ロールスクリーン » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

電動ロールスクリーンを吹き抜けコーナー窓に取り付け

今年はインテリアの電動商品の取り付けが多かったです。

12月だけでも6件しています。

電動商品の施工事例を3話連続で書きます。

 

吹抜けのコーナー窓に電動のロールスクリーンを取り付けました。

dsc04127

お客様の要望としては

1)電動商品

2)窓枠をみせたい⇒壁付け(外付け)

3)コーナーの隙間をできるだけ少なくしたい

4)線がみえないようにすっきりしたい

 

コーナー窓で外付け(壁付け)して、コーナーの隙間をできるだけ少なくするというのは

けっこうハードルが高いのです。

一般的には、

どちらかを長くしても7㎝ぐらいは隙間があきます。

dsc03248-490x368 dsc03246

そこで考えたのが逆回転仕様で、コーナーの2台とも生地が前から出るようにしました。

そして、ロールスクリーンのヘッドレールをそのまま壁付けすると、メカ部分が

さらに飛び出るので、L金具を使って天付け仕様にしました。

dsc04125

dsc04128

これによって、直角に取り付けているロールスクリーンの隙間はより少なくなります。

dsc04123

 

日本人は戦前は「欲しがりませんカーテンまでは。(勝つまでは。」と言って

いたのですが、

戦後は敗戦処理(配線処理)をきれいにしてほしいという要望が強いのです。

dsc04117

事前に電源コンセントの位置を指示をして、家具コンセントをお渡ししておきました。

そうすると、これを隠すようにロールスクリーンをとりつけることができるのです。

問題点として、天付け仕様にすると、ヘッドレールの上にホコリがたまりますので、

これを防ぐためにホームセンターで白い段ボール紙を買ってきてカバーを作りました。

dsc04116 dsc04112

dsc04118

商品はニチベイの電動ロールスクリーンのサイレントソフィで遮光の生地を使っています。

どうでもいいが動画です。

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

修理依頼は写真添付のメールで

最近、修理依頼がひじょうに多くなりました。

季節の変わり目で、人間もメカ物も体調を壊すのかもしれません。

今はメールでのやり取りで写真を送っていただけるので事前に状況が把握できて、

1回で納めることができます。

マンションの管理会社からメールと写真が送られてきて、築10年ぐらいの

マンションのロビーに取り付けているサンゲツのロールスクリーンの操作コードが切れたので

修理が可能かとどうかいう問い合わせでした。

下のような写真が添付されていました。

 1479374074_photo_%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8_1_r

1479374074_photo_%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8_2_r

メンテナンスシールは薄くなっていて読めなかったのですが、どういうメカかがわかり

何を用意していけばいいのか事前にわかったのです。

 

ハンダゴテ1つ持って現場に行きました。

img_5723

ハンダゴテで現場で操作コードを接着しました。

コードの接着面をハンダゴテで溶かして圧着するとくっつきます。

 

img_5720

ロールスクリーン img_5718

このようになっていました。

img_5725 img_5724

ほぼ完ぺきに接着することができました。

img_5726

メールで詳しい状況を知らせていただいていたので、1回で納まりました。

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

タグ :

傾斜窓に電動のロールスクリーンを取り付けました。

住宅メーカーの仕事で傾斜窓に電動のロールスクリーンを取り付けました。

実測に行った時の写真でクロスを貼る前の写真です。

dsc03421 dsc03422

開口部が巾170㎝で長さが71㎝の横長の傾斜の天窓です。

こういうところに電動で取り付けるのにいい商品がないのです。

タチカワ、ニチベイが傾斜窓用の電動のロールスクリーンをだしており、

ニチベイは25㎜巾の電動傾斜ブラインドもあります。

今回取り付けたのは、タチカワのホームタコス(電動)傾斜窓用ロールスクリーンです。

リモコン操作です。

dsc03529 dsc03530

dsc03537

dsc03532

dsc03539 dsc03540

(画像はクリックすると別のページに飛びまして、そこでもう一度クリックすると

拡大します。)

電動ロールスクリーンの場合は、ボトム側にバーがありそちらにモーターがついていて

駆動コードを引っ張る形で昇降します。

光漏れを防ぐために上下に9㎝ずつのフレームが来まして、左右には7.5㎝ずつのフレーム

(オプション)がきます。

そのため、開口部が前後で18センチ、左右で15㎝狭くなり、この場合は

170㎝×71㎝の開口部が155㎝×53㎝の窓になります。

 

これでいいのか?

