ハンターダグラス » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

部屋があたたかくなるハニカムスクリーン

先日、主婦ブロガーの方にお集まりいただきて、ルーセントホームの

ハニカムスクリーン「シェルシェード」のセミナーを開催しました。

最近はブログを書いておられる主婦も多く、エンドユーザーの目線を

知りたかったのとネットを通じた口コミを活用したかったのです。

参加者は少なかったのですが、6名の方がご自身の

ブログにその時の様子を書いていただきました。

ご紹介します。

Happiness Diary

男の子三人パワフルママのブログ

ルーシュの花仕事

popoの徒然日記

Yuki の Sweets Diary

Its a long way to the top 

 

私は初めてお会いする方ばかりですが、私の印象として「優しそうな人」と

何人か書いていただいています。

うれし〜

ブログを読んでいただいている方で、お会いするまでの印象として

強気でようしゃべるコテコテの大阪の商売人のように思われているのですが、

実は口下手ですごくシャイなんです。

インテリア業界で、おもしろいブログを書いている人は、意外と

しゃべるのが苦手な人が多いです。

だから自分や商品をアピールするためにブログを一生懸命書くのです。

よくしゃべる人はブログを書かないのです。

 

さて、本題です。

14年前にハンターダグラスのハニカムスクリーン「デュエット・シェード」を

取り付けたお客様の吊り替えをしました。

14年前は、まだハニカムスクリーンが日本に浸透していなかった頃で、

斬新で、断熱効果がひじょうに高いと言って喜んでいただきました。

これを閉めると部屋の暖かさがぜんぜん違うということで、その後、

ご主人の会社でも採用していただきました。

しかし、コード式の3台は操作コードがよく切れて、何度もコード取り替えの

修理をしています。

コーナー窓に取り付けたループ式のもの(2台)が良いとのことでしたが、

デュエット・シェードのループ式の操作のものがなくなったため、

今回はルーセントホーム(キューセント株式会社)の

ハニカムスクリーン「シェルシェード」になりました。

 

取り替える前

DSC07084 DSC07080

DSC07083 DSC07079

 

画像はクリックすると別のページに飛び、そこでもう一度クリックすると

拡大します。

 

取り替え後

DSC07091

DSC07093

DSC07097 DSC07098

ルーセントホームのシェルシェードは、いろんな操作のやり方が

あり、色数豊富でリーズナブルです。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

ハンタダグラスの電動商品のACアダプターを隠す

お客様に修理の工事代をいうと「高い〜」と言われます。

1回の訪問でその場で直せれば12000円(税抜)プラス材料費で、2回行かなければ

ならないと18000円(税抜)プラス材料費ぐらいなんですけど・・・

多分、高いというのは何かと比較されてのことで、それを一度聞いてみたいと

思っているのですが、その勇気がありません。

「私の技術代・ノウハウ代が何に対して高いのでしょうか?」

おそらく世間一般から見て、我々の能力は低く見られているんだと

思います。

先日も若いお客さまから、レール5窓とブラインド1窓の取り付け工事費が

1万円で見積もりしていたら、このぐらいだったら半日で出来る仕事

なので半人工で5000円になりませんかと言われました。

学生のアルバイトのように思われていて、技術が全く評価されていないことが

残念です。

私どもは、修理の技術や施工のノウハウは他店に比べてあると思って

いますし、その割には安いとは思っていますが、それを評価

していただけない場合は仕方がないものだとあきらめて深追いはしません。

 

