カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

シャネットうらだ2のモニター報告 その2

シャネットうらだ2のモニター報告です。

以前、シャネットうらだをお買い上げいただいた大阪市のOさまに、今回、シャネットうらだとシャネットうらだ2の比較をお願いする意味でモニターになっていただきました。

その報告です。(原文そのまま)

シャネットうらだIIの感想。

強烈な西日対策に以前より鈴寅masa加工の生地「シャネットうらだ」を愛用していました。
シャネットうらだ(鈴寅masa加工品)と使い比べて感じた事。

【シャネットうらだの特長:透明感】
シャネットうらだの良い点は透明感で、室内から外はけっこうよく見えます。
プライバシー保護の観点から言えば、外から室内は全く見えません。

うらだ装着うらだ越し

【シャネットうらだの特長:雰囲気】
使用しているレース生地はFA1304GY。元々スケスケの生地ではありません。
ストライプ柄で、シャネットうらだのグレイッシュな色と違和感なくマッチしていていい雰囲気を出していました。
ららだ装着影うらだ直射

しかし、本体の透明加減とシャネットうらだとの重なりによって閉塞感があり、ちょっとうっとうしい組み合わせではあります。
結果的に西日の当らない時間帯は全開にしています。
西日の当る時間帯はこれだけでは不十分で、ドレープと併用する事があります。

ドレープはFA201619という品番で、パリパリとした質感の薄い生地です。単独では透けます。
ドレープは濃いグレイッシュな茶色で、基本的には束ねて空間の引き締め効果として両脇にある事が前提なので、
カーテンを閉めると圧迫感があり、暗いので昼間から閉めたくはないのですが、閉めざるをえなくなります。

【シャネットうらだIIの特長:透明感】
透明感はほとんどなく、景色は見れません。何となくぼんやり分かる程度です。

うらだII装着うらだII直射

しかし、強烈な西日を背後から浴びているので、まるで生地自体が発光しているように見え、部屋は明るく感じます。
透明感がなく光沢が強いので、室内から見てもけっこう眩しく感じる時がありました。

【シャネットうらだIIの特長:雰囲気】
「シャネットうらだII」は生地はパールホワイト。濁りのない色です。
カラーレースと組み合わせても意外と雰囲気を壊さず、さわやかで美しい仕上がりは期待以上のものがあります。
これは新しい発見で、グレイッシュなレース生地にはダークなトーンしか合わないと思っていたのに、
さわやかな透明感が夏の雰囲気にはよく合います。

【まとめ】
masa加工と、アルミ蒸着フィルムの性能の違いははっきり分かりませんが、
シャネットうらだIIの方が不透明な分、直射日光を遮っている感があるので、体感的に涼しくなったような気がします。

左うらだ右レースのみうらだとIIの比較

(上の左の写真の左側はうらだをとりつけていまして、右側はレースのみ。
右の写真は左側がうらだ、右側がうらだ2です。いずれもクリックで拡大します。)

壁の南側に大きな水槽があり、金魚が3匹泳いでいます。
西日タイムには煮魚になりそうな勢いだったのが、なんとなく大丈夫な気がします。

2種類の簡易型裏地を比較し、数字ではなく体感的に分かった事は視覚から入ってくる情報に大きく影響を受ける事です。

ぎらぎらした太陽の光を目で見ることで暑く感じ、見えなくなると何となく和らいだ気がする。
景色のコントラストが強くなると暑く感じ、弱くなると暑さがマシに感じるのではないでしょうか。
シャネットうらだIIのしなやかさはドレープでは得れないものです。シワにもなりにくい気がする。
やさしく窓を覆いながら景色がぼんやりとしか見えなくなる事により真夏のギラギラ感から逃げることができます。

《生地の使い分け》
シャネットうらだIIはRL6130との比較というより、CR1193の対抗品と思っても良いのではないかと思います。

もろに西日がライナーで直撃する窓に対してはシャネットうらだIIが安価に効果的に対応でき、
さらに効果を望む場合はCR1193をうらだとして利用する。

南向きで太陽の影響を受けるが矢のように刺さってくる陽射し
が比較的少ない場合はRL6130でシャネットうらだを使えば景色も見れる。

という事です。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

シャネットうらだ2のモニター報告(写真編)

