ニチベイ » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

JIS規格に基づくインテリアファブリックス用語

日本工業規格(JIS)の繊維製品用語(衣料を除く繊維製品)―第2部:

繊維製インテリア製品(JIS L 0212-2:2017)が今年の5月に改訂されました。

その詳細をネット上で探したのですが見つけることができませんでしたが、

その元となる原案を出している日本インテリアファブリックス協会(NIF)が

「インテリア情報ハンドブック」を6月に改訂版3版を発行し、JIS規格に基づいて

本の中で「インテリアファブリックス用語」の解説をしています。

IMG_0192_R

 

その中で、私が気になった用語を抜粋で書いておきます。

 

私は何度もブログに書いているのですが、インテリア業界のメーカーは好き勝手に

商品に名称をつけており、固有名詞ばかりで一般名詞があまり浸透していないのです。

JISで統一した名称が書かれているので、メーカーとしてもできるだけ

これに合わせていただきたいものです。

私達もできるだけJIS規格に基づいた名称を使っていきたいと思います。

 

 

【アコーディオンカーテン、アコーディオンドア】

蛇腹方式で左右に開閉する折り畳みの可動式間仕切り

2つの名称が使われているのは数少ない例ですが、これは一つに

統一できなかったんだと思います。

タチカワはアコーデオンカーテン、ニチベイはアコーディオンドア

トーソーはアコーデオンドアと言っているためです。

ディオン」なのか「デオン」なのかによって違っています。

我々にとってはどっちでもいい問題なんですが、メーカーにとっては

自社の名称がJIS規格になるかどうかは大きな問題だと思います。

この結果、ニチベイの名称はそのままJIS規格の名称になっています。

 

【ストリングスカーテン】

複数の紐が垂れ下がったカーテン

IMG_9175

今年7月にサンゲツが「ストリングス」というカーテンの見本帳を出しましたが

ストリングスカーテンとは上記のことです。

 

【調光式スクリーン】

光が透過する部分と透過しない部分とを組み合わせて構成される窓装飾エレメント

[注記]生地(ファブリック)の重なり具合から調光を細かく操作できる

と書かれています。

CIM111748

 

これはトーソーがビジック、タチカワがデュオレ、ニチベイが調光ロールスクリーン

と言っている商品です。

私どもは、昇降式調光型ロールスクリーンといっていました。

また、ニチベイのハナリ、トーソーのエコシア、ハンターダグラスの

シルエット、WISのFUGAも含んだ総称としていると思います。

今後はブログに書くときはJIS規格に基づいて書いていきたいと思います。

 

【ハニカムスクリーン】

プリーツスクリーンの一種で、二重にしたスクリーンをハチの巣(ハニカム)状

の断面に仕立てて窓装飾エレメント

これもメーカーによっていろんな言い方をされていますが、これに統一されて

よかったです。

 

【プレーンスタイル】

シェードを降ろしたときはフラットで、シェードを上げると、柔らかに

畳みあがるスタイル

【ローマンシェード】

生地(ファブリック)を仕立てたシェード、幕体を昇降器具に取り付け、

上下に開閉を行う窓装飾エレメントの総称。

DSC05062

 

私達はよくプレーンシェードという言い方をしていますが、正式には

ローマンシェードプレーンスタイルというのです。

NHK(日本放送協会)では多分そういうでしょう。

 

【ルーバー】

バーチカルブラインドに使う縦長の羽根

【スラット】

ベネシャンブラインドに使う薄い板

 

NTT(ニチベイ、タチカワ、トーソー)ではベネシャンブラインド

(横型のブラインド)の羽根はスラットという名称で統一されているのですが、

バーチカルブラインド(タテ型ブラインド)の羽根はニチベイ、トーソーは

ルーバーと言っていて、タチカワはスラットと言っています。

私どもは今まで、ニチベイ、トーソーを使ったときはルーバーと書き、

タチカワの場合はスラットと書いていましたが、今後はJIS規格に基づき

バーチカルブラインドの羽根はルーバーで統一していきます。

 

 

