カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

タテ型ブラインドとレースを取り付ける

カーテンボックスにタテ型ブラインド(バーチカルブラインド)とレースを

取り付けました。

今まで、タテ型ブラインドをつけていて、角度を垂直にすると

外から丸見えになるのでというので、あとからレースをつけたことは

2~3回ありました。

その場合は、どちらかがカーテンボックスの中で、もう一つは

窓枠内でした。

今回は新築マンションで新規取り付けで、同時にカーテンボックスに

取り付けました。

猫を飼われているお客様で、昼間留守時に猫のために外が見えるように

しておきたいという要望で、昼間の不在時にレースは閉めて

タテ型ブラインドは開けておき、夜はレースは開けてタテ型ブラインドだけを

使うという要望でした。

タテ型ブラインドは、クリエーションバウマンで選んでいただいたので、

できるだけスマートにレールをつけなければ、高級なバウマンのタテ型

ブラインドが台無しになるのです。

 

そこで、同じスイスのメーカーであるサイレントグリスのレールを

使うことにしました。

スイスとスイスでスイスイといきました。

カーテンボックスの手前にランナー部分だけ見えるように

サイレントグリスの1080のレールをクリップで取り付けました。

 

上の写真はカーテンボックスの後ろから見たものです。

横からみると上の写真のように取り付けてます。厚さ8ミリのレールですが

サイレントグリスだけに静かでよく滑ります。

ここにレースを取り付けると

室内からはレールがみえません。

生地はスミノエのD-8066 1.5倍使い、1つ山(ペンシルタック)

裾は本縫いウエイト巻ロック

タテ型ブラインドは

レール長さが4460ミリで、ノージョイントで右操作の右片寄です。

生地はスエズⅡの12番が真ん中で両端にスペクトラⅡの109番が3枚

イロロの48番が2枚ずつきています。(127ミリ幅)

30万円ぐらいです。

 

手前レースも閉めている状態

下の写真はレースを閉めてタテ型ブラインドを開けている状態です。

 

 

今日のブログは役にたちましたか?        はい、クリック

カーテン・窓周り品やブログに関する質問は右下小箱のメッセージリーフからお願いします。

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

 

 

天井板のないところに天付けでバーチカルブラインドを取付ける

 4階建ての住宅で1フロアを事務所にされていてむき出し構造になっていて

天井板もはられていませんでした。

この窓周りにタテ型ブラインド(バーチカルブラインド)を取り付けて欲しいという

依頼をうけました。

下地もないののどうしようかと考えたあげく、俗称Cちゃん(金属のボードを貼る為の型枠)を

レールをつける位置に移動させて、それを下地としてレールをとりつけました。

障害物を取り除くためにブラケットスペーサーをかまして2cm下げてレールを取り付けました。

 

商品はトーソー デュアル80ミリ TF-4147 バトン式で部品色はシルバー

 

 「4月10日はインテリアを考える日」です。

 

今日のブログは役にたちましたか?        はい、クリック

カーテン・窓周り品やブログに関する質問は右下小箱のメッセージリーフからお願いします。

 
カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

 

 

 

トーソーのタテ型ブラインドを変形窓に取り付ける

トーソーのタテ型(バーチカルブラインド)をマンションのリビングに取り付けました。

取付けた現場はクレヴィアタワー中之島で、こちらの現場はすでに8戸受注して毎日納品に行っているのですが、カーテン屋泣かせの窓と言うかちょっと工夫しなければならない窓が多いのです。

コーナー窓になっていて、床部分は段差があります。

 

ルーバー(羽根)3枚分程が高さが違ってあたるのです。手前に付けると窓からの隙間が空きすぎるのです。

こういう場合は、ルーバーを現場でカットすることができます。(事前にその段取りをしてました。)

 

コーナーのところは出来るだけ隙間をあけないようにしたり、ベランダへの出入り口のところだけ両側バトンにして、右側にも左側にも動かすことができるようにしました。

 

カーテンボックスのところは、ボックスが浅くて他と干渉しないので一番奥に取り付けたり、巾4500ミリあるところはサッシで割って連窓仕様にしたり、それなりに考えて発注しています。

 

商品はリーズナブル価格のコルトでたいへんお安く出来上がりました。

最後にお客様から「いいカーテン屋さんに出会えてよかったです。」といっていただきました。

この「出会えてよかった」と言う表現がひじょうにうれしかったです。

この手の商品は特別な商品ではなく、どこのカーテン屋・内装屋・量販店・スーパー・ホームセンター・家具屋・ふとん屋でも取り扱っています。

当店より安い店もあるかもしれません。

商品はメーカーで作っていますので、発注サイズが同じならば同じものが出来上がってきます。しかし、その発注サイズを決めるのは販売店で、それによって納まり方がちがうのです。

エンドユーザーの方が、このメーカーのこの商品と指定しても、納品されるまでどのように出来上がってくるかはわからないのです。

そういう中で、当店と出会えてよかったといっていただけたのはたいへん光栄です。

 

