トーソー » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

プレーンシェードのジョイントタイプ

タワーマンションの28階に巾3.6mのプレーンシェードを搬入して取り付けました。

3.6mのものをエレベーターに入るマンションは少なく、階段で登らなければ

ならないし、そのフロアまで持ってこられても、玄関からリビングへ搬入できない

ケースもよくあります。

しかし、2年程前に、トーソーがジョイントできるシェードのメカを開発したため、

そんな苦労は必要なくなりました。

昨年の4月17日のブログ「長さ3.6mの窓にジョイントタイプのメカでフラット

バルーンを取り付ける 」で書いた現場で、今回追加でプレーンシェードの

注文を頂きました。

同じようにジョイントタイプのメカを使ってプレーンシェードを取り付けました。

DSC06406

DSC06411

本体のレールをジョイントします。

DSC06413

昨年、ジョイントタイプを使ってフラットバルーンを取り付けています。

詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.curtainkyaku.com/blog/49127.html

 

その手間にプレーンシェードを取り付けました。

DSC06414

DSC06416

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

トーソーの電動ロールスクリーンの差込みプラグが変わりました。

暑くなると、遮熱のための吹き抜けの窓周り商品の工事が多くなります。

取り付け作業をするこちらとしても、吹抜けの上の方にいくとひじょうに

暑いのです。

今日も吹抜けの工事を2件しました。

私は下で梯子を支えているだけなんですが、緊張と暑さでどっと疲れるのです。

1件目は吹抜けにタチカワの電動のロールスクリーンを取り付けました。

DSC06423

DSC06427 DSC06428

DSC06425

DSC06424

タチカワの電動ロールスクリーンの電源差込みプラグは、以前から横に

差し込むタイプでした。

ニチベイも同じタイプです。下の写真

ニチベイ電動ロールスクリーンプラグ

 それに対してトーソーはまっすぐ差し込むプラグでした。(下の写真)

トーソー電動ロールスクリーンプラグ

 私のブログに、これは格好が悪いという事を何度も書いていました。

そしたら、5月22日よりトーソーも横から差し込むタイプに変わりました。

 下の写真はトーソーの新しい電動のロールスクリーンの差込みプラグです。

CIMG0668

CIMG0667 CIMG0669

これは、私がブログに書いたことによって、トーソーの企画が動いてくれたものだ

と思っています。

吹抜けに電動ロールスクリーンをつけましたというブログならばつまらないと

思いますので、視点をかえてプラグに焦点をあてて書きました。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

タテ型ブラインド(バーチカルブラインド)のカラーコンビネーション

大阪市営の地下鉄の中吊り広告

IMG_9486_R
   
LCCのAirasiaが大阪(関空)からハワイへ直行便を出すことになり、その

片道運賃が11000円よりとなっています。
  
これは最低価格で日によって違いまして、ボリュームゾーンは16000円ぐらいです。

この価格は、機内持ち込み荷物が7キロ以下で、席も狭く機内食もなしで、

予約変更キャンセルもできません。
  
 座席を広いところに指定して、機内食を事前に注文をし、20キロ以下の荷物を

預けられるようにして予約変更できるオプションにするとプラス14500円です。 
  
 普通の飛行機並みにサービスをうけるとなると実質3万円ぐらいはかかります。

ハワイは気軽に行けるところになりましたので、ハワイのことはワイにキキ。
   
  
 今、関西で注目されているのが、9月から就航するLCCのジェットスターの関空

からベトナム・ダナンへの直行便です。

 価格は片道14000円ぐらいで座席指定が1000円です。

 関西からは4時間45分でビーチリゾートが楽しむことができるのです。
  
 次はダナンだなん

 

さて、本題です。

13年程前ぐらいから、バーチカルブラインドの羽根をいろんな色と組み合わせて

オリジナルのバーチカルブラインドをつくることができるようになりました。

バーチカルブラインドの羽根のことをニチベイ、トーソーはルーバーといい、

タチカワはスラットと呼んでいます。

いろんな色を組み合わせるのをニチベイはミックスルーバーといい、

トーソーはカラーコンビネーション、タチカワはカラーコディネートと

呼んでいます。

この元祖は今はやっていないですが、川島織物のバーチカルブラインドだと

思います。

当時、川島織物(現川島織物セルコン)は、この商品を通常の20%アップに

したため、あまり浸透しなかったのですが、その後国内主要メーカー3社が

10%アップの価格でカタログで提案してきました。

各社、名称がバラバラなため、エンドユーザーにはあまり浸透しているとは

思えませんがホームページにシュミレーションできるソフトがあり、

エンドユーザーがご自身でいろいろと楽しんで色を選んだり、並べ方を

考えたりできるようになっています。

当店でも、たくさん納品しています。

実測して、このサイズならば何枚でできますよというと、ほとんどのケースで

お客様が考えられるます。

最近納品した分で、品よく美しく組み合わせをされたなと思ったのが

この作品です。

トーソーのバーチカルブラインドでお客様が考えられました。

DSC06348

DSC06347

DSC06353 DSC06349

ベースがホワイトで、アップルグリーンを中心にマスカット、ライトイエロー、

イエローアイボリーでグラデーションしています。

 

