カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

木製ブラインドの操作性の軽さとスピードについて。

夏の甲子園は秋田に輝く星、

叶のう(金農)かった優勝は遠い(桐蔭)

 

いつも社会ネタをオシャレに書くことを考えて、スマホの「小嶋のメモ」に

書いて、1年間たまったものを年賀状にして、リピーターの方に送っています。

 

ここの「輝く星」というのは、金足農業の吉田輝星投手のことです。

「叶のうかった」というのは無理やりで「叶わなかった」ということにしています。

 

今年も社会の出来事を言葉遊びでメモしているのですが、年末に書くころには

今年の前半に起こったことははるか昔の話のようになってしまうのでここに

書いておきます。

 

世間を騒がさせている日大の理事長とボクシング協会の元会長は、田中、山根の

強面のアンガールズ。

 

平昌オリンピック、女子選手活躍でスケートはスピード出世で追い抜き金メダル。
小平なおも金、高梨さらに銅、羽生ゆづらず金2連覇。

 

平昌オリンピックのスケートで、女子団体追い抜き戦で日本が金メダルを

取った話のネタですが、かなり昔の話のような気がしますが、今年2月の出来事です。

 

 

 

さて、本題です。

 

木製ブラインドに関して2018年6月28日に書いた

木製ブラインドのラダーコードの本数」や

2016年2月17日に書いた

木製ブラインドの国内主要メーカーの比較」が

人気記事でアクセスが多いのです。

一番アクセスが多い記事は「ふさかけ金具の取り付ける位置」に関するものです。

 

たぶん、エンドユーザーは、「木製ブラインドはメーカーによってどうちがうの?」

ということを知りたいんだと思うのです。

 

インテリアのメーカーは、あまり他社と比較して自社の優位性をアピールしないので

販売店でもあまり違いがわかっていないというのと、知識がないのか

メーカーに遠慮してか、比較して違いを説明をすることは少ないように思います。

 

でも、エンドユーザーはそこのところを知りたいと思いますので、私の

知っている限りの情報を書いておきます。

 

 

木製ブラインドのループタイプの操作性についてです。

 

2018年の6月にニチベイが木製ブラインドをリニューアルしました。

それによって、今までナニックが一番軽かったのが、今はニチベイになりました。

 

操作性の軽さでいけば、ニチベイ、ナニック、タチカワ、トーソーになりまして、

ニチベイ、ナニックに比べて、タチカワ、トーソーは少し重いです。

 

軽いということは、どういうことか?

 

昇降するために引っ張るコードのギアとドラムに絡まって動かすシャフトの

ギアの比率の問題です。

 

変速ギア付きの自転車に乗られた方があると分かりやすいのですが、

前のギアと後ろのギアの大きさが違って、走りながら変速すると

一般的には後輪のギアが切り替わっていきます。

(前のギアも3段ぐらいあって切り替わる自転車もあります。)

 

 

後ろのギアが小さいと重いですが、スピードがでます。

ギアが大きいとこぐのが軽いですが、スピードが遅くなります。

 

木製ブラインドもこの原理なんです。

 

ニチベイ、ナニックは軽いですが、スピードが遅くなり、1m操作コードを

引っ張ると、約11㎝しかあがりません。(当社の実験による)

トーソーは13㎝、タチカワは14㎝です。

簡単にいうと軽いほど、あげるに時間がかかるということです。

 

軽いけど上がるのにたくさん引っ張らなければならないのがいいのか、

少々重いけど、引っ張る回数が少ない方がいいのかは

エンドユーザーによって違いますので、どれがいいかという事は

言えないです。

でも、こういうメーカーの違いを知って選ぶのとそうでないのとでは違うと

思います。

 

 

ここまでは8月26日に書きました。

ずっと下書きにおいたままで1か月近く過ぎてしまいました。

 

各社の木製ブラインドの自動降下のタイプのものは普通のもの比べて

重いのか一緒なのかを調べようとしていて、そのままになってしまいました。

 

昨日、お客様が遠方よりお見えになり、

「近くにもカーテン屋があるんですが、こちらのブログを読んでいたら

カーテンに対する想いがすばらしいので、ここに任せた方が安心と思ってきました。」

とおっしゃるのです。

 

ひじょうにうれしいお言葉

 

ブログの夏休みはこれで終わりにしまして、また明日から書いていきます。

 

 

ニチベイが2018年6月に木製ブラインドをリニューアルしました。

その結果、他社に比べて一番操作が軽くなりました。

スピードは遅いです。

 

新しく自動降下(少し引っ張ると自動的に降下する商品)をだしました。

トーソー、タチカワはすでにこの商品はあります。

 