【スカラップスタイル】

カーテンの裾をアーチ状又はスカラップ(ホタテ貝)状に仕上げたスタイル

DSC06837

これは20年ほど前にスタイルの名称を統一された時からこの名称なのですが、

私にとってはこれは「ブリッジカーテン」という名称なのです。

私がこの仕事を始めた時に、今の五洋インテックスにたいへんお世話になり、

そこが出していたスタイルブックの「Lisa」という見本帳には「ブリッジカーテン」と

いう名称だったのです。

当時はバブルになりかけていた時で、このスタイルブックの「Lisa」を

持って住宅メーカーに営業にいくだけで、仕事がもらえたのです。

リサのことは今でも忘れない。

その五洋インテックスが今、インテリア業界で最も注目されています。

2か月前までは100円台だった株価が、今日の終値で990円です。

勢いよく値が上がっていくのですが、要因はなになのかはさっぱりわかりません。

1000円超えはあるのかが話題なのですが、掲示板を見ても「みよ」

 

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

たかがブラインド、されどブラインド

エンドユーザーの30代の女性が書かれているブログで


「【検証】調光ロールスクリーン FUGAの夜の透け感について」というのを

見つけました。

この内容が素晴らしくて、調光ロールスクリーンをご検討されて方は必読です。

 

調光ロールスクリーンを取付けた時に、夜の透け具合を窓から何センチ離れると

外から影が見えなくなるのかを検証されています。

また、照明との関係も検証さされていて、これは私どもでもやったことがない

実験で私も参考になりました。

調光ロールスクリーンで、ニチベイのハナリ、トーソーのラクーシュや

ハンターダグラスのシルエット・シェードではなく、WISのFUGAを使われている

ことも驚きました。

当店でも一押しの商品ですが、ここまで浸透しているとは思いませんでした。

 

この実験を、メーカーや販売店でなくエンドユーザーの方がされていることにも

ちょっとびっくりで、我々としてももっとユーザーに役に立つ情報を発信して

いかなければならないということを強く感じました。

 

さて、本題です。

 

ニチベイが6月にアルミブラインドをリニューアルしました。

ニチベイ側に言わせると、いろいろと新しくなっているところはたくさんあるのですが、

我々販売側としては、タチカワやトーソーのブラインドも知っている中、

そんなに特徴的なものはないかなと思っています。

その中で、ニチベイのアルミブラインドのカタログに書かれている17の特長の

中の一番最後の17に書かれている「ラダーピッチをより短く」したことに

私は注目しました。

ニチベイもしっかり営業をしていますので販売店の方は皆さんご存知だと

思いますが、敢えてエンドユーザー向けに紹介をしておきます。

 

 

このラダーピッチを短くという事は、スラットとスラットの間隔が狭くなったと

いうことです。

DSC06651 DSC06652

DSC06653

ニチベイの新しいブラインドの展示サンプルです。

スラットの間隔が狭くなったという事は、スラットの枚数が増えたという事です。

店内展示サンピルは巾44㎝高さ53㎝で、ニチベイの25㎜巾のブラインドで、

スラットが26枚あります。

トーソー、タチカワは同じサイズで23枚です。

DSC06656 DSC06657

 

ニチベイは、ラダーピッチを上位機種のセレーノフィットは従来の

21,5㎜から19,5㎜にしました。

タチカワは21.3㎜です。

トーソーは21.0㎜です。

丈が150㎝ならば、ニチベイは75枚で 定価25300円

        タチカワは69枚で 定価25600円

        トーソーは70枚で 定価25300円

丈が200㎝ならば ニチベイは101枚で 定価30200円

         タチカワは92枚で 定価28500円

         トーソーは94枚で 定価28500円

 

 

スラット15㎜巾のものならば

 

DSC06654 DSC06655

ラダーピッチは ニチベイが10㎜、タチカワが12㎜、トーソーが12㎜です。

単純に言うと16%ほど枚数が違ってくるのです。

丈が150㎝ならば  ニチベイは146枚で 定価28900円

         タチカワは122枚で 定価29400円

         トーソーは122枚で 定価30100円

丈が200㎝ならば ニチベイは196枚で 定価32800円

         タチカワは164枚で 定価32800円

         トーソーは164枚で 定価35400円

 

アルミは重さイコール価格だと思っています。

ニチベイは相当努力していると思います。

タチカワはブラインドでは色数が多くて、素晴らしい会社で、インテリ業界では

今やサンゲツを抜いて営業利益率では業界トップです。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

吹抜けの取り付け工事費は?

