カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

日曜日に会社のバーチカルブラインドの修理

大阪市内の中心街にある会社のバーチカルブラインドの修理に

行ってきました。

中心街(ビジネス街)は、平日に車を止めるのがたいへんなんです。

コインパーキングはいっぱいあるのですが、けっこう満車になっていますし、

パーキングに駐車しないとすぐに捕まります。

それでもって、駐車場代が高くて、1時間ぐらい止めると1200円します。

しかも最大時間制限がないのです。

そのかわり、日曜日・祝日は最大時間制限があって、高くて24時間で

1200円ぐらいまでです。

それはなぜか?

大阪市内の中心にあるビジネス街は、日曜日は路駐OKなのです。

DSC01625

日曜・休日は駐車禁止ではなく、路駐してもいいのです。

DSC01626 DSC01624

 

これは大阪の常識です。

 

ちゃうちゃう

 

 

標識です。

 

でも、大阪のど真ん中で真昼間から路チューしているカップルは

いません。

 

さて、本題です。

 

28年前に他社が取り付けた事務所のタチカワのバーチカルブラインドの

フックが折れたとのことで、会社が休みの日曜日に修理に行ってきました。

 

 DSC01562

DSC01557 DSC01559

28年前に取り付けたものと同じ部品はなかったのですが、その後、

発売された商品の部品と互換性があるとのことで、折れたフックと

スラット(ルーバー)2枚を新しいものと交換しました。

DSC01621

DSC01623

スラットは同じ色ですが、新品と28年間使用したものとでは少し

色が違いました。(左右に1枚ずつ振り分けて交換)

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

木製ブラインドの防炎性について

最近よく納品に行く大阪市西区の新築マンションの玄関を入ったところの

フロントの周りにタテ型の木製ブラインドが取り付けてあります。

タテ型木製ブラインド

DSC01500

DSC01504 DSC01502

これはナニックの木製ブラインドなんですが、すごくきれいなんです。

ほれぼれする美しさです。

タテ型の木製ブラインドを出しているメーカーは他に、東京ブラインドと

立川ブラインド工業ぐらいでしょうか?

ナニックのタテ型(バーチカル)の木製ブラインドの特長はルーバー

(スラット)がヒンジ式(蝶番タイプ)でつないであります。

他社は1枚スラットです。

ヒンジ式

DSC01571

DSC01572 DSC01574

このヒンジ分割はナニックシリーズで70〜80㎝ごとに1か所はいります。

今まで、何度かナニックのタテ型の木製ブラインドを取り付けましたが、

どうもこのヒンジが好きではなかったのですが、他メーカーで1枚もので

つけた時は反ってしまいました。

木製バーチカルブラインド施工例1施工例2施工例3

それまでは1枚板の方がいいと思っていたのですが、

反ることを考えれば、1枚ものよりヒンジ式の方がいいのかなと思うように

なりました。

 

そり、みたことか!!

 

色は73色あり、別注色も対応しています。

DSC01551

これはヨコの木の色と合わせた別注色だと思います。

 

さて、木製ブラインドの防炎について、ちょっと説明しておきます。

今回はタテ型(バーチカルブラインド)の木製ブラインドの施工例を

載せていますが、ヨコ型の木製ブラインドも同じです。

 

木製ブラインドは消防法で規定する「防炎物品」ではないので、こうした

高層マンション(消防法の規定では高さ31m以上の建物【11階以上ぐらい】

にはたとえ1階でも防炎物品を取り付けなければならないとなっています。)

防炎品でなくても大丈夫なのです。

詳しくは、東京消防庁の防炎規制に関するホームページをご覧ください。

木製ブラインドは「防炎製品」となっています。

 

