カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

フラットカーテンの形状記憶加工

オーストラリアではたばこ1箱1600円へ

先日の新聞によりますと、オーストラリアでは喫煙から引き起こされる生活習慣病を減らすために、たばこ税を引き上げて1箱20豪ドル(約1600円)にする動きがあるようです。

たばこは、肺がんをはじめとする多くのがん、虚血性心疾患、脳血管疾患、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、歯周病などの原因となっていることがはっきりわかっているので、禁煙させるために価格を上げるのも一つの策かもしれません。
販売を禁止すると闇ルートができ、黒いお金が動きます。

日本でも、たばこ1箱500円ぐらいになってもいいのではないでしょうか?
そのたばこ税を国民の健康増進のために使うというようになれば問題はないと思います。

でも、酒税は上げないでほしいのです。

さて、本題です。

9月6日のブログ「サイレントグリスのS-フォールドをとりつけました」をかきましたが、これと同じようなウエーブスタイルでもっと簡単な方法があります。

S-フォールドはシステム化されたサイレントグリスの商品でサイレントグリスに直接注文するか、ブックメーカーに「S-フォールドで」といって一緒に注文するしかないのです。

これとよく似たものが、トーソーのルーフィットのウエーブスタイルです。これもシステム化されたものなのでメーカーに発注しなければなりません。

簡単で手軽にできる方法があります。
フラットカーテンに形状記憶をかけるだけです。

CIMG2869

CIMG2858CIMG2861

CIMG2859CIMG2870

生地は川島織物セルコンのフィーロ FF-2258(300巾/4500円)で22,5センチピッチの波状型紙を使っていて2倍使いです。

形状記憶加工をしていますので、裾のウエーブはきれいにいきます。フラット芯地が少し硬めだったので、上部は折りクセがちょっとつきました。

サイレントグリスのS-フォールドやトーソーのルーフィットウエーブスタイルは上部だけでウエーブをつくるので、生地によってはあまりきれいにいかないケースがあるのです。この間のブログのS-フォールドのように、バウマンのソプラノならばきれいにいきますが、どちらかというと期待していた程きれいでないなと感じられるのではないかと思います。

レールはニューデラックかスイートを使います。ランナーが360度回転するからです。詳しい説明はこちら「フラットカーテンとレール」をご覧ください。

生地を触らずに開閉できるように、当店オリジナルのバトンタッセルをとりつけてバトン式にしています。

CIMG2786CIMG2856

写真のレールはトーソーのニューデラックです。フラットカーテンは優秀なレールである「エリート」でも、次の時代のレールである「ネクスティ」でもダメなんです。

トーソーもよくわかっていて、ルーフィットというレールはネクスティのランナーを使っています。これはエリートのランナーと同じような仕組みで輪の部分が回転しないようになっています。
そのため、ルーフィットでウエーブスタイルをするときは、360度回転するランナーに交換しなければならないようになっています。

初めからルーフィットで、ニューデラックのような360度回転するランナーを開発すれば、今のトーソーのやり方だったらもっと簡単にできたと思います。
でも、今のトーソーのやり方ではきれいにいかないと思います。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 

カーテンと

1,5倍2つ山ヒダ山柄合わせ形状記憶加工カーテン

昔アイドル、今シャブドル 

酒井法子容疑者が覚せい剤所持の罪で起訴されました。
のりピーには興味ないけど、この事件の一番の被害者は自民党でしょうか?
連日の「のりピー報道」のおかげで、ワイドショーで選挙のことはあまり取り上げられなかったと思います。前回の衆院選ではワイドショーが刺客を毎日盛んに取り上げたため「劇場型選挙」と言われるくらい盛り上がったものです。

さて、本題です。

5月17日のブログ「カーテン屋が考えたカーテン」で書きました1.5倍使い2つ山ヒダ山柄合わせ形状記憶カーテンの施工写真です。
まずは、こちら(←クリック)を先にお読みください。