 

未だこういう商品はないのですが、35ミリ巾か50ミリ巾のスラットの電動傾斜ブラインドが

あればいいと思います。

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

川島織物セルコンの生地でロールスクリーン

カーテン生地でロールスクリーンを作ることができるのはご存じですか?

ポリエステル100%の生地ならばプリエフ加工で、

綿100%の生地ならばスティフナー加工(樹脂加工)でできます。

※今まで、私のブログではステフナー加工と書いていたため、検索で

スティフナー加工」としても出てこないですが、「ステフナー加工」とすれば

でてきます。

今回取り付けたのは、昨日書いた現場と同じなのですが、川島織物セルコンの生地で

プリエフ加工でロールスクリーンを作りました。

161019-160348_r

生地はFT0356です。

dsc03380

dsc03379 dsc03344

2台付けていまして、右上の写真は別の窓で同じ生地でつくっています。

生地の裏側に当社のオリジナルマークを取り付けています。

dsc03381

内開きの窓があって、そこに埋め込みのブラインドボックス(カーテンボックス)が

あります。

その深さが8㎝のため、プレーンシェードにした時はあげたときのたまりが15㎝ぐらいあり、

窓の扉と干渉するのです。

カーテン生地でロールスクリーンをつくると、たくさんの生地から

柄を選べて意外とすっきりします。

プリエフ加工では、大きなサイズでも巾継ぎをしてつくることができますが、

スティフナー加工では、生地巾以上のものは出来ません。

マリメッコの綿の生地では、よくスティフナー加工でロールスクリーンをつくっています。

施工例ブログはこちらです。

 

 日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

11年前に取り付けた天窓傾斜ロールスクリーンのその後

11年前にリビングの吹き抜けに取り付けた天窓用のロールスクリーンの

修理依頼がありまして、行ってきました。

2005年6月25日に取り付けた施工写真がブログに残っているのです。

こちらをご覧ください。

 当時の施工写真です。

546cb072 e74d5e82

0fad5ac9 d3c8a91c

この商品はニチベイの天窓傾斜用ロールスクリーンで、メーカーの製作範囲が

巾200㎝で丈が200㎝なのですが、規格外の丈280㎝でつくっています。

メーカーに確認すると、丈が長いと幕が垂れるという問題があるからできないとのことでした。

責任はこちらで持つからということで丈280㎝でつくってもらいました。

垂れることに関して、角度をつけて取り付けるので敢えてその垂れ具合をいかす

ことができるので問題はなかったのです。

ロールスクリーンが傾斜になるのに、取り付ける面が垂直だと負荷がかかるので、

それを少しでも軽減するためにフリーブラケットを使いました。

このフリーブラケットが錆びてきたので、交換の修理依頼だったのです。

ロールスクリーンは規格外でメーカーには責任はないので、それが問題になっていたら

どうしようかと思ったのですが、フリーブラケットの交換で済みました。

dsc03197

これが錆びたのです。

dsc03198 dsc03200

dsc03202 dsc03204

11年振りの訪問になりましたが、お客様はこの天窓ロールスクリーンのおかげで、

快適に過ごせてほんとによかったですとたいへん喜んでいただいています。

絶賛していただきました。

当時はメーカーも「ノンクレーム」ならOKで出荷してくれたのですが、

最近は、クレームは言わないという条件で出荷していても文句を言ってくる人がいて、

それをメーカーに振ってくる業者もいるため、規格外の商品はなかなか出してくれなく

なりました。

 

 

 日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

※インテリア関係者のオフ会(10月27日)のご案内はこちら

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

ロールスクリーンのコーナー窓の納まり

30回目の献血をしまして、日本赤十字社から記念に盃をいただきました。

30回目の献血

30回するのに29年かかりました。

健康でないと献血もできませんので、この盃で健康であることを祝って一杯やりたいです。

これが私ができる唯一の社会貢献かもしれません。

 

