カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

経木すだれタイプのロールスクリーンを取り付けました。

8月16日

カーテン夢工房は本日までお休みをいただいています。明日17日より通常営業いたします。

このブログは事前に書いたもので、タイマーセットで16日にアップするようになっています。

 

ニチベイの経木すだれタイプのロールスクリーンをコーナーのある3階の広縁に取り付けました。

カーテンボックスがあったのですが、奥に納めた方がすっきりするので木枠に中にいれました。

コーナーのところはどちらか一方を長くつくるのがロールスクリーンやバーチカルブラインドの基本です。シェードの場合は手前でつきつけにします。

そのため、別の角度からみるとかなり隙間があきます。

ロールスクリーンの場合は、経木すだれの場合は径が大きくなるので巻き上げたときの径を考えて取り付けなければなりません。

巻き上げた時はほとんど隙間なく取り付けていますが降ろすと上の写真のような感じになります。

 

画像はクリックすると拡大します。

ロールタイプの経木すだれはすっきりしますので、洋風建物の広縁にはぴったりです。

しかし、夜、室内で照明をつけると外から中が丸見えになりますので注意してください。

今回はニチベイのロールスクリーンを取り付けました。

ニチベイはメーカー保証としてロールスクリーンは3年しています。

タチカワは今年の7月より今まで1年だったのを2年間の保証にしました。

トーソーは1年しか保証していません。

但し、いずれも生地の部分は保証しておらず、メカの部分だけです。

私は、メーカー保証の期間の長さは、メーカーにとっての商品の自信の表れだと思っています。

ニチベイはロールスクリーンは関しては早くから3年保証をしていました。

それに対して、先月からタチカワは1年保証から2年保証にしました。今までのタチカワの戦略からしてこれは考えられないできごとなんです。

タチカワは後だしじゃんけんで勝つのが得意な会社で、今までも他社がいいものをだすと、あとから同じもので少しいいものを開発費をかけずにすぐに出してくるのです。すして抜群の営業力で他社よりシェアをとるのです。

調光型ロールスクリーンでも、トーソーがビジックをだして、よく売れると、タチカワは同じようなデュオレをだしたのです。たぶん、今やデュオレの方が売れているのではないでしょうか?

遮熱ブラインドでも、一番最初にだしたのはトーソーです。、あとからタチカワがだして、完全にシェアをとりました。
トーソーが先日ツイッターで「遮熱ブラインドを最初にだしたのは、実はトーソーなんです」とつぶやいていました。この『実は』という表現にすべてを語っているのです。

こんな会社である立川ブラインド工業が、ニチベイが3年保証してるにも関わらず、その数年後に2年保証を打ち出してきたのです。

商品に自信があるならば、最低でもニチベイと同じ3年保証、もしくは40か月保証を打ち出してくるのが今までのタチカワのやり方なんです。

 

どうしたのかな? タチカワ

当店では、メーカーの保証期間にかかわらず、当店でお買い上げ頂いた商品は5年間の無料保証をしています。

 

 

ツイート    このエントリーをはてなブックマークに追加   

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

オーダーカーテンならば大阪・カーテン夢工房  

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

バウマンの電動バーチとロールスクリーンを取り付けました。

8月15日 終戦記念日 カーテン夢工房は明日16日まで休みです。

このブログは、事前に書いたものでタイムセットで自動的にアップされるようになっています。

クリエーション・バウマンの電動バーチカルブラインドとロールスクリーンを取り付けました。

バウマンの美しさは、織物メーカーなのでメカ物なのに生地にこだわっているところです。国内の主要メーカーであるタチカワ、ニチベイ、トーソーは製造メーカーで生地へのこだわりは2の次になっています。

バウマンの電動のメカはホームユースはナスノスを使っており、これが中国で生産されているのですが、コンパクトで取付けが楽で、音が静かでスムーズで、そして以前のサイレントグリスのメカに比べてひじょうに安くなっておりすばらしくいいのです。

 

カーテンボックスぎりぎりにうまく納まりました。

最初、実測に行った時はボックス幅が135ミリしかなく、ルーバーの巾が127ミリで窓枠が壁より10ミリでており、とりつけるとルーバーの回転時に窓枠に触れることになります。