CA390118CA390119

CA390117CA390120

CA390116CA390115

1.5倍にしてストライプの柄がヒダ山で揃うようにつくったカーテンで、それに形状記憶加工をするときれいなウエーブがでて、ボリュームがあるように見えます。

1.5倍使いなので、2倍使いに比べて1巾分少なくなりお安くできます。

きれいでとってもお買い得なカーテンです。

夢工房通信24号

チラシの解像度はわざと落としています。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

  

 

 

 

 

 

同じもので比較して初めてわかる形状記憶カーテン

すでに寝室だけ取り付けておられたのですが、同じ生地であとから当店にリビングだけ注文をいただきました。


このお客さまは家具を購入時にカーテンも勧められて高層マンションの東向きなのでとりあえず寝室だけは必要とのことで先に購入されました。


入居後、当店のポスティングチラシをご覧になってご来店いただき、寝室と同じもので色違いになりました。


CIMG2150


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


CIMG2151CIMG2152


 


 


 


 


 


のカーテンは家具屋で購入されたもので、川島織物セルコンのフィーロにあるノッテという商品で、遮光1級です。


家具屋は業界一の大手で、オーダーカーテンにも積極的に販売されていて縫製もきれいなところです。自社縫製されているようで、形状記憶加工や簡易型形態安定加工はされていないようです。


上の下側の左の写真は室内の電気を消して撮ったところで、右は電気をつけて撮っています。


同じ生地の色違いを当店は自社縫製でリビングに納品させていただきました。


CIMG2147


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


CIMG2146CIMG2148


 


 


 


 


 


CIMG2149


 


 


 


 


 


 


 


 


 


お客さまもびっくりされました。


寝室のカーテンだけをみていれば、それでまったく問題はなかったのです。


実は、ほんの4~5年前まではみんな寝室のカーテンのようだったのです。


このような遮光の生地は形状記憶加工をしないといくら縫製がうまくてもきれいにならないのです。また、床ぎりぎりぐらいで作らないと遮光1級ならば光の漏れがすごく目立つのです。


当店はどこのメーカーの生地でも自社で形状記憶加工も簡易型形態安定加工もします。

かつてきれいな縫製をされていた小規模な加工所が、こうした設備投資ができなくて、カーテンとして吊ったらあまりきれいでないというようなことによくあるのです。


今や、オーダーカーテンにおいて形状記憶や簡易型形態安定加工が常識となってきています。


今日のブログは役にたちましたかはい、クリック 


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→





 


 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です


ブログのトップ


 

やっぱり簡易型形態安定加工をすると違うよ。

私のブログを読んでいる方からご連絡をいただきまして、他店でサンゲツのCK117という商品をご購入されたところ、出来あがってきた商品をみてヒダがきれいにでていないことにがっかりされたとのことで、あとから簡易型形態安定加工をやってもらえないかということでした。


当店では2008年11月10日のブログ「カーテンのあとからの形態安定加工」のところにも書いたのですが、基本的には他店で購入された商品のあとからの形態安定加工は請けておりません。それはどんな商品かわからないので縮みとかの問題が発生する可能性もあり、当店も加工所に送ったりしなければならず、決して安くできないためです。


また、2009年5月2日のブログ「簡易型形態安定加工と形状記憶加工の比較サンプル」にも書いたのですが、ウエーブが少し鋭角にもなりますので期待値が高すぎると困るからです。


今回のお客さまは、私のブログを隅から隅まで読んでいただいて高く評価していただいていたことと、商品もよくわかっていたし、ちょっと前にサンゲツのCK117の色違いのCK123を施工していて写真があったので、事前にメールして「こんな感じになりますがいいですか」と確認できたためお請けしました。


CK123の簡易型形態安定加工をした施工写真です。


CIMG1978


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


CIMG1979CIMG1975


 


 


 


 


 


CIMG1976CIMG1977


 


 


 


 


 


 


 


 


 


