カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

台北に行ってきました。

今回の台北の目的はキューセント株式会社(ルーセントホーム)の台湾工場での

ハニカムスクリーン(シェルシェード)の研修です。

毎年、この時期に行われていまして、私は4回目で半分は旅行気分で行っています。

台湾は7~8回行っていまして、台湾大好きで過去の台湾に関するブログは

カテゴリーの「台湾のカーテン」のところをご覧ください。

研修の方は工場で1日みっちりしてきました。

諸事情がありますので、研修の内容は割愛させていただきます。

今回は2泊3日だったのですが、自由な時間は半日しかなく、私のテーマとしては

「美味しい物を食べること」「マッサージをすること」でした。

1人でのビジネス研修だったので飛行機はLCCのピーチで宿泊は

Airbnbを通じての民泊です。

 

今日のブログはカーテンや窓装飾に関する話はありません。

台北の旅行の話になりますので興味のない方はスルーしてください。

 

 

台北に行くと日本の女性の観光客がひじょうに多いのです。

今はLCC(ローコストキャリア)が関空からも成田からも何本も飛んでいまして

早めに予約をすれば片道運賃は4~5000円ぐらいで台北に行けます。

 

今回は、予約が遅かったので片道9000円ぐらいはかかりました。

 

台湾は親日で、安全で食べ物がおいしいので行きやすい国で、日本人の

台湾旅行はちょっとしたブームになっているのではないでしょうか?

 

宿は民泊をしています。

日本では、1か月前に民泊新法ができまして、いろいろと話題になっていますので

宿泊したところについて書いておきます。

私がいつも利用するのはAirbnbですが、台湾では国内の民泊あっせんサイトの

方が人気があるようで盛んです。

今回は利便性重視で、帰国便の朝が早いので台北駅の空港行きのバスターミナル

に近いところで、駅に近くて繁華街という基準で選んで中山駅から徒歩2分の

ワンルームマンションにしました。

 

狭い部屋でスマホに広角レンズを取り付けて撮影していますので画像が歪んでいます。

 

ここで1泊2850円ぐらいなんですが、民泊の場合は清掃料というのが

1回ついてくるので、2泊して手数料なども含めて8000円しています。

2人でも同じ料金です。

民泊は多人数で長期滞在の場合はメリットがあります。

民泊という安いというイメージがありますが、けっこう豪華で高いのもあります。

今回のところはバスターミナルまで歩いて10分で、台北の中心街で三越の

裏手で中山駅から徒歩2分で、コストパフォーマンスが良くて便利でした。

このタイプはオーナーと会うこともなく、メールでのやり取りだけで、電子キーの

暗唱番号を教えられて、勝手に入って、ゴミだけ捨てて勝手に帰るというやり方

です。宿泊代は申込時にカードで支払っています。

 

こういう民泊が日本でも流行っています。

特に大阪市は特区になっていますので、ひじょうに多くて、私どもも恩恵を

うけており、この1か月で2件民泊のカーテンをさせていただきました。

 

今回の大きな成果はいいマッサージ店をみつけたことです。

中山駅近くのホテルオークラの裏手にある「足将」というところで

値段がここらの相場より安くて上手いのです。

 

私は2夜連続で足裏+全身マッサージ130分で1499台湾ドル(日本円で5700円ぐらい)をしました。

昨年オープンしたばかりでまだ口コミは少ないですが、今まで台北で何度も

マッサージをした中でここが一番でした。

ここはおススメです。

 

食事はキューセント株式会社の社長にご馳走になりW台北ホテルの最上階の

レストランでいただきました。

このW台北は今や台北では最高級クラスの話題のデザイナーズホテルで

レストランもインテリアに凝っていてたいへん美味しかったです。

  

  

シェフがサービスだと言って特別料理を持ってきてくれます。

  

他にもいろいろと美味しいものを食べましたが、カーテン屋のブログなので

1つだけにしておきます。

 

これから台北に行かれる方へのおススメはできるのは、WiFiルーターの

レンタルは必須で、私が借りたのは iVideo で台湾の空港(桃園空港)で

レンタルできて、料金が安くて1日使い放題なので容量切れを心配

する必要もないのです。

 

費用は1日178円で手数料が200円かかり3日間で734円でした。

借りるのと返却は桃園空港にあるコンビニでしますので、すぐにわかり簡単です。

 