近畿地方は梅雨明けしました。

今年の梅雨明けは昨年より早く、短かったのですが雨量は多かったそうです。
局地的な集中豪雨が多かったようで、実感としてはよく降ったなという感じはしなかったです。

ニュースなどでみると各地で被害がでていまして、被害にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます。

さて、本題です。

昨日のブログの続きで、あとから取付けできるレース用フラット裏地「シャネットうらだ2」のモニター報告写真編です。

千葉市のMさまが、実際に取り付けた様子を写真にしてヤフーフォトにアップしていただきました。

それを皆さまに公開させていただきます。(写真はクリックするとすべて拡大します。)


南西側の寝室
モニターでシャネットうらだ2を取り付けていただいたのは2階寝室の南西の窓です。

取り付ける前の状態

取り付け前取り付け前2

カーテンのサイズが巾200×丈211センチです。

裏地到着重さわずか162g

商品到着。重さはわずか162グラムです。

色合いは下の写真のようでシルバーで少しテカテカしてます。
色合い色合い2

レースに取付け
レースに取り付けレースに取り付け2

これは下の図のようにとりつけます。

うらだII説明図縮小版ロゴ入り

まずは、右側だけシャネットうらだ2を取付け

右側だけ裏地付き右側だけ裏地付き2

右側だけ裏地付き3

 

 両開きの右側だけシャネットうらだ2が取り付けてあります。
上部だけで接点をもたらせていますので
右上の写真のようにもなります。

←透け感の違いがわかりますか。
少しみえにくくなりますが、室内からは外は見えます。

外からみた写真です。

外から(裏地付き)外から(裏地なし)

上の写真の右側は何もつけていない方。
左側はシャネットうらだ2をつけている方です。昼間は外からは中はまったくみえません。

室内点灯時に外からみた場合

(室内点灯時)外から(裏地付き)(室内点灯時)外から(裏地なし)

(室内点灯時)外から上の写真の右側がなにもつけていない方。
左側がシャネットうらだをつけている方です。

シャネットうらだをとりつけると、夜室内で電気がついていても、外から中は見えにくいのです。

日中差し込む陽射しの違い
差し込む日差し

上の写真の左側はなにもつけていない方。右側がシャネットうらだ2を付けている方。

レースの前に温度計を置くと2℃の違いがありました。
温度計(裏地なし)温度計(裏地付き)

上の写真の左側がなにも付いていない方、右側がシャネットうらだ2付き
(写真はクリックすると拡大します。)

両方にシャネットうらだ2をつけてみました。
両方裏地付き3両方裏地付き2

外から その2
左の写真は両方にシャネットうらだ2を付けて外からみた写真です。

夜、室内点灯時

点灯時3灯時2

ここで、もう一度昨日のブログをお読みください。

この写真はすべてモニターのMさまが撮っていただいたものです。

私は感激しました。

まるで劇を観ているようです。   かんげき~ (観劇)

シャネットうらだ2はジャパネットたかたに対抗してネットでも販売いたします。

シャネットうらだ?価格表

シャネットうらだ2は断熱効果が高く、冬に取り付けますと保温性が高まります。
秋春は取り外して、やわらかい陽射しを入れて年4回カーテンで楽しんでください。


今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック
 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

シャネットうらだ2のモニター報告

先日、マナトレーディングの齋藤社長とご一緒させていただく機会がありました。
いろいろとお話をお伺いし感銘をうけて帰社して何気にマナのホームページをみると、7月13日に「インテリアファブリックの世界」という本を出版されるという事が書かれていました。

100716_2200~01お会いしてお話をしているときは、そのことは一切話されていませんでした。
13日に近くのジュンク堂に買いに行ったところ、まだ入荷していなかったので予約をしておき、本日入荷の連絡があり引き取りに行ってきました。

ブログを書く前にちょっとだけ読もうとしたら引きこまれましてイッキに全部読んでしまいました。

この本はカーテン販売に携わっている人にとって必読の書です。

斉藤社長がこよなくファブリックを愛されている様子がよくわかり、ビジネス書としてもたいへん勉強になります。

すばらしいです。

さて、本題です。

7月1日のブログで、当店オリジナルのあとから取り付けることができるレース用の遮熱フラット裏地のモニターを募集したところ、ご応募のあった人にモニターをお願いしました。

