カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

メゾネットのマンションに電動バーチカルブラインド取付

メゾネットタイプのマンションにバーチカルブラインド(タテ型ブラインド)を

取り付けました。

 

商品はニチベイのセンターレース(タテ型ブラインドで不透明なルーバーと

ルーバーの間にレースのルーバーが挟んであるタイプ:ニチベイの固有名詞)

で、上部は電動で、下は巾440㎝の窓で2分割しています。

こんな窓です。

吹抜けの高さは472㎝で、伸縮脚立をはしごにして取り付けます。

コンセントは初めからカーテンボックスの近くに設置されているので、

取付は全く問題はないのです。

ニチベイの電動は配線処理がスムーズにいかないのです。

 

 

今、トランプさんが来て、安倍さんと笑顔でゴルフをしているのが

ヤフーニュースになっていますが、

これは日米の敗戦処理がうまくいったからだと思うのです。

 

こっちのニチベイの配線はきれいに隠せないのです。

 

ニチベイのは本体からコントローラーに線でつなぎ、そのコントローラーから

受光器と電源の線をだすのですが、その線が一定の長さになっていて

短くできないんです。

それを目立たないように隠さなければならないのです。

本体の裏側にモールを貼ったりして工夫します。

 

 

下の窓は幅440㎝で、これは1台ではできないので

2台に分けなければなりません。

しかし、ニチベイではセンターレースの連窓タイプはできないのです。

1)これは、先頭と最後のルーバーは不透明になりますので、

真ん中で合わせるところは、不透明、不透明と続くのです。

不透明、レース、不透明とは絶対にならないのです。

 

2)それともう一つ大きな問題として、連窓タイプに出来ない為、

真ん中の部分では、右と左のルーバーを重ねることができないため、

ぴったりくっついても隙間があいたような感じになるのです。

 

1)の問題は事前にお客様によく説明をしてご理解をいただきました。

 

2)の問題は、右側をコーナー仕様で注文するとルーバーが17㎜

外側にだすことができるので、そのように発注して2台のセンターレースの

真ん中が閉めた時に重なるようにしています。

 

商品を知り尽くしている窓装飾プランナーのいる店のワザです。

右側のルーバーだけ、コーナー仕様にすると17㎜外にでて、

左側を普通に発注すると重なります。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

吹抜けは足場を組んで取付

昨日のブログに関連する話です。

昨日、戸建て住宅の吹き抜けに電動ロールスクリーンを取り付けました。

こちらの吹抜けは天井高が550㎝あり、足場を組んで取り付けました。

一条工務店さんの住宅です。

セキスイハウスさんは吹抜けに掘り込みカーテンボックスがあっても

床からの高さは530㎝で、旭化成ホームズさんの場合は510㎝です。

530㎝までならば、当店がもっている伸縮脚立をはしごにして取り付けることが

できます。

550㎝ならば足場を組んだ方が安全で取付が簡単なんです。

当店の場合は、自前でやりますので費用が足場設置代は別途

いただいていますが、15000円ぐらい(税抜き)です。

専門の業者に依頼して設置・撤去をお願いをすると50000円ぐらいかかります。

 

足場の組み立てやそこで作業するには、法律で講習会を受けたもので

ないとできないという規定があります。(労働安全衛生法 第59条3項)

私は資格を持っています。

 

詳しくはこちらのブログをお読みください。

 

これに違反すると、該当する者(事業者)は6月以下の懲役または50万円以下の

罰金に処する(労働安全衛生法第119条)となっています。

 

足場を組んで作業して、リスクを負って、法に違反していたら6月以下の懲役や

50万円以下の罰金になってもイヤですからね。

 

吹抜けの工事は当店に安心してお任せください。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

 

 

 