4日間以上滞在でSIMカードを入れ替えできるスマホをお持ちならば、

SIMカードの方が得かもしれません。

 

台湾大好きです。

また行きたいわん。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

台北に行ってきました(3)~食事編【2】~

昨日のブログの続きです。

台北で食べた物の話で、カーテンと窓周り品に関する話ではありません。

初日の夜は、兄弟大飯店(ブラザーホテル)の2階で台湾料理を食べたのですが、

そのホテルにおいしいパン屋があるのです。

そこで、伝統の台湾のパンというものを買ってもらいました。

これを翌日の朝食にしたのですが、これがまたうまいのです。

IMG_9214_R

肉鬆(ローソン)といいまして、シンプルで柔らかいパンの上に肉でんぷんが

トッピングされています。

うまかったので、翌日日本へのお土産に買いに行きました。

IMG_9285_R

36台湾ドル(135円ぐらい)

情報筋の話によれば、素材は肉なので日本に持ち込むときに税関でひっかかるかも

しれないといわれたのですが、このパンみて肉があるなんて思わないだろうと

思って持って帰りました。

関空で通関の荷物検査のところで呼び止められて、ちょっとドキっとしたのですが、

キャリーバッグとは別に、台湾の桃園空港の免税店でお土産にバッグを買って

それを別の袋に入れていたのをチェックされました。

「いくらしました?」

「ギリギリですね。」といわれたのですが、ぜんぜんギリギリの額ではないのです。

そんな会話をしていて、パンは問題はありませんでした。

 

お昼は工場でお弁当を取ってもらっていただきました。

IMG_9237_R

この弁当、見てくれの割にうまかったのです。

カレー弁当なんですが、色の組み合わせがよくないのでうまそうにみえないのです。

日本の女性がつくる弁当はやはり色の組み合わせに気を遣っておられると思います。

この仕事をしていて、色って大事だなと思いましたけど、逆効果もあって

うまそうにみえないけどうまかったら感激するものです。

これを食べだした日本人は皆、「うまいなぁ」と思わず口に出していました。

 

夜は大勢で台湾料理です。

中華系の料理は多くの人でシェアして食べないといろんなものが食べられないので

今回は同業者も一緒だったのでいろんなものを食べられてよかったです。

鶏家荘 長春路店

鶏肉の専門店ですが、なにを食べてもうまいです。

 

3日目の朝

いつも行列が1時間ぐらいできるので有名な

「阜杭豆漿(フーハンドウジャン)」

現地の人が朝に1時間ぐらい並んでもここで朝食を買う(現地の人は

Take out)という

お店ということに好奇心がそそられました。

朝は5時30分にオープンする店です。

私はいつも5時に起きていまして、5時55分に家を出て会社で妻が用意してくれて

いるサンドイッチやおにぎりなど軽めの朝食です。

朝はいつも食べるのですが、あまり食べられなくて少な目です。

ここでも5時に起きてシャワーを浴びて、ホテルからタクシーで朝食を食べに

行きました。

地下鉄が動くのが6時前後ぐらいで、タクシー代は140台湾ドル(520円ぐらい)

5時33分に着いたら、すでに行列ができていまして並ぶこと20分。

IMG_9254_R IMG_9256_R

建物の2階にあるのですが、1階の外まで列ができていました。

IMG_9258_R IMG_9259_R

(画像はクリックすると別のページに飛びまして、そこでもう一度クリックすると

拡大します。)

いろんな人のブログを読むと、以前はひじょうに注文がやりにくかったのですが、

最近はメニューに番号が書いてありスムーズに注文ができるようになったようです。

私が注文したのは12番と2番

QOYE6583

これで70台湾ドル(260円ぐらい)

牛乳があまり好きでないので、代表的な豆漿(トウチャン)を食べなかったら

妻からは「何しにいってんの?」と言われました。

厚餅夾蛋を食べたのですが、これがうまい。

「卵を追加で」と頼むのが最高と他人のブログに書いてありました。

これはおススメです。12番。追加で44番のたまご

「阜杭豆漿(フーハンドウジャン)」は台北に観光に行ったら行くべきところです。

行列は覚悟しなければなりませんが、昔ほど並ばなくても済むようで、

時間帯としては6時過ぎに着くようにいくのがベストだと思います。

5時半から並んでいる人が一段落して、地下鉄で来る人までの瞬間的に

「なぎ」になります。

帰り際は6時過ぎでしたが、行列はほとんどなかったです。

 