消防法による防炎規制の対象となる品目を「防炎対象物品」と呼びます。

防炎対象物品には、次のものがあります。

 ① カーテン

 ② 布製のブラインド

 ③ 暗幕

 ④ じゅうたん、毛せん、ござ、人工芝、タフテッドカーペット、ニッテッドカーペット、接着カーペット

 ⑤ 展示用の合板

 ⑥ どん帳、舞台において使用する幕、舞台において使用する大道具用の合板

 ⑦ 工事用シート

 

それに対して、防炎製品は公益財団法人日本防炎協会が自主的な制度として、

消防法で規制している防炎対象物品以外の布製品などを対象に、

一定基準以上の防炎性能を有することを認定したものです。

対象は、寝具類、防災頭巾、エプロン、パジャマをはじめとする衣服、

布張家具、ローパーティションパネル、木製ブラインド、

自動車カバーなど、多岐にわたります。

 

国内主要ブラインドメーカーのタチカワ、ニチベイ、トーソーは

防炎製品である木製風ブラインドを商品として販売をしています。

しかし、これは本物の木ではなく、樹脂製で、木製よりも30%重いのです。

それは、日本防炎協会が消防法の規定ではないですが、消防法の

対象となる建物には、できるだけ「防炎製品」を使うことを勧めて

いるからです。

 

そのため、対象となる物件で防炎商品でない木製ブラインドを使う時は

事前に所轄の消防署にお伺いをたてに行かなければなりません。

 

事前にお伺いを立てておかないと検査の時に、チェックが入る可能性が

あるのです。

消防署に行って

「ご存じだと思いますが・・・、ご存じだと思いますが・・・

木製ブラインドは消防法の防炎対象物品ではないので・・・

消防庁が出している「防炎の知識と実際」という資料の42ページと

43ページに木製ブラインドは防炎製品で、消防法の規定の対象外で

あると書いてますよね。」

というと、

「まぁ〜、オーナーさんがいいというならば、法律的には問題は

ないです」となるようです。

 

布製でないブラインドは、消防法の対象外ですが、シェードや

カーテンは防炎物品でないとダメなんです。

11階以上のマンションにご入居の場合は、カーテンは防炎品を使用

しなければならないというのは消防法で決められています。

防炎でないカーテンの場合は、後処理で防炎にすることができますが、

防炎ラベルは、縫い付けタイプではなく、シールで、洗濯すると防炎性能は

なくなります。

DSC01566

防炎シールを貼ったカーテン

マンションのオプション販売会で、後防炎を依頼すると価格が20%

ぐらいアップします。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーチカルブラインドは夏場暑い

 現在、過去、未来・・・・♪♪

過去から

 

ちゃう

 

加古川からご来店いただいたお客様がおられます。

72キロ離れたところから「迷い道」で、

あの人に逢ったなら♪♪

私はいつまでも ♪♪

 

「小嶋さんやったら、なにか提案してくれるんじゃないかと思って来ました。」

とのです。

 

現状、リビングが吹き抜けになっていて、窓が大きくてタテ型ブラインド

(バーチカルブラインド)がついています。

2016-02-28 15.33.24

 

 トーソーのバーチカルブラインドで入居時にハウスメーカーに依頼して

取り付けされました。

その時は、吹き抜けの上も下も同じものが付いていたのですが、あまりにも

暑いので、その後上の方だけルーバー(スラット)を遮熱タイプのものに

交換されました。

下はそのままだったのですが、太陽は入ってくると部屋全体が黄色くなり、

これが耐え難いとのことです。

また、隣の家が近いため、バーチカルブラインドのルーバーの角度によって

丸見えになるのもイヤとのことでなんとかしたいとのことでした。

お客様の希望としては、今のイメージを壊さずに、バーチカルブラインドの

奥にレースをつけて、昼間は外から見えなくして下のバーチカルブラインドも

上と同じにしたいとのことでした。

地元のカーテン屋に相談すると、レースをつけるためのレールを付ける

スペースがないからできないといわれたとのことです。

横の壁についているエアコンが干渉して、バーチカルブラインドも

前に動かせない状況です。

DSC01421

確かにその通りです。

 

