ブラインド » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

そんなに効果が期待できない遮熱ブラインド

今日の大阪市内は、ときどき激しい雨でした。
なにやら、近畿地方の梅雨明けは8月に持ち越すとやら。
なんかじめじめして嫌ですね。
九州、中国地方で大雨の被害にあわれた方にはお見舞い申し上げます。


そんなことはつゆ知らず、
5月にタチカワが遮熱ブラインドを出してから、、業者も本腰でその存在を訴えるようになりました。そのずっと前からトーソーは遮熱スラット(ブラインド)をだしていたのですが、あまりPRされていませんでした。

今週ニチベイが遮熱スラットブラインドを出してから、ブラインド業界も熱くなってきていますが、それを遮熱する話です。

ニチベイ遮熱ブラインド













上のデータはニチベイのカタログに載っていたものです。データをクリックすれば拡大して読めます。
このデータは、遮熱スラットと一般スラットブラインドの表面温度とブラインド付近の体感温度比較グラフです。

このグラフによると、グレイ系のスラットで、表面温度が一般のスラットで49.4℃、遮熱スラットで46℃の時に、ブラインドから10㎝離れたところでは一般のスラットと遮熱スラットでは、温度差が1℃だというのです。

確かに効果がありますが、それが100センチ離れると、いわゆる1m室内側では0.3℃の差だというのです。ホワイト系のスラットでは1m離れるとほとんど温度差はないのです。

こういう資料がほしいのです。
グレイ系のスラットならば、窓から1m離れたところで、遮熱スラットと一般のスラットでは0.3℃の差だということです。もっと離れるとその差はもっと小さくなると思います。

こんなもんなんです。

この0.3℃地球の温度を下げるために世界の研究者が血眼になっているのも事実です。

ニチベイ、よくぞこのシュミレーションを出してくれました。

タチカワのカタログをみていると、ブラインドの表面温度が、遮熱コート(ブラインド)と一般のブラインドでは、その差3.7℃あることが強調されており、遮熱コート(ブラインド)にしたらすごく効果があるように誤解させるのです。



しかし、この資料はよくないです。

ニチベイ

















これも、ニチベイの遮熱スラットの資料です。クリックすると拡大します。
夏期4か月で電気代が6893円お得とのこと。
これは、小さな部屋に窓を3つつくって、何もつけていないときと遮熱ブラインドを付けた時のシュミレーションでのことです。

タチカワやトーソーのデータは一般ブラインドから遮熱ブラインドにした時の差で表示しています。タチカワはベージュ系で320円、トーソーは117円お得となっています。

川島織物セルコンのAクラスの遮熱レースで一般的なボイル(うすいレース)に比べて883円お得となっています。

この数値もニチベイ、川島織物セルコン、それに鈴寅なんかも金額に換算条件として電気代を22円ぐらい(カワシマ、鈴寅は22円、ニチベイは22.86円)で計算していますが、タチカワは25.7円で計算しています。
タチカワは計算値からして1割はアップするようになっていますし、各社とも自社に有利な数字を掲載しているため、ウソじゃないと思うけど簡単にメーカーのデータは信じられません。


ニチベイは何もつけていない時との比較で、他社は普通のものをつけている時との比較になっています。


ホワイト系のスラットでは、ブラインドから1m離れたところでは遮熱スラット(ブラインド)もふつうのスラット(ブラインド)もほとんど効果はかわりませんが、遮熱スラットをとりつけるとひと夏で6893円もお得というのはいかがなものでしょうか?

そしたら、遮熱スラット(ブラインド)はどのようなときにすすめればいいのか?

25ミリ幅しかありませんが、ブラインドを選ぶ時に色が100色以上(タチカワは287色)あって、色に悩まれた時に遮熱スラットをすすめるといいと思います。
価格は同じでプラスアルファの効果があり、色が20色ぐらいしかないので、選択肢が狭くなり早く決まります。

ブラインドメーカーさん、こんなもんでどうやろか?