さて、本題です。

ハンターダグラスの電動のコンセントタイプはACアダプターがつきます。

コンセントにこういうものを差し込みます。

DSC05974

世界110ヶ国以上に販売しているので経済大国世界2位の

「MADE IN CHINA」を使っているのは問題じゃないですけど、

これが巾53㎜、高さ95㎜、奥行き42㎜ありまして、部屋側に

ボコッとでるのです。

これを目立たさせないようにすることができます。

こういったのが販売店のノウハウで違いがあるのです。

全部壁の中に入れてしまうのです。

DSC05978 DSC05979

カバーを外すと、壁の中は隠れ家的に空間があり、コンセントに

差し込んだまま、アダプターごと中にいれます。

そうすると、配線だけが露出するだけです。

DSC05981

DSC05983-1

DSC05984-1

階段の吹き抜けにデュエットシェードプライバシービューをとりつけました。

 この電動タイプのものに電池式のものもありますが、1年半ごとに

電池交換をしなければならず、階段吹き抜け部分にはちょっと不向き

です。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

実測せずにバーチカルブラインド取り付け

以前当店でお買い上げいただいたリピーターさま向けに、毎年この時期に

お送りしていますダイレクトメールは昨日投函しました。

今年はZ型の圧着はがきで、

1)当店でお買い上げいただいたカーテンのクリーニングキャンペーン

2)後から取り付けることができる商品の紹介

3)リピーターさま向けのポイント制度の案内

4)DIYerのカリスマ主婦Kume Mariさんのセミナーの先行案内

DSC05732_R DSC05735_R DSC05768_R

明日ぐらいまでには届くと思いますのでお待ちください。

 

さて、本題です。

 

14年前に取り替えたハンターダグラスの

バーチカルブラインド B アルバスター31210を3台新規に

取り替えました。

CIMG9956_R

CIMG9957_R

14年前に取り付けた商品ですが、ルーバーが落ちてきてボロボロに

なりました。

ハンターダグラスのバーチカルブラインドは日本で発売当初は小さい

サイズがひじょうに安かったので何回か使いました。

でも、日本の商品より傷むのが早いのです。

そのせいかどうか知りませんが、ハンターダグラスの

バーチカルブラインドファブリックコレクションは日本市場から

2014年12月に撤退しました。

 

取り替えで取り付けたのはニチベイのバーチカルブラインド。

 

当店でお買い上げいただいたお客様は、図面や指示書はスキャンして、

データで管理しておりますので、実測に行かなくてもサイズがわかるように

管理ができています。

 

こちらの現場も実測にいかずに、発注して取り付けに行ってます。

CIMG9958_R

CIMG9961_R

商品はニチベイのポポラpa103とpa117を巾238㎝×高さ344㎝を

1台ずつ注文して現場でミックスしています。

最初からミックスルーバーで注文すると10%高くなるので、

同じサイズ2台ならば、別々に注文して、現場で取り付ける時に交互に

ルーバーを取り付けていけば10%安くなるのです。

CIMG9959_R

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

お客様の声 ハニカムスクリーン、ハンターダグラスとニチベイの違い

ここ1〜2年、デジタルプリントの時代がやってきたということで

カーテンやロールスクリーンや壁紙にデジタルプリントした商品が流行りだして

きました。

簡単に言えば、パソコンのプリンターのデカいもので、生地等にプリント

するやり方です。

 DSC04234

DSC04233 DSC04238

DSC04236 DSC04239

ロールスクリーンにプリント。

実はこれはアナログで手書きです。

20年間吊っておられたロールスクリーンをハニカムスクリーンに取り替えるに

あたって、お孫さん達がこられて、記念にロールの生地に絵を描かれたものです。

すばらしいセンスで、ちょっと感動したのですが、新しい商品を

取り付けなければならないのですぐに外しました。

 

築20年のコンクリート打ちっぱなしの住宅で、新築時にタチカワの

ロールスクリーンが12台リビングとダイニングに取り付けてありました。

ほぼ、全面ガラスで冬場はひじょうに寒いとのことで、断熱効果の

高いハニカムスクリーンに取り替えることになりました。

当初はハンターダグラスのデュエットシェードアーキテラで11台

取り替える見積もりをしたのですが、あまりにも高くなったため、

リビング7台はハンターダグラス、ダイニング4台はニチベイの

レフィーナ45ミリになりました。

DSC04251

上の写真の右側がリビングでハンターダグラスのデュエットシェード

アーキテラ、左側がニチベイのレフィーナです。

 