ニチベイの自動降下の商品(クレールタッチ50)は使ってみると、

降ろす時は勝手におりますので、力はいらないのですが、上げる時は

逆に少し重いのです。

それを店内の展示サンプルで実験をしてみました。

展示サンプルです。

上のブラインドはニチベイ クレールタッチ50 K119

下のブラインドはニチベイ クレールグランツ エルフォームFR

サイズは上が巾600㎜×高さ600㎜

下は巾550㎜×高さ600㎜ で高さ(長さ)は同じです。

これを同時に引っ張る実験をしてみました。

 

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

 

操作を同時に引っ張ると、上の自動降下の方(クレールタッチ50)の方が

早く上に行きます。

自動降下(クレールタッチ)の方が、上がるスピードが速いということは

こちらの方が重いのです。

 

ニチベイの木製ブラインドは、普通のタイプのものは軽くなりましたが、

自動降下のものは重いということです。

 

他社のものは実験をしていないのでわかりません。

 

木製ブラインドの自動降下の商品は普通のものに比べて定価で5000円

アップします。

確かに降ろす時は自動で降りてくれるので楽です。

でも上げる時は力がいります。

降ろす時は自動降下でなくても上げる時よりは軽く感じます。

 

 

イメージとして、降りる時にはエスカレーターで降りて、

上るときは階段を使うような感じです。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

ごく普通に使われるようになってきたインテリアの電動商品(1)

当店は8月17日より通常営業いたします。

16日までは夏季休暇をいただいています。

 

昨年秋に父が亡くなりましたので今年は初盆でした。

 

儚い(墓無い)人生で終わりたくないと言って生前に自ら墓を建立した父。


墓穴を掘りたくないと言って正面に立つ息子・私。


父の背中を見て育った(?)三代目k.kojima brothers.

 

そんなワンシーンです。

 

さて、本題です。

最近はインテリアの電動商品がひじょうに増えてきました。

吹抜けや高いところでもなくても電動商品が使われるようになってきました。

電動といっても今やそんなに高くはありませんし、コンセントが近くにあれば

差し込むだけで簡単なんです。

電動のものをしたいときは、早めにインテリア専門店に相談して、設計段階で

コンセントの位置を打ち合わせをしてください。

 

 

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

画像がきれいではありません。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

木製ブラインドのラダーコードの本数について

ブログを書こうとしたら、車のディラーの営業員が、今月の修理代や車検代の

集金にきました。

1か月前ぐらいに来た時に、自動車保険の契約にサインするときに営業員が

差し出したボールペンが500円ぐらいの機能性ボールペンだったので、

大きな金額の契約をするのに、お客様に安いボールペンでサインさせるのは

失礼だよと小言を言ったところ、それをお客さまから言われたこととして

会社に報告をしたというのです。

そうすると、店長が「その通りだ」ということになり、会社として高級ボールペン

購入費として営業員全員に3000円の援助がでるようになり、モンブランを買った

のですよと「社長(私のこと)のおかげですよ」とうれしそうに報告をしてくれました。

『他で高額な契約をとって、そのペンでいっぱいサインをもらってこいよ」と

いっておきましたが、

おじさんに言わせれば、「そんなのは、会社から援助してもらわずに

自分の金でやれよ」と思うのです。

 

ニチベイの展示会に行ってきました。

 

最初に目にしたのは、各机に老眼鏡がおいてあり、ご自由にお使いくださいと

書いてあるのです。

私、使ってみたけど、かえってボケてよく見えないのです。

 

こんな会場に来る人で、誰が使うのだろうかと考えながら、これがニチベイ流の

気配りなんでしょうね。

 

今回の目玉商品は木製ブラインドとプリーツスクリーンで、特に木製ブラインドの

エルフォームスラットです。

 

眼鏡をかけずにしっかりみてきました。

スラットが少し曲がっていて、遮蔽性の高い木製風ブラインドとの

ことです。

これに関しては、実際に施工したときに詳しく説明します。

 

私が注目をしたのは、これは木製ブラインドではなく素材は樹脂で木製風ブラインド

なのです。

 

従来のニチベイの防炎・耐水タイプや

タチカワのフォレティアアクア、防炎スラットや

トーソーのベネウッド防炎・耐水も皆同じで、

木製ブラインドではなく

木製風樹脂ブラインドなのです。

 

これらの商品の特長は、重いためラダーコード(スラットを引き上げるための

コード)が従来の商品より多いのです。

 

展示してあったエルフォームスラットは

幅200㎝丈175㎝でコードが7本です。

標準タイプのものならば5本になります。(下の画像は同じサイズ)