ランチは小籠包で有名な

鼎泰豊(ディンタイフォン)

最初に台湾に行ったときにここで小籠包を食べました。ひじょうにおいしかった

のですが、いつ行ってもすごい行列なので、その後何回か台北に行ったときは

違う店で小籠包を食べていました。

いろんなところで食べましたが、やはり鼎泰豊(ディンタイフォン)の

小籠包のうまさは一番です。

TBSL6136

この皮の薄さだと思います。

VGAT4077

 IMG_9286_R IMG_9287_R

(画像はクリックすると別のページに飛びまして、そこでもう一度クリックすると

拡大します。)

本店は 信義路にあるのですが、10時オープンからいつでも行列なんで、今回は

新光三越南西店1館 B2Fにある支店の方に行きました。

三越が11時オープンでそれと同時に入店するとまったく並ばなくていいです。

帰る時は少し行列が出来ていました。

朝6時前に食べると11時ぐらいの昼食でちょうど良いと思います。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

台北に行ってきました(2)~食事編【1】~

 昨日のブログの続きで台北に行ってきた話です。

今日はカーテンと窓周り品とあまり関係のない話です。

海外に行くときの楽しみは食事で、事前にネットで調べていきます。

海外では、たまたまここに入ったということはほとんどなく、今まで食べ物で

失敗したことはほとんどないと思います。

海外の店でも日本語の「食べログ」などがいっぱいありますし、食べた人のブログ

などを参考にしていて、それらがひじょうに役に立っています。

「情報はタダではないよ」というのが私の考えで、他人のブログを参考にさせて

いただいて情報を得ていますので、私も情報発信をするのが筋だと思っています。

普段のブログにおいてもこれは重要

 

初日のランチ

永康牛肉麺館(ヨンカン・ニウロウミェングァン)

台湾名物の牛肉麺と粉蒸排骨(さつまいも入り)を食べました。

IMG_9197_R

QRAT6958

ここの牛肉麺の牛肉が柔らかくてめちゃくちゃうまいのです。

麺は・・・・

ごめん、

総合評価は高いです。

この牛肉だけはもう一度食べに行きたいです。

 

3時のおやつ

マンゴーミルクかき氷(150台湾ドル【日本円で560円ぐらい】)

OYFJ7558

IMG_9198_R

台北に行くと必ず行く店です。

冰讃 (ピンザン) です。

とれたてのおいしいマンゴーにこだわっていて、マンゴーの採れる季節の

4月中旬から10月中旬しか営業しないというこだわり好きなんです。

 

昨年のブログ

日本の女性グループが多いです。

 

夕食は大勢で台湾料理を頂きました。

兄弟大飯店(ブラザーホテル)の2階にある 「梅花庁」

老舗で現地の人が好んで食べる台湾料理で飲茶レストランでもあります。

何を食べてもおいしかったです。

 

食べた話を一気に書こうとしたのですが、まだまだあるので2回にわけます。

続きは明日書きます。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

台北に行ってきました。~ハニカムスクリーン電動について

6月14日~16日まで台湾・台北市に行ってきました。

今回の目的はルーセントホーム(キューセント株式会社)の台湾工場で

研修を受けることでした。

私は台湾が好きで6回行っています。(過去の台湾の話はこちらをお読みください)

研修や観光というより食べに行くという感じで、明日のブログに食べた話を書きますが

今回もひじょうに充実していました。

台湾に行くときはいつもLCCのピーチで行きます。1日3便出ていまして

価格が安いのです。

関空発8時30分で行くと台北桃園空港に10時20分(1時間の時差あり)に着き、

帰りは18時30分発で22時15分関空着で時間も有効に使えます。

4月8日のブログにも書いたのですが、今回のチケットはローソンで買いまして

運賃だけならば片道3990円です。

ピーチは1か月に1回ぐらいバーゲンセールをしまして、メルマガに登録すると

その情報がきます。

IMG_9135_R  IMG_9136_R

(画像をクリックすると別のページ飛びまして、そこでもう一度クリックすると拡大します。)

だいたいこのぐらいの価格で海外に行けます。

私はほとんどこの価格で東アジアに年4回ぐらい行ってます。

東京にいくような感覚です。

必要なのはパスポート、クレジットカード、スマホ、新生銀行の

キャッシュカード(海外のほとんどの銀行のATMから現金を引き出せる)