リビングに取り付けたハンターダグラスデュエットシェードアーキテラ

C22-989

DSC04241

DSC04247 DSC04243

二重構造になっていて、断熱効果がひじょうに高いと言われている

商品です。

そのかわりお値段も高くて、ニチベイのレフィーナを取り付けたところと

同じサイズならば、当店の販売価格でレフィーナが54000円に対して

デュエットは119600円で2倍以上します。

 

ダイニングに取り付けたニチベイレフィーナ45㎜ H1105は

DSC04252

DSC04255 DSC04260

こちらはシングルタイプです。

 

しばらく経ってからお客様のところにお伺いして感想をお聞きしました。

ハニカムスクリーンに変えたことによって、暖かさがまったく違うということで

ひじょうに喜んでいただいていました。

今まで我慢をしていて、どうしてもっと早くに交換しなかっただろうと

おっしゃっていました。

ロールスクリーンに対してハニカムスクリーンの断熱効果の違いは

大きいようです。

その結果、結露がすごくするようになったとのことです。

今まで、室内と室外の温度差があまりなかったということがわかります。

 

これは、メーカーはあまりいいませんが、ハニカムスクリーンをとりつけることに

よって結露することはよくあります。

また、ロールと違って、音が響かなくなったとも言っておられました。

吸音効果もあります。

 

リビングとダイニング、ハンターとニチベイの違いはどうですかと

お尋ねしたところ、きっぱりと

まったく差を感じないとおっしゃっていました。

 

がくっ

 

価格は2倍以上しますし、数字的にみれば確かに2重構造のデュエット

シェードアーキテラの断熱効果はあるのですが、体感できるほどの差は

ないということでしょうか。

操作性もニチベイの方がいいとのことでした。

 

ハンターダグラスの良さはブランド力です。

世界110か国以上に販売しています。

 

もう一方はニチベイ

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

 

 

 

敗戦処理は日米で。

先日、一般社団法人クロス事業協会主催で大阪府吹田市の

パナソニックリゾート大阪でサンゲツ安田社長のトークライブ

「サンゲツNEXT STAGEへ未来への扉を開ける〜」と

セッション「輸入壁紙からみえるこれからの日本の壁紙文化とは」で

サンゲツ安田社長と株式会社フィルの濱本廣一社長のトークセッションがあり、

聴きに行ってきました。

 

10_n

 

 当日は、日本のインテリア業界の方向性を決める

日本インテリアファブリックス協会の総会が東京で行われていて、

その後の業界のトップ達の懇親会には背を向け

大阪で販売店・施工店向けにお話をしていただきました。

東京からも多くの方が聴きにきておられ、250名ぐらいの聴衆が

おられたと思いますが、ほとんどの方が安田社長のお話を聴いて、

日本のインテリア業界は一人のリーダーによって

明るくなることを感じられたのではないでしょうか?

私も29年前にサンゲツを退職したことを後悔しましたよ。(笑)

 

響け、サンゲツ、インテリア業界

もとい

輝け、サンゲツ、インテリア業界

 

さて、本題です。

 

集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案を衆院に提出された時に、

「敗戦処理は日米で」というタイトルで書くと

「何?」と思われたかと思います。

単なるウケを狙っただけで、本来の内容は「配線処理はニチベイで

というのが正しくて、ハンターダグラスのシルエットの電動3台と

ニチベイのロールスクリーンを取り付けて、電動の配線の処理を

ロールスクリーンの本体に隠したという話です。

 

ハンターダグラスのシルエット・シェードを電動で3台、手動で2台、

大きな台形窓に取り付けて、シルエット・シェードだけならば遮熱性はなく、

暑くて耐えられないので、その窓側にニチベイの遮光のロールスクリーンを

取り付けてます。

DSC05182

正面の3分割しているところが電動です。両端2台は手動。

DSC05178

 

DSC05420奥に遮光のロールスクリーンをつけています。これは5台手動で4台は

チェーン式でど真ん中の1台はハンドルタイプで、操作棒で開閉します。(右の写真)

 

 