クリエーションバウマンのバーチカルブラインドで上下にグラデーション

している商品がありましてすごく格好いいのですが、お高いのです。

これならリーズナブルに格好よくでると思いました。

CIMG9638

7月25日に発売されるサンゲツの新しいカーテンの見本帳にも

レースにデジタルプリントをして上下にグラデーションしている商品が

ありました。

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

上部シースルータイプのアコーデオンドア

フェリシモの500色の色鉛筆が流行っているというのがネットの記事に書かれて

いました。

よく知らなかったので調べたところ、コロンブスのアメリカ大陸発見から、

500周年を迎えた1992年にその歴史的アニバーサリーイヤーを記念して、

世界一の色数を誇る「500色の色鉛筆」がフェリシモから発売されたそうで、

それが今リニューアルして東京の町工場の職人の手によって世界に向けて生まれ

変わったとのことです。

Made in Japan

この商品を注文をすると20色ずつ25回に渡って送られてくるそうです。

月に1回で1回が2808円(税込み)です。

500色すべてに名前がついていて、コンセプトがあります。

使わなくても部屋のインテリアとしてもおいておきたい商品です。

 

さて本題です。

 

30年前ぐらいはよくでたのですが、最近はほとんど売れることがなくなった

アコーデオンドア。

これはトーソーがつけている固有名詞で、ニチベイはアコーディオンドアと言いまして

タチカワはアコーデオンカーテンと言います。

それも数年単位で、少しずつ進化していまして、今回取り付けたのはトーソーの

上部シースルー仕様のアコーデオンドアです。

CIMG0644

CIMG0646 CIMG0643

アコーデオンドア

上部が切り替えでシースルーになっています。

閉め切っていても奥の様子を感じていたい子供部屋や介護スペースに

使うのに最適な商品です。

 

 今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 6月10日に香取美智子さんの収納に関する無料セミナーを開催します。

申し込みをまだ受け付けています。

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

木製ブラインドの操作コードを現場で短く

昨日は「眞子さまのご婚約」という明るいニュースが流れてきました。

最近は明るい話題がない中で、さわやかな気分になります。

ほんとにおめでとうございます。

NHKのスクープということになっていますが、このタイミングででてきたことに

対して、誰かがリークして何か裏がありそうな感じがします。

森友問題、加計学園の問題、共謀罪等の話題そらしをしているような感じがします。

もっと重要な朝鮮半島の問題もありますので、浮かれていてはいけないのです。

 

さて、本題です。

 

15年経ってのリフォームで、今までカーテンを取り付けていたところが

木製ブラインドになり、新たに13台取り付けました。

15年前に取り付けた時にはトーソーの木製ブラインドを別のところに10台取り付けて

いました。

同じものを付けたかったのですが、今までカーテンをつけていてボウウインドには

5窓あり、3つは巾で33㎝で、トーソーには小さい巾に対応できる木製ブラインドが

なかったのです。

コード式のもので、タチカワは33㎝から、ニチベイは25㎝から製作ができまして、

ニチベイになりました。

DSC05834

 

木製ブラインドを取り付けましたというブログも何度も書いていてつまらないと

思いますので、現場で木製ブラインドの操作コードを短くした話を書いておきます。

15年前に取り付けた時は、新築で家具もなにもなかったので、その時に

気づかなかったのですが、操作コードが長すぎたのです。

当時の資料をみると、製品の長さは118㎝なのですが、取付高さの指示を

200㎝としており、操作コードの長さを160㎝で出来上がっていたのです。

トーソーの場合は取付高さだけを指示すると、それに合わせて操作コードの

長さが決まってくるので、窓の長さより長くなることがよくあります。

今は学習しており、コードの長さも指示をしていますので失敗はほとんどないです。

当時、そのままにしていたのはひじょうに恥ずかしい出来事です。

今回、お客様よりご指摘があり、現場で短くします。

もちろん、費用はいただいていません。

DSC05832

現場でコードをカットしてはんだごてで溶接すればきれいにできます。

DSC05835

木製ブラインドの操作コードは太いので、溶接する面が大きくて簡単に

くっつきます。

カーテンと窓周り品のお求めは全国の窓装飾プランナーのいるお店でお買い求めください。

2窓装飾プランナーのいるお店窓装飾プランナーのいるお店はこちらをご覧ください。

第4回窓装飾プランナー資格試験はこちらです。

合格を目指すための窓装飾プランナー養成講座はこちらです。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  

