カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

あべのハルカス・大阪マリオット都ホテルのインテリア(1)

DSC00566先日、オープンしたてのあべのハルカスにある大阪マリオット都ホテルに宿泊してきました。

よくお客様からホテルような感じにしてほしいという相談をうけたりしますので、仕事柄、

大阪市内のシティホテルにはほとんど宿泊をして勉強しています。

昨年オープンした大阪グランフロントのインターコンチネンタルホテル

3年前オープンの本町のセントレジスにも宿泊しています。

この中では、都ホテルとの共同出資のためか、大阪的で泥臭さがありました。

金額的にも高級シティホテルの中ではそんなに高くもないような気がします。

メーカーの営業が来た時に、マリオットの話をすると異口同音に意外と安いんですねと

いうので書きますと、私は一休.comから予約を取ったのですが、

1泊1部屋2名で朝食付きプランで25200円(税・サービス込)です。

1人あたり12600円で、しかもホテルの企画で早朝のオープン前に地上300m近くの

展望台「ハルカス300」に無料で行けるのです。

ホテルの部屋もフロントでグレードアップしてくれて52階でした。

朝食なしのプランだと1部屋2名で2万円を切ったプランもあり、1名あたり

1万円以下です。

DSC00728

上は19階からの景色

ここの朝食はおススメです。

19階で景色もよく、おいしいです。

DSC00819 DSC00820 DSC00815

バイキングですが、果物からフレッシュジュースをその場で作ってくれますし、

オムレツも好きなものをトッピングしてその場で調理してくれます。

 

名前が「COOKA(クーカ)」で大阪弁の「食うか?」と「Cook-all」とかけているそうです。

57階のレストランは「ZK(ジーケー)」といいまして

Z(ゼット)とK(ケー)で「絶景」と掛けています。

DSC00766 DSC00785

ZKのロゴの中に漢字で絶景と書かれています。

 

ごっつう大阪的な発想やろ。

こんなおシャレは好きやねん。

57階の「ZK」は美味しいですが、それなりのお値段です。

和食

食事和マリオット_R

洋食

食事洋マリオット_R

 

1フロアがレストランになっていて204席あり和・洋・鉄板焼きがあります。

店内をみせてほしいというと気軽に案内してくれまして東西南北の大阪の夜景を

楽しむことができました。

DSC00764

 上の写真は57階からみた夜景

 

19階のフロントの後ろには「ラウンジプラス」という喫茶があります。

オープン4日目で4時半にチェックインしたところ、掃除が遅れていてあと1時間

かかるといわれ、無料の飲み物券をいただいてそこで待っていました。

そこのウエイトレスは近所の大阪のおばちゃんみたいな人ばかりで、動きが

遅くて注文を聞いてからお水とおしぼりが出るまで10分、飲み物が出てくるまで

さらに10分かかりました。

「お紅茶」を頼みましたが、メニューをみると1杯1293円でした。

ホテルの宿泊者は早朝の営業前に60階にある「ハルカス300」に無料で

行けます。

エレベーターの混雑を避けるために6時の部と6時半の部に分かれています。

その日の日の出が6時11分だったので私は6時の部に申し込みました。

多くの人は6時半からの部で、私は1番乗りでした。

余談ですが、私はサラリーマンの時から朝はずっと5時起きです。

 

太陽に迎えられて1日を過ごすより、太陽を迎えに行って1日を過ごさないと

その日が損をしたような気になる。」

サラリーマンの時に、そういわれまして

お月さんが3分の1ぐらい出ているときに起きて働くのが

サンゲツだといわれてました。

朝焼けは抜群にきれいです。

DSC00802

 

DSC00804 DSC00805

 DSC00801 DSC00810

 上右の写真は厚さ5センチのガラスの上に上ると真下がみえます。

ちょっとビビります。

 

さて、本題です。

マリオット都ホテルの19階フロントフロア

DSC00731

上の写真は夕方5時ぐらいです。東向き

DSC00814

 朝の7時ごろ

電動のロールスクリーンが全閉されています。

トーソーの遮熱生地のロールスクリーンが使われています。

シースルータイプですが、この時期のこの時間でけっこうまぶしいです。

続きはこちら

続きを読みたいですか?   はい、クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 このブログのトップ