それと、2~3日の旅行ならばWi-Fiのルーターをレンタルしていくことです。

IMG_9132_Rこれがあればどこへでもスマホが使えて、グーグルマップを見ながら

移動ができます。

このWi-Fiルーターのレンタルも安くて、私は今はGLOBAL Wi-FIという

ところから借りていまして、リピーター割引で台湾の4G LTE大容量で

3日で1083円です。

関空でもらって、関空で帰りに引き渡すシステムで安心で便利です。

現地の会社で台湾の空港引取引き渡しならば1日260円ぐらいからありますが、

時間のロスもあるので日本の会社で借りています。

 

台湾・台北市は地下鉄が便利です。

運賃が安いし(20~30台湾ドル【日本円で75~110円ぐらい】)で分かりやすいし、

便利です。

DSC06284まず悠遊カード(Easy Card)を最初に乗る時に駅で購入します。

これは、関西でいうとICOCAやPiTaPa、関東でいうとSUICAみたいな事前にチャージ

して使うカードです。

これを使うと20%引きになります。購入時には保証金100台湾ドル(376円)

かかりますが、返金するときには20台湾ドルを除いて戻ってきます。

 

さて、本題です。

 

昨年から海外では販売しておりましたが、日本では電波法の問題があり、

それをクリアできたのでやっと本格的な販売となりました。

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックすると動画になります。

 IMG_9234

IMG_9238 IMG_9236

これはすごくいいです。

電池で動かすタイプもあります。

 IMG_9239

これは動きは問題はないのですが、連続実験では3~4か月ぐらいで

アルカリ電池8個が消耗するとのことで、まだまだ改良の余地がありそうです。

AC100Vの電源に差し込むタイプは全く問題はないです。

 

この電動のハニカムのリモコン(下の左)、なんかみたことがあるんです。

IMG_9240 DSC06285

 

 当店の店内展示の電動木製ブラインドのリモコンとひじょうによく似ているのです。    (施工例はこちら

 

ということは、モーターの会社は・・・・

う~~ん

これならば安心しておススメできます。

天窓用の電動もできます。

IMG_9245

電動のハニカムスクリーンは早速店内に展示します。

 

続く

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

台湾のカーテン その2

前回の台湾のカーテンその1の続きです。

台湾は今年3回目で、今まで6回行きました。その話は左欄のカテゴリーの

台湾のカーテン」のところをご覧ください。

スマホでご覧いただいている方は、最適化している関係で「カテゴリー」は表示されません

ので、上の「台湾のカーテン」をタップしてください。今まで22回書いています。

日本人観光客はどこに行ってもいっぱいいますが、今回は日本の旅行会社が

企画しないようなところに行きました。

淡水と北投温泉。

両方との同じ方向で、台北駅から地下鉄で40分ぐらいです。

淡水は宿泊する町ではないですが、夕暮れ時に2〜3時間滞在するには

楽しい町です。

img_5439

夜市みたいな雰囲気もあるのですが、ちゃんと店を構えていて、ゴチャゴチャは

していないのです。

歩いていると、試食するものをいろんなところでいっぱい出してくれて、

それだけでお腹がいっぱいになります。

しつこく営業されて買わされることもないです。

北投温泉は加賀屋に宿泊しましたが、温泉がすごくよかったです。

加賀屋の前に北投温泉博物館 がありまして、そちらのカーテンです。

161004-092845_r

木製レールがデカいのです。

どうなっているかというと

161004-092853_r

部屋側のポールは飾りで、窓側のレールにパイプ通しされていて、

左右には開閉ができないようになっています。

 

台湾に行くと必ず2回ぐらいマッサージに行きます。

今は日本と比較して決して安いとは思わないですが、歩き回っているので

マッサージをしてもらうと気持ちがいいのです。

1回行って良かったので、2回目いくとうまくなかったりで、マッサージ師によって

レベルが大きく違うことがよくあるのです。

今回行ったところは、3Q足體養生館 

ここは2回行きましたが、2回ともひじょうにうまかったです。

ネットの口コミ評判を後でみたら満足度は高そうです。

161003-111952_r 161003-112000_r

161003-103907_r 161003-102513_r

2時間コースで1500元(4950円)でした。

これで台湾の話は終わりです。

帰りは台北桃園空港18時30分発のピーチに乗り、22時15分に

関西国際空港に着きました。

ゆっくりさせていただきました。

明日から、またカーテンと窓周りに関するブログを書いていきます。

 