シャネットうらだ2に関しましてはこちらをご覧ください。
http://www.curtainkyaku.com/proposal/heat2.html

千葉市のMさまよりヤフーフォトに写真をたくさんアップしていただき、使用した感想をメールで送って頂きました。

実は私どももまだ実際に使ったことがなかったのですが、ユーザーの声として  たいへん効果があるという感想をいただきました。

以下はモニターの声です。

カーテン夢工房 小嶋様

シャネットうらだ2の感想が遅くなりまして申し訳ありません。

効果を実感しやすいように、気温が高くかんかん照りの日を待
っていました。

我が家で一番日当りがよく、一番暑い2階の南西側の寝室の
掃き出し窓にシャネットうらだ2を取り付けました。

遮熱効果は、すごいです。

布1枚で、窓辺のむっとした熱気がこんなに変わるとは思って
もいませんでした。
ためしに窓辺に温度計を置いてみたところ、裏地を付けた後は2
度は低くなりました。

午前中に短時間エアコンを使用するのですが、エアコンの効き
もいいし、切った後も冷気が窓辺から逃げないためか、西日の
あたる時間になっても室温がぐーんと上がることもありません。

室内はそれほど暗くならないので、日差しを完全に遮っている
のではなく、日差しを和らげている、という感じです。
これからは南中高度が低くなってきて、日差しが深く室内に入
り込んでくるようになりますが、もっともっと活躍してくれる
と思います。

シャネットうらだ2の生地は、想像していたのとは違って軽
くしなやかでした。
レースへの取り付けも簡単です。

室内からのレースの見た目についてですが、アルミの色でギ
ラギラしてしまうのかと心配していましたが、日中はほとんど
目立ちませんでした。

少しモアレ模様が出ますが、これも気になる程ではありません。

レースのひだと裏地は干渉しないので、レースのひだも元のま
まできれいにでます。

夜、室内の電気を付けている時は、レース越しに裏地が少し目
立ちます。
でもアルミ色にギラギラするのではなく、白くキラキラテカテ
カ光っているという感じです。

我が家では厚地のドレープカーテンを閉めるので大丈夫ですが
、厚地のドレープ(シェードなど)を窓側、レースを手前側に
吊っているお宅だと、少しキラキラが気になるかな?と思いま
した。

窓の外からの見た目は、ギラギラです。反射してます。

遮熱の効果の程を物語っているようで、たのもしい限りです。
夜、室内の電気を付けていても、外から室内がほとんど見えな
い効果もありました。

レースのカーテンを、季節や用途に応じて1年に何枚かを取
り替えるのが憧れですが、なかなかそうはいきません。

シャネットうらだ2は、取り付け取り外しも簡単で、手軽に便
利に使える画期的なすごい商品だと思いました。ありがとうご
ざいました。

千葉市 ・・・・・・・・・・

質問です。
シャネットうらだ2は家庭で洗濯出来ますか?
また、洗濯で遮熱効果は衰えませんか?
アイロンはかけられますか?

良い商品を本当にありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。
関東に御社がないのが大変残念です。

質問の件は

> 質問です。
> シャネットうらだ2は家庭で洗濯出来ますか?

洗濯機で洗う事が出来ますが、粉末洗剤ではなく、
液状の中性洗剤(エマール、トップ、ニュービーズ、スタイルフィット等)を
使われることをお勧めします。

粉末洗剤は弱アルカリ性で、生地の表面のコーティングが弱かったり
するとアルミ蒸着がはがれる可能性もあります。

> また、洗濯で遮熱効果は衰えませんか?

洗濯機で洗う事によって遮熱効果が落ちることは
ありません。

> アイロンはかけられますか?