      ホームページへ

タワーマンションの暑さ対策

消費税増税前の駆け込み需要でバタバタしております。

インテリア業界だけでなく、どこもそうだと思いますが販売する側はたいへんなことになって

います。

今は私どもの仕事の中で、1窓2窓や1部屋だけの吊り替えがひじょうに多いのです。

しかも、それは今破れたからとか汚くなったからというのではなく、ずっと前から

そうなっていたのを3%の増税で需要を喚起しているのです。

たった3%というと問題があると思いますが、10%とかじゃなくて3%でこれだけ需要を

喚起できるならば、インテリア業界においてもっと吊り替えをしてもらう手はいっぱい

あると思いました。

インテリア業界挙げて手を打っていく必要があります。

 

メーカーの商品出荷の納期もかかっています。

ハンターダグラスは通常6日目出荷のものが3週間ほどかかっていまして、3月13日に

発注したものが4月1日出荷になっていました。

発注書のリファックスには「4月納品になるため消費税は8%になります」という

ゴム印が押されていました。

この段取りの良さにはびっくりしましたが、ゴム印を段取りすることより人の段取りを

して納期を縮める努力をしてもらいたいものです。

この会社は外国の資本のため、契約を盾に急ぎの時で納期を縮めてといっても

絶対譲らないのですが、自分たちの都合の悪い時はすごく日本的になるので困るのです。

 

こちらもこんなに納期がかかるとは思っていなくてお客様からはすでに消費税5%で

発注をもらっているため、当店で3%分負担しなければならないのです。

中小零細企業にとっては

天下泰平の世の中で、転嫁たいへんの消費税なんです。

 

 さて、本題です。

梅田のタワーマンションのロールスクリーンの吊り替えに行きました。

リビングの南西の円形のコーナー窓で8年前に他社で普通のロールスクリーンを

取り付けられました。

DSC00826

これが暑くてたまらないとのことです。

私が取り替え作業に行ったのですが、この時期でも暑くてセーターを脱いで施工を

しましたが、

それでも汗がでました。

それで遮光2級のロールスクリーンに取り替えました。

DSC00829 DSC00830

DSC00831

 DSC00832

 

 これでかなりマシになりました。

遮光生地をつけると暗くなるのですが、ロールの場合は、下を少し開けたり、

直射日光が入ってこない面を開けることによって部屋が暗くなりません。

軒(のき)のないタワーマンションでは、遮光の生地を使ってちょうどぐらいだと

思います。

インテリア性もありますので、商品単品ではなく、遮光のロールスクリーンと

レースといったような組み合わせをしてもらいたいです。

 

 

 

今日のブログは役に立ちましたか?   はい、クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

マリメッコの生地でロールスクリーンをつくりました。

 マリメッコの生地でロールスクリーンをつくりました。

マリメッコ(marimekko)は北欧を代表するフィンランドの生地メーカーで、日本でも

多くのファンがおられます。当店でも取り扱いをしております。

こちらのお客様もマリメッコのファンで、リビングと階段のところがオープンになっていて、

こちらにマリメッコをつけたいという希望がありました。

開口部が巾180㎝高さ140㎝あり、ここにマリメッコの生地でロールスクリーンを

作るには生地巾が145〜150㎝ぐらいの商品がほとんどのため2台取り付けなければならないのです。

また、綿100%の商品のため、プリエフ加工でのロールスクリーンもできないのです。

そこで、柄をヨコに使い、ヨコ柄にしてもおかしくない商品を選んでいただきました。

DSC00605

生地はヨーナス(Joonas  019702-001)

ヨーナス(JOONAS)でツインシェードを作った施工例はこちら(縦使い)

DSC00601 DSC00604

生地は通常のロールスクリーンとは逆で前から出るようにしてます。

それの方が、下げた時にタペストリーのイメージに近くなるためです。

DSC00607

高さはぎりぎりなんとか納まりました。

マリメッコの生地はデザイン性重視で色がとてもきれいですが、素材は綿100%です。

マリメッコの生地でカーテンを作る場合は裏地をつけないとすぐに色が落ちますし、

ロールスクリーンでも窓際にとりつけると、日当たりで4〜5年ぐらいで色が飛んで

白くなります。

お客様にはその旨はお伝えしていますが、今回は間仕切り的に使い、直射日光が

当たらないため、おつくりしました。

 

今日のブログは役に立ちましたか?   はい、クリック

 

 

