カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

今日の現場 電動ロールスクリーン18台取り付ける

ツイッターがブームです。
私も一応登録していまして、鳩山首相をフォローしていますがみることはないです。

ブログのアクセス解析をしているとツイッターのURLからもアクセスがあり覗きにいくと、同業者が私のブログを「情熱的なブログ」としてリンクをはってつぶやいていただいているのです。

私は、ブログを書くので精一杯でツイッターまでやろうとは思わないです。他人のツイッターのつぶやきはよくみますけど、実につまらないです。

私がツイッターで「今、3階でロールスクリーンを取り付けてます。暑いです。」というのをつぶやいて、それを読んでもつまんないと思うのです。

鳩山首相のツイッターも「これから沖縄に向います」とつぶやいているのを見ても「あ、そう」しかないのです。

ゴメン、あそうは前の首相だった~。

毎日新聞によれば、ツイッターをやっている国会議員84名のつぶやきも、憲法記念日に日本国憲法についてつぶやいた人は誰もいないという状況です。

どこで何をやっているかを知りたいのではなく、どういう考えをもっているのかをつぶやいてほしいのです。それならば興味があります。

今日の現場

タチカワの電動ロールスクリーン「ホームタコス」18台と手動のものを9台を神戸市の山の手にある個人宅に取り付けました。

どうでもいいが動画です。

画像真ん中の三角をクリックすると動画になります。

CIMG4655CIMG4658

CIMG4652CIMG4665

CIMG4558CIMG4663

(写真はクリックすると拡大します。)
一番下の左の写真はコントローラーを1カ所にまとめています。その右の写真は受光部。

こちらの現場は東京の設計事務所の設計で打ち合わせはすべて東京でメーカーの立川ブラインド工業がやってくれました。

お施主さんが私のブログを読んでいただいており、当店を施工店としてご指定いただきました。

私は立ち会っているだけなのですが、ブログの力がメーカーに対して圧力になっているのか、今日もタチカワの東京から技術の方がお見えになり、長野からは製造メーカーの方もきていただきうまく納まりました。

というのは、先月に取り付けたのですが、コントローラーを1カ所に置くために本体から配線をしていて、それが20Mぐらいになり一部ノイズが発生したりして、リミッター調整がうまくいきませんでした。

そのため、この現場仕様にコントローラーを改良したりしました。

私も勉強になりました。

これからもインテリアの伝道師電動士)として、エンドユーザーにインテリアの良さを伝えていきたいです。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

今日の現場 傾斜窓にロールスクリーンをとりつけました。

今日から造幣局の桜の通り抜けです。
夜桜見物でもしようかと思ったのですが、寒くて行けませんでした。

今日はタイタニック号の日でもあります。

1912(明治45)年のこの日、初航海中のイギリスの大型客船タイタニック号が、北大西洋ニューファントランド沖で氷山に激突し、翌日未明に沈没しました。映画でおなじみなのでほとんどの方はご存じだと思います。

私はタイタニック(炊いた肉よりヤイタニックが好きです。

焼き肉食べた~い。

今日の現場

傾斜窓にロールスクリーンを取り付けました。

CIMG4436

CIMG4437CIMG4433

向こうの三角の窓は同じ生地をカットして貼りつけてあります。

これは傾斜窓ロールスクリーンという既製商品でサイズだけオーダーです。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 オーダーカーテンならば大阪・カーテン夢工房

 

 ブログのトップ

 

 

ロールスクリーンの光漏れ防止

4月6日

今日から10日間、春の全国交通安全運動が始まりました。
私が小さい時は「春の全国交通安全旬間」と言っていました。10日間なので旬間が正しいのです。それ以前は1週間の期間だったので春の全国交通安全週間と言っていました。