その時点で、設計士さん言ったらボックスを150ミリにおおきくしていただけたのでうまく納まりました。もし、取付時まで気付かなかったらこちら側の問題となるところでした。

生地はエアウエイ23で、しなやかできれいです。

 

裾もすっきりでスペーサーチェーンがなくて、ウエイトも生地を巻き込んで接着してあります。
メンテナンスがちょっとたいへんです。

バウマンのメカは均等ピッチで美しいと盛んに言ってきましたが、それは手動だけで電動は均等ピッチではありませんでした。

ここに訂正いたします。すみません。

別の部屋で、電動のバーチでスエズⅡの11番があるのですが、こちらは世界的に売れすぎて欠品になっており、月末に取り付けにいかなければなりません。

バウマンのロールスクリーンもとりつけしました。

 

生地はVector R-705です。

さすがに生地は美しい。メカは国産のトーソーです。

 

ツイート    このエントリーをはてなブックマークに追加   

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

オーダーカーテンならば大阪・カーテン夢工房  

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

トーソーの遮熱ロールスクリーンのデータ

このブログは8月4日に途中まで書いて放置していたもので、本日続きを書いてアップしています。

 

リック主催でYKK・APの内窓「プラマードU」の商品説明会に行ってきました。リックは東リ資本のインテリアの商社(問屋)で、今まではトステムを積極的に販売をしていました。

それが8月1日より、川島織物セルコンが、トステムやINAXのブランドで知られている株式会社住生活グループの完全子会社になったため、方向転換しましてYKKの商品を販売するようになりました。

 住設関連業界は三つ巴の激しい戦いが繰り広げられています。
トステム、INAX、新日軽などの住生活グループ
TOTO,大建工業、YKKのグループ
パナソニック電工のグループ

住設業界はこの3つのグループに属していないと生き残れないといわれているぐらいで、個々の戦いよりグループ間の戦いになってきています。インテリア業界は、これからこれらのグループに巻き込まれていくのではないでしょうか?

 今や、どこの業界でも一社だけの力ではどうすることもできないことが多々あり、グループ化の傾向があります。そうしないと力がつかないのです。

リックでのYKKの内窓「プラマードU」の説明会は、トーソーが窓口になっています。

今までは、内窓といえば、トステムのインプラスしか取り扱ったことがなかったので、YKKの話を聞けてたいへん勉強になりました。

インプラスとプラマードUとの違いは、プラマードUは四方ともアルミ枠を使っているのですが、インプラスは上枠はアルミではなく三方しか使っていないとのことです。

今年は、節電意識が高くて内窓に遮熱ガラスを使うというのがあるのですが、これは冬場の陽射しもカットするので、デメリットにもなるとはっきり説明してくれました。

サッシ業界というのは、「おサッシの通りで」という感じで、はっきり言わないのかとおもっていましたが、他社と比較して当社はこうだということをはっきりいってくれるのでわかりやすいです。

それに比べて、インテリア業界は他社と比較して相手より当社の方がいいんだというような言い方は絶対にしません。

裏ではボロカスいいながら、表では批判的なことはあまり言わない。ちょっと批判的に言う時は、相手の会社名をはっきりいわないで、イニシャルでいうのです。

TAさん、 TOさん Nさん とか 名古屋のS さん とか

業界に長くいる人はこのような言い方をされます。これが美徳とされているのです。

今はそんな時代ではないでしょう。

「はっきり相手のここが問題だ、おかしいでしょう」といいましょう。

 

さて、本題です。

この説明会のときにトーソーからパンフレットをいただきました。

画像をクリックして、さらにクリックすると拡大します。

2011年6月発行のパンフで、トーソーの遮熱ロールスクリーン『プロシャイン」についてです。

スクリーンの日射反射率を「分光光度計による測定値をJIS R3106に基づいて算出」として、一般的なスクリーンを反射57.8%に対してプロシャインTR-8803の反射67.8%としています。