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

インターコンチネンタルホテルのカーテン(3)

(2)からの続きです

インターコンチネンタルホテル大阪のカーテンについてです。

窓側には、トーソーの電動のロールスクリーンがついています。

 

下から覗くと

右側の電動のシェードのメカもトーソーです。

このロールスクリーンの品番は

下のバーのところにメンテナンスシールが貼ってありまして、

トーソーのTR-8258とわかるようになっています。

この商品は昨年の10月に廃番になっていまして、今はありません。

写真では切れていますが、右側にQRコードがついていまして

携帯・スマホでかざすと情報が入っています。

これは、今のすべてのトーソー商品についています。

トーソーは3年間保証をしていますので、データの管理をしています。

(当社は5年間保証です。)

QRコードをかざして情報を見ると、

この受付番号では確認ができませんでした。

トーソーお客様相談室03-3552-1002までお電話ください。

と書かれています。

 

結局、電話をしなければわからないようになっているのですが、電話番号が

フリーダイヤルではないのです。

そうすると、もしトーソーが引っ越しをしたりしたらこの電話番号は通じなくなり、

親切ではないのです。

フリーダイヤルはお客様の料金負担をなくすだけではなく、永久の電話番号と

して使えますので、そういった意味でもこういうところにはフリーコールの

番号を書かなければなりません。

商品はすだれ調で透け感があり、すごくいい感じでした。

手前に遮光のシェードがありますので問題はないですが、

これを単独に使うと夜は外からは丸見えになります。

商品は防炎品です。

こうしたホテルはすべて防炎品でなければなりません。

手前のシェードも防炎品です。

仕事柄、ホテルに行ったらカーテンをみて防炎ラベルをみます。

そうすると、どこの業者がやったかがわかるようになっています。

30というのは和歌山の業者です。

大阪は27で、東京は13です。この後ろに個別の番号があり、登録制に

なっています。

当店も防炎認定登録業者で番号がE-27-26692です。

日本防炎協会のホームページにも、防炎品取扱店として載せていただいています。

 

シャープシェードの生地はどこかわかりませんでした。

製品サイズはロールスクリーンのデータからすると巾1420×高さ2150㎜です。

両端70㎜ぐらいのところに2か所巾継ぎがしてあります。

150幅の生地ならば1巾でできますが、巾継ぎしてあるのを見ると137㎝巾の

生地でしょう。

この場合は1台作るのに、2巾必要になってきますが、複数台作る場合は

両端の70㎜分の生地は1巾で数台分兼用できまして生地が少なく済みます。

 

これは、プレーンシェードの場合は、ちょうど、その位置がリング付き

テープがきますので、ここで巾継ぎをするのはよくやる手です。

 

あと、お風呂と寝室の間はガラスがり、ドアがついています。

それを開ければ、寝室側からもお風呂側からも丸見えになります。

このスライディングドアにカーテン生地がガラスでサンドイッチされていて、

ここに五洋インテックスのサザンクロスの見本帳に載っているカシアという

生地が使われていました。

ガラスに生地を挟むことは、当店でも以前に住宅展示場で

クリエーション・バウマンの生地でやったことがあります。

ここをお読みください。

今日のブログは役にたちましたか?   はい、クリック

 

 

カーテン・窓周り品やブログに関する質問は右下小箱のメッセージリーフからお願いします。

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロールスクリーンの操作をワンタッチチェーンからプルハンドルに変更

1年前に取り付けた現場で、マンションのリビングの掃出しの窓が

幅6Mぐらいあり、4分割でロールスクリーンを取り付けました。

4台ともチェーン操作にすると、真ん中に操作コードが垂れるので、

両端の2台だけチェーン式にして、真ん中の2台はプルハンドルで操作コードが

垂れないようにしました。

上の写真は左側が一番端でワンタッチチェーン式で、手前に見えるのがプルハンドルです。

4台ともプルハンドルにしなかったのは、両端がベランダへの出入口に

なっていて、開閉をよくするため、プルハンドルだと降ろす時に下まで

持っていくのに腰をかがめなければならないためです。

また、奥様が小柄な人で取り付け高さが2m10㎝あり、完全にあげてしまうと

手が届かないというのがありました。

両端は、ワンタッチチェーンだと降ろすのに腰をかがめなくてもいいし、

軽く引くだけで自動的にあがるため使い勝手はいいと思ったのです。

ベストな提案ができて、それで施工をしたのですが、1年経って、

奥様から連絡があり、やっぱり全部プルハンドルの方がよかったとのことでした。

チェーンがいつも垂れているのがイヤとのことでした。

そこで、両端の2台をプルハンドルに交換しました。

ワンタッチチェーン式だったので、メカはそのままで操作部だけの交換で

簡単にできました。

こちらのお宅では壁にウォールステッカーを貼ってインテリアを

楽しんでおられました。

 