「旬間」が馴染みないので、いつの間にか「運動」というようになったみたいです。

今日はやたらスピード違反の取り締まりをやっていました。

安全運転をしましょう。

今日の現場

3月16日のブログ「ロールスクリーン連窓の時の隙間」で書いた現場にカーテンを取り付けて隙間からの光漏れを防止してきました。

CIMG13924

現状は巾226センチの窓にニチベイのロールスクリーンダブルタイプが2台ついており、そのすき間が26ミリあります。

これは、上の本体部分はぴったりついていますが、ロールスクリーンの特性で、生地と生地の間は必ず隙間ができます。

この隙間から夜、室内の照明がついていると外から中が丸見えになり、シャレにもならないのでなんとかならないかという相談がありました。

現状のものを活かすことが前提なので、あまりかっこはよくないですが苦肉の策で考えたのがこれです。

ロールスクリーンの後ろ側の隙間にレールを1本取り付け、そこに1巾分の1.5倍使いの遮光カーテンをつくって吊るし、昼間は片方に寄せておくという方法です。

CIMG4187CIMG4188

 

 

 

 

上右の写真はカーテンを取り付けて右にためているところです。

CIMG4189CIMG4192

上左の写真は1巾分のカーテン(巾は約60センチ】をまん中に寄せたところです。

CIMG4191

(写真はすべてクリックすると拡大します。)
これによって、ロールスクリーンの隙間からの光漏れはなくなりました。

これは苦肉の策で、本来は取付時にこのような光漏れが起こることを説明をし、サッシのところで分割するとか、1台で出来る方法を考えるとかの提案をすべきなんです。

今日のブログは役にたちましたか はい、クリックにほんブログ村 インテリアブログへ



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


織物研究会

ブログのトップ

 

ニチベイのシルバースクリーン

ニチベイから省エネ効果の高いロールスクリーンが新発売されました。

裏面がアルミ蒸着加工がされており、平均74%の高い日射反射率です。

今までは、同じような商品ではニチベイがブルー、サンゲツ、東京ブラインドが黒とシルバーのものがありました。

2008年4月30日のブログでニチベイにこの商品の白とベージュのものをつくってほしいと書いたところ、今回ホワイト、ベージュ、ダークグレイ、ライトグレイの4色を出してくれました。
こちらをお読みください。
http://www.curtainkyaku.com/blog/51609331.html

ありがとうございます。

CIMG4046CIMG4047

右側の写真は裏側で、裏はシルバーです。

大阪店には展示しています。

CIMG4036CIMG4038

上左側は室内から撮ったもので、右は外から撮りました。
今日撮ったため、外は雨で暗かったので中から外が見えにくくなっていますが、実際はシースルーでもう少しみえます。

室内の照明がついていて、外が暗かったら(右の写真)は外からは丸見えになります。
(写真はクリックで拡大します。)

このロールスクリーンを1枚だけ吊るときは夜は気をつけてください。
高層マンション向きです。

どのぐらい省エネ効果があって、温度の上昇を押さえるのかを実験しました。

CIMG4040CIMG4039CIMG4041

当店の遮熱効果実験装置です。
60ワットの電球をあてて、間にロールスクリーンを挟んで、10センチはなれたところの温度を測りました。

左がシルバーロールスクリーンのベージュです。
右がフェスタというニチベイの代表的なロールの生地です。

最初は19度でした。

30分後です。
フェスタは
CIMG4043CIMG4045

25.5度になりました。

シルバーロールスクリーンは
CIMG4042CIMG4044

24度です。

その差1.5度(30分間)

