カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

フラットカーテン1.3倍使い形態安定加工 かかり過ぎ

昨日のブログに五洋インテックスから、商品解説のメールが1回しか来なかったと書いたところ、今日早速また4枚送ってきてくれました。
ありがとうございます。期待していますのでぜひ続けてください。

ブロぐってしまいましてすみません。効果絶大ですね。

私のブログでは、薄いみどりの字のところをクリックすると、違うページに飛ぶようにしています。(たとえば1行目の「ブログ」というところをクリックしてみてください。)

これは、ここを読んでくださればさらに詳しく書いていますよという意味で「リンクを貼る」というようなことをしています。

ブログ内のリンクが多いのですが、これもけっこうたいへんな作業で、過去のブログを探して読み直したりしています。

しかし、アクセス解析をみると、リンク先まで読んで頂いているケースは少ないのです。ちょっとショックなんです。

ぜひ、薄いみどりの字をクリックしてみてください。さらに豊富な情報があります。

さて、本題です。

1.3倍使いのフラットカーテンに形態安定加工をしたのですが、ちょっとかかりすぎました。あまりよくない施工例です。

1.3倍のフラットカーテンというのは、例えば、2mのレールがあるとしたら、生地はヒダをまったくとらずにフラットにして、1.3倍の長さである2.6mにつくるのです。

そうすると、2mに対して2.6m生地があるので、自然にウエーブができるのです。

といいたいが、なかなかそういうわけにはいかず、カーテンを閉じると最初の部分だけがフラットになり、端の部分に生地が残ってしまいます。常に均等にウエーブが出るように手で整えなければきれいにいきません。

その説明はここ(この色の文字をクリックするとリンク先に行きます。)をお読みください。

そこで、当店では1.3倍使い以上の場合は形状記憶加工をしています。

フラットカーテンに関しては、欄外のカテゴリー「フラットカーテン」(←ここをクリック)をお読みください。

SH380147

SH380151SH380152

ちょっと鋭角になり過ぎました。

フラットカーテンはふわっとカーテンでないとね。

もう一つの問題点は ↓

SH380149SH380150

形状記憶がかかり過ぎると、真ん中が逆V字のように隙間があいてしまうのです。

SH380195明日、早速スチーマーをもって、かかり過ぎているところにアイロンをあててきます。

これは、重宝で、現場でカーテンを吊った状態でアイロン掛けができまして、シワになっていてもきれいにとれます。

カーテン専門店の必需品です。

カッコのいい話ではないのですが、よく活躍してくれてます。

この生地はクリエーションバウマンのサファイア808 (12300円/M 300巾)

生地がすごく良すぎて柔らかくいいのです。国産の生地と同じように考えて温度を設定したのがダメでした。もう少し低温ですればきれいにいったと思います。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 





カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

スチームアイロンをあてました。

上の施工現場にスチームアイロンをもって開きの部分にアイロンをあてました。

きれいに納まりました。 

開き修正

ブログは10月20日にアップしています。

形態安定加工の洗濯実験

インディアン伝承シャンプーを使ってます。SH380105

これは、頭皮ケアシャンプーで、実は2年前からずっと使っているんです。

少し、髪の毛が心配になり出した頃に、ウエブサイトやメールマガジンを見ていると、いたるところに「ナボホ族にはハゲがいない」とか「「このシャンプー、髪に悩む四十代の男性が使うと・・」というキャッチコピーが頭に・・  もとい、目に入ったのです。

このキャッチコピーに引っ掛かって、というか魅せられてネットで買ってしまったのです。

それ以来、髪の毛が増えたかというとそうではないと思っていますが、髪の毛が少なくなってきていないのでなんとなく愛用しています。

これを販売しているのは福岡市のエモテントという会社です。最近はよく売れて宣伝をしなくてもよくなったのか、あまり広告はみかけなくなりましたが、キャッチコピーがうまくてマーケティングの勉強になります。