電動スクリーンの配線のモールに一工夫

今日の大阪は30℃近くまで温度が上がり、ひじょうに暑かったです。

そんな中、電動スクリーンを2件取り付けました。

1件はタワーマンションに電動の調光ロールスクリーンFUGAを3台取付、

もう1件は高さ550㎝ある戸建ての吹抜けの窓に電動ロールスクリーンを

2台取付。

今や、インテリア商品の電動は施工も簡単でコンセントさえあれば

そこに差し込むだけで難しくなくどこの業者でもできます。

 

 

新しい時代になった施工例わ

 

調光ロールスクリーン「FUGA」電動

 

 

5m50㎝のリビングの吹き抜けに電動ロールスクリーンを取付

 

 

2件とも、新築時に打ち合わせをされていないので、本体取付付近には

電源がありません。

コンセントのあるところまで配線をしなければならないのです。

今回はこの配線にスポットを当ててみます。

 

1件目は、新築マンションで床近くにあるコンセントまでモールで

線を隠してもってきています。

3台ありますが、それぞれをジョイントボックスというものがあり、

本体の中で

簡単につなげるようになっていますので、電源(コンセント)は

1つで大丈夫です。

 

コーナーのところはコーナーカバーを使わず、斜め45度にカットして

繫ぎました。

 

 

もう1件は戸建て住宅で、吹抜け近辺には電源はありません。

天井の際を這わせて、2階の電源(コンセント)まで延長コードで

配線しました。

高さ550㎝ある吹抜けの天井際の廻り縁の下に配線をして2階のコンセントまで

もってきました。

コーナーのところを斜め45度にカットするのに

モールカッターを使うと簡単にできるのです。

 

インテリアの電動商品は、どこの業者でも簡単に取付はできますが、

こうした配線をどうするかは、経験豊富な窓装飾プランナーの

いるお店に任せましょう。

こちらのお客様は、以前施工してブログにアップしていた

こちらを見て、吹抜けに電動ロールスクリーンを取り付けるのならば

絶対にカーテン夢工房に頼もうと思っていたとおっしゃって頂けました。

ありがとうございます。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

令和のカーテン

新しい時代の幕開けとかで令和祝賀ムードいっぱいです。

個人的にまったく変わらず日々が過ぎて行っていますが、

商売をしている中ではこれに便乗して盛り上げていかねばと思っています。

 

当店では令和になってからは、カーテンのネームタグに「令和元年」と

印字したものを縫い付けています。

何年か経ったときに、「このカーテンは令和元年に取り付けたんだ」と

思ってもらえばいいのです。

 

令和になって取り付けた例はこれです。

高さ3,45㎝のリビングの窓にイギリスのブランド

Villa Nova(ヴィラノバ)のV3256を取り付けました。

麻86%ナイロン14%の商品です。

カーテンボックスは黒の壁紙が貼ってあったのでトーソーネクスティの

ブラックを使いました。

 

「高さ345㎝の窓につけました」

「ヴィラノバのカーテンを取り付けました」

「麻のカーテンを取り付けました」

「ブラックのレールを使いました」

等のタイトルではつまらないので、姑息にも

令和ブームに便乗させていただきました。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

高さ4m30㎝のカーテンに形態安定加工をかけてみたら

世の中は、明日4月27日(土)から5月6日(月)まで大型の10連休です。

 

当店は明日27日(土)28日(日)は営業しています。

 

5月2日(木)3日(金)も営業しています。

 

 

本来ならば、国民の祝日であり、皇位継承というお祝いの中で休みに

しなければならないのですが、小売り店では10日も休むとそれだけ

売り上げが落ちましてたいへんなんです。

 

また、大阪では6月のG20開催にあたり、6月27日~30日まで

高速道路はほとんど使えなくなり、市内の道路は大渋滞で、学校も

休みになり、あまり外に出歩くなというお達しがきていまして、

市内中心部の小売店はほぼ開店休業状態になります。

 

このこともあり5月6月の売り上げはそうとう厳しくなることが予想されます。

 

多くの方のご来店をお待ちしています。

 

さて、本題です。

 