 シルエットは配線が露出しまして、隠すことができないし、長さも

決まっていてカットすることもできないのです。

また、差し込み口がアダプターになっていて、これも露出できれいで

ないのです。

ニチベイのロールスクリーンはヘッドボックスの内側に線を隠すことが

できるようになっていまして、シルエットの電線をニチベイのロールの

本体の中に隠して、コンセット口まで持ってきました。

写真05

上の写真はニチベイのロールの中に配線しているところ。

DSC05174 DSC05173

シルエットの配線は露出されていない。

DSC05170

余った線は躯体と壁との隙間に全部隠します。ここでアダプターも

隠したいのですが、その隙間がないのです。

DSC05172

最後はエアコンのパイプの隙間を埋めるパテで穴を隠します。

DSC05428

完成です。

DSC05427

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

最近の修理依頼(4)

3月11日 東日本大震災からちょうど4年です。

当店では微力ですが、毎月11日前後にハギレの売上金を

南三陸ミシン工房」さんに寄付することによって復興支援に

協力をしています。

わずかな金額ですが、4年間続けていることによって「東日本大震災」の

ことは決して忘れていないという想いはあります。

南三陸ミシン工房さんのお母さん方がつくられた商品の販売もしています。

DSC04369 DSC04368

DSC04367

 

さて、本題です。

 

最近の修理依頼ということで、今年になってから2月までの期間に

当店で修理したケースの報告で前回の続きです

 

12)カーブレール「リフレ」のブラケット割れ

IMG_2172_R IMG_2170_R

(画像はクリックすると別のページに飛び、そこでもう一度クリックすると拡大します。)

15年前に当店で取り付けたトーソーのカーブレール「リフレ」でマグネット

ランナーが割れたということで取り替えるためにレールを外しました。

そうしたところ、ブラケットの樹脂の部分が割れてしまいました。

リフレは今もありますが、今はカーブレールはトーソーのセルフィを

使っています。

樹脂の部分は紫外線のよく当たるところでは固まってしまい、

なにか刺激を与えると割れることはよくあります。

今は国内の主要メーカーは樹脂製のものはほとんど使っていないと

思います。

当店でお買い上げいただいたお客様で、他の窓のレースの吊り替えの

注文をいただいてついでに依頼があったため無料。

 

13)シェードのコードアジャスターがわれてコードが抜けた

川島織物セルコンのメーカー縫製のシェードで、昇降コードと

本体を結び付けている「コードアジャスター」が割れました。

これも樹脂製で透明色になっていて、しょっちゅう割れます。

私どもはカーテンクリーニングでよく川島織物セルコンの縫製の

ドと出会いますが、取り外す時にその部分が割れるのは何度も

あります。

意匠重視で透明になっているのですが、こちらの方が割れやすいのです。

白色のコードアジャスターは比較的割れにくいです。

DSC03666 DSC03667

他店購入分で修理代12000円

 

14)シルエッットシェードのブラケットが割れて落下した。

10年前に当店で取り付けたハンターダグラスのシルエットシェードの

ブラケットが割れて本体が落下しました。

これも樹脂のブラケットです。

DSC03658

 

 以前にもブログに書きましたが、樹脂のブラケットは長年使っていると

紫外線等で硬化して、少し刺激を与えると割れる可能性は大です。

サイレントグリスのコード式のシェードのブラケットも樹脂で、

出窓に取り付けて、長年経ってから外す時に必ず割れました。

以前のハンターダグラスのデュエットシェードの樹脂製のブラケットも

15年間で当店の販売分で2回割れました。今は金属製に変わったので

割れる心配はなくなりました。

シルエットはずっと同じものです。

ハンターダグラスはチャイルドセーフティを企業ポリシーにしている

会社なので、リスクアセスメントの観点から何かやっているんだと思いますが、

DSC04370当店は、4年前からこの問題に気付き、直射日光の強いところに

取り付ける場合は直前にブラケットに超耐侯性コーティング剤を

塗布しています。

2011年2月28日のブログをご覧ください。

タワーマンションの軒のない窓に付ける時は気つけないといけません。

 落下したことにより、本体の部品が割れたのですが10年前に交換部材が

ないため、価格で協力させていただいて新品と交換しました。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

「4月10日はインテリアを考える日」

 

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

 

 

タグ :