コピーもさることながら、商品コンセプト作りもうまいのです。

ネイティブ・アメリカンは髪の毛がふさふさあるということをイメージさせ、ネイティブ・アメリカンが使っている成分をストーリー的に説明しているのです。

今なぜ、このシャンプーが必要なのかを顧客に気付かせるようにしています。

それに対して、東京の2016年のオリンピックの誘致の失敗は、「今なぜ、東京で開催しなければならないのか」を明確に訴えることができなかったことだと思います。

さて、本題です。

カーテンの形状記憶加工と形態安定加工については今まで何回もブログに書いてきました。この件の関して詳しく知りたいかたは欄外のカテゴリー「形状記憶・形態安定」をお読みください。
49回書いています。

この違いについて、よく言われるのが形状記憶は洗濯しても、型くずれしなくていつまでもきれいなウエーブが出るということに対して、形態安定加工は2~3回洗濯すれば型が崩れてウエーブがとれますということです。

実験しました。

CIMG0924CIMG0925

小さなサンプルを作りまして形態安定機にかけました。
上の左の写真はかける前です。右と下の写真はかけたあとです。

CIMG0927
基本的にはポリエステル100%の商品しかできません。
いろんなやり方がありますが、当店の場合は、下から熱風を当てるやり方です。

ポリエステルの熱可塑性を利用して一定の温度をあてると、形状を安定させます。

1回目撮影 洗う前(2009年2月13日) ↓

洗う前2

2回目撮影 1回目の洗濯の後(2月13日同じ日)

1回目1

3回目撮影 2回目の洗濯のあと (3月21日)

2回目

4回目撮影  3回目のあと(4月20日)

洗濯3回目ー1

5回目撮影  4回目の洗濯のあと(7月6日)

CIMG2595

6回目撮影  5回目洗濯のあと (10月6日 今日)

SH380103

5回洗濯をすると、やはり少し型は崩れます。

この件に関しましては2009年5月3日のブログ「実験シリーズ 簡易型形態安定加工の洗濯実験 途中経過」(←クリック)をまず先にお読みください。

メーカーが言うように少し型が崩れます。
しかし、前回も書いていますが、1年に1回洗濯しても5回洗うと5年経ちますし、5年経って上の写真程度の型くずれだったらまったく問題はないでしょう。

今はやっと、真空状態にしてきちっとするのを形状記憶加工、あとから簡易的にやるのを形態安定加工という言葉がかなり浸透してきたようです。

メーカーによっては、好き勝手に「なっとかウエーブ」とか言ってまして、どっちがどの加工なのかが消費者には分かりにくいかと思います。

当店では真空釜でやるのを形状記憶加工と言っており、あとからやるのを簡易型形態安定加工といってます。

今日のブログは簡易型形態安定加工の説明です。
当店では、これを最後の仕上げをカーテンを吊った状態でアイロンをかけるようなものですと説明しています。

そうした方がきれいなのは明白で、当店ではリーズナブル商品を除いて、ポリエステル100%の商品は無料で簡易型形態安定加工をしています。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 


10月14日(水)13時よりカーテン夢工房大阪店で、消費者向けのインテリアセミナーを開催します。詳しくは 
こちら(←クリック)をご覧ください。


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

フラットカーテンの形状記憶加工

オーストラリアではたばこ1箱1600円へ

先日の新聞によりますと、オーストラリアでは喫煙から引き起こされる生活習慣病を減らすために、たばこ税を引き上げて1箱20豪ドル(約1600円)にする動きがあるようです。

たばこは、肺がんをはじめとする多くのがん、虚血性心疾患、脳血管疾患、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、歯周病などの原因となっていることがはっきりわかっているので、禁煙させるために価格を上げるのも一つの策かもしれません。
販売を禁止すると闇ルートができ、黒いお金が動きます。