う〜ん、困った困ったこまどり姉妹

 

そこで考えたのが、バーチカルブラインドのレールをもう少し前にずらせば

レールを付けることができるので、エアコンとルーバーを干渉しなように

すればいいのです。

現状、右操作で、エアコン側の右寄せになっているのを、左操作の

左寄せにして、エアコンと干渉するルーバー4枚を回転しないようにしました。

DSC01422

レールの中にある4枚分のランナーをシャフト(レールの中を

通っている棒でそれを操作バトンで動かすことによってルーバーが回転します。)

と干渉しないように突出物を削りました。

DSC01426 DSC01428

上の左のものは正規のもの。右は削ったもの。

そうすると、先頭から4枚は操作バトンで動かしても動きません。

手では動きます。

 

DSC01430

DSC01433

バーチカルブラインドのレールを手前に動かし、レールをつける

スペースを作ってレースを取り付けました。

DSC01436

DSC01437

DSC01438

 

 当店は小さな会社なので、営業エリアも狭い(ホームページのトップページの

一番下に記載)のですが、遠くからご来店いただいた場合は、意気に

感じてお伺いします。

そのかわり、交通費等の必要経費もいただいていますの割高になりますし、

期待に応えられないこともあります。

 

※ 冒頭の「現在、過去、未来」はシンガーソングライターで、

「かもめが翔んだ日」でおなじみの渡辺真知子さんの

デェビュ-曲「迷い道」の最初のフレーズです。

20代30代のスタッフに「迷い道」って知っているかと聞いたら

知らないというので注釈を入れておきます。

この歌をご存じの方は、はい、クリック⇒

 

 

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

高層マンションの高層階へは階段でも搬入します。

先日のブログにも書きましたが、大阪市内中心街は30〜40階以上の

タワーマンションが多いのです。

コーナーの部屋の窓は、タテ型ブラインドを使うケースもあり、この長さが

3m以上あります。

商品としてはジョイントタイプというのがあるのですが、そうなると

両開きになります。

コーナー窓の片方なので、出来るだけ片開きにしたいと思うとエレベーターに

乗らない長さになります。

当店としては、お客様の立場になってエレベーターに乗らない長さでも、

階段で上がれるならば、そのように提案します。

エレベーターに乗らないからできませんわとは言いません。

但し、玄関から部屋に構造上はいらない場合はできません。

階段登り料は特にとっていませんが、2人で行かなければならない場合は

取り付け代が少しアップします。

今月は20階以上に階段で搬入しなければならない物件が5件あり、

先週はスタッフがのぼり、今週は私がのぼりました。

私は24階までで、432段で7分かかりました。

息切れしそうでけっこう苦しかったですが、休むことなくのぼりました。

かつて15年程前に40階まで階段でのぼったことがあります。

 

それで、取り付けたのが335㎝の左片開きと148㎝の右片開きの

タテ型ブラインドです。

DSC01311

DSC01308 DSC01310

他の部屋は、開閉式調光型ロールスクリーンのFUGA(フーガ)と

クリエーションバウマンのカーテンです。

バウマンのカーテンは輸入で納期がかかるために納品は後日になります。

 

これでブログを終えると、次につながらず「役立たずのブログ」になって

しまうので、同時に納品した調光ロールスクリーンFUGAの緩衝材について

書いておきます。

昨日のブログにも書いていますFUGAです。

DSC01276

この手の商品は、風に揺られるとボトムバーが窓枠にあたって、

カチカチとけっこう大きな音がするのです。

それを防止するための緩衝材はオプションでついています。

DSC01294

窓枠と干渉するところに緩衝材をセットできるようになっています。

DSC01296

これを入れることによってかなり音が軽減されます。

DSC01295 DSC01297

実は、これは私のアイデアなのです。

そのブログはこちらです。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

レースとタテ型(バーチカル)ブラインドの組み合わせ

南三陸ミシン工房さんからわかめを送っていただきました。

東日本復興支援のためにハギレの売り上げを毎月わずかながらも5年間

寄付させていただいていますのでそのお礼だと思います。

DSC01215

ありがたく頂戴いたします。

皆さまからお買い上げいただいたハギレの代金は、震災以降は「日本赤十字」や

「ふんばろう東日本」や「南三陸ミシン工房」にずっと寄付させていただいており、

100万円超えています。

ご協力をいただいている皆様には感謝いたします。

 