 

メーカーは品質を重視するため、これは当たり前の発想で、敢えて

何の説明もありません。

販売店は慣れっこになっているのか、勉強不足かで何の反応もありません。

エンドユーザーは、取り付けたのをみて、「ちょっと 変」と思って

「え~」といい、何の説明も聞いていなかったと言われるのです。

 

当店では、このことはお客様に十分説明するために、メーカーごとの

一覧表を

スタッフがつくってくれています。

ニチベイ

タチカワ

トーソー

ナニック

 

上の資料は老眼鏡を必要としない人用のものになっていますが、見えにくい

場合は下のフォームから問い合わせてください。

 

このラダーコードの本数はメーカーによって、考え方や技術力が違って

マチマチです。

木製ブラインドの標準タイプで、得意先の住宅メーカーのよく使う窓サイズの

幅164㎝丈208㎝の場合

ニチベイクレール50ならば4本

タチカワフォレティア50ならば5本

トーソーベネウッド50ならば5本

ナニックのナニックシリーズ50巾ならば4本です。

 

逆に防炎・耐水タイプで テープを7本使う時のサイズでは

ニチベイのクレール50防炎・耐水タイプで145㎝~204㎝

タチカワのフォレティア防炎スラットで154.5㎝~214㎝

トーソーのベネウッド防炎・耐水で143.5㎝~203㎝

ナニックのウッドパーフェクトブラインドで208.5㎝~243㎝

 

こうして、数字を比較していくと、各社の技術力が見えてくるのです。

 

実際に今、お客様が3週間悩んでおられて、注文が来ないケースの事例です。

洗面・脱衣室の窓に木製ブラインドを取付けたいという相談を受けました。

脱衣室であるので、風呂上がりに湯気で湿気が多くなるので、耐水の

木製風ブラインドをおススメしました。

幅が内寸で925㎜あります。

ニチベイの耐水タイプならば、このサイズならばラダーコードが4本になります。

(標準タイプならば2本)

4本は絶対にイヤと言われています。

タチカワのアクアタイプならば3本です。(標準タイプでも3本です。

 

トーソーのベネウッド耐水ならば5本になります。(標準タイプならば3本)

 

これはようすすめんかった~

 

ナニックの普通のシリーズでは914㎜までは2本で915㎜以上で3本になります。

ここは内寸が925㎜なので910㎜で発注して、ナニックの普通タイプは

2本でできます。(逆に耐水タイプは3本です。)

 

お客さんは、2本にこだわっておられます。

 

幅910㎜の木製ブラインドはコードは2本

サッカーもニホン

がんばれにほん(にっぽん)

もうすぐポーランド戦が始まります。

これから帰宅してサッカーを観ます。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Instagram(インスタグラム)をみてご来店

昨日書いたタワーマンションに木製ブラインドを取り付けた話は、私としては

単なる施工例でアピールするものがなかったのです。

(そうすると下の方にある「役に立った場合は 右のバナーをクリック

ブログランキングをクリックしてほしい」というところの

クリックがほとんどないのです。)

Facebookの「カーテン夢工房のFacebookページ」にそのブログの案内を

載せるとユーザーの方からコメントがありました。

その前のブログで、同じマンションのコーナー窓でタテ型ブラインドと

ヨコ型の木製ブラインドの施工例があり、違いがわかってよかった」ということ

でした。

エンドユーザーは、タテ型ブラインドにしようか、ヨコ型にしようか

悩んだ時に、同じ窓で実際の施工例があるとわかりやすくていいということが

わかりました。

 

今日は別のタワーマンションのコーナー窓の施工例でロールスクリーンを

取付けました。

こちらのお客様は、当店のInstagram(インスタグラム)をご覧になって、

ご来店をいただきました。

instagram_01

上のバナーをクリックすると当店のインスタグラムが見ることができます。

 

これを見ていただいて、同じシルバースクリーンをとりつけたいということでした。

この施工例は2018年3月12日のブログにアップしています。

シルバースクリーンに関しては、このブログをご覧ください。

透け感があって、遮熱性能の高いロールスクリーンです。

夜、室内の照明を取り付けていると、外からは丸見えです。

タワーマンションの高層階向きの商品です。

 

ロールを閉めていても透け感がありますが、遮熱します。

 

 

直角のコーナー窓のところは、ロールスクリーンの場合は一方を長くします。

 

このブログには「コメント欄」がありまして、コメントを入れてもらう事は

できるのですが、そのコメントが残るためかほとんどコメントする人が

ありません。

ブログはSNSと違って、相互のコミュニケーションにならず一方的な

情報発信になっているため、試しに6月末までの限定でブログ毎に問い合わせ

フォームをつけてみることにしました。

これは、私との直接やりとりになって、Web上には残りません。(非公開です。)

