カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

遮熱効果はプレーンでも2倍ヒダでも同じなのか?

今年は自治体が中小企業の節電策を支援するようになってきました。

東京都はLED照明器具を導入した中小企業の法人事業税もしくは個人事業税を減免したり、大阪府は中小企業の事業協同組合などがLED照明などを導入する際の融資制度を新設したりしています。

この対象商品になぜ遮熱ブラインドや遮熱ロールスクリーンは入らないんでしょうか?
もし、対象となれば需要増大が見込まれ、インテリア業界が潤うと思うのです。

インテリアのメーカーは大きな数字を並べて、遮熱ロールスクリーンの「コルトエコ」を取り付ければ16635円お得と言っているのに、どうして国や自治体に対してアピールしてくれないのでしょうか?

さて、本題です。

タチカワがチラシをもってきてくれました。7月2日に新しい商品がでて、今回はカーテンやローマンシェード(プレーンシェード)に力をいれています。

タチカワにはカーテンからブラインド・ロールスクリーンまで取り扱う唯一のメーカーとして、きちんとした比較データを出して頂きたいものです。

今回いただいたチラシです。

 

(画像はクリックしてもう一度クリックすると拡大します。)

ひじょうにわかりやすい説明で、今付いているカーテンに遮熱効果のあるブラインドを取り付ければ、カーテンだけよりも2761円お得ということです。

裏側にどういう条件でのシュミレーションが書かれていてリビングの2窓で夏季4か月間で、窓ガラスは12ミリの複層ガラスで設定温度は26度になっています。

これならば、トーソーの遮熱ロールスクリーンを取り付けた方が16635円も得だから、5倍以上も効果があると思わないでください。あまりにも条件が違いすぎるのです。

裏側です。

タチカワの遮熱効果のある商品とタチカワの普通のレースと比較してどれが効果があるのかを説明しています。

もっとも効果のある木製ブラインドが載っていないのが気になります。多分、遮熱性の板がないから載せなかったのだと思いますが、木製ブラインド自体が熱を伝えにくいのです。

もっと気になったのは、これです。

遮熱性のあるレースでつくったローマンシェード(プレーンシェード)と同じ生地でつくった2倍使いと思われるレースの数字が同じなのです。

これじゃ、同じ生地ならばフラットでも2倍ヒダを取っても遮熱効果は同じですよということになります。

そこで、ツイッターでつぶやいたのです。そしたらタチカワの場合はユーザーの問合せにたいしてもまじめにこたえてくれる部署があるのです。

トーソーも熱心にツイッターで情報発信をしていますが、いいことをつぶやくと「ありがとーそー」といってすぐに反応があるのですが、耳の痛いことをつぶやくと反応がないのです。

タチカワのつぶやきは

@konnyann   弊社におきまして、カーテンはフラットスタイルをモデルに省エネシミュレーションを行っております。そのため、同じ生地の場合、ローマンシェード(フラットスタイル)と同じ結果となります。

2倍使いのレースの写真を載せておきながら、シュミレーションはフラットスタイルでやっているとのことです。

ですから、どんな生地をつかってもローマンシェード(プレーンシェード)と2倍使いのカーテンは同じ数字がでるとのことです。

    意味ないじゃん。

カーテンの場合、フラットにしても1.5倍使いにしても2倍使いにしても遮熱効果は同じなのでしょうか?

データがないからよくわかりません。

 

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

遮熱のレース用裏地は、夏はレースに冬はドレープにかけてください。

先月書いたブログ「レース・ドレープ」とも1.1倍フラットカーテン」に福岡の同業者から

「ドレープとは厚手のカーテンという意味とは違いますよ 素人さんへ 」 というコメントをいただきました。

ツイッターでも話題になっていたのですが、同業者から素人呼ばわりされていますので、見解を述べさせていただきます。

私はブログではよく「ドレープ(厚手カーテン)」というような書き方をしています。というのはドレープといえば、インテリア業界の人は当たり前のようにすぐにわかると思うのですが、一般的には分かりにくいと思っています。

インテリア業界の団体であるインテリアファブリックス協会のインテリア用語集には

ドレープとは 重量感のある厚手のカーテン地の呼称として広く一般的に使われています。織り方は織物の三原組織ある平織、斜紋織、朱子織をはじめ、色々の変化組織や変わり織等バラエティに富んだ織り方があります。

と書かれています。

新聞記事にも必ず「厚手カーテン」という表現になっていて、ドレープとは書かれていません。

私はブログではできるだけエンドユーザーにわかりやすいようにしたいと思って、業界の専門用語だけではなく、一般名詞でも書くようにしています。

私は、ドレープのことをレースに対して「厚手カーテン」という表現でつかっています。

 