さて、本題です。

 

タワーマンションの高層階のコーナーの窓にレース手前で窓側に

遮光のバーチカル(タテ型)ブラインドを取り付けました。

DSC01171

タワーマンションのコーナーの住居は2面が窓ガラスになっていて、

幅が3m以上あります。

このケースでバーチカルブラインドを取り付けることがよくあるのです。

 

今回のケースも片面が346㎝あります。

出来るだけ、大きい面も片開きにして真ん中にためないようにしたいと

思うのが一般的だと思います。

バーチカルブラインドは製作的にはホームユース用で4mまでは

片開きが可能なのですが、部屋までの搬入ができないことがあるのです。

エレベーターには乗りませんので階段で持ってあがります。

部屋の玄関から廊下がクランクになっているとリビングまで搬入できない

ケースもあります。

その場合は、両開きになり、2台にして片方ずつためるか、ジョイントタイプで

両開きにするしかないのです。

 

この現場では階段で持ってあがり、玄関からの搬入もギリギリできましたので

片開き1台でつくりました。

DSC01169

カーブレールがついていて、1本ははずして、もう1本はカットして前に

ずらしてレース用のレールとして使いました。

DSC01175 DSC01173

DSC01203

DSC01211

DSC01199

単品で遮光、遮熱、景色がよく見える等をいろんな条件を満たすことは

難しいので2つの商品を組み合わせるといいと思います。

DSC01198 DSC01213

バーチカルのコーナーは

DSC01176 DSC01181

 メーカーには、ジョイントタイプのタテ型ブラインドで、片方に

だけためられる商品を開発していただきたいものです。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

スマホで操作できる電動インテリア商品

 トランプでババを引くのは誰か?
  
 共和党のアメリカ大統領指名権争いはトランプ氏が一歩リードした感じです。

アメリカ国民はこれを望んでいるのか、トランプでババなのか、ハートの

エースなのかはわかりません。

ウォール・ストリートジャーナルを読んでいると、(読んでへんけどな〜)

反トランプ記事を書いています。

 我が国にとって、誰がいいのかも考えなければならないのですが、

死んだじいさんの遺言で「商売人は政治にかかわるな」とのことなので、

政治の話はあまり書かないようにしています。

 

さて、本題です。

 

昨日の電動の開閉式調光型ロールスクリーン「FUGA」に関連する話の続きで

店内に展示している電動商品はすべてiPhoneで操作することができます。

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

 