日本でも、たばこ1箱500円ぐらいになってもいいのではないでしょうか?
そのたばこ税を国民の健康増進のために使うというようになれば問題はないと思います。

でも、酒税は上げないでほしいのです。

さて、本題です。

9月6日のブログ「サイレントグリスのS-フォールドをとりつけました」をかきましたが、これと同じようなウエーブスタイルでもっと簡単な方法があります。

S-フォールドはシステム化されたサイレントグリスの商品でサイレントグリスに直接注文するか、ブックメーカーに「S-フォールドで」といって一緒に注文するしかないのです。

これとよく似たものが、トーソーのルーフィットのウエーブスタイルです。これもシステム化されたものなのでメーカーに発注しなければなりません。

簡単で手軽にできる方法があります。
フラットカーテンに形状記憶をかけるだけです。

CIMG2869

CIMG2858CIMG2861

CIMG2859CIMG2870

生地は川島織物セルコンのフィーロ FF-2258(300巾/4500円)で22,5センチピッチの波状型紙を使っていて2倍使いです。

形状記憶加工をしていますので、裾のウエーブはきれいにいきます。フラット芯地が少し硬めだったので、上部は折りクセがちょっとつきました。

サイレントグリスのS-フォールドやトーソーのルーフィットウエーブスタイルは上部だけでウエーブをつくるので、生地によってはあまりきれいにいかないケースがあるのです。この間のブログのS-フォールドのように、バウマンのソプラノならばきれいにいきますが、どちらかというと期待していた程きれいでないなと感じられるのではないかと思います。

レールはニューデラックかスイートを使います。ランナーが360度回転するからです。詳しい説明はこちら「フラットカーテンとレール」をご覧ください。

生地を触らずに開閉できるように、当店オリジナルのバトンタッセルをとりつけてバトン式にしています。

CIMG2786CIMG2856

写真のレールはトーソーのニューデラックです。フラットカーテンは優秀なレールである「エリート」でも、次の時代のレールである「ネクスティ」でもダメなんです。

トーソーもよくわかっていて、ルーフィットというレールはネクスティのランナーを使っています。これはエリートのランナーと同じような仕組みで輪の部分が回転しないようになっています。
そのため、ルーフィットでウエーブスタイルをするときは、360度回転するランナーに交換しなければならないようになっています。

初めからルーフィットで、ニューデラックのような360度回転するランナーを開発すれば、今のトーソーのやり方だったらもっと簡単にできたと思います。
でも、今のトーソーのやり方ではきれいにいかないと思います。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 

カーテンと

1,5倍2つ山ヒダ山柄合わせ形状記憶加工カーテン

昔アイドル、今シャブドル 

酒井法子容疑者が覚せい剤所持の罪で起訴されました。
のりピーには興味ないけど、この事件の一番の被害者は自民党でしょうか?
連日の「のりピー報道」のおかげで、ワイドショーで選挙のことはあまり取り上げられなかったと思います。前回の衆院選ではワイドショーが刺客を毎日盛んに取り上げたため「劇場型選挙」と言われるくらい盛り上がったものです。

さて、本題です。

5月17日のブログ「カーテン屋が考えたカーテン」で書きました1.5倍使い2つ山ヒダ山柄合わせ形状記憶カーテンの施工写真です。
まずは、こちら(←クリック)を先にお読みください。

CA390118CA390119

CA390117CA390120

CA390116CA390115

1.5倍にしてストライプの柄がヒダ山で揃うようにつくったカーテンで、それに形状記憶加工をするときれいなウエーブがでて、ボリュームがあるように見えます。

1.5倍使いなので、2倍使いに比べて1巾分少なくなりお安くできます。

きれいでとってもお買い得なカーテンです。

夢工房通信24号

チラシの解像度はわざと落としています。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 

カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

  

 

 

 

 

 

同じもので比較して初めてわかる形状記憶カーテン

すでに寝室だけ取り付けておられたのですが、同じ生地であとから当店にリビングだけ注文をいただきました。


このお客さまは家具を購入時にカーテンも勧められて高層マンションの東向きなのでとりあえず寝室だけは必要とのことで先に購入されました。


入居後、当店のポスティングチラシをご覧になってご来店いただき、寝室と同じもので色違いになりました。


CIMG2150


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


CIMG2151CIMG2152


 