何か聞きたいことがあればフォームに書き込んで送信してください。

すぐに返信はできませんし、答えらえないこともあると思いますが、

こういうことをするとエンドユーザーとのコミュニケーションがとれるのか

どうか試しでやってみます。

(送信後、戻るをクリックしてください。)

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タワーマンションに木製ブラインド取付

メルカリが今月19日に上場します。

メルカリとはラテン語で「商いをする」という意味です。

 

せやけど・・、ちゃうねん

 

2013年に設立された会社で、スマホを使ったフリーマーケットを運営しています。

若い人なら、誰もが知っていて利用したことのある人も多くいると思いますが、

私は今まで利用したことがありません。

株の方には興味があって、上場するにあたってIPO(公募価格)で購入したいなと

思っているのですが、どんな会社かよくわかっていないので、自分で登録をして

出品してみました。

出品したのは、サントリーのプレミアムモルツを買ったときにおまけに

もらった神泡体感キットグラス付きを1200円で出しました。

このキットを4セット持っていて、その話を若いスタッフにいうと

メルカリに出品したら売れますよというのです。

同じものがあるか調べてくれて999円で出品されたものがソウルドアウトで

1600円のものは売れ残っているのです。

それで、とりあえず1200円で出してその後1100円に値下げしてみました。

私自身はこんなのが売れるのかと思っているのですが、メルカリを知るために

やっていまして、儲けるというより不用品をゴミにしないという発想です。

 

会社の方では、無料のショッピングモールのBASEにアウトレットの

オーダーカーテンをドレープとレースで出したら2つで6000円で福岡の

女性に売れたのです。

 

 

もうそういう時代なんですね。

 

 

私自身は、カーテン業界の中ではまだ進んでいる方だと思っていますが、

世の中全体から2~3年遅れているような、ついていけていないなぁと

感じています。

 

さて、本題です。

 

前のブログでタワーマンションにバーチカルブラインドを取り付けたのを

書きましたが、同じマンションで木製ブラインドを取り付けた施工例です。

同じように台形コーナー窓です。

台形部分のところはヘッドレールの前のツラで突きつけで合わせますので、

中心部ではどうしても隙間が開きます。

ロールスクリーンならばもっと開きます。

 

分割は基本的にはサッシのところでします。

ニチベイの穴無しの木製ブラインド「クレールグランツ50」K111

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

 

台形コーナー窓のバーチカルブラインドの納め方

5月ももう終わりです。

最近は忙しくて、今日は帰りが遅くなりそうなのでウーバーイーツで夜食を

注文しました。

ウーバーイーツは以前のブログ に書きましたが

世界70か国で展開する配車アプリの「ウーバー」がやっている食べ物版で、

「ウーバーイーツ」という無料のアプリをダウンロードすれば、そこに登録している

お店から出前をしてもらえるシステムで、配達する人は店のスタッフではなく、

別の登録人で掛け持ちで配達専門です。

大阪市内は4月26日から始まって5月31日まで配達料の380円が無料になっています。

今回は中華を頼んだところ、30分程で配達してくれました。

話を伺うと、なかなか忙しいらしいのです。

31日まで配達料が無料のせいだと思うといっておられましたが、夜でも

食べたいものをスマホで注文すればすぐに持ってきてくれるシステムは

よくできており、ひじょうに便利なんです。

 

 

さて、本題です。

 

当店の近くで3月引き渡しのタワーマンションが3件あり、4月5月はけっこう

忙しくしていました。

最近のタワーマンションの入居者は、外から見られることをあまり気にされないのか、

入居までに窓周り商品を必要とされない傾向があります。

入居してからじっくり考える人や、3月末の引っ越し代金が高いせいもあって、

入居を5月ぐらいずらされる方も多いのです。

そのため、我々は4月5月が忙しいのです。

店から歩いて1分半のプレミストタワー大阪新町ローレルコートのリビングの

コーナー窓にバーチカルブラインド(タテ型ブラインド)をつけた施工例です。

 

このマンションの四隅はこんな台形の窓になっています。

2辺の突きつけならばいろんなことができるのですが、台形に例えるならば

上辺のところが60㎝あり、ここで必ず分割しなければならないのです。

ここにバーチカルブラインドをつけるときは、3分割になり、真ん中が

60㎝の巾のもので、その両辺に隙間をできるだけ開けないようにしなければ

なりません。

私は段ボールで手製のバーチカルブラインドコーナーサッシというものを

作っています。

レールの手前で突きつけにした場合、レールの芯の寸法で長さがわかるように

しています。

これがあるとお客様にスラットを完全に閉めてもどれだけ隙間があるかも

その場で説明ができます。

 