まずは、ナスノスのWiFIコントローラーを購入しなければならないのですが、

2016-03-06 09.59.01

iPhoneのアップルストアから「SCENE2」を無料でダウンロードします。

2016-03-06 09.58.48 2016-03-06 14.58.37

2016-03-06 09.58.26

そうすると、リモコン画面がでてきて、その前に設定をしておけば、

普通のリモコンがわりにiPhoneで操作できます。

今のところは外出先からはできません。

店内展示のカーテンレール、クリエーションバウマンのバーチカルブラインド、

WISの開閉式調光型ロールスクリーン「FUGA」

それに展示はしていないのですが、ニチベイの電動のロールスクリーンも

1つのリモコン、iPhoneで操作することができます。

また、これらの商品はタイマーで、設定した時刻に開閉もすることが

できます。

2016-03-06 11.43.45

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

タテ型ブラインドのスラット交換

9年前の2007年に他店で購入されたタチカワのタテ型ブラインド、

ラインドレープの修理とスラット交換を行いました。

交換されるきっかけは、レールについている部品でスラット(ルーバー)を

引っ掛けている樹脂が割れて、スラット(ルーバー)が落下したためです。

DSC00707

DSC00706 DSC00704

これはよく起こりまして、当店でも他店購入分で何回が修理をして

いますし、スラット(ルーバー)のクリーニングの依頼を請けて、

外す時に割ってしまったという苦い経験もあります。

ネットで調べると、ヤフー知恵袋でもたくさん相談されていて

ちょっとびっくりです。

タチカワのホームページには、このメンテナンスのやり方も書かれて

いますが、エンドユーザーの方がされるには少し難易度が高いと思います。

タワーマンションの南西のコーナーのところで直射日光がよく当たる

ところです。

こういう環境では、樹脂のものは紫外線ですぐに劣化します。

スラット(ルーバー)もカールしていました。

DSC00578 DSC00579

4台すべてのランナーとスラット(ルーバー)の交換をしたのですが、

このメガは、2011年7月にモデルチェンジをしています。

今のモデルとはレールの形状も違うため、、当時と同じものを

使わなければならないのです。

そしたら、また同じように劣化するのかということをタチカワに

ら、その可能性はありますということでした。

当店でメンテナンスをした限り、出来るだけ長く使っていただきたいとの

想いで、交換する前に樹脂のランナーの紫外線劣化防止のコーティング剤を

塗布しました。

DSC00702_R

ランナーとスラット(ルーバー)を4台交換しました。

DSC00708

DSC00711

 修理費に関しましては、ヤフーの知恵袋を読んでいますと、

タチカワのブラインドの紐切れ修理をお願いしたところ、20分の仕事で、

25000円の請求がきました。高くないですか?」という質問がありました。

何人かの人が回答されていて、妥当な金額だと思うという方の方が

多かったです。

修理代ってけっこう高いのです。

単なる人工仕事ではなく、技術料なんです。それにガソリン代、高速代、

駐車場代がかかりますし、事前に確認のために2回行かなければならないことが

普通です。

今回の現場もメーカーのタチカワに修理代の見積もりを取ったところ、

部品代は別で修理代として

1台10000円×4台で40000円+現場諸経費10000円で5万円でした。

他店購入分ですが、当店でやりましたのでメーカーよりは安く

させていただきました。

当店でお買い上げの商品は5年間の無料保証です

 

商品の呼称についてですが、羽根のことをタチカワではスラットと

いい、ニチベイ、トーソーはルーバーといいます。

タテ型ブラインドは、バーチカルブラインドともいい、

ホームユース用では、タチカワはラインドレープ、

ニチベイはアルペジオ、トーソーはデュアルといいます。

DSC00577その裾につけているコードのことは、タチカワ、トーソーは

ボトムコードといいます。ニチベイはスペーサーコードといいます。

当店では、タテ型ブラインドはニチベイが多いので、タチカワの部材を

発注するのに、ボトムコードのことをスペーサーコードと書いて発注

しました。

そしたら、タチカワから「スペーサーコードってなんですか」という

問い合わせがありました。

多分、自社商品に誇りを持っているために、他社の名称は受け付けない

のでしょう。

インテリア業界では、呼称の統一がされていなくて、各社が好き勝手に

名前をつけていて、それが世間ですべて通じると思っているのです。

でも、エンドユーザーの方はほとんど呼称について知らないと思います。

私のブログでは、できるだけエンドユーザーの方がわかるように

インテリア業界の専門用語を解説するようにしていますが、それでも

この業界に34年でどっぷりつかっていますので、知らぬ間に

専門用語を普通に使っていたりします。

その場合はごめんなさい。

 

タテ型ブラインドの暑さ対策ですが、こちらの現場は

タワーマンションに西側に大きな窓があり、今までも今回も遮光1級の

ものを使っておられます。

それでも夏はけっこう暑いですよと話されていました。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.