ちょっと設定温度が高くて鋭角になってしまいました。


お客様から送られてきた商品は


IMG_0806


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


簡易型形態安定加工をすると


IMG_0808


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


こんな感じです。


ちょっと鋭角になることを気にされる方は真空釜でする形状記憶加工をお勧めしています。
その違いは、もう一度、2009年5月2日のブログ「簡易型形態安定加工と形状記憶加工の比較サンプル」をお読みください。


ちょっと数年前までは、こうした加工をしないのがごく普通だったのですが、今はこうした加工をするのがごく当たり前になってきています。


オーダーカーテンは吊って初めて商品ですので、価格に惑わされずに信頼のおける専門店で購入しましょう。


このブログは役にたちましたか。はい、クリック 


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→





 


 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です


ブログのトップ

カーテン屋が考えたカーテン

 


 オーダーカーテンって高い?


最近はオーダーカーテンも安いのもあります。サイズを別注でつくるのがオーダーであれば、品質を落としたり、生地の使う量、いわゆる生地巾を少なくすれば安くすることができます。


品質を落とすということは、せっかくオーダーでつくる中であまりに安っぽいのもいかがなものかと思っています。


最近流行りの低価格均一のオーダーカーテンショップの企画担当者と話をしていたところ、巾200×丈240センチまでを2倍使いで1万円で販売している中で、3~4年前に比べてかなり品質が落ちているということを言ってました。


ダイソーなどの百均ショップなども最近百円以外の商品もたくさん並べているように、低価格均一では限界があります。


それならば生地の量を少なくして安くする方法があります。


オーダーカーテンはカーテンの生地の量をどれだけ使うかによって、フラット、1.5倍使い、2倍使いというような言い方をします。


1.5倍使いというのは、カーテンの巾を1mのものをつくるのに巾を1.5m使うことをいいます。簡単にいうとヒダをとったカーテンで上を測ると巾が1mに対して裾を測ると約1.5mある(厳密にいうと両端の折り返し部分もあるのでもう少し少なくなっています。)のを1.5倍つかいといいます。この場合、ヒダ山は1つ山か2つ山になっています。


2倍使いというのは、同様に巾1mのものをつくるのに巾を2m分の生地を使うことを言います。カーテンの上で測ると1mなのに裾を測ると約2mあるのをいいます。これはたっぷりヒダをとっていまして、ヒダ山が3つ山になっていることが多いです。


以前はオーダーカーテンは2倍使い、既製カーテンは1.5倍使いといわれていたのですが、最近は1.5倍使いでオーダーをすることもよくあります。


当店でも1.5倍使いの1つ山・形状記憶加工のペンタックカーテンはよく売れています。


巾200センチのカーテンをつくる場合、生地巾が150センチのものであれば、両開きで2巾使うのが1.5倍使いで、3巾使うのが2倍使いになります。


1.5倍使いでつくると2巾でできますので、2倍使いするより3分の2の価格でできます。しかし、生地のボリュームがないので、ヒダもきれいにでないし、貧弱にみえるのです。


そこで、当店では1.5倍使いの場合は形状記憶加工を勧めており、そうすることによってきれいに見えるのです。


今回、新しく作りましたカーテンはさらにヒダ山柄合わせをすることにしました。
ヒダ山柄合わせとは、カーテンのプリーツを取るヒダ山と生地の柄のピッチをあわせるのです。


そうすると1.5倍使いでもボリュームがあるように見えて美しいのです。今回5柄12点用意いたしました。


CIMG1844


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


CIMG1845


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


CIMG1847


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


CIMG1846


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


CIMG1848CIMG1849


 


 


 


 


 


 


 


 


 


上の生地はピンクのストライプの中心を全部ヒダ山に持ってきています。これで1.5倍使いです。


このカーテンは現場を知っているカーテン屋の発想から出来上がった商品で、


カーテンは吊って初めて商品なのです。


この商品は生地の品質はワンランク上げました。いい生地で品質は落とさず、いかに安くて美しいカーテンを作るかを考えたカーテンなんです。


価格は、ヒダ山柄合わせ・形状記憶加工付きで巾200×丈200センチで13230円(税込)