こうして取り付けたのが

  

こちらのフロアではカーテンボックスの中にバーツカルブラインドを

取付けていますが、別のフロアでは窓際に取り付けた例もあります。

 

  

この場合、端の2台はコーナー仕様という注文をします。

そうすると、ルーバーがレールより2㎝ぐらい長く出まして、隙間があまり

開かなくなります。

 

 

バーチカルブラインドで直射日光の良くあたるところは遮熱スラットか

遮光のスラットにされることをおススメします。

 

夏は暑いですよ~

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

近くのホテルのカーテン

最近、会社近くのホテルに2件宿泊をしましたので、そこのホテルの窓装飾に

ついて書いてみます。

1つは先月オープンしましたビジネスホテルで歩いて2分のところにある

ハートンホテル心斎橋長堀通です。

オープン記念やヤフートラベルのポイントを使ってすごく安く泊まれたのと、

3月末でバタバタで時間に追われていたので、気分転換と時間の有効利用のためです。

典型的なビジネスホテルでダブルの部屋を申し込んだんですが、ツインの部屋に

通されました。写真を撮ったあと、ホテル側が間違いに気づき、部屋をチェンジ

しましたので、結局はこの部屋には泊まりませんでした。

窓は130㎝×132㎝の小さな窓で、枠の内側に遮光のロールスクリーン、

手前のカーテンボックスにシャープシェードがついていました。

 

ちょっとびっくりしたのが、ロールスクリーンはニチベイの商品で通常販売

されているのとは別にボトムバーに隙間防止と緩衝材になるゴムパットがついて

いたのです。

これは初めてみました。

これはいいアイディアです。

ぜひとも、オプションでいいので一般販売用にもしてほしいのです。

その時はゴムパットは白でお願いします。

このようにぴったりしまらないと コールドドラフト現象が起こります。

コールドドラフト現象とは、冬間の話ですが、室内の暖かい空気が上昇して、

それが窓辺で冷たい空気に冷やされて下降する下降冷気のことをいいます。

 

カーテンでもよくありまして、冬は腰窓ならば、カーテンの下が冷たいし、

掃き出しの窓で1㎝でも隙間があれば、そこから窓が開いているのかと思うぐらい

その隙間から冷たい空気が入ってきます。

このビジネスホテルでは、窓の裾の隙間はなくなるように工夫されていましたが、

ロールスクリーンはどうしてもヨコは隙間があきます。

 

この隙間の下部から冷たい空気が室内に入ってきて、こちらがベットの

頭なので、真冬は寝ているだけで頭が冷やされると思います。

ロールスクリーンは完全遮光の1級ですが、両端には生地と枠の隙間がでますので

昼間電気をつけない状態でも真っ暗にはなりません。

本来ならばサイドにガイドレールをつけるといいと思います。

 

 

手前はシャープシェードです。

どこのメーカーの商品かはわかりませんです。

ついていた防炎ラベルからして、縫製はニチベイでしており、メカも

ニチベイです。

しかし、補助ラベルのトレーサビリティラベルはついていません。

 

トレ-サビリティラベルに関してはこちらをお読みください。

2015年4月1日から日本防炎協会で実施された制度で、防炎ラベルとは

別に、どこで生産されたか追跡(トレーサビリティ)できるラベルを

つけなければならないことになりました。

メーカーですら実行していないぐらいですですから、ほとんど有名無実化

されているんだと思います。

ニチベイにシャープシェードを依頼したことはないですが、縫製は

なかなかきれいでした。

シャープバーは3㎜の細いのを使っていてレースにはきれいです。

業界で圧倒的なシェアのあるトーソーは10㎜の楕円形のバーで太いのです。

当店では、お好みに合わせて細いバーも太いバーも取り扱っています。

シャープバーの太さの話はこちらです。

 

 

もう一つのホテルは本町にあるセントレジス大阪です。

ここは最初に入室するときにカーテンが自動的に開くようになっています。

 

感動

 

ちゃう

 

 

電動

 

 

ドアと伝動する電動カーテンレールがついているのです。

 

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックすると動画になります。

このホテルがオープンした2011年の2月に行ったときと内装はまったく

変わっていませんでした。

その時に「セントレジスホテル大阪のカーテン」というブログをかいていますので

そちらをお読みください。

 

「4月10日はインテリアを考える日」です。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

1 / 2612345...1020...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.