バーチカル(タテ型)ブラインド » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

JIS規格に基づくインテリアファブリックス用語

日本工業規格(JIS)の繊維製品用語(衣料を除く繊維製品)―第2部:

繊維製インテリア製品(JIS L 0212-2:2017)が今年の5月に改訂されました。

その詳細をネット上で探したのですが見つけることができませんでしたが、

その元となる原案を出している日本インテリアファブリックス協会(NIF)が

「インテリア情報ハンドブック」を6月に改訂版3版を発行し、JIS規格に基づいて

本の中で「インテリアファブリックス用語」の解説をしています。

IMG_0192_R

 

その中で、私が気になった用語を抜粋で書いておきます。

 

私は何度もブログに書いているのですが、インテリア業界のメーカーは好き勝手に

商品に名称をつけており、固有名詞ばかりで一般名詞があまり浸透していないのです。

JISで統一した名称が書かれているので、メーカーとしてもできるだけ

これに合わせていただきたいものです。

私達もできるだけJIS規格に基づいた名称を使っていきたいと思います。

 

 

【アコーディオンカーテン、アコーディオンドア】

蛇腹方式で左右に開閉する折り畳みの可動式間仕切り

2つの名称が使われているのは数少ない例ですが、これは一つに

統一できなかったんだと思います。

タチカワはアコーデオンカーテン、ニチベイはアコーディオンドア

トーソーはアコーデオンドアと言っているためです。

ディオン」なのか「デオン」なのかによって違っています。

我々にとってはどっちでもいい問題なんですが、メーカーにとっては

自社の名称がJIS規格になるかどうかは大きな問題だと思います。

この結果、ニチベイの名称はそのままJIS規格の名称になっています。

 

【ストリングスカーテン】

複数の紐が垂れ下がったカーテン

IMG_9175

今年7月にサンゲツが「ストリングス」というカーテンの見本帳を出しましたが

ストリングスカーテンとは上記のことです。

 

【調光式スクリーン】

光が透過する部分と透過しない部分とを組み合わせて構成される窓装飾エレメント

[注記]生地(ファブリック)の重なり具合から調光を細かく操作できる

と書かれています。

CIM111748

 

これはトーソーがビジック、タチカワがデュオレ、ニチベイが調光ロールスクリーン

と言っている商品です。

私どもは、昇降式調光型ロールスクリーンといっていました。

また、ニチベイのハナリ、トーソーのエコシア、ハンターダグラスの

シルエット、WISのFUGAも含んだ総称としていると思います。

今後はブログに書くときはJIS規格に基づいて書いていきたいと思います。

 

【ハニカムスクリーン】

プリーツスクリーンの一種で、二重にしたスクリーンをハチの巣(ハニカム)状

の断面に仕立てて窓装飾エレメント

これもメーカーによっていろんな言い方をされていますが、これに統一されて

よかったです。

 

【プレーンスタイル】

シェードを降ろしたときはフラットで、シェードを上げると、柔らかに

畳みあがるスタイル

【ローマンシェード】

生地(ファブリック)を仕立てたシェード、幕体を昇降器具に取り付け、

上下に開閉を行う窓装飾エレメントの総称。

DSC05062

 

私達はよくプレーンシェードという言い方をしていますが、正式には

ローマンシェードプレーンスタイルというのです。

NHK(日本放送協会)では多分そういうでしょう。

 

【ルーバー】

バーチカルブラインドに使う縦長の羽根

【スラット】

ベネシャンブラインドに使う薄い板

 

NTT(ニチベイ、タチカワ、トーソー)ではベネシャンブラインド

(横型のブラインド)の羽根はスラットという名称で統一されているのですが、

バーチカルブラインド(タテ型ブラインド)の羽根はニチベイ、トーソーは

ルーバーと言っていて、タチカワはスラットと言っています。

私どもは今まで、ニチベイ、トーソーを使ったときはルーバーと書き、

タチカワの場合はスラットと書いていましたが、今後はJIS規格に基づき

バーチカルブラインドの羽根はルーバーで統一していきます。

 

 