役に立った場合は右のバナーをクリックしてください。

 ブログランキングの順位が励みになります。

 

instagram_01 .

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

電動カーテンレールの取り替え

私はブログを年間200回書くことを目標にしています。

そうすると月に16~7回書けばいいのですが、月目標としては20回としています。

週休2日のサラリーマンをしていたら5月は毎日ブログを書かなければ

ならない計算になります。

カーテン屋のブログなので、カーテンと窓周り商品の話を書かねばならないと

思うとけっこうきついのです。

たまには、昨日のような施工例写真だけというようなブログもありますので

ご容赦願いたいのです。

 

さて、本題です。

 

他店で購入されたトーソーの電動カーテンレールが動かなくなったということで、

ネットの検索で当店をみつけていただき修理依頼がありました。

どのようなワードを入力して、当店が引っかかってきたのかは知りませんが、

「電動カーテンレール」「修理」等でひっかかったのならば、当店の意図すること

なのでうれしいです。

ホームページやブログをご覧いただき、「カーテンにかける情熱がすごいですね。」

と言っていただいたのが最もうれしかったです。

現場調査したところ、トーソーの電動カーテンレール・プレミオKという

商品で、コードが切れていました。

これならば、コードを取り替えればできるかと思って、自分でコードを取り替え

ようとトーソーに連絡したところ、現場でコードを取り替えるのは、調整が

難しいといわれ、レールごと取り替えるセットがあるというのです。

それが25760円します。

お客様には説明をして、それで注文をしたところ、この電動カーテンレールの

部材が欠品しており6月にならないと入荷しないと言われました。

6月まで待ってもらおうとしたのですが、マンションの大規模修繕が始まって

いて、ベランダからも作業員から覗きこまれるので早くしたいと言われました。

お客様の方が私のブログをよく読んでいただいていて、なにかリーズナブルな

電動レールを勧めておられましたよねと言われました。

 

そうなんです。

 

ナスノスの電動カーテンレールです。

この現場に合うものとして、リモコン付きで31900円で、朝になるとカーテンが

自動で開くタイマーは絶対必要という事で+8800円で新品に変えて40700円

になりました。

トーソーの今ついているプレミオKを新規で新しくつけるとなると、

タイマー付きだったので施工費を除いて10万円以上します。

ナスノスの電動カーテンレールはリーズナブルです。

 

今までついていたもの

DSC05751

DSC05752 DSC05753

DSC05757 DSC05758

けっこう大雑把についていました。

トーソーのプレミオKはでかくて、カーテンボックスからカーテンを

引っ掛けるところ(カン下寸法)が57㎜あり、ナスノスのレールはコンパクトで

カン下までの寸法が43㎜です。

カーテンはそのままお使いになるので、その差14㎜を埋めるのにブラケット

スペーサー(樹脂製のかまぼこ板みたいなもの)でゲタをはかせて調整しました。

DSC05760 DSC05762

そうすると、レールとカーテンボックスの間に隙間ができるので、サンペルカLと

いう緩衝材をいれて調整しています。

DSC05761 DSC05764

DSC05765

こういうのは、お客様からお金をいただくわけではなく、きれいに

納めたいという私の趣味でやっています。

DSC05770 DSC05769

今までついていたのは、電源コードが垂れさがっていましたが、私どもは

モールを用意しております。

 

かんせいです。

 

DSC05771 DSC05773

DSC05774 DSC05775

奥はレースの手動のシェードがついていました。

窓はマンションの大規模修繕の外壁工事をされているため、紙を当てておられました。

 

DSC05778

 タイマーも設定しました。

今や、インテリアの電動商品の工事はそんなに難しくなく、誰でも簡単に

できるようになっていて、電源コンセントがあれば差し込めばいいだけなんです。

なんの資格もいらないのです。

 

でも、きれいに納めようと思うと経験が必要で、インテリアの電動商品をよく

取り扱っている専門店に依頼される方がいいと思います。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  

役に立った場合は右のバナーをクリックしてください。

 ブログランキングの順位が励みになります。

 

カーテンのお求めは全国の窓装飾プランナーのいるお店でお買い求めください。

2窓装飾プランナーのいるお店窓装飾プランナーのいるお店はこちらをご覧ください。

第4回窓装飾プランナー資格試験はこちらです。

合格を目指すための窓装飾プランナー養成講座はこちらです。

 

 

instagram_01 .

