カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

ごく普通に使われるようになってきたインテリアの電動商品(3)

ほんの少し秋の気配が感じられるようになってきました。

今年の夏はほんとに暑かったです。

だからといって、暑さ対策的な商品がよく売れたわけでもないです。

昔から二八(ニッパチ)は動きが悪いといわれていて2月8月は店の売り上げが

よくないのです。

蚊も35℃を超えると動き回らないといわれているように人間も暑すぎると

外出を控える傾向があり、8月はお客様の来店が悪いのです。

昼間が暇で夕方17時半以降にお客様が来られるというケースがよくあります。

 

車のラジオから日本民間放送連盟(民放連)がやっているコマーシャルで

「考えよう温暖化」というのが流れてきました。

その中のフレーズで「カーテンを閉めましょう」というのがありました。

 

思わず  

 

「お~お~」と

 

つぶやいてしまいました。

 

「地球温暖化防止のためにカーテンを閉める」

 

これは、ええキャッチコピーやなぁ

 

地球温暖化防止のためにカーテンを買いましょうということをもっとPRしないと

いけないのです。

地球を守る為、孫末代まで平和な暮らしができるため、カーテンが必要なのです。

 

さて、本題です。

リビングダイニングに電動ローマンシェード6台と電動ロールスクリーン1台

取付けて1台のリモコンで操作できるようにしました。

電動ローマンシェードはナスノスのメカ。ロールスクリーンはニチベイで

このメーカーは互換性があり、一つのリモコンで操作ができます。

シェードは6台ですが、3台ずつ一斉操作ができるようにしていまして、

計9チャンネル使っています。

このリモコンは廃番になりました。

ナスノスの電動メカは音が静かで、幅が大きいとかなり割安感があります。

メカはメカで購入して、縫製は自社でできるメリットが大きいです。

今回の現場も丈が248㎝なので、リング間ピッチを約30㎝の均等に

しています。

幅15㎝のカーテンボックスに2台取り付ける事ができて、電動のツイン

シェードのようにできます。

コンセントはカーテンボックス中にあり、シェード本体で隠すことができますので、

配線はみえません。

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

 

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

ごく普通に使われるようになってきたインテリアの電動商品(2)

2018年8月15日は大仏殿万灯供養会に行ってきました。

昨年、父が亡くなりましたので先祖供養をしてもらいました。
 
姉夫婦が父の供養をするというので、私たちは奥さんの父の供養をして、

一緒に灯篭を並べていただきました。 
 
いい場所に設置してもらいたくて、「出身高校は奈良ですねん」というと

奈良判定」で大仏殿の下に置いてくれました。

 

 

(上の写真)大仏様が窓からみえています。

 

さて、本題です。

 

電動のプレーンシェードを幅15㎝のカーテンボックスにドレープ用と

レース用の2台取り付けました。

トーソーの電動メカだと、幅15㎝のカーテンボックスに2台とりつけることが

できないため、ナスノスの電動ローマンシェードのメカを使っています。

音が静かで縫製はこちらでできるので応用をきかせることができます。

トーソーの電動商品となると、トーソーの縫製になり、リングピッチは

20㎝になり、大きさによってサイズを変える事ができません。

どこでやっても同じになり専門店としての差別化ができなくなります。

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

電動のカーテンレールと電動シェードを連動させる

遠くからご来店いただき、リビングのリフォームで電動のカーテンレールと

電動のプレーンシェードを取付けたいという事でお見積もりをさせて頂きました。

地元の業者と相見積もりとなり、地元の業者はトーソーの商品でカーテンレールと

プレーンシェードは赤外線操作で別のリモコンで提案されていて、当店では

ナスノスの商品でFMリモコンで、一つのリモコンでカーテンレールも

シェードも操作できるものを提案しました。

結果、当店の方はFMリモコンで高かったのですが、

お客様から

「高いけど、お宅の方が慣れておられそうなのでお宅にお願いしたい」と言われ、

ご注文をいただきました。

 

「お宅の方が高いけど、お宅にお願いしたい」

 

この言葉は大好きです。

 

意気に感じて仕事をさせていただきます。

 

だって、人間だもん。

 

 

そんなわけで施工写真です。

 

生地はドレープはマナトレーディングのウイリアムモリスのいちご泥棒

イギリスから輸入しているプリントです。

  レースは川島織物セルコンのウイリアムモリスのいちご泥棒

版権を買って日本で作っている商品です。

シェードはマナトレーディングのウイリアムモリスのケルムスコットツリーで

裏地付きです。

 

電動商品はナスノス製でカーテンレール・ドレープはCR1010

レースはCR300でシェードはRS5030

リモコンは5ch用のFMリモコンです。

 