【スカラップスタイル】

カーテンの裾をアーチ状又はスカラップ(ホタテ貝)状に仕上げたスタイル

DSC06837

これは20年ほど前にスタイルの名称を統一された時からこの名称なのですが、

私にとってはこれは「ブリッジカーテン」という名称なのです。

私がこの仕事を始めた時に、今の五洋インテックスにたいへんお世話になり、

そこが出していたスタイルブックの「Lisa」という見本帳には「ブリッジカーテン」と

いう名称だったのです。

当時はバブルになりかけていた時で、このスタイルブックの「Lisa」を

持って住宅メーカーに営業にいくだけで、仕事がもらえたのです。

リサのことは今でも忘れない。

その五洋インテックスが今、インテリア業界で最も注目されています。

2か月前までは100円台だった株価が、今日の終値で990円です。

勢いよく値が上がっていくのですが、要因はなになのかはさっぱりわかりません。

1000円超えはあるのかが話題なのですが、掲示板を見ても「みよ」

 

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

吹抜けの取り付け工事費は?

今日の2件目の工事も吹抜けに遮熱のバーチカルブラインドを取り付ける仕事でした。

DSC06433

DSC06435

DSC06434 DSC06430

 お客様は他店で見積をしてから当店にお越しいただきました。

当店でお見積もりを出すと、即OKとなりました。

当店は、図面から判断して吹抜けを含む3か所のバーチカルブラインドの

取り付け工事費を一式で35000円でお見積もりしました。

あとで聞いたのですが、他店で見積をしたら取付工事費が10万円かかると

いわれたということでした。

 

吹抜けの上の部分はニチベイのソーラーV-NUのワンコード式で、下は

アルペジオのメカを使って遮熱のルーバーを使っています。

 

現場は2階からある吹抜けで、高さが5m弱あります。

天井が傾斜していて、天付はできません。

階段は狭くて、直線ではなくコの字になっていて、ベランダの塀も高くて、

ベランダからスライドはしごを入れることができません。

けっこう条件的には厳しくて、これを外注の足場組み立て屋に依頼して

施工をすると10万円ぐらいかかると思います。

 

 

当店の場合はこうした高所の取り付け工事費は比較的安いと思います。

全部自前でします。

伸縮式の脚立を持っていて、これをはしごにすることができます。

 

実測に行って、工事は2人で他の窓も含めて1時間20分の工事で技術料も込みで

吹抜け工事工事代が、この場合35000円でした。

これが高いか安いかはお客様の判断ですが、当店は誠実価格だと思っています。

インテリア業界の施工費は比較的安いと思っています。

他の業界は訳わからないぐらい高いのです。

会社のエアコンが壊れたので見積もりしてほしいというと、現場調査に

行くだけで12000円かかると言わけます。

10分ぐらいみて、見積もりが送られてきて、部材費とは別に

取替工事費一式68000円、 冷媒回収・真空・補充費一式35000円、雑材料・

運転調整費一式25000円、諸経費6000円となっています。

2人で2時間ぐらいの作業で人件費にかかわる部分が134000円(税抜き)に

なっています。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

タテ型ブラインド(バーチカルブラインド)のカラーコンビネーション

大阪市営の地下鉄の中吊り広告

IMG_9486_R
   
LCCのAirasiaが大阪(関空)からハワイへ直行便を出すことになり、その

片道運賃が11000円よりとなっています。
  
これは最低価格で日によって違いまして、ボリュームゾーンは16000円ぐらいです。

この価格は、機内持ち込み荷物が7キロ以下で、席も狭く機内食もなしで、

予約変更キャンセルもできません。
  
 座席を広いところに指定して、機内食を事前に注文をし、20キロ以下の荷物を

預けられるようにして予約変更できるオプションにするとプラス14500円です。 
  
 普通の飛行機並みにサービスをうけるとなると実質3万円ぐらいはかかります。

ハワイは気軽に行けるところになりましたので、ハワイのことはワイにキキ。
   
  
 今、関西で注目されているのが、9月から就航するLCCのジェットスターの関空

からベトナム・ダナンへの直行便です。

 価格は片道14000円ぐらいで座席指定が1000円です。

 関西からは4時間45分でビーチリゾートが楽しむことができるのです。
  
 次はダナンだなん

 