それに対して2011年7月発行のパンフレットでは

こちらでは、同じプロシャインTR-8803の日射反射率を72%になっています。
一般のスクリーンは同じ57.8%です。

6月のパンフレットでは遮熱ロールスクリーンのプロシャインの日射反射率を67.8%として、1か月後の7月のパンフレットでは72%になるのでしょうか

それは比較するデータを変えているからです。

7月のパンフレットでは「欧州規格EN410」に基づいた数値」ということを小さく書かれています。

なんでここにヨーロッパの規格を持ち出すのですか?比較する相手の一般スクリーンは日本のJIS規格なのに。

たぶん、ニチベイのシルバースクリーンの74%を意識してのことだと思います。

こんなことをこそっとやっていたら、トーソーのデータすべてが信用できなくなります。

トーソーの営業は、遮熱ロールスクリーンに詳しい

                    プロ社員

                                         なんですか?

それとも、遮熱のことはわけわからんけど、わかったようにするために

    「プロ社員(プロシャイン)」

と名付けたのですか?

トーソーのデータに関しては、突っ込みどころが他にあるけど、今日はこのへんにしといたろ

 

 

 

ツイート    このエントリーをはてなブックマークに追加   

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

オーダーカーテンならば大阪・カーテン夢工房  

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

ロールスクリーンの生地交換

10年前に取り付けたトーソーのロールスクリーンの生地交換をしました。

ロールスクリーンの生地交換はエンドユーザーの方でもできるようになっていますが、ほとんどの方が当店に依頼されてきます。

生地交換の依頼も年に数回あるかないかぐらいで回数としては少ないと思います。たぶん、生地だけ交換できるというのをご存じないのかもしれません。

メカは古くても国産のものはけっこうしっかりしていて使えなくなったというケースは少ないのです。生地は今、販売されている色や柄のものと交換できまして、生地のみ交換の場合はメカ込みの単価の55~60%ぐらいが定価になっています。

ただ、今まで使っていた生地がレース地で薄くて軽いものから遮光の生地にするというような場合は、巻き径や重さの関係でできません。

今回のものはトーソーで、問題ないと思って発注時のデータとともにトーソー大阪に発注しました。

そうしたところ、交換部品がすでに廃番になっているために交換用生地はつくれないという連絡がありました。

我々販売店は、販売時に汚れたら生地のみの交換もできますよと言って販売しているのです。ちょうど汚れで取り替え時期の10年後に部品が廃番だから交換生地はつくれないと言われたら困るのです。

そのことをツイッターでつぶやいたら、トーソーの広報がツイッターで私をフォローしてくれていて「大阪の業務の勘違いです。交換できます」というりツイートがあったのです。

いや~助かりました。

もし、1年前ならばトーソーはツイッターをやっていなくて、トーソー大阪に発注して「できません」といわれて泣き寝入りしなければならないところでした。

業界の末端にいる大阪の一業者の声も、東京の本社の広報に瞬時に届き、すぐに改善されるといういい時代になりました。

 今や、世界的にはツイッターよりもフェイスブックが活用される時代になってきていますが、インテリア業界には、ツイッターやフェイスブックでの情報発信をしていないメーカーもたくさんあります。

時代に合って営業をしていかないと世の中に取り残された業界になってしまいます。

同業者の方もツイッターやフェイスブックをやりましょう。メーカーの営業員の来ない地方にいても、東京の情報がいち早く得られますし、同業者間の情報交換はすごく役にたちます。

 

  

今まではTR-2114という白っぽい生地がついていました。巻きずれで生地の端がよれっとしており、汚れもひどかったです。

新しいきじはコルトのTR-8003です。

 

階段の間仕切り用に使われていて、上の左の写真は左1台だけ交換したところです。

色を変えるだけで、部屋の雰囲気もかわります。

こうしてインテリアを楽しんでいただきたいものなのです。

この商品はサイズは840×2400が2台で通常に発注して、何の連絡もなかったのですが、箱をみると「ノンクレーム」と印字されているのです。

 

「ノンクレーム」というのは、「何かクレームが起こってもメーカーとしては責任は持ちませんよ、。クレームをつけたらダメですよ」という意味なんです。

そんなこと、事前に聞いてな~い。

「次回は文句いうなよ」という意味なんだろうか?