今日のブログは役にたちましたかはい、クリック 

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 ブログのトップ

  

 

 織物研究会 

実験シリーズ⑤ 遮熱ブラインドと木製ブラインドではどちらが遮熱効果があるか

7月22日 皆既日食
大阪は部分日食ですが、大阪市内は雲がかかっていてほとんどみることができませんでした。11時頃は車で移動中で、外をみると、仕事している人も皆、外にでて口をあけて空を見上げているんです。

この光景がちょっと異様でした。でも、大阪市内は部分日食はわからなかったと思います。

そら、見たことか

実験シリーズの第5弾です。

今、話題の遮熱ブラインドは木製ブラインドより遮熱効果があるのかということを当店の手作り実験装置で調べてみました。

さすがに立川ブラインドで、これまでもトーソーに遮熱ブラインドがあったのですがあまり浸透していないようで、専門店のホームページをみても「遮熱ブラインド新発売」が大々的に書かれています。

タチカワいわく、遮熱ブラインドをとりつけると、通常のブラインドに比べてスラットの温度差が3.7度あるということを展示会でも、盛んにアピールするのです。

CIMG2430




















確かに当店の簡易型の実験装置でも、ブラインドの上に温度計をおいて、4㎝離れたところから60Wの電球をあてたところ、電気をつける前は31℃だったのが、5分後には通常のブラインドは45℃になりましたが、遮熱ブラインドは42℃でした。その差3℃あり、遮熱ブラインドは通常のものに比べて効果があることがわかりました。


私どもはブラインドの温度を知りたいのではないのです。

室内の温度がどのようになるのかを知りたいのです。川島織物セルコンは、遮熱レースを使った場合、ふつうのレースに比べて0、8℃室内温度が下がるということを示してくれました。

タチカワの遮熱ブラインドを使ったら、普通のブラインドを使っている時に比べて室内の温度がどのぐらい下がるのかを知りたいのです。

CIMG2416本来ならば、ビジネスホテルの同じタイプの部屋で、窓に合わせてブラインドを作っておいて、昼間実験をすれば効果は一発でわかると思いますが、そんな余裕もないので、手作りの実験装置でしました。
条件は上と同じで、10㎝はなれたところの温度を測ってみました。

用いたものは、タチカワの遮熱ブラインド(昇降コードを通す穴があいているもの)、ふつうのブラインドで穴のあいていないもの、そしてタチカワの木製ブラインドです。

CIMG2417





















CIMG2423CIMG2422CIMG2421












その結果、電気をつける前は28.5℃でしたが、

1時間後には 遮熱ブラインド 37,5℃
         普通のブラインド37,5℃
         木製ブラインド 36,5℃  でした。

遮熱ブラインドよりも木製ブラインドの方が遮熱効果があることがわかりました。
また、遮熱ブラインドも、穴があいていると穴のあいていない普通のブラインドと効果はかわらないということがわかりました。

タチカワはブラインドの温度差が3,7℃なんかよりも、遮熱ブラインドはシルキーサートのラダーテープ仕様にしたら、光漏れが少なくなり、より一層遮熱効果があることをPRしないとダメなんです。施工例


今度は、川島織物セルコンの遮熱レースとタチカワの遮熱ブラインドとどちらが効果があるのかの実験です。


今日のブログは役にたちましたかはい、クリック 

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 ブログのトップ

  

 

 


 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です

朝からブラインドの修理

2週間前に取り付けたお客様から昨晩8時頃電話があって、タチカワのブラインドが斜めになってまったく動かないとのことでした。
場所は神戸市で歯医者さんの待合室の吹抜け部分です。

CIMG2388

 

 

 

 














私が現場実測と商品の発注したのでよく覚えてはいるのですが 、施工は職人まかせで立ち会いませんでした。
昨晩の電話で直し方を説明をしたのですが、どうも話がかみ合わないのです。
高所取付けなので操作しやすいようにポール式(操作棒と昇降コードが分かれているタイプ)で発注しました。手元の資料もそうなっています。

電話での話では、どうやらワンポール式がついているようなのです。
ヒモを引っ張ってもびくともしない、とのことで、今朝伺うことになりまいた。今日は予定がいっぱいだったのでお客様にご無理を行って朝の8時にしてもらいました。

斜めになっているのは、昇降コードの一方をぐいっと力をいれて引っ張るとすぐになおりましたが、やはり、発注はポール式で発注をしていたのですが、タチカワからの出荷はワンポール式ででていました。

当店の場合ブラインドはほとんどワンポール式を使っていますが、現場に応じて最善策をとったはずでしたが、当店の職人も施工時に出荷間違いに気づかなかったというのも問題でした。(反省)

タチカワ大阪店は、こうした受発注のトラブルが以前はひじょうに多かったのですが、最近は少なくなってきたかと思ったらまたやってくれました。

 



