カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

アルミブラインドの表裏

ゴールデンウィーク期間中は5月6日までお休みをいただいています。

ブログは事前に書き溜めたものを予約セットで自動アップしています。

先日、お客様よりアルミブラインドはどちらが表ですかという問いがありました。

どっちでもいいことなんですが、一応決まっています。

アルミブラインドには凹と凸があります。

凹側

DSC05377

凸側

DSC05381

一般的に凸側が表のように思われますが、これは逆で凹側が表なんです。

というのも、ブラインドメーカー各社ともスラット(羽根)が裏表が

色違いという商品(ツートンタイプ)をもっており、国内主要3社

(タチカワ、ニチベイ、トーソー)ともヘッドボックス、ボトムレールとも凹の色に

合わせています。

3年前までは、ニチベイはその逆でしたが、今は統一されています。

ツートンタイプのブラインドでは

DSC05374

白い羽根(スラット)が凸ですが、ヘッドボックス・ボトムレール・操作棒が

黒になっていて、羽根(スラット)をひっくり返すとスラットが

黒で凹になります。

DSC05375

よって、ブラインドは凹が表というのが正解です。

でも、必ず表にしなければならないということもないので、どちらを

部屋側にしても問題はないです。

 

ここまで書いてブログアップする前に、この見解で間違いがないかを

グーグルの検索で「ブラインドの表裏」を入力して調べてみました。

そうしたところ、なんと

10年前の2005年6月13日に書いた私のブログ「ブラインドの裏と表」が

1ページに出てきました。

こんなつまらないことを書いているのは、私しかいないということと、

10年前のブログでもちゃんと1ページ目にヒットすることに驚きました。

当時のブログ(10年前)を読むと当時はトーソーだけが凹を表にしていて、

タチカワ、ニチベイは凸側を表にしていたようです。

今は3社とも凹側を表にしていますが、タチカワはいつ変わったのかは知りませんでした。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

 

最近の修理物件(1)

2月20日〜22日に東京・阿佐ヶ谷で行われた「3人のインテリアコーディネーター展」に

行ってきました。

3人とは、荒井詩万さん、飯塚奈津子さん、三宅利佳さんの1971年生まれの同い年で、

母親でもあるインテリアコーディネーターです。

出会いのきっかけは、ジャパンテックスの時に行っているインテリア関係者の

オフ会で意気投合されて3人でなにかやろうということになったようです。

展示会とは、実際に賃貸物件として使用するマンションを三人が三様に

コーディネートをして、それも含めて賃貸しするというものです。

内容に関しては、インテリアの楽しさを教えていただき、素晴らしいものでしたが、

多くの人がフェイスブックで感想を書いておられますのでここでは割愛します。

彼女らのブログを読んでいただければと思います。

 

私が注目をしたのはフェイスブックブランディングと、こうしたビジネス

モデルがうまくいくのかということです。

 

彼女らの宣伝はフェイスブックが中心でした。

フェイスブックで情報を発信続けることでインテリア業界のイベントである

ジャパンテックス実行委員会が目をつけ、業界紙が取り上げ、あるメーカーも

接触をもったりしました。

フォロワーも話題にして拡散していきました。

 

また、賃貸物件をコーディネートして貸し出すというのも新しいビジネス

モデルで、こういうやり方が成功するのかどうかも関心がありました。

 

これらがうまくいったのかいくのかはわからないですが、

3人の淑女が並んでいて気付いたことがあります。

 

我ら世代の永遠のアイドル「キャンディーズ」とかぶったのです。

個々の性格・雰囲気が一緒です。

オープニングで前に立っておられた位置もキャンデーズと同じで、

左からミキ・ラン・スーでした。

 

インテリアを目指す若い人たちにとって、彼女たちが憧れの存在に

なってくれれば、この業界も明るいとおじさんは思うわけです。

 

「もうすぐ、春ですね♪♪ コーディネートしてみませんか〜♪♪」

 

おじさんももうすぐお世話になるかもしれません。

 

ミキランスー♪♪ ・・・・・→アデランス♪♪

 

さあ、いくもう

 

 

さて、本題です。

 

最近は修理依頼がひじょうに多いのです。

今年になって修理した物件は12件ありまして、それを4回に分けて書いていきます。

当店は、当店でお買い上げいただいた商品は5年間の無料保証をしておりますし、

それ以降でもひじょうに安く修理をしております。

こうしてブログに書いていますと、他店購入の修理依頼も多くあります。

その場合は、メーカーの修理価格に準じております。

 

1)レールのランナーが欠落した。

7年前に他店で取り付けされたお医者さんの間仕切りカーテンのレールで

ランナー(駒)の引っ掛けるところがなくなっていました。

メールで写真を送ってもらったところ、トーソーのニューリブかとおもって

ニューデラックのランナーを持っていきました。

DSC04149 DSC04147

(画像はクリックすると別のページに飛びまして、そこでもう一度クリックすると

拡大します。)