さて本題です。

今、レース用の後付けフラット遮熱裏地「シャネットうらだ」「シャネットうらだⅡ」がたいへんよく売れております。

今まで、生地が欠品していたため、あまり宣伝はしていなかったのですが、高機能遮熱レース「シャネットレース80」でフラット裏地をつくってほしいという依頼もあり、展示サンプルをつくりました。

名付けて 「シャネットレース80うらだ」です。

 

同じボイルの生地に左側のレースには「シャネットレース80うらだ」のフラット裏地を取り付けています。

撮影をしたのが夜で、外が暗いので違いがわかりにくいのですが、なにもつけていない右は透け感があって室内から外が良く見えます。

「シャネットレース80うらだ」を取り付けると、室内からは外がみえません。

 

 上の2枚の写真は後ろからみたところです。

 レース用・後からつけるフラット裏地に関しましてはこちらをお読みください。

よく「シャネットうらだⅡ」と「シャネットレース80うらだ」とではどちらが効果があるのかと聞かれます。

実験データがないのでよくわかりません。

違いは、

「シャネットレース80うらだ」は裏地としてつけると室内からは外が見えなくなります。色は白で明るいです。レースとしては重くて、これをつけると風に煽られにくくなります。価格もこちらの方が高いのです。

シャネットうらだⅡは、裏地としてつけると室内からは外がみえにくくなりますがみえないことはないです。色はシルバーです。

 

新しい提案があります。

「シャネットレース80うらだ」は室内から外がみえなくなりますので、

夏の太陽がきつい時はレースにつけていただいて、

冬場は必ず外していただき、ドレープ(厚手カーテン)の裏地として

使っていただきたいのです。

そうすると、空気層ができまして、冬の夜、ドレープ(厚手カーテン)を閉めると断熱効果がありまして、節電になるのです。

当店は夏の遮熱対策として、6年前からレース用フラット裏地として「シャネットうらだ」を販売しています。

 これは取り外しが簡単にできまして、冬場は外していただくことを目的にしておりましたが、意外と冬も付けっ放しというユーザーが多いのです。そしておっしゃるには「冬場はけっこう暖かいんですよ」とのこと。

なるほど、裏地があるため空気層ができ、断熱効果が発揮しているのです。

そこで、カーテン夢工房はそのレース用の裏地を冬場はドレープの裏地としてつかっていただくことを提案します。

実験データはないのですが、裏地の生地の厚さによって断熱効果が大きくかわらないと思っています。

空気層をつくることが大事なんです。

 これが、ドレープ(厚手カーテンにシャネットレース80うらだ」を取り付けて裏側から撮ったものです。

 

上の左側の写真は表からみたところでレース地の裏地がついていても全く気になりません。右側は裏からみたところです。

これは、私のアイデア提案でありまして、実験データはありませんが、夏と冬と裏地をとりかえることによって効果が遮熱と保温の効果は大だと思っています。

           1粒で2度おいしいのです。

もう一つ、別の効果がありまして、レースにレース用の裏地をつけることによってレースの2重吊りになります。そうすると、夜、室内の電気がついていても外からみえないのです。

夜、外から撮った写真です。右が「シャネットレース80うらだ』付きです。左はなにもついていない1枚のレースです。

こうなると、夜レースだけ閉めて窓を開けて過ごしても外から室内が見えないのです。

これぞ、1枚で満腹感を味わえる商品なのです。

夏冬の節電に大いに貢献してくれる商品です。

 6月19日記 同業者からも絶賛のコメントをいただいています。コメント欄をお読みください。

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

 

風の通る高機能遮熱レース

夏の節電が求められていますが、メーカーがだす遮熱商品はどちらかというとエアコンをつけて冷房温度をあげることによって節電をするという発想です。

それに対して、エンドユーザーの方には、エアコンを切って窓をあけて節電をするという方も多いのです。扇風機がよく売れたり、蚊取り線香がよく売れているというのがニュースになっています。

遮熱レースも窓をあけると風に煽られるからイヤだというエンドユーザーがおられます。

そしたら風が通る遮熱レースができないものかと考えてつくったのがシャネットレース80風通(格子型レーザーカット高機能遮熱レース)です。

レース地は当店オススメの遮熱糸「涼しや」が80%はいっている坂井レースの高機能遮熱レースシャネットレース80」レーザーカットで穴をあけました。

上の写真の右が高機能遮熱レース「シャネットレース80」、左がシャネットレース80風通です。

今、いろいろと検証しています。

風は通しますが、煽られないということはないです。

裾にウエイトを入れた方がいいのかどうか。
1,5倍使いにするよりも2倍使いにした方が、煽られないなぁ  等

価格は

 

