのは無理です。

各商品には、長所ありますが、逆の短所もありまして単品でするのではなく、2つ以上の

商品を組み合わせて、夏の遮熱と冬の暖房効率を考えるべきだと思います。

CIMG9341

窓枠内にレースタイプのタテ型ブラインドを取り付けました。

外から中を見られる状況ではないので、直射日光が入ってこないときはレース地

1枚で問題はないです。

より、すっきり開放的にするためタテ型ブランドでつくっています。

しかし、これだけじゃ暑すぎて耐えられません。

そこで、手前のカーテンボックスに遮光2級のドレープを取り付けています。

CIMG9338

CIMG9336 CIMG9375

こちらは1.5倍使いの2つ山で、両開きで巾7M50㎝ありますが、形態安定加工をして、

納まりをきれいになるようにしています。

コーナー窓の場合は、直射日光がさしている方向だけ、遮光カーテンを閉めれば

いいのです。

全閉すると暗くなりますが、片方の窓のカーテンが開いていると室内は暗くなりません。

遮光カーテンと遮熱カーテンは別ですが、遮光カーテンは遮熱効果が高いです。

 

 

今日のブログは良かったですか? いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

トーソー・ビジックデコラバーチカル施工例

トーソーの商品で特長のあるもの第二弾

昨年、トーソーより発売されたビジックデコラバーチカルを店内に展示しておりますが、それをご覧になったお客さまが一目ぼれされまして、どうしてもこれをつけたいとのことで施工写真です。

店内展示の様子はこちらをご覧ください。

そこにも書いているのですが、メカを連窓で取り付けた場合は、真ん中の隙間が26ミリ開くということと、リピート計算してサイズを注文しても計算通りできあがらないという問題があります。

このことは事前にお客さまに説明をさせていただいて納得の上での発注となりました。

ビジックデコラバーチカルは二重構造になっていまして、横に6㎝ほどスライドさせることもでき、ロールスクリーンのように上にあげることもできます。

上の写真は2台取り付けていまして開いた状態

下の写真は左片方だけ閉じています。

上の写真は右も左も閉じています。

上は右半分だけ上に上げています。

この商品を説明するには、たくさんのシィーンの写真を撮らなければならないので、もう一度店内展示サンプルの動画をご覧ください。

どうでもいいが動画です。三角をクリックすると動画になります。

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

ニチベイ ロールスクリーンとバーチカルブラインド新発売その2

 2月1日に発売されるニチベイのバーチカルブラインド(タテ型ブラインド)の説明です。

昨日書きました「ロールスクリーン」編からの続きです。

(画像はクリックしてもう一度クリックすると拡大します。) 

タテ型ブラインド(バーチカルブラインド)もロールスクリーンと同様、生地のカラーバリエーションが豊富になりました。
カタログでみると、わかりにくいですが吊ると見栄えする生地が多くあります。

今回発売のタテ型ブラインドの機能的な目玉商品は、「レールジョイントタイプ」です。

レール2本をジョイントして1本のレールとして最大5mmでできるというものです。

でも、右にためたルーバー(スラット:羽根のこと)が左端まで移動できるというわけではなく、窓の半分までしか動きません。
開閉する操作は右と左に2本あります。ルーバーを回転させる操作棒が片方1本でできるというだけです。

価格は2台別々に注文するより、10%程やすくなります。

これじゃ、タチカワのセパレートタイプの方がいいのではないでしょうか?

point3
安心のコーナー窓仕様というのも、新商品の訴えるポイントになっています。

これは、ニチベイの今までの提案が間違っていたのを、改めて提案し直しただけです。

私は、以前からこれはおかしいとブログに書いています。こちらをお読みください。

http://www.curtainkyaku.com/blog/33453.html

今回の提案は今までのコーナーを隙間をあけて取付けるのを、改めてレールをコーナーに直角に取付、今までの連窓タイプのやり方と同じようにルーバーを少し出すようにしただけです。

point4
ルーバーが均等ピッチになりました。これは何度もかいていることなので割愛します。

 point5
納まり切替機構

これは、ニチベイだけのものです。
今までは、操作やたまり方向を変えようとしたら、分解して部品交換しなければできなかったのが、現場で簡単にできるようになりました。

これは助かります。今までも操作位置やたまり方向で1日悩まれるお客さまがおられましたので、現場で簡単にできますからというと早く決められます。

但し、これは今のところニチベイだけです。タチカワ、トーソーは部品交換をしなければなりません。

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

トーソービジックデコラバーチカルを展示しました。

トーソーが昨年10月に発売をしましたビジックデコラバーチカルを店内に展示しました。

この商品は、日本では初登場で口で説明をするのは難しいのでまずは現物展示サンプルの動画をご覧ください。

どうでもいいが動画です。三角をクリックすると動画になります。

 

生地が2重になっていましてヨコに5㎝程動かすことができ、これがロールスクリーンのように上にも巻き上がります。

タテにもヨコ動くブラインドで、韓国のメーカーがパテントを持っていて、先進国ではほとんどの国で取り扱われていて、日本ではトーソーが新しく取扱いを始めました。

 バーチカルというより、タテ方向に調光できるロールスクリーンというイメージです。

この商品は売れるかどうかはわかりませんが展示した現物をお見せしないとエンドユーザーに理解してもらえないと思って展示しました。

展示にあたって発注サイズを幅186㎝(1860ミリ)にしました。

【ここからの話は少し専門的です】

下の仕様図のように操作側で47ミリ、反対側で13ミリの計60ミリ隙間があきます。

(クリックすると拡大して読めます。)

生地のリピートは不透明な部分が70ミリ、透明な部分が50ミリで120ミリです。

発注サイズが1860ミリで隙間分60ミリを引くと生地の部分が1800ミリになり、これを120ミリのリピートで割れば15柄でぴったり生地の端が納まるはずなのです。

それがどっこい

届いた商品の端は18ミリ不透明な部分があるのです。

 

おかしいいじゃん。

原因を調べてみると、本来トーソーが生地の横リピートを120ミリとしているところが、実際測ってみると118.8ミリでした。リピートが1.2ミリ実際表示と違うとこのサイズでいくと15柄で全体で18ミリ違ってきます。

生地の場合は、こういうことはよくあることなんです。

トーソーが展示サンプルで、このようなリピート違いの商品を出してきたということは、

「こういう事が起こりますから、販売の時に柄がぴったりになりますよとは言わないでほしい」という意味だと解釈しておきます。

 

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

 

 

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.