今日のブログは役にたちましたか
はい、クリック 

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 ブログのトップ

 


 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です

クレーム事例⑤ 内付ブラインドの隙間

6月20日のブログ「クレーム事例④内付けプレーンシェードの隙間」で書いたのと逆のケースで、今回はブラインドを枠内付けしましたところ、ボトムバーが枠にあたるというクレームがありました。
CIMG2209






















ニチベイのセラミー25で内寸が1020ミリで1010ミリで発注したところ、理論的には1㎝の隙間ができるのですが、このような商品は25ミリの羽根を1枚入れるかどうかによって、2センチ長さが違ってきて、メーカーで微調整はしていますがぴったりの数字にはならないのです。

その結果、少し長くできあがっており、枠にあたるのです。
CIMG2132CIMG2131











ブラインドの場合は、今は各メーカーとも長さを少しだけ短くできるようになっていますが、この状態では羽根1枚分はながいのです。

CIMG2133お客さまの要望としては隙間があいても、ボトムバーが当たらない方がいいとおっしゃいますので、羽根を1枚抜く事にしました。










そうしたところ、少し隙間があきますがぴったりな感じになりました。

CIMG2208CIMG2207











こちらは内寸より1㎝短く発注していますが、発注は短めより長めにしておいた方がいいのです。

長いのは短くできますが、短いのは長くできないのです。作り直さなければならないのです。

また、一部のメーカーのブラインドは浴室や湿気の多いところでは縮みます。この商品はニチベイで、縮んだ経験はないですが、タチカワやトーソーの浴室用ブラインドでは、何年かのちに行った時は必ず短くなっています。羽根をはさんでいるラダーテープが湿気で縮むのです。
こちらのブログ「
ブラインドが縮んだ」を参考にしてください。

メーカーに言ったら「そんなことはない」と否定しますが、今まで見てきた中ではタチカワとトーソーの浴室ブラインドは100%縮んでいました。たぶん、タチカワとトーソーはラダーテープの仕入れ先が同じではないでしょうか?

サイズや色を間違って発注したら、その商品で実験しようと思っているんですが、なかなか間違わないのです。(笑)

今日のブログは役にたちましたか
はい、クリック 

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 

 

ブログのトップ

 

ブラインド・ロールスクリーン超音波洗浄キャンペーンは終了しました。

2009年5月8日のブログ「ブラインド・ロールスクリーン超音波洗浄キャンペーン」は終わりまして、今朝、きれいになったブラインド・ロールスクリーンを引き取り、また取り付けに走り回っています。

内容や超音波洗浄についてご存じでない方は先に5月8日のブログ(←クリック)をお読みください。

結果は当店でお買い上げいただいた商品ばかりで、ブラインド19台ロールスクリーン30台デュエットシェード1台でした。ありがとうございます。

当店では、振り返ってみると今までブラインドの販売はひじょうに少なかったことに気づき、ロールの方がはるかに多かったのです。ロールスクリーンも超音波洗浄をしましたので、メカごとそのまま水槽に入れての洗浄でシワになることもなくきれいになりました。

0616000706160010

 

 

 

 

 

 

水槽の水はまっ黒けになります。びっくりします。住んでいる人の健康のためにもたまに洗浄されることをお勧めします。

洗う前のブラインド

CIMG2175

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗浄後のブラインド

CIMG2185

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新品のようにきれいになります。コードもきれいになります。これを家庭で洗うとなるとここまではきれいになりません。

昨日、トーソーの大阪の展示会の行ったら、トーソーもブラインドクリーニングをするらしく案内を配っていました。

トーソーブラインド洗浄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私どもと同じ超音波洗浄(ロールは違うらしい)で、引き取りから取り付けまで電話1本でやってくれるらしいのです。価格は1本の場合、最低基本料金は13000~15000円ぐらいかかるようです。
洗浄業者→トーソー→代理店→業者→お客様なので、これぐらいはかかるでしょう。

実体は洗浄業者丸投げみたいですが、こういうのはメーカーのやるべきことじゃないです。

メーカーが何でもかんでもやってしまうと、販売店は楽ですがおバカになってしまいます。販売店はなんの努力も工夫もしなくなり、差別化できるのは安く売ることしか能がなくなってきているのです。その結果、メーカーも自分の首を絞めることになってくるのです。

メーカーとしてもっとやるべきことがあるでしょう。

洗浄して長く使っていただくのも大事ですが、メーカーとしては吊り替え需要を喚起して、新しいブラインドを売る方がいいのと違うんですか?