モニターを募集してエンドユーザーのご意見を聞く予定です。

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

遮熱対策には単品ではなく商品を組み合わせましょう。

20年前に取付けられたニチベイのブラインドの修理とレースの吊り替えに行ってきました。

ダイニングの東向きの窓で、枠内側にブラインドがついていて、この操作棒がこわれていたので交換したのと、その手前についていたレースを新しいものにしました。

 

 ブラインドは操作棒を交換しただけで20年前のままです。レースはサンゲツで新規です。

朝日がすごく入ってきて、朝は眩しくて夏は暑いとのことで、このような組み合わせになっていますが、

これは大正解です。

ブラインドは夏の朝だけ閉めて、昼間はレースだけという使い方 です。

朝日が眩しいからといって、ブラインドだけにするとダイニングの窓としては冷たい感じになります。
レースを遮熱レースにすると冬場は寒々しい感じになります。

今は遮熱ブラインドや遮熱レースという商品がありますが、単品で遮熱対策をするのではなく、夏だけではなく冬のことも考えて、カーテンとブラインドやロールスクリーンと組み合わせて遮熱対策をされることをオススメします。

 こういう提案をエンドユーザーに向けてもっとやっていくべきなんですが、インテリアのメーカーでカーテンとブラインド・ロールスクリーンを一社で販売しているところはタチカワで、サンゲツや川島織物セルコン等もロールスクリーンを販売していますがいずれもどちらかが弱いのです。

そのため、インテリアのメーカーからはこのような提案はあまりありません。

どちらかというと、ファブリックのメーカーは、遮熱カーテン(レース)が一番いいですよという感じでのぼりをつくったりしています。ブラインド系のメーカーは遮熱ブラインドや遮熱ロールスクリーンの方が絶対いいですよといっています。

なぜか、サンゲツは遮熱にはガラスフイルムがいいですよといっていますが・・・・

昨年、ニチベイはこんなノベリティグッズをつくりました。


                                    http://www.curtainkyaku.com/blog/31536.html

得意先であるファブリックのメーカーに遠慮してうちわの話にして、シールをめくると、

  レースカーテンを外してブラインドに取付けると24%節電

シールで隠すあたりはセンスがいいのですが、レース地でうちわをつくってブラインドと組み合わせるとこんなに節電になりますよというようなPRをしてもらいたいものです。

 

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

 

 

 

 

遠くでもご来店いただければお伺いいたします。

 

 神戸市西区でご新築されているお客さまがブログをご覧いただいてご来店を頂き、吹き抜けに電動のタテ型ブラインドの遮熱タイプを取付けさせて頂きました。

今まで吹き抜けに足場を組んで取付ける話もいっぱいブログに書いてきました。

 

取付ける高さが床から5m90㎝あり、住宅では一番高かったことです。

電動のバーチカルブラインド(タテ型ブラインド)の話もいっぱい書いています。

 

ニチベイの商品をつかっているのですが、ボックス幅が117ミリしかなく、あまり余裕がなくボックス内での配線の処理に苦労しました。

遮熱対策に一番いい商品であるニチベイのサンフレクト遮熱の話もいっぱい書いています。

 

(画像はすべてカーソルを当ててクリックしていただければ拡大します。)

この生地は閉めても真っ暗にならないし、遮熱効果が高くていいです。

ブログも1860回以上カーテンと窓周りの事を書いてますので、書く話も同じようなことになってきています。同じような話ばかり書いていると飽きられるのではないかと思っています。

 

私どもは独自に5年間無料保証をしておりますので、最近は営業テリトリー外の和歌山や京都や神戸市の西の方からも、メカ物を求めてご来店いただく方が多くなりました。

ほんとにありがたいです。ご来店いただければ遠くでも意気に感じてお伺いします。

当店は大阪市西区新町にありまして、区内町御用達のカーテン屋を自覚しておりますが、この街を窓周り品のメッカにしたいと思っています。

 

 

 今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

この夏注目! 後からレースに取り付ける遮熱用裏地

2006年に当店が最初に販売しました後からレースに取り付ける遮熱用裏地
「シャネットうらだ」「シャネットうらだⅡ」が、この夏の遮熱対策品と大いにPRしていきたいと思っています。

これは今ついているレースに取り付けることができまして着脱が簡単です。

こちらをご覧ください。http://www.curtainkyaku.com/proposal/heat2.html

遮熱性のあるアルミ蒸着フイルムを織りこんだ生地をあとからフラットにレース用裏地としてとりつけます。

上の写真の左半分がシャネットうらだⅡをつけたところで、右側に何もつけていません。

レースに遮熱裏地をつけると少し透け感がなくなります。

 レースのフックにひっかけながら一緒にレールのコマ(ランナー)につけていきます。
フィスバ、五洋インテックス(インハウス・サザンクロス)やフェデのメーカー縫製である縫込みアジャスターフック仕様にも対応しております。