今日の2件目の工事も吹抜けに遮熱のバーチカルブラインドを取り付ける仕事でした。

DSC06433

DSC06435

DSC06434 DSC06430

 お客様は他店で見積をしてから当店にお越しいただきました。

当店でお見積もりを出すと、即OKとなりました。

当店は、図面から判断して吹抜けを含む3か所のバーチカルブラインドの

取り付け工事費を一式で35000円でお見積もりしました。

あとで聞いたのですが、他店で見積をしたら取付工事費が10万円かかると

いわれたということでした。

 

吹抜けの上の部分はニチベイのソーラーV-NUのワンコード式で、下は

アルペジオのメカを使って遮熱のルーバーを使っています。

 

現場は2階からある吹抜けで、高さが5m弱あります。

天井が傾斜していて、天付はできません。

階段は狭くて、直線ではなくコの字になっていて、ベランダの塀も高くて、

ベランダからスライドはしごを入れることができません。

けっこう条件的には厳しくて、これを外注の足場組み立て屋に依頼して

施工をすると10万円ぐらいかかると思います。

 

 

当店の場合はこうした高所の取り付け工事費は比較的安いと思います。

全部自前でします。

伸縮式の脚立を持っていて、これをはしごにすることができます。

 

実測に行って、工事は2人で他の窓も含めて1時間20分の工事で技術料も込みで

吹抜け工事工事代が、この場合35000円でした。

これが高いか安いかはお客様の判断ですが、当店は誠実価格だと思っています。

インテリア業界の施工費は比較的安いと思っています。

他の業界は訳わからないぐらい高いのです。

会社のエアコンが壊れたので見積もりしてほしいというと、現場調査に

行くだけで12000円かかると言わけます。

10分ぐらいみて、見積もりが送られてきて、部材費とは別に

取替工事費一式68000円、 冷媒回収・真空・補充費一式35000円、雑材料・

運転調整費一式25000円、諸経費6000円となっています。

2人で2時間ぐらいの作業で人件費にかかわる部分が134000円(税抜き)に

なっています。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

トーソーの電動ロールスクリーンの差込みプラグが変わりました。

暑くなると、遮熱のための吹き抜けの窓周り商品の工事が多くなります。

取り付け作業をするこちらとしても、吹抜けの上の方にいくとひじょうに

暑いのです。

今日も吹抜けの工事を2件しました。

私は下で梯子を支えているだけなんですが、緊張と暑さでどっと疲れるのです。

1件目は吹抜けにタチカワの電動のロールスクリーンを取り付けました。

DSC06423

DSC06427 DSC06428

DSC06425

DSC06424

タチカワの電動ロールスクリーンの電源差込みプラグは、以前から横に

差し込むタイプでした。

ニチベイも同じタイプです。下の写真

ニチベイ電動ロールスクリーンプラグ

 それに対してトーソーはまっすぐ差し込むプラグでした。(下の写真)

トーソー電動ロールスクリーンプラグ

 私のブログに、これは格好が悪いという事を何度も書いていました。

そしたら、5月22日よりトーソーも横から差し込むタイプに変わりました。

 下の写真はトーソーの新しい電動のロールスクリーンの差込みプラグです。

CIMG0668

CIMG0667 CIMG0669

これは、私がブログに書いたことによって、トーソーの企画が動いてくれたものだ

と思っています。

吹抜けに電動ロールスクリーンをつけましたというブログならばつまらないと

思いますので、視点をかえてプラグに焦点をあてて書きました。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

電動ロールスクリーンの配線処理

リビングの吹き抜けに電動ロールスクリーンを取り付けました。

昨年新築されて、ひと夏の経験をされたのですが、吹抜けの窓からの

日光が暑くてたまらないという事で電動ロールスクリーンをつけることに

なったのですが、窓の近くには電源がありません。

DSC06249

左側の窓です。

DSC06260

天井高は5m50㎝です。

 

窓上に電動ロールスクリーンを取り付けるのは簡単な作業ですが、配線をどう

するかで電気の線をまっすぐ天井にもって行き、そこから天井際を入隅まで

這わせていきました。

そこからまっすぐ1階の天井の位置までもっていき、和室の天井際を通って、

入隅から床まで這わせました。

DSC06251

DSC06261

DSC06252

DSC06254

電線は8m80㎝必要で、結線は現場に行く前に知り合いの電気屋さんに

してもらっていて、現場では用意したモールをつけていくだけで

長さもぴったりでした。

ロールスクリーンはニチベイの遮熱の生地でフェアフレクト遮熱N7158です。

電動商品は、今や取付はすごく簡単ですが、あとの処理をどのようにするかで

販売店の違いがでてくると思います。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

木製ブラインドの操作コードを現場で短く

昨日は「眞子さまのご婚約」という明るいニュースが流れてきました。

最近は明るい話題がない中で、さわやかな気分になります。

ほんとにおめでとうございます。

NHKのスクープということになっていますが、このタイミングででてきたことに

対して、誰かがリークして何か裏がありそうな感じがします。

森友問題、加計学園の問題、共謀罪等の話題そらしをしているような感じがします。

もっと重要な朝鮮半島の問題もありますので、浮かれていてはいけないのです。

 

