バトンタッセル » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

ふつうのカーテンもやってます。

私のブログでは、シェード、ロールスクリーン、ブラインド、

タテ型ブラインド(バーチカルブラインド)、調光型ロールスクリーン、

ハニカムスクリーン等のメカものについて書いていることが多いのですが、

ごく普通のカーテンもよくやっています。

というか、この比率の方が多いのです。

ふつうのカーテンの場合は、ブログに書くネタがあまりないのと、私自身が

取り付けに現場に行っていないことが多いのであまりアップできていません。

普通のカーテンというのは、ドレープ(厚手カーテン)とレースの組み合わせ

です。

DSC00923

新築マンションのリビングで巾は440㎝高さ265㎝の窓で

ドレープは五洋インテックスSD02002 裏地  五洋インッテクスSM07001

レースは川島織物セルコンFT0590 でいずれも2倍使いの

オーダーカーテン仕様です。

これだとブログネタにならないので、当店で工夫したところを書いて

おきます。

1)ヒダ山柄合わせをしています。

DSC00927

ヨコリピート25㎝なので、山のところにピンクのストライプが

来るように縫製をしていて、開けるとピンクのカーテンになります。

DSC00898 DSC00887

2)ドレープ、レースともに簡易型形態安定加工をしています。

   プリーツがきれいです。

3)ドレープに裏地をつけています。

4)交叉ランナーを使って、真ん中の部分で重なるようにして、光漏れを

少なくしています。

DSC00882

DSC00916 DSC00918

 

5)高さが265㎝あるので、開閉しやすいようにバトンタッセルを

つけています。

DSC00928

DSC00921

6)両サイドはリターン仕様にしています。

DSC00899

 

普通の2倍使いのカーテンですけど、少し工夫することでいい感じに

することもできます。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

磁力の強いマグネットランナー対策にバトンタッセル

 断捨離

これは、だんしゃりと読んで、不要なモノなどの数を減らし、

生活や人生に調和をもたらそうとする生活術や処世術のことです。

文章で書いてあるのを間違って読んで「だんじゅうり」と

発音されると、まちがっておられるのがわかるのですが、

会話の中で、「だんじゅうりしなければならないんです。」といわれると

なかなかピンとこないのです。

それが、この2週間の間にお客様との会話で2回あって、1回目は、

会話の内容から「断捨離」のことだなとわかったのですが、あとで

思わず自分が間違っていないかスマホ検索してしまいました。

2回目は、すぐにまちがっておられることがわかったのですが、

人生のかなり先輩だったのでなにも言わずでした。

実は、私も正しい日本語をよく知らなくて58年間間違っていた知識という

のがたくさんあるのです。

知らずにブログに書いていることもたくさんあると思いますので、

お気づきのことがあれば遠慮なくご指摘ください。

 

さて、本題です。

 

年末になると修理依頼が多いのです。

1年前に買っていただいたお客様からメールがきまして、新築マンションで

 最初から付いていたカーテンレールのマグネットランナーが強すぎて

生地を傷めているんですが対策はないですか」とのことでした。

すでにお客さまの方で、私のブログを読んで、マグネットランナーに

セロテープを貼って磁力を弱めていただいていました。

2015-12-28 11.10.35

2015-12-28 11.10.39

芯地の下の部分が裂けそうになっていました。

私が伺って、これ以上裂けないように、さらに1枚セロテープを貼って

磁力を弱め、バトンタッセルをプレゼントして、開閉するときは生地を

持たないでバトンタッセルで開閉してもらうようにお願いしました。

2015-12-28 11.13.16

マグネットランナーの2つの穴の1つに取り付けています。

2015-12-28 11.13.43

マンションについているC型のリーズナブルのレールはランナー(駒)の

すべりはあまりよくないですが、マグネットは意外と強力なことが

わかりました。

まずは、マグネットランナーのウケの部分にセロテープを貼ると磁力が

弱くなります。1枚ずつ重ねあわせながら、磁力を確かめてください。

4枚ぐらい重ねても大丈夫でした。

さらにバトンタッセルをつけると生地を傷めません。

バトンタッセルに関するブログは左欄のカテゴリーの「バトンタッセル」の

ところをお読みください。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

高いカーテンを取り付けました(1)

しばらくブログを更新していなかったら、ご来店いただいたお客様から

「最近ブログを書いておられませんよね」といわれました。

ジャパンテックスに行った話を書こうと思っているのですが、

言葉を選びながら書かなければならないため、気が進まず放置していました。

2週間ほどブログを書かないと心配していただけるお客様がおられるのは

幸せなことなので、とりあえず書ける話から書いていきます。

 

さて、本題です。

私の記憶のある中では、普通に開閉できるカーテンとしては今までで

一番高いカーテンを取り付けました。

 

高さ4m25㎝のカーテンです。

 