 

ツイート    このエントリーをはてなブックマークに追加   

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

オーダーカーテンならば大阪・カーテン夢工房  

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

カーテン生地でロールスクリーンをつくる

遮光1級のロールスクリーンがほしいという要望はあるのですが、ロールスクリーンのメーカーには、1級で可愛い生地がないのです。

そこで、プリエフ加工という方法でカーテン生地からロールスクリーンをつくりました。

(画像はクリックすると拡大します)

生地はサンゲツのCK-7868で遮光1級です。

生地はポリエステル100%のものならばほとんどできます。幅継ぎもすることができます。たとえば、150センチ幅の生地で幅180センチのロールスクリーンもつくれます。

プリエフ加工に関しましてはこちらをご覧ください。

http://www.curtainkyaku.com/blog/31345.html

http://www.curtainkyaku.com/blog/52356980.html

 

 

ツイート    このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

オーダーカーテンならば大阪・カーテン夢工房  

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

ニチベイ 電動のシルバースクリーンを取り付ける

高層マンションの高層階にニチベイの電動のロールスクリーンを6台取り付けました。

 

この商品は今年大ブームを呼んでいるロールスクリーンで日射反射率74%で遮熱効果が抜群で、それでいて比較的外がみえるのです。

2011年4月23日の私のブログで紹介していますが、それから大反響を呼んでいます。

こちらをお読みください。http://www.curtainkyaku.com/blog/31006.html

取り替える前はクリエーションバウマンのレースのロールスクリーンがついていました。

この状態だと1月でも冷房を入れなければならないぐらい暑いとのお話でした。

今回、取付けたのは電動で4つの区分に分けての操作をするタイプです。

取付け段階で電気が入ると勝手に動いて下限位置が上から3分の1ぐらいのところで止まってしまい、動かなくなりました。

 

ニチベイの電動ロールはリミッターを解除するという方法がないため、少しずつ動かしながら設定変更ができました。

室内からの透け具合をアップにすると

こんな感じで外がみえます。

こちらの現場では、ホワイトとベージュを1枚置きに2種類とりつけています。

黒い色の方が、室内から外は見えやすいですが、夜はその色そのものがでます。

効果は抜群で、体感温度ですが明らかに違いがわかります。

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

オーダーカーテンならば大阪・カーテン夢工房  

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

プリント生地の色あせ

別のサイトに設けています「カーテンと窓周り関係質問箱」に問い合わせが入っており、
私が2005年6月12日に書いたブログ「木製ブラインドのクレーム」に関連することで、最後にぴたっと閉まる羽根の向きまで説明しないのは販売する側のミスなのかということでした。

質問内容はこちらをお読みください。
        http://interior.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=13166668

お客様のおっしゃることはよくわかりますが、販売する側でそこまで気がついて説明出来るところは少ないと思います。

私は、別のところで感心したのは、6年前に書いたブログでも検索で引っかかってくることと、エンドユーザーがそこまで求めておられるのかということです。
ぜひ、メーカーはこうしたユーザーの生の声を商品開発にいかしてもらいたいもです。

ブログの重要性を改めて認識しました。また、ブログにはいいことばかり書くのではなくクレーム事例や失敗談もできるだけ書いていくべきだと思いました。

さて、本題です。

失敗ではないのですが、現実にこのようなことが起こっている話です。

12年前にフィスバのプリント生地FLORES グリーンでロールスクリーンを作りました。先日別件でお客様のところに行ったらグリーンの生地が白色になっていました。

元々はベースの色がグリーンでした。陽にあたっていない上の方はまだグリーンが残っています。

右側のロールは上の部分を降ろして比較しています。

 

 

プリントの生地は直射日光が当たるところでは、長期間使うとどうしても色が飛んでいきます。

これで12年ですが、わたしの経験から行くと使用状況や環境によりますが、4~5年目ぐらいから色が薄くなっていくのに気付くと思います。

こういうのはメーカーはクレームと認めませんし、「プリント生地だから当たり前でしょう」といった感じです。販売店には説明責任が求められます。

 

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

織物研究会

 

 がんばっぺ東北!がんばろう日本!

ブログのトップ

15 / 25« 先頭...10...1314151617...20...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.