さて、本題です。

13年程前ぐらいから、バーチカルブラインドの羽根をいろんな色と組み合わせて

オリジナルのバーチカルブラインドをつくることができるようになりました。

バーチカルブラインドの羽根のことをニチベイ、トーソーはルーバーといい、

タチカワはスラットと呼んでいます。

いろんな色を組み合わせるのをニチベイはミックスルーバーといい、

トーソーはカラーコンビネーション、タチカワはカラーコディネートと

呼んでいます。

この元祖は今はやっていないですが、川島織物のバーチカルブラインドだと

思います。

当時、川島織物(現川島織物セルコン)は、この商品を通常の20%アップに

したため、あまり浸透しなかったのですが、その後国内主要メーカー3社が

10%アップの価格でカタログで提案してきました。

各社、名称がバラバラなため、エンドユーザーにはあまり浸透しているとは

思えませんがホームページにシュミレーションできるソフトがあり、

エンドユーザーがご自身でいろいろと楽しんで色を選んだり、並べ方を

考えたりできるようになっています。

当店でも、たくさん納品しています。

実測して、このサイズならば何枚でできますよというと、ほとんどのケースで

お客様が考えられるます。

最近納品した分で、品よく美しく組み合わせをされたなと思ったのが

この作品です。

トーソーのバーチカルブラインドでお客様が考えられました。

DSC06348

DSC06347

DSC06353 DSC06349

ベースがホワイトで、アップルグリーンを中心にマスカット、ライトイエロー、

イエローアイボリーでグラデーションしています。

 

クリエーションバウマンのバーチカルブラインドで上下にグラデーション

している商品がありましてすごく格好いいのですが、お高いのです。

これならリーズナブルに格好よくでると思いました。

CIMG9638

7月25日に発売されるサンゲツの新しいカーテンの見本帳にも

レースにデジタルプリントをして上下にグラデーションしている商品が

ありました。

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

階段吹き抜けにタテ型ブラインド(バーチカルブラインド)取付

今、我々同業者の間では、カーテンにおいてもニトリだけが絶好調で、今後

どうすれば我々は生き残れるかということが話題になります。

一つの例として、昨年新宿にニトリの大型店ができ、カーテン売り場が充実

しているという話の中で、それまで近くにあるケユカの新宿店のカーテンの

売り上げが好調だったのが、ニトリが出店してからガタ落ちというのも業界では

大きな話題になっています。

そんな中、ネットで「ダイソーが来たらすぐに逃げる」という記事をみつけました。

詳しくはこちらをお読みください。

ダイソーというのは100円均一ショップで業界最大手です。

1位はダイソー(直近年度の売上高約3,400億)で、その後を、九九プラス(約1,400億)、

セリア(約800億)、キャンドゥ(約600億)、ワッツ(約400億)が追いかける

構図となっています。

その4位のワッツが好調で毎年売り上げを伸ばしているというのです。

それは、出店時に退店時のコストを最小化することを考えていて、ダイソーが

近くに出店してきたら退店するというのです。

ワッツの店舗は比較的小規模なもので、扱っている商品特性上、最大手のダイソー

と客層がほとんどかぶります。

このため品ぞろえ豊富なダイソーの大規模店舗が近くに出店してきた場合には、

ワッツの店舗は、まずまちがいなく売上が激減し、競争に敗れることになります。

ということが書かれていて、隙間を狙って出店して毎年100店出店して50店

閉めるというような展開をしているとのことです。

ビジネスの世界では、商売がうまいライバルがいると、すぐにそのマネをしたく

なりますし、皆が集まる魅力的な主戦場で、ガチンコの勝負をしたくなります。

でも、自分が有する資源や能力を考えた場合、「あえて主戦場での勝負を避けて、

ライバルがいない場所を探して生き残る」という努力の方が何十倍も大事な

場面は、多々あるように思います。

 

昨年はガッキーの「逃げるは恥だが役に立つ」というテレビドラマが流行りました。

今年は森友問題に絡んで、アッキーの「逃げるは恥だが腹が立つ」というのが

話題になっています。

 

 

関係ないか?

さて仕事の話です。

難易度の高い工事の一つとして、吹抜け階段にある窓への取付です。

施工例

DSC05334

DSC05335

DSC05337

 

今日の話は役に立ちましたか?  

役に立った場合は右のバナーをクリックしてください。

 ブログランキングの順位が励みになります。

 

カーテンのお求めは全国の窓装飾プランナーのいるお店でお買い求めください。

2窓装飾プランナーのいるお店窓装飾プランナーのいるお店はこちらをご覧ください。

第4回窓装飾プランナー資格試験はこちらです。

合格を目指すための窓装飾プランナー養成講座はこちらです。

 

 

instagram_01 .

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インテリア専門店の価値とは?