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

ナスノスの電動プレーンシェード  

先月の21日がジャパネットたかたのチャレンジデーということで新聞折り込みチラシや

ネットなどで、その日1日だけ安いという日で、商品はダイソンのコードレス

掃除機でした。

DC62という商品で、税込み・送料込みで32194円で、価格ドットコムで
調べても安かったので買いました。

現場用に使おうとしたのですが吸引力が強くて、コードレスで使いやすいので

会社で使っています。

IMG_8763_R

 

さて、本題です。

 

当店はインテリア商品の電動ものに詳しい店を目指しており、店内には

電動商品として、カーテンレール、タテ型ブラインド、ロールスクリーン,

木製ブラインド(ウッドブラインド)、開閉式調光型ロールスクリーンFUGA、

プレーンシェードなどを展示しています。

今回は電動のプレーンシェードについて説明をします。

電動のシェードのメカとしてはよく使われているのが、サイレントグリスと

トーソーのリベルタ、ナスノス、ナビオ等があり当店でも使っています。

あと、タチカワもホームタコスがあります。

プレーンシェードの電動に関しては、知名度と安心感と値段がこなれているのと、

メーカーのフォロー体制の良さでトーソーがよく使われています。

当店でも、電動のプレーンシェードはほとんどトーソーを使ってきました。

当店では、今はナスノス電動プレーンシェード(ローマンシェード)を

展示しています。

まずは動画をご覧ください。

真ん中の三角をクリックしてください。

生地はマナトレーディングのオペラ04LYで、トリムはアリス1541

DSC05583

DSC05584 DSC05585

DSC05587

DSC05586 DSC05588

私がナスノスを選んだ理由

)自社で縫製ができる。

トーソーの電動シェードを注文する場合は、生地の縫製もトーソーに

依頼してセットにしてもらわなければならず、自社縫製ができないのです。

それに比べて、ナスノスは電動メカだけ注文をして縫製はこちらですることが

できるのです。

トーソーに縫製をお願いをすると、トリムをつけたりはできても、当店が得意

としているリングの均等ピッチやリング間を30㎝前後ぐらいとるというような

応用が出来ないのです。(トーソーは基本20㎝ピッチ)

私は電動商品で大きいサイズの物を作る時はリングのピッチを大きくとった方が

きれいに上がると思っています。

メーカーに縫製を依頼すると発注するサイズは違っても出来上がってくるものは

どこのインテリア販売店に注文しても同じものです。

差別化できなくなり、値段だけの勝負になってきます。

そうなると

似たり寄ったり 

ニトリ寄ったり で

価格勝負ならば、相手がニトリみたいな大きなところならば絶対に勝てないのです。

ニトリはトーソーを扱っており、電動ものなんかももうすぐおちゃのこさいさいで

やってきます。

ニトリができないことをやらないと生き残れないと思っています。

 

)ナスノスの電動のリモコンはRFリモコン(FM波)で応用がききます。

マルチファンクションリモコンを使うことによって、1台のリモコンでいろんな

応用がききます。

今やホームオートメーションの時代でスマートインテリアと言われている中で

このリモコンで、カーテンレールやバーチカルブラインド(タテブラインド)

ロールスクリーンも一緒に動かすことができます。

時計やタイマー機能もありますし、TVやオーディオやエアコンなどのリモコンから

赤外線信号を学習させることができ一つにすることができます。

DSC05589 DSC05509

DSC05591

 

 しもしも~

 

このリモコンは携帯電話にはならないのです。

DSC05581

 

3)連窓の場合は、電源コンセントは1つだけで問題なく、数台をつなぐことができます。

4)音が静かです。35デシベル

5)製作寸法巾は3m以上もOKで、ジョイントで6mまでできます。

部屋に取り付けるのは、シェードしかなく1~2台で、いろんな機能が

不要で安い方がいいという場合は、トーソーのリベルタをおススメします。

トーソーの電動商品も詳しいです。

 

今日の話は役に立ちましたか?  

役に立った場合は右のバナーをクリックしてください。

 ブログランキングの順位が励みになります。

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

1 / 30123...10...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.