2015-12-11 16.14.31

今まではタテ型(バーチカル)ブラインドがついていました。

DSC09853

これだと夏は暑いし、冬は寒いということで、バーチカルブラインドを

残して、さらに遮光のドレープで遮熱レースを取り付けました。

幸いレールが残っていました。

冬の夕方から夜は遮光カーテンを閉め、

夏は遮熱レースにして

春秋はバーチカルブラインドを使うという感じです。

すべて開閉できます。

開閉はできますが、高さ4m25㎝の遮光カーテンを下で引っ張ると

重いし、常に一定のところを持つため、そこがすごく汚れるのです。

そこで3mのバトンタッセルをつくりました。

こんなサイズのものはめったにないので、自分でつくりました。

DSC09861

6本作る必要があって、18mのコードとタッセル6本買ってつくりました。

DSC09862

タッセルを分解しました。

DSC09866

ランナーに引っ掛けるところを東急ハンズで買って、結束バンドでくくりました。

DSC09867

上部は出来上がり。

DSC09872

下部は長さ調整ができるように結んでいます。

DSC09873

かんせいです。

 

星いくついただけますでしょうか?

 

2015-12-11 16.14.46

2015-12-11 16.14.38

 バトンタッセルはネットを通じての販売はしておりません。

当店取り付け物件のみの対応です。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

高いレースは手で触ってはいけない

ブログをよく書いていると施工写真のメーカー・品番を教えて下さいと

いうのがしょっちゅうありました。

そうすると、無視すると「あの店は親切でない」と掲示板に書かれたり

しますので、一応調べて返事しなければならないかなと思ったのですが、

これがけっこうたいへんなんです。

それである時から、使用した商品のメーカーと番号もブログに書くように

しました。

そうすると問い合わせがなくなりました。

一度、「書いてある番号を業者に伝えたのですが商品が違うみたいで

番号を間違っておられませんか」という問い合わせがエンドユーザーから

ありました。

それは確かに間違っていたのですが、そこまで真剣にブログを

読んでいただいている方がおられるのにびっくりしました。

たまに同業者からもお客様から言われて商品番号を教えてほしいというのが

あります。

その場合は、商品番号を書いていなくて、メーカー品でなくて独自で

仕入れている商品の時です。

 

昨日も茨城県の日立市から問い合わせメールがありました。

「スタッフブログさんの、2015-04-05 18:10:06投稿の記事で、

グリーンの遮光1級ドレープにフロントレースの施工の写真がとても綺麗で、

同じ物を欲しく思いました。

メーカーさんと品番を教えて下さい。

よろしくお願い致します。」

 

たまたま商品名をかきわすれていたようなのです。

そうすると、調べて これか とみて返事をするのです。

「その生地はレースは川島織物セルコンのPL1512 A

手前の厚手生地は川島織物セルコンの遮光1級のPD1378 G

です。

 レースは150巾のタテ使いの生地ですが、裾の部分の柄が重ならない様に

「本縫いウエイト巻きロック」をしています。

 発注の際は、そのように指示をしないと折り返しになります。」

 

さて、本題です.

 

リビングにクリエーションバウマンのレース「SOPRANOⅡ 205(ソプラノ)を

取り付けました。

このレースはひじょうに柔らかくて、なにもしなくてもきれいなウエーブが

でます。

DSC06527

こちらはレースのみでほとんど開閉されないとのことです。

DSC06420 DSC06423

裾はウエイト無しの8ミリの折返しです。

 

この生地はひじょうに薄くて柔らかくて傷みやすいので、生地に触って

開閉すると、その部分が黒くなり傷みます。

そこで、プレゼントとして当店オリジナルのバトンタッセルを用意

させていただきました。

本来は両開きで真ん中から開閉するのですが、両端から出入りされる

ため、バトンタッセルを両端に取り付けました。

DSC06533 DSC06531

DSC06534

生地をもたないで、このバトンをもって開閉します。

そうすると生地が傷まず長持ちします。

高額なカーテンや、高いところに付けるカーテンには最適の商品です。

今までの紹介したバトンタッセルの施工ブログは左カテゴリーの

バトンタッセル」の項目でご覧ください。

 

このブログは、スマホでご覧になるときは自動的にスマホ対応して

最適化されています。

その場合は、カテゴリー欄はみられませんが、一番下までスクロール

すると、「Mobile」と「Desktop」の切り替えができるように

なっていまして、「デスクトップにするとパソコン画面でみるのと

同じように見られます。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

よくブログを読んでいただいているお客様の仕事

6月23日は私の58回目の誕生日です。

今やSNSの発達でフェイスブック等に祝福のメッセージがいっぱい

入ります。

そのコメントに対してコメント返しをしなければならないのでけっこう

たいへんなんですが、それを読んでいると世間は私をどのように見て

いるのかがよくわかります。

やはり、「ダジャレ好き」というイメージです。

多くの人から、このブログを楽しんで読ませていただいているという

コメントをいただいています。

プロフィールチョコ2毎年、フェイスブックのプロフィール写真は誕生日に奇抜なものに

変えています。

今年はネタがなかったので「ちょっことだけ変えました」ということで

チロルチョコにしました。

 