DSC04150

使ったことのないレールでタチカワのものでしたが、トーソーのランナーでも

問題なく入りました。

こういう経験は初めてでした。

修理費10800円

 

2)ブラインドのコード切れ

15年前に他店購入のブラインドのコード切れ。正確にはコードは

まだ切れていないのですが、団子状になって昇降不能になっていました。

DSC04151 DSC04152

トーソーのセラミー18でセパレートタイプ巾225㎝×丈200㎝

昇降コード、ロックベルト、NCスナップリング交換

現場調査に行って、部品を用意して2回行かなければならないので、

修理代23760円

 

3)ハンターダグラスのデュエットシェードのコード切れ

 

4年前に他店購入のデュエットシェードのプライバシービューの昇降コード切れ

DSC04023 DSC04029

 ハンターダグラスのデュエットのコード切れはひじょうに多くて今年で

3件修理しています。

メーカーに修理依頼をすると35000円程かかります。

当店は、ほとんど私がやっていますので、当店でお買い上げで5年以内のものは

無料です。他店購入分はメーカー修理価格と同じです。

今回は別の部屋の分でプレーンシェードを一緒に注文をいただきまして、

少し安くさせていただいて、修理代が21600円です。

 

続く

 

 

今日の話はよかったですか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

「4月10日はインテリアを考える日」

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

 

 

タグ :

メカものを知り尽くしたカーテン屋が教えるブラインドの洗い方

年末です。

年末で少しバタバタしており、ブログがとどこっていました。

それって年の瀬

ちゃう。

疲れがたまっている年のせいです。

この話はこの時期に書いておくとアクセスが増えるかなというブロガーの性で

久しぶりに書きます。

 

ブラインドの掃除のやり方についてです。

ネットで調べると、ストッキングを使うとか軍手を使って洗いなさいとか

書かれています。

 

ブラインドメーカーのホームページにはこんなことが書いています。

立川ブラインド工業

ニチベイ

トーソー

 

外してお風呂とかで洗いなさいとか、ビニールの手袋をはめてその上に軍手を

つけて洗いなさいとか書かれています。

けっこうめんどうくさいです。

 

メカものを知り尽くしたカーテン屋がおススメする方法はこんなやりかたです。

 

メラミン樹脂スポンジを用意してください。

固有名詞では「激落ちくん」とか商品名のものがあります。

100均でも売っています。

DSC03309

これを羽根巾にあわせてカットします。

25ミリ幅のブラインドならば羽根(スラット)巾の間が20ミリぐらいなので

20ミリにカットします。

15ミリ幅のものならば10ミリです。

DSC03313

これを3つぐらい用意します。

水にたっぷりつけて、軽く絞って3つ一緒にブラインドに挟みます。

DSC03316

こうして左右に動かします。

3枚裏表一緒に洗えます。 けっこうきれいになります。

DSC03319

展示サンプルのブラインドを試しにやってみました。

そんなに汚れていませんでしたが、メラミン樹脂スポンジは黒くなります。

そのあと、必ず乾いたタオルで全体を拭くように汚れた水分を取ってください。

 

台数が多くて自宅で洗うのはめんどうという方には超音波洗浄もうけたまわっています。

 

年末です。

くれぐれもよろしくお願いします。

 

今日の話はよかったですか? いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

 

 

 

 

 

開店20周年感謝セール案内(3)

昨日のブログで「カーテン夢工房開店20周年」のことを書いたら、

よく買っていただいているお客様からおめでとうメールをいただきました。

ありがとうございます。

当店では店頭にワゴンを置いてハギレを1枚100円で販売させていただいています。

その売り上げは全額、東日本大震災復興支援のため、毎月15000円程度ですが、

「南三陸ミシン工房」さんの方に寄付させていただいています。

今でもずっと続けております。

そのメールをいただいたお客様から、100円ハギレでこんなのをつくりましたという

画像も送っていただきました。

 

100円の生地で作りました モリスのラインアップ

(画像はクリックすると別の画面に飛びまして、そこでもう一度クリックすると

拡大します。)

ありがとうございます。

 

 

開店20周年感謝セールで、リピーター様への特別企画を用意しました。

「ブラインド・ロールスクリーン超音波洗浄キャンペーン」

当店でお買い上げいただいたブラインド、ロールスクリーン(ウォシャブルタイプ)を

1本どのサイズでも(但し巾200㎝までのもの)

5000円(税抜)で超音波洗浄いたします。

引取り・取り付け料金込みです。

1本でも大丈夫です。

お客様への感謝の気持ちです。

5年に1度の企画です。

超音波洗浄はいつでもお請けしておりますが、取り付け・取り外し込みで

1本から5000円というのはこの期間のみです。

期間は9月末までに予約をいただいて10月中旬にまとめて引取りに

お伺いします。

 