 どうや


この発想はメーカーにはできないのです。川島織物セルコンなんかはまずはデザインありきなんです。


オーダーカーテンを安くするには品質を落とすか、使う生地の量を少なくするしかないのです。
品質は落とさないようにするには、生地の量を少なくするのですが、それでもって見栄えよくなるように考えました。


なにかいいネーミングはないでしょうか


このブログは役に立ちましたか。はい 


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→





 


 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です


ブログのトップ



実験シリーズ② 簡易型形態安定加工の洗濯実験 途中経過

5月3日憲法記念日です。


昨日のブログで簡易型形態安定加工について、よく洗濯をすると3~5回ぐらいで型が崩れると言われていると書きました。


当店でははたしてそうなのかどうかを実験をしています。まだ、途中経過で3回しか実験をしていませんが報告します。


メーカーの縫製においても、簡易型形態安定加工の機械が違いますので、各メーカーに聞いても答えはバラバラです。川島織物セルコンは3回程度、東リも3回、住江織物は2回、シンコールは4~5回ぐらいの洗濯で形態安定の型が崩れると言っています。


実験データ


 


 


 


 


 


 


 


 


 



これは平成18年に富山県工業試験センターで実験したデータです。(ジャパンテックスでメーカーのラポージュのブースでいただきました。)洗濯したあと、両端を持って広げて離すと何センチの広がりになるかを調べたものです。


形態安定加工をしたものは洗濯する前は27センチ、1回目34センチ、2回目38センチ、3回目38センチ、4回目39センチ、5回目41センチになっています。


未加工のものは洗濯する前が35センチ、1回目51センチ、2回目49センチ、3回目49センチ、4回目47センチ、5回目48センチとなっています。


この実験では形態安定加工をしたものも、洗濯するたびに少しずつ広がっていく結果がでています


メーカーがいう3~5回ぐらいの洗濯で型が崩れるというのは正解です。でも私は5回以上しても大丈夫だと思っているんです。誤解のないようにいっておきますが、この実験は1日で連続してやったものです。


5回洗濯するには1年に1回しても5年はかかります。2年に1回ならば10年はかかるのです。
その間に生地もへたりますし、折り癖もつきます。10年経ったら型が崩れて問題だというほどのものではないと思っています。


私はメーカーがいう簡易型形態安定加工は洗濯3~5回で型崩れをするというのは大きな問題ではないと思っています。


今、当店で実験をしているのはずっと吊り放し状態で1か月に1回洗濯をしています。


縫製したあと、形態安定加工をする前の状態です。


CIMG0924


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


形態安定加工機にセットしました。 


CIMG0925


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


簡易型形態安定加工をしました。 


CIMG0927


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


カーテンを洗濯をする前の状態です。(2009年2月13日) 


洗う前2


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


1回目の洗濯をしました。(2月13日) 


1回目1


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


2回目の洗濯をしました。(3月21日) 


2回目


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


3回目の洗濯をしました。(4月20日) 


洗濯3回目ー1


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


今は3回洗濯をしてこんな状態です。


とりあえず、こんな状況です。これからも毎月1回洗濯をしていきます。


今後の報告に期待しておいてください。



今日のブログは役立つ情報でしたか。    はいクリック 
役に立った時はクリックをお願いします。
今後の励みにしていきます


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ


 


 


 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です


ブログのトップ


簡易型形態安定加工と形状記憶加工の比較サンプル

今、流行りの簡易型形態安定加工形状記憶加工違いについて縫製サンプルで説明します。


まず、この名称に関しては各メーカーそれぞれ好き勝手に名前をつけており、呼び名もまちまちで加工方法も違います。この件に関しては今までも何回もブログで書いておりますのでまずは右欄外カテゴリー一覧の「形状記憶・形態安定」をお読みください。


一般的に縫製をした後から、簡易的にプリーツをきれいにする加工を当店では簡易型形態安定加工と呼んでいます。圧倒的知名度では川島織物セルコンのソフトウエーブ加工が知れ渡っており、これをメーカー縫製の標準仕様としている東リはソフトプリーツ加工と呼んでいます。