生地を選ばれたのはお客様主導で、壁紙もウイリアムモリスです。

(壁紙は当店の施工ではありません)

 

ウイリアムモリスはインスタ映えする商品で、ブロガーの皆さんは

必ずアップされているので、ここでは詳しい説明は割愛して電動商品に

スポットを当てます。

窓上に換気扇のコンセントがあって、電動カーテンレールにも使えるように

3口になっていたのでそれを利用しました。

電動レールの場合はモーターがどちらかの端にきますので、そこからの線を

窓中央にもってくるのにレールの裏にモールを貼って、目立たないように

きれいにしました。

こういう技は経験によるもので、電動商品の取り扱いに慣れているか

どうかで違いがでてきます。

 

その技を公開してしまってちょっと後悔

プレーンシェードも同様で、換気扇のコンセントをつかいました。

こちらはヘッドレールの上に線は隠せるようになっています。

 

 

シェードは裏地付きで、リング付きテープを使わないで光が漏れにくいように

手縫いでリングを1個ずつ縫い付けて無双縫製をしています。

高くても当店を選んでいただいたお客様なので意気に感じて、こちらで

グレードアップ仕様にさせていただきました。

リモコンは習慣的に本体に向けてしまうのですが、FMリモコンなので

30M離れたところからでも、本体に向けなくても操作ができます。

 

ナスノスの電動商品は、知名度はないですがホームユース用には

とてもいい商品です。

 

サンゲツが取り扱い代理店ですので、全国津々浦々のインテリショップで取扱いは

しています。

メーカーとしてはほとんど動きはしませんので、商品知識のあるインテリアショップに

ご相談されることをおススメします。

 

 

窓装飾の商品知識が豊富で、窓装飾プランナーのいるお店は

planner_02

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

スマホの動画アプリで遊んでみました。

先日吹抜けに施工したナスノスの電動バルーンシェードを動画にしています。

これをスマホの動画アプリ「Microsoft Pix」で撮影して、2倍速、8倍速、32倍速に

変換してみました。

このアプリはiPhoneにしか対応していないのですが、元画像を残しながら2倍速、

4倍速、8倍速、16倍速、32倍速に変換することができるのです。

これを活用して施工写真などの動画を撮ると、30分ぐらいかかった撮影も

1分でみる事できるようになります。

お子様の運動会の撮影などに使って、2倍速でアップするとすごく速く走って

いるようにすることもできるのです。

 

どうでもいいが動画です。

まずは元画像です。

真ん中の三角をクリックすれば動画になります。

 

2倍速にすると

 

8倍速にすると

 

32倍速にすると

 

このアプリを活用して、施工しているときの動画もアップしていきます。

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

ナスノスの電動メカでバルーンシェード

吹抜けにナスノスの電動メカでバルーンシェードを取り付けました。

この現場の窓の大きさは3m40㎝あり、トーソーやタチカワの電動メカでは

3mまでしか対応していないし、サイレントグリスならば高いのでナスノスを

使いました。

ナスノスのシェード用電動メカは2タイプあり、巾6mまで対応している

RS5005と

3mまでで重さ3キロまでのRS5030です。

こちらは、長さは3mを超えますが、レース地で軽いためRS5030のメカで

対応してくれました。

ナスノスの良さは、データはしっかりしていて、小さい会社なので融通が

きくところです。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

簡単にできる電動カーテンレール

エンドユーザーの方から私のブログを読んで電動カーテンレールに取り替えたいと

いう依頼がありました。

お客様の話によると、真っ暗にしないと寝れないが、暗いと朝がなかなか起きら

れないとのことで、タイマー付きの電動レールにして、朝はカーテンを

開けることによって自然に明るくしたいとのことです。

こちらのブログ「タイマー付き電動カーテンレール」 をお読みください。

 

当店のおススメはナスノスの電動カーテンレールでシングルタイプで

リモコン付きで2m27600円(重さ7キロまで対応)

重さ4キロまでの分だと22600円(税別)

それに

タイマーが8800円プラスです。

築20年ぐらいの普通の住宅で、窓枠にC型レールがついていました。

DSC06385

DSC06388

そこに電動カーテンレールをシングルで取り付けて、窓枠内にレース用の

レールを取り付けました。

DSC06391

レールはブラケットを壁に取り付けてレールをはめ込むだけなので、

エンドユーザーの方でも簡単にできるレベルです。

DSC06389 DSC06390

あとは電源までの線をどうするかだけで、モールを買ってきてきれいに

這わせるだけです。

カーテンをつけると、電動のモーターの部分と縦のモールの部分はカーテンに

隠れて室内側からは見えません。

完成です。

タイマーとリモコンで動きます。

DSC06392

 