これを効果があると判断するかしないかですが、1枚の生地でこれだけの差がでるのは効果があると思います。

でも、実際の室内の温度がこれだけ差がでるかどうかはわかりませんが、普通のロールスクリーンよりは効果があるのは間違いがありません。

ニチベイはこのロールスクリーンをせんべい(宣伝)するために新しいノベルティグッズをだしました。

CIMG4033ECOMADO せんべい

ニチベイが先鞭(せんべい)を付けたエコ窓

これは省エネに貢献したえ~子にあげるそうです。
協力しない人には

ニチベイせんべいあかんべ~


今日のブログは役にたちましたか はい、クリックにほんブログ村 インテリアブログへ



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


織物研究会

ブログのトップ

今日の現場 連窓の時のロールスクリーンのすき間

昨年、住宅メーカーの仕事で取り付けたロールスクリーンで、2分割されている真ん中のすき間が気になるとのことで相談があり伺いました。

CIMG3927

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG3922CIMG3928

CIMG3921CIMG3924

幅226センチの窓にニチベイのロールスクリーンダブルタイプを2分割で取り付けてます。

ニチベイのダブルタイプはチェーン式はできなくてプルコードになっています。
以前はタチカワと同じようなワンチェーンのチェーン式があったのですが、よく切れるとのことでなくなりました。

この場合、上部のフレームと生地の部分の差が13ミリありまして両方で26ミリすき間があいています。(これはダブルタイプだけのものではなく標準タイプも同じです。)

今回の窓の場合はまん中にサッシがないため、そのすき間がひじょうに目立ちます。特に厚手の生地は遮光1級で生地からは光を通しにくいため。

私の考えは、ロールスクリーンを分割するときは必ずサッシの位置ですべきだと思っています。

お客様の話では、夜は26ミリのすき間から室内が丸見えになりシャレにもならないとの話でした。

「トーソーならば光をとうそう」ってシャレになったんだけどね。ニチベイじゃ、お客様のおっしゃるようにシャレにもならんね。なんのこっちゃ。

そこで、考えたのがガラスとロールの間に5センチぐらいのすき間があり、そこにレールを1本つけて遮光の生地で1,5倍の1つ山で50センチぐらいの幅のカーテンをつくり、夜ロールを閉めた時だけ、まん中まで引っ張るのはどうですかと提案しています。

考え中・・・・・・


今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

ローデコしませんか

3月15日 万国博デー

1970年の今日、大阪の千里丘で万国博覧会が開催されて一般入場が開始された日です。あれから40年ですか?私は中学1年で万博は何回も行ってよく覚えています。

さて、本題です。

2010年2月17日のブログ「トーソーの新しいロールスクリーン」で書いたのですが、ユニクロの商品に好き勝手に刺繍などしてオリジナリティをだすのを「ユニデコする」といわれているように、ロールスクリーンもオリジナリティを加えることを「ローデコする」ということを当店では提案しております。

下の写真は夙川店の窓を外からみたところです。

CIMG3911

ロールスクリーンをレーザーカットして、ロゴマークをインクジェットプリントしています。レーザーカットはロゴマークの上下に波模様でしています。

下は別のデザインのレーザーカットで、ロゴマークは貼りつけています。

CIMG3918

レーザーカットは左側にタテ方向にしています。

このレーザーカットは、トーソーのものではなく当店独自で考えたものです。
このようなデザインがお客様が考えたもので自由につくることができます。

今、デザイン集をつくっていますが、たとえばイニシャルをレーザーカットでいれるというようなことも簡単にできます。(ただし、中抜きの文字はできません。)
しかも、ひじょうにリーズナブルな価格です。

下の写真は当店のスタッフが考えたデザインでこれでロールスクリーンにレーザーカットしようと思っています。

SH380319

ロールスクリーンを自分だけのデザインでレーザーカットするのはいかがですか
 
これを当店では「ローデコする
(ロールスクリーンをデコレーションする)といいまして、これから広めていきたいと思っています。

また、写真もロゴもサイズ制限はあるのですが、リーズナブル価格で簡単にすることができます。

こちらもオリジナルのロールスクリーンができまして、世界に一つしかない自分だけのロールスクリーンをつくることを「ローデコする」といいます。

このロールスクリーンにインクジェットプリントをするのは、メーカーでは、タチカワ、ニチベイ、サンゲツが見本帳に掲載していますがむちゃくちゃ高いのです。

当店ではリーズナブル価格でやりますが、ネットを通じての打ち合わせ、販売はいたしません。営業範囲でご来店頂ける方のみ対象です。

実は、夙川店のものは展示サンプルを兼ねてますので、トーソーのロールスクリーンの「コルト」にレーザーカットをしてもらって、当店でロゴを入れようとしたのです。

インクジェットプリントは、最初紙にプリントして200度ぐらいの温度で転写するのですが、「コルト」に熱をかけると3センチぐらい縮んで失敗したのです。

この失敗で凝ると、いろいろと勉強になり、ひょうたんからコマでこれを独自でできるようになったのです。

   凝ると(コルト)、傑作が出来る


今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物
研究会

 