また、いきたいわん。

 

 日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

※インテリア関係者のオフ会(10月27日)のご案内はこちら

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台湾のカーテン その1

先日、台湾に旅行した話(タイトルはお風呂に木製ブラインドをつけたら)を書いたら

評価が高くて、「いいね!」が多くて気をよくしています。

今日も台湾旅行記です。

今回は夫婦での旅ですが、LINEに「台北旅行メモ」というグループを作って

その都度、気づいたことをお互いメモ書き投稿をしたり、写真を共有したり、

出費を書いたりしていたので、書くネタはけっこうあるのです。

161002-155609_r2泊3日の旅で、初日は15時30分まで仕事をして、りんくうタウンまで車で行き、

陸側に駐車しておきます。

いつも使うところで、平日ならば24時間300円です。

18時10分のピーチで、台北の桃園国際空港には20時5分に着きます。(時差1時間-)

通関して、バスで1時間弱乗り台北駅には22時前に着き、タクシーで7〜8分のところに

予約したホテルには22時に着きました。タクシー代は90元(日本円で300円)

初日は寝るだけなので、ネットで調べて安いビジネスホテル的な

ハオ ツー インにしました。

1部屋2名で1602元(日本円で5286円) 1人あたり2643円ですが、けっこうきれいでした。

台北駅に近く、中心街にあり、コストパフォーマンスに優れています。

161002-220717_r

dsc03257 161002-220728_r

窓装飾は遮光のロールスクリーンです。

dsc03260

dsc03264 dsc03259

ホテルに着いて、そのあとシャワーを浴びてすぐに歩いて7分の居酒屋へ行きました。

そこは、フェイスブック友だちで台湾通のフジホームの岡野社長のおススメの

店で

果樹100熱炒(マンゴーツリー

161002-222635_r

161002-223857_r 161002-230439_r

安くて美味いのです。

味付けがビールをそそるのです。2人で850元(2880円)

 

ここまで書いてふと思いましたが、時系列に何を食って、何をしたかを書いても

読む人はつまらないと思いますので、台北旅行に興味のある人向けにハイライトだけ

書いておきます。

 

 海外旅行をする人の必需品はWiFiルーターをレンタルして持っていくことです。

同じ国に1週間ぐらい滞在するのならば、SIMカードの方が安いですが4〜5日以内ならば

WiFiルーターのレンタルの方がいいと思います。

img_5297これをポケットに入れて歩けば、どこにいてもスマホでインターネットが繋がります。

日本に居てるのと同じ感覚で、スマホでなんでも調べることができ、

歩きながらグーグルマップも利用できます。

この業界も価格競争が厳しいようで、今は安くなっています。

私は、以前はイモトのWiFiを使っていましたが、今はグローバルWiFiを使っています。

ここは1回使うと2回目から安くなり1日のレンタル料が500円以下です。

4〜5名ぐらいで共有できます。

食べることには精力的なので、事前に調べたり、現地でインスタグラムをみて

確認をして選んでいますので、今回もすべてが美味しくで安くて正解でした。

6月に行ったときに食べて、もう一度食べたいなと思っていたのが

マンゴーかき氷です。

冰讃 (ピンザン)

img_5511

これが120元(400円)で、めちゃくちゃ美味いのです。

個人の小さな店ですが、マンゴーのとれる4月〜10月までしか営業しないという企業姿勢も

好きなんです。

変わり種は淡水の名物、細長いソフトクリーム

img_5456

これは30元(100円)で抹茶味とメロン味のミックスです。

味は日本のソフトクリームの方がはるかにおいしいです。

 

見た中では。東洋のベニスといわれている淡水(台北駅から地下鉄1本で40分ぐらい)の

日の入り

これは、iPhoneのタイムプラスという撮影機能で15分ぐらい撮ったものが、

早送りで34秒になって動画になります。

真ん中の三角をクリックすると34秒でサンセットが見られます。

続く

 

続きを読みたいわんの方は、ここをクリック

 

※インテリア関係者のオフ会(10月27日)のご案内はこちら

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

お風呂に木製ブラインドをつけたら・・・

温泉に行きたいわん。

海外に行きたいわん。

美味しいものを食べたいわん。

 
さて、どこに行ったでしょうか?