業界紙のインテリアビジネスニュースの4月25日号の社説(底流)に

「専門店の価値」について書かれていました。

要旨は

今や、ニトリやネット通販などの価格訴求型ショップが勢いを増す中で、

インテリア専門店として、いかに差別化するのが課題になっている。

その手法としてデザイン的に特徴のある輸入カーテンを取り扱う専門店も

増えているが、いわばそうした「モノ」の差別化だけが専門店としての

差別化なのだろうか。

わかりやすい例として、バラエティ番組で行われていた実験の話を書かれていて、

それによると、コンビニ弁当も食器や盛り付けといった演出によって、価値が高まり

売価も高くすることができるというのです。

インテリア専門店の差別化は、カーテンというモノだけでは難しくて

売り場づくりであり、提案力と施工力が重要であると言っています。

カーテンクリーニング等のアフターフォローも重要だという事です。

 

 

その通りだと思います。

私は、専門店のできる差別化として、提案力、施工力そして情報発信力だと

思っています。

 

当店はけっこう情報発信をしていますので、お客様のイメージとして、

インテリアの電動商品に強い店、天窓・吹抜け工事に強い店というのは

ある程度持って頂いている感じがしまして、そうした依頼がひじょうに

増えています。

おかげさまで、この時期もたいへん忙しいのです。

 

吹抜けにニチベイの遮熱性の高いタテ型ブラインド(バーチカルブラインド)を

取り付けました。

DSC05737

DSC05738

DSC05722

 

 吹抜け工事はよくやるので、そんなに大変ではないのですが、今回の現場は

吹き抜け部分に梁が露出しており、前面が大きなガラス張りで、足場も

組み立てられなくて、脚立をはしごにして使うこともできないのです。

そこで、スライド式の2連はしごをレンタルして取り付けました。

DSC05718

これ1つだと梁と壁の間の狭いところにははいらないので脚立も併用。

DSC05719

DSC05720 DSC05726

施工担当スタッフと私の2人で1時間半かかりましたが取り付けできました。

提案力と施工力のあるインテリア専門店は、こうした工事もできますが

施工費がかなり高いと思います。

こうした工事も当店では外注することなく、社員でやりまして、ローリングタワーや

はしごも近くですぐに格安でレンタルできるようになっています。

 

そのため、施工代はかなり安いと思います。

これも専門店としても施工力だと思っています。

 

今日の話は役に立ちましたか?  

役に立った場合は右のバナーをクリックしてください。

 ブログランキングの順位が励みになります。

 

カーテンのお求めは全国の窓装飾プランナーのいるお店でお買い求めください。

2窓装飾プランナーのいるお店窓装飾プランナーのいるお店はこちらをご覧ください。

第4回窓装飾プランナー資格試験はこちらです。

合格を目指すための窓装飾プランナー養成講座はこちらです。

 

 

instagram_01 .

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ :

コーナー窓の納め方① ~バーチカルブラインド~

先日届いたメールマガジンに「過去最悪の46億円の赤字『大塚家具』に

眠っている新たな希望」というタイトルのものがありました。

読むと現状分析と今後の打つ手がわかりやすく説明されていまして、私どもにも

当てはまることだなと思いましたので抜粋で書いてみます。

元データはこちらです。

株取物語で勝利を収めた家具屋姫は組み込まれた社長になり、「新生大塚家具」と

してスタートしました。

最初はお詫びセールという事で、大規模な割引セールをされたのですが、

これは、需要の先食いが起こっただけで、その後不振となりました。

我々の業界でも、期間限定のセールをよくされるところがありますが、

それをやるとセール後が落ち込むので、当店ではそうしたものは一切やらないです。

当店は

Every day low price.  (エブリデーロープライス)

また、低価格路線に舵を切ったことが、従来の高価格帯のお客様が」離れ、

低価格帯のお客様はニトリやイケヤからは流れてこず、顧客離れを招いてしまった

というのが売り上げが大きく落ち込んだ要因のようです。

やはりお店のイメージというのは重要で、お客様は「売る側のスキルを選ぶ」のです。

上飾りをつけて豪華なカーテンにしたいと思っている人はたぶんニトリには

行かないと思うのです。たぶん。

この現状からV字回復を果たすため、新たな経営ビジョンが発表され4つの

柱が揚げられました。

そのうちの一つとして「特化型事業」というのがあります。

これは小さなところが生き延びていくにはすごく重要なことと思っていて

当店でも目指しているところです。

売り上げが悪くなると新しい事業の方に目を向け、いろんなことをしようと

されるのですが、そうなると利幅も少なくなり、無理が生じてなかなかうまく

いかないのです。

我々の業界でも、「これからはリフォームや」と言われて、そちら方面に

足を突っ込んだところもたくさんありますが、うまくいっている話はききません。

当店は窓装飾に特化している店です。

壁紙も床もやりません。


そのかわり、窓装飾のことならばお任せください。

 