11階建てのビルの最上階は天井高が4m30㎝あり、そこには

カーテンボックスにレールがついていてカーテンを吊れるようになっています。

その部屋にエステサロンを開業されるのに、長さ4m30㎝の

厚手カーテンに遮光1級の裏地をとりつけて、レースと一緒に吊りこみました。

取付は7尺の脚立があるのでカンタンなんですが、きれいにウェーブをだして

納めるのが難しいのです。

 

きれいにプリーツを出す加工としては、簡易型形態安定加工がありますが

高さ的には2m70㎝ぐらいまでしかできません。

 

以前にも4m20㎝ぐらいの高さにカーテンを取り付けたのですが、

形態安定加工ができなかったので、裾が広がってウェーブがきれいに

でなかったことがありました。

 

そこで、今回は当店のクリーニング工場にある形態安定加工機で

極東産機に初代のパーマネントフィニッシャーを使い、上から

半分ぐらいまで熱による形態安定加工をしました。

 

この機械は、裾でピン止めできないタイプで、、長いカーテンでも

裾をだらっとして上部だけかけることができるのです。

上半分ぐらいしか形態安定加工ができません。

 

その結果は

レースはある程度きれいにいきます。

もう少し時間がたてば、裾もウェーブがきれいになると思います。

ドレープはきれいとは言えませんが、裾がばらけて広がることは

ありません。

もう少し、時間が経てば落ち着くと思います。

結論として、丈の長いカーテンは半分だけでも形態安定加工をした方が

きれいになります。

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

このブログのトップ

 

ロールスクリーンの前にウッドバランス取付

3月11日 東日本大震災から8年

犠牲になられた方には心より哀悼の意を表します。

 

 

先日のブログに書きましたNHK BSのドラマ「夫のカーテン屋」を昨晩観ました。

あらすじは転職6回している夫がベイエリアに建つマンション群をみて

突然カーテン屋を始めるという話です。

マンションの窓のサイズを事前に測って、「サイズに合ったカーテンを

すぐにお渡しできます」と書いたチラシをポスティングをしたらお客さんが

続々やってきて、まあまあうまくいくという話でした。

 

お客様は入居と同時にすぐにカーテンを欲しがるだろうということで、

サイズだけは合わせて事前にオーダーして在庫して販売するんです。

 

そういう需要もあって、このドラマではうまくいきました。

オーダーカーテン一筋32年の私には考えられない発想でした。

 

オーダーは注文を受けてからつくるものだと思っています。

すぐに必要というお客様に対しては仮吊りカーテンを用意していまして、

じっくり考えてもらってカーテンが出来上がるまでお貸ししています。

 

業界に長くどっぷりと浸かっていると頭が硬直化していて、新しい発想が

生まれてこないのでいい刺激になりました。

 

そういえば、今朝の日経MJという新聞に「お好み焼き5分クッキング」という

記事が載っていました。

たこ焼き店チェーン「築地銀だこ」がお好み焼きの販売を強化するにあたって、

回転率、利益率を考えてお好み焼きをタイ焼きのように両面から焼き上げる

機械を新たに開発をしたという内容です。

これで焼くと通常は20分以上かかる調理時間が5分で済み、鉄板に

円形のくぼみをつくっておくと成型にも困らず、外国人スタッフにも

簡単にできるというのです。

こんな発想も長年お好み焼き屋をやっていると考えつかないと思うのです。

 

ドラマの話に戻りますが、奥さんが話されたセリフで私のツボにはまった

セリフがあります。

若い女性が奥さんに「どうして店長(夫)と結婚されたのですか」と

聞かれて奥さんは

宿題にさせてください」と言ったのです。

 

このセリフ、インテリア業界のメーカーの営業の常套句なんです。

メーカーの営業に自社商品のことで質問をすると答えられなくて

次にいうセリフが

宿題にさせてください

なんです。

どこのメーカー、問屋の営業も皆、同じようにいいます。

 

このドラマの脚本、インテリア業界のことをよく研究しているなぁと思いました。

さすがにNHKで、古い体質で昔からずっと同じことをやっている

インテリア業界に「発想の転換をしなさい」ということを言っているドラマのように

思いました。

「窓装飾プランナー」のことが取り上げられなかったことは残念です。

 