あい、
台湾。

ピンポーン♬

ジャ〜ン

卓球の愛ちゃんと江(ジャン)選手の結婚という時事ネタと掛けています。

ちょっとだけ休みをいただいて奥さんと台北にくつろぎに行ってきました。

台湾は、日本の40代ぐらいの女性のブームになっているような感じで、

女性だけのグループ旅行が多いのです。

私も今年3回目の台湾で、計6回行ってます。

LCCのピーチのメルマガを取っているのですが、そこから月に1回バーゲンセールの

案内がきて、安い運賃だとちょっと行こうかなという気になるのです。

今回も大阪⇒台湾が片道3990円です。

時間も3時間弱です。

今日のブログは主に台湾旅行の話です。あと、2回書きます。

興味のない方はスルーしてください。

でも、いつもカーテンと窓周りの話を書くより、旅行記を書いた方が下にある

 日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

のところの  のクリックが多いのです。

 

ほんとにおもしろかったり、役に立ったときは素直にクリックをお願いします。

このポイントがブログを書く上で励みになるのです。

 

今回の台北旅行の主目的は台北市にある北投温泉の加賀屋に泊ることでした。

加賀屋は、日本の温泉旅館として30数年連続1位の評価を得ている

和倉温泉(石川県七尾市)の加賀屋が経営しています。

北投温泉はかつて日本の統治下にあったときに栄えた温泉街で、台北駅から地下鉄で

40分で着きます。(地下鉄運賃は日本円で130円ぐらい)

 161004-095340_r

(地熱谷)

161003-145248_r 161004-091501_r

和倉温泉の加賀屋とそっくりにつくられていて、まるでそこは日本の旅館でした。

サービスも行き届いていて、温泉も素晴らしく良かったです。

日本とちょっと違うのは仲居さんが台湾人で日本語のアクセントがちょっと違う

だけです。それと日本と比べて若くてピチピチしています。

担当の仲居さんに話を伺うと、高雄出身で、加賀屋に入社してから社内教育で日本語を

勉強したといっておられました。

日本語もうまくて、「お金をもらって日本語が勉強できるのはいいですね」と私がいうと、

「はい〜、今度日本語検定1級を受けます。」と元気よく言っておられてひじょうに

感じが良かったです。

161003-160450_r 161003-160546_r

161003-154201_r

食事は、日本食がメインで現地の料理はありません。

そのため、せっかく台湾に来たので日本食じゃなくて現地の料理が食べたかったので、

夕食なしの朝食のみのコースに申込みました。

ネットで楽天トラベルから申し込んで1泊2名1室朝食付きで10556元

(日本円で34834円)でした。一人当たり17417円

朝食は日本食のバイキングで、これもなんでもありで美味しかったです。

161004-070155_r 161004-070203_r

161004-070213_r 161004-070224_r

皿に取ったのが

161004-071008_r

並べ方が品なくてすみません。

少しずつとって、お盆で3回運びました。

部屋にはカーテンは一切なかったです。

障子です。

161003-150531_r 161003-150612_r

161003-150414_r 161003-150404_r

部屋のお風呂も温泉がでます。

161003-150535_r attachment01_r

トイレットペーパーには加賀屋の紋が型押しされています。

これも日本で同じです。

161003-213956_r

これでお尻を拭いたら罰があたりかぶれそうです。

そんなん、知りまっか〜(尻真っ赤)

唯一、日本と違うのは冷蔵庫の飲み物がオールフリーなんです。
どら焼きも入っていました。

161003-150554_r

 

日本の加賀屋は冷蔵庫の中が自動販売機のようになっていて、持ちこんだものも

冷蔵できないようになっていたと思います。

 

さて、カーテンと窓周りの話も少し書いておきます。

大浴場に木製ブラインドがついていました。

161003-155909_r

本物の木のブラインドでした。

それが大きく反っていたという話です。

ヘッドレールのところも錆びていました。

今、日本のメーカーが出している防水タイプの木製ブラインドは本物の木ではなく

樹脂製の木製風ブラインドです。

この話は別に書きます

 

また、いきたいわん。

 

続く

 

続きを読みたいわんの方は、ここをクリック

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

1 / 41234

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.