さて、本題です。

 

タワーマンションのコーナー窓にニチベイの遮光1級のロールスクリーンを取りけました。

手前には、ドレープとレースがついているのですが、それだけでは

暑さ対策になっていなくて、さらにロールを一番窓側に取り付けました。

dsc03250

dsc03243

ロールスクリーンの場合は、こうしたコーナーにとりつけるとかなり隙間が

開きますよということをエンドユーザーに伝えたくてこのブログを書いています。

dsc03248

取り付け方としては、どちらか一方をサイドの壁ぎりぎりまで大きく作ります。

そのことを業界用語で「勝ち」といいます。

もう一夫を側面のロールスクリーンの巻き上げた径にすれすれになるように

くっつけて取り付けます。

その様に取り付けたのがこの施工例です。

dsc03246

計算的に言うとロールの径が、この商品で高さ210㎝の場合、58㎜になり、

メカと生地の隙間は操作側でない方で、13㎜開きます。

スクリーンを降ろすと生地は少し前に出てきますが、真横から見ると

7㎝近く開く計算になります。

「ロールスクリーンはこんなもんなんです」ということを事前にお客様によく説明を

しています。

より隙間を小さくするには、コーナー窓で逆巻き回転仕様(生地が前から垂れるやり方)

というのもできるのですが、これは未だやったことがないのです。

 

されたことのある同業者の方がおられたら問題点はないか教えてください。

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

間仕切り用のロールスクリーンに木製カバー

最近、スパムメールが多くないですか?

以前はタイトルが英語等の外国語になっていて、アドレスもややこしそうなもので、添付が

ついているのですぐにわかるものでした。

でも、今年春ぐらいから来るようになったのは、「くろねこヤマト」や

「三菱UFJ」や「りそな銀行」を名乗ったものが来たり、

「採用」や「注文・注文請書」というような思わず開封しそうなものが

よく来るようになりました。

これらに添付されてくるものを開封するとたいへんなことになりますので気をつけてください。

1つは「ランサム(身代金)ウェア」というもので、添付されているものを開封すると、

ウイルスに感染してしまい、パソコン内の文書や画像などが暗号で書き換えられるのです。

そのあと、その暗号を解除する鍵と引き換えに、匿名で取引できる仮想通貨の

ピッとコインの支払いを求められるのです。

中小零細企業がよく引っかかるのです。

また、ネットバンキングを狙った偽装サイトというのもあります。

うちはセキュリティソフトをいれているから大丈夫とか、

ルアドレスは友達以外教えていないから絶対大丈夫とか、

我々のような小さな会社を狙っても意味がないから狙われないだろうと

思っておられる方が多いと思いますが、そんなことはないのです。

こんなことを考える奴は頭がいいのです。

まだ、そんなメールは来たことがないという人も、これを読んだら少し

意識しておいてください。

私も、このブログを一度ウイルスにやられたことがあるのです。

それ以降いろいろと気をつけていますが、敵の方がいろいろと仕掛けてきているのが

わかるのです。

 

さて、本題です。

玄関から入ってみえる廊下に間仕切りのロールスクリーンを取り付けました。

お客様はいろんなことを勉強されていて、こちらが提案する前に

ロールのチェーンの色は目立たないように茶色にしてほしいとか、

巻き上がるところは格好が悪いので隠してほしいという要望がありました。

最低条件だけおっしゃってあとはお任せとなりました。

ロールスクリーンのカバータイプというのがあって、上のところが見えないものも

商品としてあるのですが、間仕切りで裏からも見えるため、それを使わず

独自で作りました。

木製ブラインドのバランス(カバー)だけ、別に取り寄せて、Lアングルをつけて

天井に直付けして裏表両方からカバー(バランス)をつけました。

木製カバーの色を柱のこげ茶に合わせるか、天井の白に合わせるかを

悩んだのですが、柱の色とぴったり合うものがなかったので目立たない方を選択しました。

dsc03212

dsc03211

dsc03210 dsc03214

こういう規格外のことを創意工夫してするのがけっこう好きなんです。

こういうことができるのが専門店だと思っています。

 

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

2 / 24123...10...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.