そのために何かしないとダメじゃないですか。

メーカーがブラインドの洗浄をしていたら新しいブラインドは販売できません。

たとえば、アルミのリサイクルという大義名分で、ブラインドを新しく吊り替えた人にはリサイクル代として500円の商品券を渡すとか、他社メーカーのブラインドを自社のブラインドに変えて新しくした人には2倍の1000円の商品券を渡すとかしたらもっと吊り替え需要が増えますよ。

他社も必死になにか手を考えてくるだろうし、業界自体が活性化するんです。

もっと消費者に対して情報発信をしないとダメです。

こんなことは一業者ではできないのです。


需要はつくりださないと売れないのです。

 

私は業界の片隅で吠えていますが、闘争心はいつも持っていますので

心はトーソーなんです。

営業のタチカワ、技術のニチベイを評価していても、心はトーソーです。

今日のブログは役にたちましたかはい、クリック 

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 

 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です

ブログのトップ

 

タチカワの新しいブラインド シルキーサートを取り付けました。

5月1日に立川ブラインド工業が新しいブラインドのカタログが出しまして、新商品の「シルキーサート」を取り付けました。

CIMG1970ブラインドって、タチカワ、ニチベイ、トーソーはそんなに変わらなくて、私はあまりメーカーにもこだわりがなく、メーカーの担当者の良し悪しによってどこにするかを決めるぐらいだったのですが、今回のタチカワのブラインドはすごくいいです。

タチカワもこれに賭けている意気込みが感じられる見本帳です。色もキレイし、色数も287色あり充実しています。

新商品としてシルキーサートがでましたので、早速施工しました。現場は高層階の事務所で西向きの窓で、取り付け高さが2m60㎝あります。

このブラインドは1本のチェーン式で、チェーンから手を離すと、ゆっくり自動的に降りてきて速度調整機能もついていて最後はゆっくりになるのです。高い窓には最適です。

また、1㎝巾のラダーテープがついていて昇降コードを通す穴からの光漏れを防ぎますので西向きの窓には最適です。

今回は、普通のものと同じ価格で遮熱スラットも選べるため、遮熱タイプにしています。省エネにもいいのです。

CIMG1966CIMG1968

 

 

 

 

 

 

CIMG1967CIMG1969

 

 

 

 

 

 

このシルキーサートは価格は通常のものに比べて20%ぐらいアップしていますが、それだけの価値は十分あると思います。

この商品の大きな特長は、アルミスラットとファブリックテープの新しいスタイルなんです。この商品に選べるスラットが277色、ラダーテープが13色、それにチェーンも5色から選べて18005の組み合わせから選べるのです。

スラットの色サンプルは全色あるのですが、ファブリックテープ(ラダーテープ)の色サンプルはなくて印刷物だけなんです。現物の色を見たいと思ったら、ロールスクリーンの「ライフ」から13色を厳選しましたと書かれていて、ロールの見本帳をみなければならないのです。

13色厳選したと書いてあるから「ライフ」にはその色があるのかと思ったら13色中6色はないのです。ペールピンク、ペールオレンジ、ペールイエロー、ペールグリーン、ペールブルー、ブラックはどこから厳選したんかい?

こういう大雑把なところはいかにもタチカワなんです。

今回の新商品の中でアピールできるものとして、トーソーが目玉としていた遮熱スラットがタチカワにもできました。他社が売れているとすぐにまねをするのもタチカワです。

この商品の「売り」は赤外線の反射率が、トーソーが一般的なスラットに比べて2倍弱に対して2.5倍で、冷房費の節約が、トーソーが767円に対してタチカワは946円ということをうたっており、さらにタチカワは独自に一般のスラットに対して遮熱スラットはー3.7℃と書いているのです。

私はこの遮熱スラットを取り付けると室内の温度が3.7℃下がるのかと思いました。

そうじゃなくて、小さく「ブラインドの温度」と書かれているのです。

このシュミレーションは7月23日、東京、西面、窓面日射量701W/㎡で、室内温度26℃、屋外温度32.8度の時で、窓に取り付けてあるブラインドの温度を測ったら一般のスラットは39.9℃で遮熱スラットは36.2℃だというのです。