 

さて、本題です。

 

リビングにニチベイの電動のロールスクリーン8台取り付けました。

 

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

 

電動商品を取り付けたというブログは何度も書いていますので、アップするのも

はばかるのです。

 

今回は、ロールスクリーン本体のヘッドレールの部分が見えないように

木のバランスを取り付けました。

ここにスポットをあててみました。

ニチベイの規格商品でサイズだけオーダーで指定します。

 

ロールスクリーンの場合は、先にブラケットを取付けて、そこに

本体のヘッドレールをはめ込むのです。

そのため、ロール本体とブラケットがついている天との間にすき間が

できます。

今回取り付けたニチベイは6ミリ、トーソーも6ミリでタチカワは4ミリです。

タチカワは隙間が少ないのですが、電動の場合は電線を通したり、

穴を隠すためにコンセントカバーをつけたりしますので、逆に隙間が6ミリ

ないとやりにくいのです。

当店では、コンセントが見えないように本体で隠すような取り付け方をします。

 

 

その隙間を見えなくするためにロールスクリーンの手前にバランスを

取付けました。

窓枠内に取り付ける時はおススメのやり方で

カーテンボックスに取り付けたような感じになります。

 

2019年3月11日記

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

「4月10日はインテリアを考える日」です。

 

 

 

 

 

吹抜けの寒さ対策用天幕カーテンの早割キャンペーン

前回書いた天幕カーテンの話の続きです。

 

吹抜けのあるお家はけっこう多くて、開放的で明るくていいのですが

冬がとてつもなく寒いのです。

夏も吹抜けの窓から差し込む日差しで結構暑いようです。

 

当店では、吹抜けの寒さ対策の施工例はたくさんあります。

パソコンでご覧いただいている方は左欄のカテゴリーの「吹抜け」のところを

お読みください。

寒くなる前に、その対策をされてはいかがでしょうか?

 

当店では10月8日より、11月11日までにご来店いただき、

吹抜けの天幕カーテンのお見積りを頂いた方には

早割キャンペーンとして、商品代を10%値引きさせていただきます。

 

 

今回施工したのは、着脱簡単風呂敷タイプです。

 

この商品はメーカーにカタログがあって、そこに載っている商品ではなく、

現場をみながらいろんな部材を使ってやっています。

 

やってみれば簡単なことなんですが、メーカーのカタログに載っていないものを

創意工夫してやる販売店は少ないようで全国から問い合わせがきます。

 

私どもは5年間保証をしていますので、何かあった時に気軽に見に行ける範囲で

大阪を中心とした近県の近場しか施工はしていません。

 

 

中部地方にお住まいの方は名古屋のカーテンハウスシルクみどり店さんが

いい仕事をされていますのでおススメです。

 

天窓カーテンに関してはこちらのブログがひじょうにわかりやすいので

参考にしてください。

 

関東方面は千葉のサンアイさんが、たまに施工例をブログアップされていますので

ご相談されるのがいいかと思います。

 

各社とも、それぞれ現場で考えていろんなやり方でされていますので、

同じ物ではありません。

 

 

当店の特長というか、こだわりは、

天幕カーテンを開けた時や外した時に出来るだけレールが目立たないように

しています。

こちらの現場では、冬場以外は外されるので、残ったレール出来るだけ

目立たないように、厚さ2ミリのベルクロテープ(オス)付きの

プレートを使っています。

商品はサイレントグリス#2510(ベルクロ付きプレート)

このプレートにビスを直に打っているのですが、表面が皿のように

穴があく特殊なドリルビットを使っています。

 

 

他の現場でもレールはできるだけ壁から突出しないように工夫しています。

 

 

レールは下向きにして、規格品のブラケットを使わず別のLアングルを使っています。

開けた時にレールがあまり目立たないようにです。

参考ブログはこちらです。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

1 / 1612345...10...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.