アイロンは低温で大丈夫です。

桜田淳子の「サンタモニカの風」に誘われてモニターに応募して頂いた方に
シャネットうらだ2の「ひと夏の経験」(山口百恵)をしていただき、クチコミで広めて、「暑くてたまらん」という人を
山本リンダで「狙いうち」します。

うらだ うらだ うらうらで
うらだ うらだ シャネットうらだよ
うらだ うらだ うらうらの
この世は遮熱のためにある

見ててごらんシャネットうらだ
今にのるわレースのうら
みがきかけたこの商品
そうなる値打ちがあるはずよ

アルミをきりきり太陽めがけ
逃がさない暑さを狙いうち

天がくれたこの商品
無駄にしては罪になる
世界一の客だけ
この手にふれてもかまわない

うらだ うらだ うらうらで
うらだ うらだ シャネットうらだよ
うらだ うらだ うらうらの
この世は遮熱のためにある

写真27枚は明日のブログでアップします。 ここをクリック 

今日のブログは役にたちましたか はい、クリックにほんブログ村 インテリアブログへ



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


織物研究会

ブログのトップ

 

スミノエの新見本帳 遮熱カーテンについて

スミノエすずしや

昨日のブログの続きです。

スミノエの新しいカーテンの見本帳が7月21日に発売されます。

今回の見本帳では遮熱カーテンにも力をいれており、「SHANETSU」というひとつのくくりで商品群を載せています。

その省エネ効果を数字で表していて、どのぐらいの冷房効率があるかもしくは暖房効率があるのかがわかるようになっています。

スミノエすずしや絵表示

上の省エネ15%というのがそのマークです。

これは、「カーテンを吊る前と吊った後で、どれぐらいの消費電力量が減るのか」という数字で、日常生活の中で、このカーテンを吊ると電気代が15%安くなるというわけではありません。

川島織物セルコンも独自のやり方で表示しており、各社実験方法も違いますので、同じメーカーでの生地比較で、どちらが省エネ効果があるのかという
時の比較程度に考えればいいと私は思っています。

「SYANETSU」の商品群にはユニチカのサラクールを使ったもの、masa加工のステンレスのスパッタリング加工をしたものの他に帝人ファイバーの「涼しやSUZUSHIYA」という繊維を使ったものがあります。
(冒頭の写真:クリックすると拡大しまして、それをもう1回クリックするとさらに拡大します。)

この繊維は、実は私も注目していたのです。

ウエーブロンでおなじみの帝人ファイバーの商品で、私が親しくしている機屋さんが「この繊維は遮熱効果が高いらしい」といっておられて、当店取扱いの旭化成・サンペイクに替わるものとしてオリジナル商品をつくろうとしていたところなんです。

この糸は酸化チタンを多く含んでおり、酸化チタンは紫外線や可視光線を反射・散乱させる粉体で、日焼け止めの成分としても使われています。

遮熱効果のある糸では、ユニチカ、旭化成せんい、東レに先行されていて、帝人ファイバーがあとから研究して「参加ちたいねん」と参入してきたので、その効果に期待していたのです。

そしたら、スミノエのカタログをみると、この「涼しやSUZUSHIYA」を使ったものが「省エネ15%」にランクされているのです。

スミノエの見本帳に掲載されているサラクールやmasa加工の商品は省エネランクは10%です。

以前にも書きましたが、サラクールは何%使っているかによって効果は違いますし、masa加工の生地も加工する前の生地のよって大きく違います。
「涼しやSUZUSHIYA」も同様です。

しかし、スミノエの見本帳では、普通っぽいレースの中では帝人ファイバーの「涼しやSUZUSHIYA」を使ったものが一番効果がありそうです。

これから各社も使うようになってくると思いますが、「ウエーブロン」のように
帝人  フィーバーするのでしょうか?

スミノエは「ウエーブロン」にも力を入れており、ミラーカーテンもたくさん掲載しています。

スミノエは「ミラーカーテン」のことを「ハーフミラー」と言っています。
「ミラーカーテン」というと、スミノエ取扱いブランドの「ミラーショーン」と区別しにくくて「ミラー損(ション)」するからだと思います。

スミノエの見本帳は「暑いからなんとかして」と言われた時に持っていくのにいい見本帳です。

でも、遮熱効果のある商品は断熱効果があり、保温性もいいので、メーカーとしてももっとそういうことも訴えるべきではないでしょうか。


今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

遮熱対策用レース裏地「シャネットうらだ2」のモニター募集

昨晩のワールドカップでニッポンが敗れたのは残念でしたが、選手達はよくがんばって、またとてもいいコメントをしてくれてました。

プレーキャプテンの長谷部選手は
「このチームメートとコーチングスタッフ、みんなでW杯を戦えてよかった。勝てなかったが、日本で応援してくれた皆さんに気持ちは見せられたと思う。僕たちの強みはチームワーク。チームとして戦うことを見せられたんじゃないか」