 

 

 

 

 上の左に写真は裏からみたところです。右の写真は裾の部分です。

今あるレースにとりつけることができて遮熱効果は抜群です。

お客様の声はこちらです。

私がよく口ずさむシャネットうらだの歌です。
山本リンダさんの「狙いうち」の替え唄です。

 うらだ うらだ うらうらで
うらだ うらだ シャネットうらだよ
うらだ うらだ うらうらの
この世は遮熱のためにある

見ててごらんシャネットうらだ
今にのるわレースのうら
みがきかけたこの商品
そうなる値打ちがあるはずよ

アルミをきりきり太陽めがけ
逃がさない暑さを狙いうち

天がくれたこの商品
無駄にしては罪になる
世界一の客だけ
この手にふれてもかまわない

うらだ うらだ うらうらで
うらだ うらだ シャネットうらだよ
うらだ うらだ うらうらの
この世は遮熱のためにある

 

今年の夏は、シャネットうらだであなたを狙いうち

 ※シャネットうらだは、私がつけた名前で「ジャパネットたかた」に聞いても売っていませんし、他の販売店で聞いても通じないと思います。

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

 

 

 

 

トーソーの展示会 コルト遮熱

大阪でトーソーの新作発表展示会が開催されました。

私はサンゲツで5年間勤務しまして、その後脱サラして自分で始めたのですが、辞めたあと4カ月間、トーソーの関連会社であるサイレントグリス【当時はベストインテリア】でアルバイトで修業しておりました。

そのときに、トーソーの大槻相談役に大変お世話になり、今もこうして商売ができるのはトーソーさんのおかげだと思っています。

 トーソーはかつては、自社のことより業界発展のために、「ウインドウトリートメント」という言葉をつくり、出版社までつくってご尽力されました。私はサンゲツ出身なので、そういう企業姿勢にびっくりしたものです。

それが、最近は・・・・・・・・・・・・

トーソーを愛するがゆえに敢えて苦言を呈したい。

今回の展示会の目玉は省エネ商品で、そのひとつが遮熱ロールスクリーンの「コルトエコ」です。

 この商品はリーズナブルで日射反射率63.5%で遮熱性があり、昼間は暗くならずにシースルーというのがアピールポイントです。

そして夏季4か月で電気料金が16635円もお得という、電力不足の日本を救うすばらしい商品なのです。

上の写真は展示会場に貼ってあったポップで大きく16635円もオトクと書かれています。

どういう条件で調べたかというようなことは一切書かれていません。

これをみたインテリアアドバイザーなんかは、トーソーのコルトエコを部屋につけたら、この夏4か月で電気代が16635円浮くように感じるようにさせた広告です。

現に、昨年はにわか遮熱ブームになったため、クリエーションバウマンがだしているシルバーコレクションという遮熱レースの実験で何もつけていないのと比較して8.1℃温度差がでたというデータを、そのままシルバーコレクションをつけると8.1度差が出ますとブログに書いていたインテリアアドバイザーが何人かいました。

これは、日本繊維製品品質技術センターというところがやっている試験で54×54×45㎝のボックスに試験片をいれての実験で、2度と同じ試験結果がでないという最もファジーな実験方法です。

実際の室内では1度前後ぐらいの差しかでませんが、小さなボックスでのデータをそのまま室内に適応できるように感じてしまうのです。

トーソーもカタログにはわからないような字で19窓で120㎡で全館一斉にエアコンをつけたときになにも付けていないのと比較して16635円お得とは書いています。

 (画像はクリックすると拡大します。)

でも、現実的には19窓あって、一斉にエアコンを入れるということはあまりないのです。そんなデータを堂々と載せてとーそーとする企業姿勢が問題です。

こういうやり方は以前はタチカワがよくやっていました。しかし、今年はまともな数字を書くようになりました。

マカロンの新しいカタログの載っている数字です。

省エネタイプのロールスクリーンでも夏季4か月で796円お得と書いています。

タチカワは796円で、トーソーは夏季4か月で16635円です。

タチカワはテラス窓1窓あたりで一般の生地に比べてです。

トーソーは19窓で何もつけないものと比較してです。でも、それは展示会のPOPには書いていないのです。

トーソーのデータの出し方は自社商品同士でも比較できないように別の実験方法を用いて他社商品を意識して出しています。

こんなことをやっていると、インテリア業界自体がどこからも相手にされなくなります。

 

今日のブログは役にたちましたか    はい、クリック


カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→

 



カーテン夢工房      初めてオーダーカーテンを買われる方へ      カーテン夢工房スタッフブログ   

 

ふんばろう東北!がんばろう日本!

 

ブログのトップ

10 / 29« 先頭...89101112...20...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.