 カーテンはまだ決まっていませんでした。

 

電動カーテンレールは決して敷居は高くないです。

リーズナブル価格で簡単にできます。

これからは高齢化社会になっていく中で、寝たきりでもカーテンの開閉ができる

電動カーテンレールはおススメです。

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

電動カーテンレールの取り替え

私はブログを年間200回書くことを目標にしています。

そうすると月に16~7回書けばいいのですが、月目標としては20回としています。

週休2日のサラリーマンをしていたら5月は毎日ブログを書かなければ

ならない計算になります。

カーテン屋のブログなので、カーテンと窓周り商品の話を書かねばならないと

思うとけっこうきついのです。

たまには、昨日のような施工例写真だけというようなブログもありますので

ご容赦願いたいのです。

 

さて、本題です。

 

他店で購入されたトーソーの電動カーテンレールが動かなくなったということで、

ネットの検索で当店をみつけていただき修理依頼がありました。

どのようなワードを入力して、当店が引っかかってきたのかは知りませんが、

「電動カーテンレール」「修理」等でひっかかったのならば、当店の意図すること

なのでうれしいです。

ホームページやブログをご覧いただき、「カーテンにかける情熱がすごいですね。」

と言っていただいたのが最もうれしかったです。

現場調査したところ、トーソーの電動カーテンレール・プレミオKという

商品で、コードが切れていました。

これならば、コードを取り替えればできるかと思って、自分でコードを取り替え

ようとトーソーに連絡したところ、現場でコードを取り替えるのは、調整が

難しいといわれ、レールごと取り替えるセットがあるというのです。

それが25760円します。

お客様には説明をして、それで注文をしたところ、この電動カーテンレールの

部材が欠品しており6月にならないと入荷しないと言われました。

6月まで待ってもらおうとしたのですが、マンションの大規模修繕が始まって

いて、ベランダからも作業員から覗きこまれるので早くしたいと言われました。

お客様の方が私のブログをよく読んでいただいていて、なにかリーズナブルな

電動レールを勧めておられましたよねと言われました。

 

そうなんです。

 

ナスノスの電動カーテンレールです。

この現場に合うものとして、リモコン付きで31900円で、朝になるとカーテンが

自動で開くタイマーは絶対必要という事で+8800円で新品に変えて40700円

になりました。

トーソーの今ついているプレミオKを新規で新しくつけるとなると、

タイマー付きだったので施工費を除いて10万円以上します。

ナスノスの電動カーテンレールはリーズナブルです。

 

今までついていたもの

DSC05751

DSC05752 DSC05753

DSC05757 DSC05758

けっこう大雑把についていました。

トーソーのプレミオKはでかくて、カーテンボックスからカーテンを

引っ掛けるところ(カン下寸法)が57㎜あり、ナスノスのレールはコンパクトで

カン下までの寸法が43㎜です。

カーテンはそのままお使いになるので、その差14㎜を埋めるのにブラケット

スペーサー(樹脂製のかまぼこ板みたいなもの)でゲタをはかせて調整しました。

DSC05760 DSC05762

そうすると、レールとカーテンボックスの間に隙間ができるので、サンペルカLと

いう緩衝材をいれて調整しています。

DSC05761 DSC05764

DSC05765

こういうのは、お客様からお金をいただくわけではなく、きれいに

納めたいという私の趣味でやっています。

DSC05770 DSC05769

今までついていたのは、電源コードが垂れさがっていましたが、私どもは

モールを用意しております。

 

かんせいです。

 

DSC05771 DSC05773

DSC05774 DSC05775

奥はレースの手動のシェードがついていました。

窓はマンションの大規模修繕の外壁工事をされているため、紙を当てておられました。

 

DSC05778

 タイマーも設定しました。

今や、インテリアの電動商品の工事はそんなに難しくなく、誰でも簡単に

できるようになっていて、電源コンセントがあれば差し込めばいいだけなんです。

なんの資格もいらないのです。

 

でも、きれいに納めようと思うと経験が必要で、インテリアの電動商品をよく

取り扱っている専門店に依頼される方がいいと思います。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  

役に立った場合は右のバナーをクリックしてください。

 ブログランキングの順位が励みになります。

 

カーテンのお求めは全国の窓装飾プランナーのいるお店でお買い求めください。

2窓装飾プランナーのいるお店窓装飾プランナーのいるお店はこちらをご覧ください。

第4回窓装飾プランナー資格試験はこちらです。

合格を目指すための窓装飾プランナー養成講座はこちらです。

 

 

instagram_01 .

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

1 / 512345

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.