 


 


 


 


のカーテンは家具屋で購入されたもので、川島織物セルコンのフィーロにあるノッテという商品で、遮光1級です。


家具屋は業界一の大手で、オーダーカーテンにも積極的に販売されていて縫製もきれいなところです。自社縫製されているようで、形状記憶加工や簡易型形態安定加工はされていないようです。


上の下側の左の写真は室内の電気を消して撮ったところで、右は電気をつけて撮っています。


同じ生地の色違いを当店は自社縫製でリビングに納品させていただきました。


CIMG2147


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


CIMG2146CIMG2148


 


 


 


 


 


CIMG2149


 


 


 


 


 


 


 


 


 


お客さまもびっくりされました。


寝室のカーテンだけをみていれば、それでまったく問題はなかったのです。


実は、ほんの4~5年前まではみんな寝室のカーテンのようだったのです。


このような遮光の生地は形状記憶加工をしないといくら縫製がうまくてもきれいにならないのです。また、床ぎりぎりぐらいで作らないと遮光1級ならば光の漏れがすごく目立つのです。


当店はどこのメーカーの生地でも自社で形状記憶加工も簡易型形態安定加工もします。

かつてきれいな縫製をされていた小規模な加工所が、こうした設備投資ができなくて、カーテンとして吊ったらあまりきれいでないというようなことによくあるのです。


今や、オーダーカーテンにおいて形状記憶や簡易型形態安定加工が常識となってきています。


今日のブログは役にたちましたかはい、クリック 


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→





 


 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です


ブログのトップ


 

やっぱり簡易型形態安定加工をすると違うよ。

私のブログを読んでいる方からご連絡をいただきまして、他店でサンゲツのCK117という商品をご購入されたところ、出来あがってきた商品をみてヒダがきれいにでていないことにがっかりされたとのことで、あとから簡易型形態安定加工をやってもらえないかということでした。


当店では2008年11月10日のブログ「カーテンのあとからの形態安定加工」のところにも書いたのですが、基本的には他店で購入された商品のあとからの形態安定加工は請けておりません。それはどんな商品かわからないので縮みとかの問題が発生する可能性もあり、当店も加工所に送ったりしなければならず、決して安くできないためです。


また、2009年5月2日のブログ「簡易型形態安定加工と形状記憶加工の比較サンプル」にも書いたのですが、ウエーブが少し鋭角にもなりますので期待値が高すぎると困るからです。


今回のお客さまは、私のブログを隅から隅まで読んでいただいて高く評価していただいていたことと、商品もよくわかっていたし、ちょっと前にサンゲツのCK117の色違いのCK123を施工していて写真があったので、事前にメールして「こんな感じになりますがいいですか」と確認できたためお請けしました。


CK123の簡易型形態安定加工をした施工写真です。


CIMG1978


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


CIMG1979CIMG1975


 


 


 


 


 


CIMG1976CIMG1977


 


 


 


 


 


 


 


 


 


ちょっと設定温度が高くて鋭角になってしまいました。


お客様から送られてきた商品は


IMG_0806


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


簡易型形態安定加工をすると


IMG_0808


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


こんな感じです。


ちょっと鋭角になることを気にされる方は真空釜でする形状記憶加工をお勧めしています。
その違いは、もう一度、2009年5月2日のブログ「簡易型形態安定加工と形状記憶加工の比較サンプル」をお読みください。


ちょっと数年前までは、こうした加工をしないのがごく普通だったのですが、今はこうした加工をするのがごく当たり前になってきています。


オーダーカーテンは吊って初めて商品ですので、価格に惑わされずに信頼のおける専門店で購入しましょう。


このブログは役にたちましたか。はい、クリック 


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→





 


 織物研究会  私はチーム・マイナス6%です


ブログのトップ

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.