さて、本題です。

 

最近は私のブログをひじょうによく読み込んでいただいているお客さんが

多いのです。

ひじょうにうれしいんですけど、シャイな人間なので照れるんです。

よく読んでいただいているお客様の厚手カーテン(ドレープ)の

つり替えです。

 

DSC05998

カーテンボックスに光漏れを少なくするためにバランスをつけて

トリムをつけました。

DSC06000

バトンタッセルもつけました。

タッセルからつくったオリジナル手製です。

カーテンに触れずに開閉できて汚しません。

DSC06003 DSC06011

小さいお子様がおられるので、タッセルにセーフティリングを

つけています。タッセルを強く引っ張るとはずれます。

DSC06002

タッセルとカーテンの接する位置は黄金分割比で1対1.618の

比率です。

DSC06001

朝日がまぶしいとのことで遮光1級の裏地付きでです。

裏地は袋縫いして糸目は表に出ないようにしています。

当店ではこれを裏地の無双仕様と言っています。

DSC06004 DSC06006

DSC06007

レールのランナーも滑りが悪いということで、すべりのいいものに

交換しています。

すべてお客様からの依頼です。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

お客様のブログに紹介していただきました。

先日、「カーテンバトンタッセルをつくろう」と書きましたが、私のブログの

読者で関東にお住まいの方がカーテンバトンタッセルをご購入いただき、

ご自身のブログで紹介していただいています。

チョコ実さんの「人生の折り返しに建てる家」

昨年の11月ごろにメールをいただいて「カーテンバトンタッセルを購入できますか」と

言われたので、生意気にも「ネットでは販売はしていません。」と

返信したところ、大阪在住のお父様がご来店いただき、注文・お支払を

していただきました。

 

恐縮してしまいました。

ありがとうございます。

 

チョコ実さんのブログでカーテン・窓周り品に関するものをじっくり

読ませていただきましたが、カーテンに興味を持っていただき実によく

勉強されているんです。

こんなエンドユーザーがおられるのはうれしいです。

 

 

今日の話はよかったですか? いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

 

カーテンバトンタッセルをつくろう

香港のホテルに3泊して気づいたことは、3つともカーテンを持って開閉

しなくてもいいようになっていました。

1つはひも引きカーテンレールで、あと2つはカーテンバトンがついていました。

これって、特殊なことではなく、海外ではよくあることで日本でも

ホテルではたまに見かけます。

日本の一般家庭では少ないですね。

これは、販売する側がそのメリットをよく説明をして積極的に販売

していないことと、カーテンの取り付ける高さがあまり高くないためだと思います。

日本のメーカー(トーソー)でよく販売しているのが棒状になっている

カーテンバトンです。香港のホテルでもこのタイプがついていました。

カーテンバトン

 これだと「ぼ〜」としていると頭にあたりそうなので、当店ではタッセル(タイバック)

からバトンタッセルを作って販売をしています。

既製のタイプのものもあります。

既製バトンタッセル

上の写真は既製のバトンタッセルで1本800円(税抜)です。

これを持ってカーテンを開閉します。

それに対してタッセル(タイバック)からもバトンタッセルを作って

販売もしています。

こちらはネット販売はしておりません。来店を頂いた方のみで、受注してから

手作りしておりカーテンと一緒に納品させていただくのが原則です。

店には在庫はありません。

ネットを通じてよく売ってほしいという問い合わせがあるのですが、当店では

ネット販売できる体制をとっていませんので、動きがひじょうに遅くて

迷惑をかけるのです。

 

つくるのは簡単なので、エンドユーザーの方で手作りしていただければなぁと

思って作り方を説明します。

DSC03679

こういうタッセルからカーテンに合う色を選びます。当店では1本800円で販売を

しています。(30色ほどあります。)

DSC03680

部材は東急ハンズで買ってきました。

DSC03681 DSC03682

タッセルを分解します。

DSC03683

買ってきた部材をコードにつけます。

DSC03684

 DSC03685

 結束バンドでしばります。

DSC03686

タッセルについていた部材でカバーをします。

DSC03687

 下部はどこで結び目をいれるかで長さ調整ができます。

DSC03688

DSC03689

買っていただいた方にはひじょうに喜んでいただいています。

高い窓や大きい窓やカーテンに手垢がつくのがイヤな方には

おススメです。

カーテンを毎日同じところを持って開閉していると、そこだけが黒くなってくるんです。

日本ではあまり使われていませんが、海外ではよくつかわれているものです。

ぜひ、ご自分で作ってみましょう。

 

今日の話はよかったですか? いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.