 今日のブログは役に立ちましたか        はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 

 
カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

ニチベイタテ型ブラインド  (3) コーナー仕様施工例

 ニチベイのバーチカルブラインド(タテ型ブラインド)アルペジオの話をシリーズで書いてます。

マンションのくの字になった窓にバーチカルブラインドを取り付けようとすると、レールの前の部分が突きつけになりますので、ルーバーの位置であるレールの真ん中ではどうしても隙間が開きます。

 

 今年の2月に新発売したニチベイのバーチカルブラインド(タテ型ブラインド)にはコーナー仕様というのがありまして、これを使うとルーバーがレールより17ミリ長くすることができます。

今までは、ニチベイやタチカワ、トーソーにもある連窓仕様というのを使っておりましたが、それは10ミリしかでません。このコーナー使用は本来L型コーナーに使うもので17ミリの出幅は応用をきかせることができます。

レールの仕様まで変わってきますので、このタイプではニチベイの目玉である操作位置交換はできません。

この仕様を使うと、レールの中心でも隙間を開けずに重ねることができます。

 

 

   

 画像はクリックすると拡大します。

 

今日のブログは役に立ちましたか        はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 

 
カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

ニチベイタテ型ブラインド(2) センターレース施工例 電動

昨日のブログでニチベイのタテ型ブラインドのセンターレース施工例を載せました。

同じ家でリビングの吹き抜けは電動で取り付けています。

どうでもいいが動画です。
真ん中の三角をクリックすると動画になります。

4m超の長さで2台で分割しています。

そのため、分割の真ん中は不透明・レース・不透明・レースとならなくて、分割部分の先頭は不透明が続きます。

 

 

 

今日のブログは役に立ちましたか        はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 

 
カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

ニチベイタテ型ブラインド(1) センターレース施工例

ニチベイのタテ型ブラインド(バーチカルブラインド)のセンターレーススタイルを取り付けました。

センターレーススタイルとは、1台の商品に不透明生地とシースルーのレース生地が交互に吊るし、採光とプライバシーを両立した機能的なスタイルで、ニチベイの固有名詞です。

タチカワは同じような商品をラインドレープペアタイプアンサンブルスタイルと言っています。

このスタイルの関しては、一般名刺はありませんが、ニチベイの方が圧倒的な浸透度があり、「センターレーススタイル」で通じると思います。たぶん、ラインドレープペアタイプアンサンブルスタイルをタチカワのセンターレースというようないい方をする人も多いと思います。

 

 

ニチベイのものは、レース生地は自ら回転はしなくて、不透明生地の回転によって押されて回転します。そのため、常にレースがある状態で隙間はできません。

タチカワのラインドレープペアタイプアンサンブルスタイルは不透明生地とレース地のスラットは平行にすることができます。

 

こちらは標準スタイルで操作コードで動かしバトンで回転させます。

次はバトン式でオプションで両側バトンにしています。

 

 

両側にバトンをつけていますので右に寄せたり左に寄せたり、真ん中に寄せたりすることができます。

 

このセンターレーススタイルの大きな問題点は開けた時のたまりが大きいのと、裾チェーンがないので開閉時にバタバタ揺れます。

 

 

 日のブログは役に立ちましたか        はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 

 
カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吹き抜けのタテ型ブラインド(バーチカルブラインド)

 最近、当店の販売の中ではメカ物(シェード、ロール、バーチカルブラインド、ブラインド、プリーツスクリーン、デュエット、シルエット)の取付が多くなってきていまして、その中でも天窓や吹抜けなどの高い場所や電動商品が増えてます。

 今週は吹き抜けにバーチカルブラインドを2件とりつけました。

1件目は手動タイプです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニチベイの商品でリビングの部分は住宅用のアルペジオで吹き抜けの部分は業務用のメカでソーラーV-NUを使っています。

住宅用アルペジオの操作部分(リビング)

ルーバー(羽根)を回転させるための操作棒と左右に動かす操作コードがわかれています。

業務用ソーラーV-NU(1本の操作コードタイプ) 吹抜け

2本タイプで開閉と回転が別々になっているタイプもありますが、こちらは1本の操作コードで開閉・回転ができるタイプのものを使っています。

吹き抜けに住宅用のアルペジオを使うと操作棒の長いのが上からついてくるのであまりカッコウがよくないのです。そのため業務用を使います。こちらはメカ色はホワイトもあり、遜色ないのですが、均等ピッチに対応しておらず、最後のルーバーの重なりが違ってきます。

 

タチカワは住宅用で吹き抜けに対応できるワンチェーンタイプのものを用意しています。

こちらをご覧ください。

 もう1件は吹き抜けに電動のバーチカルブラインドを取り付けました。

 

足場のある時にヘッドレールを先に取り付け、配線工事をしました。

今は電動商品も安くなって簡単ですが、近くにコンセントの用意がないと電源までむき出しで配線しなければならず格好がよくありません。

電動商品を思案されてる場合は建築段階で窓近くにコンセントを用意しておいてください。

メカ物が多くて電動のものが多いので、そのスペシャリストとして、メッカ(聖地)の電動師(伝道士)を目指して行きたいと思っています。

 

 

 

今日のブログは役に立ちましたか        はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 

 
カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

 

10 / 27« 先頭...89101112...20...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.