ハニカムスクリーンの価格比較

 昨日のニュースで、『窓ガラスフィルム「断熱効果に根拠なし」措置命令へ』と

いうのが話題になっていました。

窓ガラスに張るだけで冷暖房の効率が大幅にアップするとして大学や公共機関などに

納入されているガラスフィルムについて、断熱効果に根拠がないとして

消費者庁が近く、フィルムの製造メーカーに景品表示法違反で措置命令を出す方針を

固めたことがわかりました。措置命令の対象となるのは、

東京・文京区のフィルム製造メーカー翠光トップライン」です。

こちらの商品は91%の透明度にもかかわらず、「冷暖房効率が30~40%アップ」

「夏涼しく、冬暖かい部屋になり、省エネに効果てきめん」などと、

メーカー側が高い断熱効果を強調して販売していました。

透明に近かっただけに、人気があったようですが、直射日光を遮り、遮熱を

しようと思えば透け感がない方が効果がアップします。

 

私どもとしてはメーカーが出しているデータを信じるしか方法がないのです。

 

さて、本題です。

 

インテリア商品で、もっとも断熱効果があるのは「ハニカムスクリーン」だと思います。

これは、蜂の巣状になっていて、そこに空気層ができますので、断熱効果は

高くなります。

私自身、「こんだけ違うよ」というようなことは言えませんが、

間違いなく断熱効果があることは実感しています。

 

ルーセントホーム(キューセント株式会社)のシェルシェードを取り付けました。

DSC04128

DSC04130

DSC04121

 今回取り付けたのはコードレスタイプ。

 お客様はコードレスタイプがご希望で、ハンターダグラスの同じタイプの

ライトライズと悩まれていました。

両方の見積もりをだすと、あまりにも価格差があるのです。

「この価格差はなんなのですか」と聞かれて、答えられなかったので

ハンターに聞くと「ブランド力です。」というのです。

ハンターダグラスは世界100か国以上で愛用されていて162社の事業法人を

展開しています。

日本人はブランドが好きですね。

どこにもウランド(売らんど)というのがいいのかもしれません。

 

そこで、当店で取り扱いのあるメーカーで、同じタイプのもので定価で価格

比較をしてみました。

各社同じようなものがあるのが25ミリタイプのシングルドラム式です。

サイズは今回発注しました巾840㎜×丈1900㎜です。

 

ハンターダグラスはデュエット・シェードと言いまして、DIシリーズの

ウルトラグライドで 62600円

 

ルーセントホーム(キューセント株式会社)はシェルシェードといいまして、

ドラムタイプで34700円

 

セイキ総業はハニカム・サーモスクリーンといいまして、

ループコードタイプで39100円

※セイキの商品は、すべてダブルハニカムになっています。

 

 

ニチベイはハニカムスクリーン「レフィーナ25」といいまして、

ループコード式で51000円

 

トーソーはハニカムスクリーン「エコシア」といいまして、

シングルスタイルチェーン式で48800円

※但し、トーソーの商品は全点防炎品(ぼうえん)です。

 

他社は防炎品もありますが、今回の比較は非防炎品でみています。

防炎にすると、ハンターダグラスはこの価格から30%アップになります。

 

これは定価での比較です。

ニチベイ、トーソーは当店は40%引きの販売価格は定価の60%になります。

ハンターダグラスなどはほぼ定価に近い販売価格です。

 

これは単なる価格だけでの比較です。

断熱効果は、この商品群での比較ならば、各社そんなに変わらないと思います。

セイキはダブルハニカムで二重の空気層になっていますので、この価格帯では

もっとも断熱効果があると思います。

メカのクレーム率においてはMADE IN JAPANは安心できます。

ルーセントホームは台湾製です。

 

生地の素材感や色数の豊富さは各社違います。

これは好みがあると思います。

当店では各社のサンプルを展示しておりますので、ご来店の上ご確認ください。

認定窓装飾プランナーのいる店

 

何に価値を求めるかはお客様の判断になります。

 

 

メールでの相談にはお答えしておりません。

 

 

今日の話はよかったですか?  いいね!クリック

 

 

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.