それに対して、真空釜できちっと加工するのを形状記憶加工と呼んでいます。川島織物セルコンはファインウエーブと呼んでいますが、以前はナチュラルウエービーとか言ってましたのでこちらの方は名称としての認知度は低いです。


この2つの加工の違いでは、簡易型形態安定加工では洗濯3~5回で型崩れがして、形状記憶加工の方は半永久的ですというような言い方をいます。


今、当店では簡易型形態安定加工の洗濯実験をしていまして、何回で型が崩れるかをしらべています。後日報告しますが、3回ではまったく問題はありません。私は洗濯のことはあまり問題としていません。(2009年5月3日のブログ参考


よく、メーカーの見本帳や専門店のホームページを見ると、その違いについて説明をしていますが、ほとんどが簡易型形態安定加工をした場合と未加工との比較か、形態安定加工をした場合と未加工の比較なんです。


簡易型形態安定加工形状記憶加工の比較はまったくありませんでした。


川島織物セルコンの見本帳にもソフトウエーブファインウエーブの違いがわかる比較写真はありませんでした。カーテン夢工房大阪店では比較サンプルを展示しています。


CIMG1743


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


CIMG1748CIMG1749CIMG1750


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


上の写真は同じ遮光の生地を使っています。左は未加工の商品、真中は形状記憶加工右は簡易型形態安定加工の縫製サンプルです。


形状記憶加工もやり方がいろいろありますが、当店ではトタン板みたいな型紙に寝かして真空釜に入れるやり方です。このやり方が一番多いと思います。


簡易型形態安定加工もやり方がいろいろありまして使っている機械によって違いますのですべてここでの説明と同じではありません。私どもは川島織物セルコンと同じラポージュのプリーツフォーマーを使っています。このやり方が今、一番シェアが高いと思います。


CIMG1739


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


CIMG1735CIMG1738CIMG1740


 


 


 


 


db72c027-s


 


この上の写真(クリックすると拡大します)は真空釜でやる形状記憶加工です。
ウエーブに丸みがあります。


 


fdc98610


 


 


 


下の写真は簡易型形態安定加工の写真です。


 


 


 


CIMG1741


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


CIMG1736CIMG1737CIMG1742


 


 


 


 


当店が使っている簡易型形態安定加工の機械では、下のウエーブが鋭角でソフトウエーブではなくシャープウエーブになります。そのかわり、下から熱を与えるので生地の真ん中あたりはかかりが弱くなり自然なウエーブで丸みがありきれいで(この上の真ん中の写真)、これぞまさしくソフトウエーブなんです。


当店で使っている機械がこのように少し鋭角なウエーブになるだけで、すべての易型形態安定加工がこうなるわけではありません。川島織物セルコンは同じです。東リが使っているユニテックパロマのものも同じように鋭角になります。この手の機械のパイオニアである極東産機のパーマネントフィニシャーは、発売当初の機械は当店の加工所にありましてよくわかっていて、その機械では裾は鋭角にはなりません。これはこれなりに問題点があり、その後モデルチェンジをしており、その機械に関しては詳しく知りません。直本工業の機械については詳しくは知りません。


当店の加工ではこのような違いがあります。真空釜でやる形状記憶加工の方が人気があります。


 


下の写真は未加工のものです。


CIMG1746


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


CIMG1744CIMG1745CIMG1747


 


 


 


 


当店では簡易型形態安定加工か形態安定加工をされることをお勧めしています。


当店では自社の加工所でやっていますので、ポリエステル100%の生地ならばほとんどこのような加工をすることができます。メーカー縫製に依存していませんので、このメーカーの商品はできるけど、このメーカーはできないというようなことはありません。
カーテンは商品知識が豊富で、こだわりのある専門店で買いましょう。


オーダーカーテンはどこで買っても同じではありません。


今日のブログは役にたちましたか。        はいクリック 
ほんとうに役にたった時だけクリックしてください。


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 


 


 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です


ブログのトップ



 

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.