「みなさんの応援が力になり、感謝してます。次は、ほとんどの選手がJリーグでプレーしてるんで、足を運んで盛り上げてもらいたい」

チームワークの力を強調し、Jリーグに所属しないでドイツで活躍している長谷部選手がJリーグを盛り上げてほしいという言葉がすばらしいです。

本田選手もいいこと言ってました。

「大会前に多くのファンが応援してくれたことだけでなく、多くの人が批判してくれたことに僕は感謝していますし、目標を達成できませんでしたが、批判する人がいなかったら、ここまでこれたかどうかもわからない出来だったので。がっかりした人もいるかもしれませんが、真剣に応援してくれた人に心からありがとうと言いたいです」

多くの人が批判してくれたことに感謝しているなんてなかなか言えないです。

さて、本題です。

来て 来て 来て 来て あんた モニター

来て 来て 来て 来て あんた モニター

(桜田淳子のサンタモニカの風 より )

昨日のブログで紹介しました「遮熱対策用のあとから簡単にとりつけることができるフラット裏地」のモニターを募集します。

この商品は国内の一流メーカー(産元)がつくった商品で、私のブログを読んで生地サンプルを送ってこられて、いろいろと実験をして感想を書いてほしいといわれたのです。

すでに、通販のカタログでは販売されているのですが、1.5倍使いの既製のカーテンとしてされているために、光沢感がありすぎてイマイチ人気がないみたいなんです。

私も生地をみて、これを普通に部屋に吊ったら、いくら遮熱効果があるとしてもなんか落ち着かない部屋になりそうだなと思いました。

そこで、あとから取り付けることができるフラット裏地の縫製サンプルを作って、既存のレースに取り付けてみたところ、意外と違和感がないことがわかりました。

この生地をオーダーとして販売するのは当店が初で、まだ実績はないので、まずはエンドユーザーの声を聞かせていただきたいと思っています。

シャネットうらだ2に関しましては、こちらのホームページをご覧ください。

http://www.curtainkyaku.com/proposal/heat2.html

モニターの対象は、

今レースがついているが、「暑くてたまらん」ので遮熱したいと思っている方。

当店で用意できるサイズは、今付いているレールの長さが270センチまでの窓(レースは両開きで2枚になっていても、片開きで1枚でも構いません)で丈は自由です。

メールで写真添付で感想を書いて送って頂ける方。
(その内容は、ホームページ、ブログ、チラシで発表します。)

モニター価格は巾270センチ×丈260センチまでの1センチ単位のオーダーで

5250円(税込)プラス送料750円(税込)で6000円(税込)

お一人様1窓のみです。

募集人数は先着10名様で、その中から当店で5名様を選ばさせていただきます。

モニターの応募は こちらのフォームから「モニター応募」と書いてだいたいのサイズをご連絡ください。
http://form1.fc2.com/form/?id=466462

モニターに決まった方にはこちらから詳しい測り方の説明書とメジャーをお送りいたします。

サイズが決まれば、こちらで縫製して1週間ぐらいでお届けいたします。

応募は こちら

今日のブログは役にたちましたか はい、クリックにほんブログ村 インテリアブログへ



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


織物研究会

 

ブログのトップ

2010年7月2日8:00記

モニター募集は多数ご応募いただきましてありがとうございます。
5名の方にモニターをお願いすることが決まりまして募集は締めきりました。
ありがとうございました。

http://www.curtainkyaku.com/blog/52336801.html

通常価格での販売はやっています。

あとから取り付ける遮熱対策レース用裏地「シャネットうらだ2」

CIMG5586

よくやった、ニッポン

残念。

感動をありがとう。

さて、本題です。

「暑いからなんとかしてくれ」という依頼が多くありまして、この度、当店ではリーズナブル価格で、あとから取り付ける遮熱対策のレース用フラット裏地「シャネットうらだ2」を販売することになりました。