大きいサイズやバーチカルブラインド、シルエット・シェード、デュエットシェードは

別見積になりますが、取り付け・取り外しは無料でさせていただきますので

かなりお安くなります。

5年に一度の企画です。(前回は4年前でしたが、今後は5年に1度になります。)

アルミブラインドを超音波洗浄をしますと、新品のようにきれいになります。

ぜひ、この機会にお申し付けください。

リピーターさまには8月中頃にダイレクトメールでご案内いたします。

 

 

今日の話はよかったですか? いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

コード式のセーフティジョイント チャイルドセーフティシリーズ3

連載を始めました「チャイルドセーフティ」の問題の3回目です。

前回のはこちらです。

今回はコード式のメカものの安全対策として行われているセーフティジョイントについてです。

東京都の報告書を読めば、インテリア商品を購入される方の意識として

安全性を重視されているのかということに関してひじょうに低い結果がでています。

東京都の生活文化局の

「ブラインド等のヒモの安全対策」(東京都商品等安全対策協議会報告書)に

報告されている事故は以下です。

ブラインド事故

2007年から7件の事故が起こっていて1件の死亡事故がありました。

 

こういう報告書を読むと、ほんとに怖いなと思います。

小さいお子様がおられる場合は、周りの人達が気をつけていただきたいのです。

インテリアメーカーもそれぞれ対応を考えて、やっていますがまだ十分だと

いえないところもあります。

メーカーの対応を順次紹介していきたいと思います。

 

まずは、上下昇降するメカもののコード式のタイプです。

これには、セーフティジョイントがとりつけてあり、ある程度の荷重がかかると

外れるようになっています。

DSC01992

こういった商品がセーフティジョイントといいます。

強く引っ張ると

DSC01993

外れます。

これはどのぐらいの荷重ではずれるのかを東京都が実験をしています。

各社のセーフティジョイント

A社というのはニチベイ

B社はトーソー  (B社の太ひもというのは木製ブラインドのコード式用)

C社はタチカワ

 

国内の主要メーカーで、この3社でシェアが90%ぐらいありまして、NTTと

呼んでいます。

3社はライバル意識が強くて、NTT コミュニケーションズはよくないです。

セーフティジョイントが外れた場合の荷重

 荷重の単位はNで、重さ1㎏が9.8Nです。

この表で一番大きな荷重はトーソーの太ひもの6回目で30.4Nですなわち

3.1キロの重さです。

ニチベイの平均が11.0Nの荷重ですので1.1キロぐらいの重さで外れます。

このタイプのセーフティジョイントは安全でまったく問題は

ありません。

問題はループ式の操作コードなんです。

続く

 

今日の話はよかったですか? いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

浴室のブラインドのカビ

 11年間ご使用の浴室ブラインドの交換に来ました。

DSC01569

ここまでなると取り替えた方がいいですが、初期の段階のカビならば

カビキラーをスプレーして少しこすってシャワーで洗い流せばきれいになります。

 

カビは湿気で繁殖しますので、お風呂を使用されていないときは、できるだけ

窓をあけて風を通しましょう。

新品は

DSC01572

 

実は書きたかったことは、こういった注文が消費税増税前の3月にかなり多く

あったのです。(かなりといっても普段の月に比べてという意味です。)

おそらく、急にカビが生えたわけではなく、長年そのままだったのだと思います。

それが、3%値上がりするというだけで、こんなにインテリアの吊り替え需要が

うまれるのかということです。

それならば、もっと需要を喚起するような方法はいっぱい考えられるのでは

ないだろうかということです。

このブラインドの取り替えは、消費税増税後の6月にしました。

逆に増税をあまり意識されてない方もいっぱいおられるのだということも

わかりました。

打つ手はいっぱいありますね。

 

今日のブログは良かったですか? いいね!クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 このブログのトップ

      ホームページへ

ニチベイからの提案 デコブラインド

先日、ニチベイの展示会がありましていってきましたところ、ブラインドに

ウオールステッカーを貼ってインテリアを楽しみましょうという提案をしていました。

ウォールステッカーというのは、インターネットで調べればいっぱい出てきますが、

壁に貼るステッカーのことです。

昨日書いたブログのお客様宅にも貼ってありました。

 

これをブラインドに貼って楽しみましょうということです。

 

やり方はこちらです。

 

スタッフが実際にやってみました。

小さなものならば机に置いてできますが、実際は付けている状態でやるほうが

うまくできます。けっこうたいへんですが、

オリジナルのブラインドが出来上がります。

お子様の夏休みの自由研究の宿題にいかがでしょうか?

今日のブログは役に立ちましたか?   はい、クリック

 

 

カーテン・窓周り品やブログに関する質問は右下小箱のメッセージリーフからお願いします。

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

3 / 1512345...10...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.