それがー3.7℃ とのことです。

なにをいうねん。

我々が知りたいのはブラインドの温度とちゃんねん。

遮熱スラットにしたら室内の温度がどれだけ下がるかを知りたいねん。

売上の悪いものが窓際族で窓際に立たされ、長いあいだ風にあたり、熱を計ったら39.9℃あって風邪ひいたんとちゃうかという話なんかどうでもいいねん。

どうよ、タチカワ

946円もトーソーに対する数字のマジックやん。詳しくは書かないけど、カタログを見比べたらおもろいこといっぱいみつけたわ。

私も書いとくわ。

当店で販売している遮熱カーテンは約1340円の節約なんです。
1日9時間エアコンを使うとして、6月1日から9月30日までの期間でエアコン(2.2kwh)・電力目安単価税込22円/1kwhとして、設定温度を2℃上げた場合の目安です。

どや

このブログは役にたちましたか。はい、クリック 

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 

 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です

ブログのトップ

ブラインド・ロールスクリーン超音波洗浄キャンペーンのお知らせ

カーテンクリーニングの依頼でお伺いすると、ブラインドやロールスクリーンも汚れてみじめな状態になっていることが多いのです。

ブラインド・ロールスクリーン等のクリーニングは、提携している超音波洗浄機のある加工所があるのでできるんですが、1台あたりのクリーニング代が高くなるのでほとんどお断りをしていました。ハンターダグラスのシルエットシェードだけは要望が多くて販売単価も高いので、当店で販売したものだけは販売責任で超音波洗浄をさせていただいていました。

今年は、期間限定で販売させていただいたお客さまを中心に格安な価格でアルミブラインドとウオシャブルロールスクリーンに限りクリーニングをさせていただきます

申込受付      2009年6月5日まで

引取納品時期は   6月10日~6月20日頃

クリーニング方法は    超音波洗浄

対象商品は  アルミブラインド、ウオシャブルロールスクリーンのみ、
         
タテ型ブラインドは今回は対象外

価格は    5250円/1台(取付取り外し手間代含む)
      当店でお買い上げいただいた商品は1台だけならば5250円ですが、
      2台で9450円、3台で13650円、4台で16800円 
      
4台以上は1台4200円にさせていただきます。

当店が提携先の加工所に対して量をまとめる事によってお値打ち価格にさせていただいています。この期間のみこの金額です。

通常はめちゃくちゃ高いです。量にもよりますが、ヘーベイ計算になりますので、1台だけならば2~3万ぐらいになりまして新品を買った方がお得です。

今回は、ゴールデンウィークの期間、充電しながら考えた企画ですので一発もんになる可能性もあります。最初で最後の企画かもしれません。成功すれば1年に1回やるかもしれません。需要がたくさんあれば半年に1回になるかもしれません。
年末はカーテンの取り付けが忙しいのでやりません。

どうなるかはまったくわかりません。今回限りだと思ってぜひ、申し込んでください。

超音波洗浄機超音波洗浄とは、メガネを洗うときに小さな水槽のなかにつけるときれいになる機械があるのをご存じだと思いますが、あれと同じ原理です。超音波振動子を1秒間に何万回というレベルで振動させることによって音圧を発生させます。洗浄の場合はこれを液中に放射させることによってその動きで汚れをとり除きます。

けっこうきれいになりますよ。

(左写真は長尺用超音波洗浄機)

破損している部品の交換もついでに一緒にいたします。これは別途有償です。

今回はロールスクリーンも超音波洗浄いたします。但しウォシャブル商品に限ります。これも1台5250円です。

洗濯機で洗うのと違って、本体ごと洗いますので折りジワがついたり小ジワがついたりはしませんが、商品によっては両サイドが少し伸びたような感じになるのもあります。

浴室用ロールスクリーンもしますが、水垢やカビは落ちません。

ブラインドやロールスクリーンにホコリやチリがついたままでずっとほっておくとダニや雑菌の温床となり、カビになったりします。ハウスダストアレルギーやアトピーの原因にもなり健康にもよくないのです。

人間や家や窓周り商品の健康のためにも、この機会にぜひ、ブラインド、ロールスクリーンを洗いましょう。

 

今日のブログは役にたちましたか。        はいクリック 
ほんとうに役にたった時だけクリックしてください。

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です

ブログのトップ

 

10 / 14« 先頭...91011...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.