今までも「シャネットうらだ」というレース用の遮熱対策裏地を販売しており、たいへん好評でしたが少し高めだったため新しく中国製で用意いたしました。

「シャネットうらだ」に関しましてはこちらをご覧ください。

http://www.curtainkyaku.com/blog/51899255.html

「シャネットうらだ」は鈴寅のmasa加工の商品ですが、「シャネットうらだ2」は
遮熱性のあるアルミ蒸着フイルムを織り込みました。

冒頭の写真の左側はシャネットうらだ2を取り付けていまして、右側はなにもつけていないレースです。

特徴は
1)金属面が強烈に太陽光をはね返し部屋の中への太陽光の侵入をブロックします。

2)日中は外から室内がみえにくいのに室内からは外の様子はわかります。

3)採光性を持っているので、日中に光を適度に取り入れます。


まずは動画をご覧ください。

どうでもいいが動画です。
画像の真ん中の三角をクリックしてください。

取り付け方の説明をしていますので音声が出るようにしてみてください。
メーカー・同業者にも役に立つノウハウなので必見です。

今あるレースにあとから簡単にとりつけることができるすぐれた商品です。
今のレースのイメージを損ないません。

商品はすごく光沢がありますが、フラット裏地にすると気にはならない程度です。
外からみるとテカテカのシルバーで、昼間は外から中はまったく見えません。

CIMG5594CIMG5591

どの程度の効果があるのかを当店で実験をしてみました。

CIMG5611CIMG5615

レースの下から60ワットの電球をあてて、時間の経過とともに温度の上昇をみて、同条件での比較です。

一番左が、何もない状態です。2番目がmasa加工の遮熱レース、3番目が今回のシャネットうらだ2です。4番目が普通のレース、5番目がミラーレースです。

店内の温度が27℃で2時間後の温度を調べてみました。

何もない状態     42℃
masa加工のレース 36℃
シャネットうらだll   36℃
普通のレース     38.5℃
ミラーレース      37℃     でした。

シャネットうらだ2はmasa加工のレースと同等の効果がありました。

これは、私が手作り実験装置で調べたもので比較にはなると思いますが、データの数字は正確ではありません。

きちっと公共機関でもデータを取ってもいます。
データ

断熱効果率は45%
保温効果率(ランプ冷気法)は57%
紫外線カット率は84%です。


そして価格がお安いのです。

シャネットうらだ?価格表

巾が270センチ×丈260センチで9870円(税込)です。

すべて1センチ単位のオーダーです。既製ではありません。

この商品に関しましては、まだユーザーの評価を得ていませんのでモニターを募集して実際使っていただいた感想を聞かせていただきたいと思っています。

モニター募集要項は明日のブログで発表します。

来て来て来て  あんた モニター

今日のブログは役にたちましたか はい、クリック



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


織物研究会

ブログのトップ

遮熱レースの透け感

CIMG5556CIMG5558

先日、インテリアクレールさんの「カーテンデータベースのiPad活用術」をリンク貼って紹介したところ、アクセスがひじょうに多くあり、私のことを
「当業界でも大きな影響力をお持ちの・・・・・」と紹介していただきました。

同業者がそのように捉えていただいているのはほんとにうれしいことです。
影響力を駆使して、メーカーに圧力をかけることはないですが、うまく活用していきたいとは思っています。

さて、本題です。

最近、遮熱カーテンと問合せ・施工が多くなっています。

2010年6月18日のブログ「遮熱レースカーテンについて」で書いていますが、遮熱効果を求めると意匠的な問題も発生し、透け感もなくなってきます。

CIMG5563その中で、一番効果のあるのは当店の取り扱いでは、鈴寅のmasa加工のもので、裏側にステンレス微粒子をコーティングしているものです。

左の写真は、その生地で裏側はシルバーで、表からみてもシルバーです。

「通販生活」では同じもので柄が少し違うのですが、ひじょうによく売れている商品です。

遮熱という点では一番効果があります。

冒頭の写真の左は普通のレースです。
右がこの遮熱レースです。

再度大きくおみせいたします。

CIMG5558

太陽がまともに当たる時間帯ならば、比較的室内から外がみえます。
太陽が当たっていないとシルバーにしかみえません。

ご購入前の打ち合わせの時は、吊ってから「随分と暗くなった」とクレームがつくのが嫌なので、ちょっと大げさに「吊ったらシルバーで意匠的にはよくないですよ。室内からも外がみえにくくなり暗く感じると思いますよ」と言ってますので、
昼間に取り付けに行くと意外と好評なんです。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 



カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→


 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.