さて、本題です。

 

15年経ってのリフォームで、今までカーテンを取り付けていたところが

木製ブラインドになり、新たに13台取り付けました。

15年前に取り付けた時にはトーソーの木製ブラインドを別のところに10台取り付けて

いました。

同じものを付けたかったのですが、今までカーテンをつけていてボウウインドには

5窓あり、3つは巾で33㎝で、トーソーには小さい巾に対応できる木製ブラインドが

なかったのです。

コード式のもので、タチカワは33㎝から、ニチベイは25㎝から製作ができまして、

ニチベイになりました。

DSC05834

 

木製ブラインドを取り付けましたというブログも何度も書いていてつまらないと

思いますので、現場で木製ブラインドの操作コードを短くした話を書いておきます。

15年前に取り付けた時は、新築で家具もなにもなかったので、その時に

気づかなかったのですが、操作コードが長すぎたのです。

当時の資料をみると、製品の長さは118㎝なのですが、取付高さの指示を

200㎝としており、操作コードの長さを160㎝で出来上がっていたのです。

トーソーの場合は取付高さだけを指示すると、それに合わせて操作コードの

長さが決まってくるので、窓の長さより長くなることがよくあります。

今は学習しており、コードの長さも指示をしていますので失敗はほとんどないです。

当時、そのままにしていたのはひじょうに恥ずかしい出来事です。

今回、お客様よりご指摘があり、現場で短くします。

もちろん、費用はいただいていません。

DSC05832

現場でコードをカットしてはんだごてで溶接すればきれいにできます。

DSC05835

木製ブラインドの操作コードは太いので、溶接する面が大きくて簡単に

くっつきます。

カーテンと窓周り品のお求めは全国の窓装飾プランナーのいるお店でお買い求めください。

2窓装飾プランナーのいるお店窓装飾プランナーのいるお店はこちらをご覧ください。

第4回窓装飾プランナー資格試験はこちらです。

合格を目指すための窓装飾プランナー養成講座はこちらです。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  

役に立った場合は右のバナーをクリックしてください。

 ブログランキングの順位が励みになります。

 

instagram_01 .

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

ニチベイのスタイリッシュシェード「リサージュ」復活

日本経済新聞のネット配信記事で「わたしの仕事、ロボットにうばわれますか」と

いうのがありました。ここです。

業種と職業を入力すると事があって、自分の職業がロボットに奪われる確率が

何%と表示されるのです。

私も試したのですが、まず「業種」のところで今の仕事に当てはまるものが

ないのです。

最近の人工知能(AI)の進歩により、従来は人間にしかできなかった多くの仕事が、

理論上は自動化できるようになっています。

完全に自動化される職業として、ミートパッカー、左官、漆喰職人、

眼科検査技師

などが挙げられていました。

今、もてはやされている職業も10年単位ぐらいで変化していってます。

以前は手に職をつければ食いはぐれることはないと言われていましたが、

今やそういった仕事もロボットが成り代わってできる時代です。

これからは何がいいのかはまったくわかりません。

 

さて、本題です。

13~4年前ぐらいにニチベイがスタイリッシュなシェードとして

「リサージュ」と

いう商品を発売をしました。

ニチベイでは「カーテンブラインド」と言っています。

この商品は好きな人はけっこう好きなのですが、ニチベイしか販売せず、

他メーカーが追随しなかったため、あまり売れていないのです。

2012年の2月9日のブログに施工写真が載っています。

CIMG3124-490x368 CIMG3122

CIMG3120 CIMG3121

 

当店でも12年前に取り付けたお客さまがおられて、これがいいとおっしゃるのです。

今、ニチベイでは、生地は在庫しておらず、こちらから生地を支給すると

作ってくれます。

今までついていたリサージュ

CIMG0625

ボロボロになっていましたので、サンゲツの生地で新しく作りました。

CIMG0632

CIMG0633

生地はサンゲツPK1201+ PK1568

このスタイルはご要望があれば、各社メーカーの生地で製作することができます。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  

役に立った場合は右のバナーをクリックしてください。

 ブログランキングの順位が励みになります。

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

1 / 25123...10...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.