 

 ブログのトップ

 

ロールスクリーン ポポラ・マカロン・コルトの比較

3月7日 サウナ健康の日

今日は現場工事は休みです。

ニチベイがポポラを3月1日から50色展開にしました。

ポポラ50色

ニチベイのポポラという商品はタチカワのマカロン、トーソーのコルトと同等のデフレ対策商品で低価格良品です。

3社とも無地の多色展開をしており、同じ生地でロールスクリーン、バーチカルブラインド(タテ型ブラインド)、プリーツスクリーンに対応しており、タチカワはさらにプレーンシェード、カーテンにも対応しています。

この3社の商品についてはまずはこちらをお読みください。

http://www.curtainkyaku.com/blog/52037914.html

色数に関しての比較です。

ロール比較色

 

 

 

この低価格商品を一番最初に出したのはトーソーのコルトです。その時は20色でした。
そのあと、ニチベイが追随して、ポポラを出しましてその時も20色でした。

これに負けじとタチカワが昨年に30色でマカロンを出してきました。
これはいつものタチカワの戦略で、後から出して優位にたつのです。

今年になって、トーソーがタチカワを上回る40色にして2月22日に新しい見本帳を出しました。

その1週間後の3月1日にニチベイは50色の単冊のカタログを出してきました。

どうよ~

色数でしか差別化するものがないんかい?

実は、このようなメカものといわれる商品のシェアはタチカワが40%ぐらい、ニチベイが35%ぐらい、トーソーが10~15%ぐらいで、この3社の頭文字をとってNTTというのですが、このNTTで90%近いシェアがあるのです。

ですから、価格はお互い儲かるように他社よりあまり下げることはしなくてだいたい同じぐらいになっています。

価格の比較です。

ロール比較kakaku

 

 

 

 

 この3社はお互い価格だけはよく研究しており、何百円程度しか違わないようになっています。

商品的にも、メカニック、品質、色、デザインは多少は違いはありますが大差なく、この3社ならば「大丈夫」だと思っています。
当店の場合は、商品によってすすめるメーカーは違うのですが、担当営業員によって売り上げが左右することが多いのです。

このポポラ、マカロン、コルトは今までの各社の代表的な商品に比べると見た目はそんなに変わらず、メカ機能はまったく同じで18.7%~23%ぐらい安くなっているんです。

たとえば、ロールスクリーンで比較すると、ニチベイのフェスタは同サイズで36200円です。

タチカワのライフは34200円、トーソーのアクアは34500円です。

各社とも従来の同等品に比べて20%前後の価格ダウンです。

エンドユーザーにとってはひじょうにいいことで、これも時代のニーズですが、販売する側にとっては売上減で、メーカーにとっても、問屋にとっても、われわれ小売店にとっても厳しいのです。

価格も色数も重要ですが、価格を下げずに付加価値をつけて値ごろ感を出すことも考えていただきたいものです。

たとえば、ロールスクリーンならば1ミリ単位の受注をするとか、バーチカルブラインドならばルーバーが均等ピッチになるようにピッチキープコードを変えるとかしたらどうですか?

これは、私がブログで常々訴えておりますが、3社どこともやろうとしないのです。

エンドユーザーの声はこちらを読んでください。

こうしたニーズはひじょうに高いのです。

当店ならば、少々高くてもお客様によく説明をして付加価値のあるものを勧めます。

一番最初にやったところが優位になるのです。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.