今日のブログは役に立ちましたか?   はい、クリック

 

 

カーテン・窓周り品やブログに関する質問は右下小箱のメッセージリーフからお願いします。

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

 

 

 

ダブルタイプのロールスクリーンを取り付ける

東京のエンドユーザーの方からメールがきまして、以前に書いたブログ

寒さ対策に天窓にロールスクリーンを取り付ける」を読んで

感動しました。東京はテリトリー外だと思いますが取り付けできませんか?

という内容でした。

先週も群馬県藤岡市からこのブログをみて、天窓のロールについて

問い合わせがありました。

実は、このブログの商品はニチベイの「天窓用ロールスクリーン」という既製品で

サイズだけオーダーすれば、システムとして出来上がっているものなんです。

同じようなものは、タチカワ、トーソーにもありまして、

近くのインテリア専門店に聞けば、販売する側は誰もが知っている商品

なのです。

取り付けも簡単です。

我々販売する側からすれば、市場によく出回っているサイズだけオーダーの

既製品に関しては、何度もブログに書くのも憚かっていて、書いていないのですが

エンドユーザーにとっては初めて知る商品ということもあるようです。

私の場合は、このブログを同業者やメーカーの人もよく読んでいただいているので、

販売する側が誰もが知っているような商品は、ブログにするのを少し遠慮して

いて、ニュース性のあるものや一捻りしたものを書くことに努めてました。

そもそもは、エンドユーザーにわかりやすく商品を説明することをコンセプトに

していますので、今後は原点に戻って誰もが知っていると思われる商品も

わかりやすく説明していきたいと思います

 

ロールスクリーンのダブルタイプについてです

この商品はインテリア販売店ならば誰もが知っている商品で、私も

何度かブログで紹介しています。

ニチベイとタチカワがだしています。

1台のメカで、前幕と後幕の2枚のスクリーンを操作することができます。

一般的にレース地と不透明生地を使います。

今回はタチカワのダブルタイプのチェーン式です。

 

前が遮光1級の生地で後がレースです。
操作チェーンはワンチェーンです。

遮光1級の商品は生地からの光漏れは少ないのですが、

隙間からの光漏れは余計に目立ちます。

1台で2役 シンプルで使いやすいのですが・・・

コーナーもあまり隙間なく納まりました。

タチカワはワンチェーンのワンタッチ式と真ん中のコードを引っ張る

プルコード式があります。

ニチベイはプルコード式しかありません。

最初、ニチベイがこの商品を出して、発売当初はチェーン式とプルコード式が

ありましたが、今はプルコード式のみです。

プルコード式は真ん中に2本の紐が垂れ下がりまして、これはあまりカッコが

よくないのでチェーン式を使うことが多いのです。

手が届くところならば、角リングという手もあります。

ダブルタイプのワンタッチチェーン式は最後はゆっくり上がる機構が

ついていなくて、最後はガチャンとあたるのです。

止めたい位置でも止められないのです。

この現場の商品は遮光の生地で最初の設定のスプリングも強くなっていて

激しい音がなります。

タチカワにも相談しているのですが妙案はないのです。

なんとかしてくれ、タチカワ。

今日のブログは役にたちましたか?        はい、クリック

カーテン・窓周り品やブログに関する質問は右下小箱のメッセージリーフからお願いします。

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

3連窓にロールスクリーンの色を変えてアクセントにしました。

男の子の部屋です。

3連窓に3台のロールスクリーンを取り付けましたが1台だけ色を

変えてアクセントにしました。

最近はこういうことをやるのがひじょうに多いです。

ロールの奥側は遮熱レースをパイプ通しで取り付けてます。

 

今日のブログは役にたちましたか?        はい、クリック

カーテン・窓周り品やブログに関する質問は右下小箱のメッセージリーフからお願いします。

  カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

10 / 26« 先頭...89101112...20...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.