さて、本題です。

 

コーナー窓の納め方として、バーチカルブラインド(タテ型ブラインド)と

ロールスクリーンについて書きます。

今日はバーチカルブラインドです。

入隅の場合

DSC04749 DSC04745

(画像はクリックすると別のページに飛び、そこでもう一度クリックすると拡大します。)

DSC04733

この場合は、一方を長くして、もう一方を他方のレールにくっつけるように

取り付けます。

DSC04747

DSC04748

これでも少し隙間があきますが、比較的マシです。

 

出隅の場合

DSC04779

中庭のある廊下で一方の長さは254㎝で、もう一方の長さは520㎝で、

この辺は2台に分割して右は右操作右片寄、左は左操作左寄せです。

DSC04765

本来は大きい辺の長さのレール(右側)をもう少し長くして、もう一方のレールと

くっつくぐらいにすべきなのですが、こちらは左操作で左片寄のため

長くすると、変な位置に操作棒と、操作コードが来るため、壁に納まるように

壁と長さをそろえています。

DSC04774

 

今日の話は役に立ちましたか?  

役に立った場合は右のバナーをクリックしてください。

 ブログランキングの順位が励みになります。

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

窓周り品は外からの見た目も重要 ~ひょうたんバーチカル

4月1日はエイプリールフール

以前は毎年、4月1日にはエイプリールフールネタを書いて自己満足に浸っていた

のですが、4年前の2013年のエイプリールフールネタで、「ニトリがオーダー

カーテンに特化した小型店200店展開」と書いたら、「風説の流布(ふうせつのるふ)とは、

有価証券の価格を変動させる目的で、虚偽の情報を流すこと。 明白に虚偽とは

言えなくとも、合理的な根拠のない情報であれば罰せられるおそれがあります」と

コメントをいただきました。→こちらです。


 日本では、4月1日のエイプリルフールのユーモアがなかなか通じなくて困るのです。

今年は芸能人では、叶姉妹の妹が「突然ですが婚約をしました。」とか

スケートの安藤美姫さんが「スケートを引退します。」とか、

市川海老蔵さんが「万馬券があたりました。」と言っていました。

まあ、どうでもいいようなことを書けば問題はないようなんですが、

「ひょっとしてほんまかいな?」と思うようなことを言えば日本では

問題になるようです。

世知辛い世の中です。

ニトリの話は4年前に書いたのですが、3日ほど前に「「ニトリが札幌に

小型店1号店を出店した」のがニュースになっていました。

30期連続増収増益で経常利益率は20%近くあり、1000億の経常利益を

だしています。

日本のカーテン市場の10%はニトリだと思います。

すごい会社です。

ニトリのカーテンの販売方法をよく研究して、ニトリとまったく違う事、

ニトリができないことをやっていかないと我々は生き残れないのではと

思っています。

 

実は今年のエイプリールフールネタとして、日本インテリアファブリックス協会

略称NIF(ニフ)が二分(ニブン)という話を書こうとしていました。

しっくりいっていないインテリア業界の話をネタにしようかと思っていたのですが、

4年後にほんとになっても困るのでやめました。

 

 

さて、本題です。

 

トーソーのバーチカルブラインド「デュアルシェイプ」通称

ひょうたんバーチを取り付けました。

そしたらお客様から、「夜 外から見たらすごくきれいでした」ということで

写真を送っていただきました。

 TF5055styleC-2

昼間は

TF5055styleC-1

室内側から見ると

DSC04787

DSC04791

DSC04789 DSC04790

この商品は住宅用ではあまりでないのですが、店舗ではよく見かけます。

元々はサイレントグリスが同じような商品を最初に販売したのですが、

海外仕様でルーバーも大きいのです。

詳しくは「カーテン夢工房のスタッフブログ」の「個性的なバーチカルブラインド」を

お読みください。

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

1 / 25123...10...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.