カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

ハニカムスクリーン「シェルシェード」を取り付け

5月5日は「こどもの日」です。

当店はこの大型連休の3日4日5日 は休業しています。

ブログは休み前に書いたものを時間設定でアップするようにしています。

明日6日(金)より通常通り営業いたします。

7日(土8日(日)は営業しておりますのでご来店をお待ちしております。

 

 

タワーマンションの高層階にハニカムスクリーン、ルーセントホーム

(キューセント株式会社)の「シェルシェード」を取り付けました。

昨日書いたブログと同じマンションで、こちらは南東の角で夏の暑さ

対策と冬の寒さ対策を求めてご来店いただきました。

DSC01785

DSC01781

DSC01775

ハニカムスクリーンは蜂の巣状になっていまして、そこに空気層が

できますので、断熱効果が高いのです。

DSC01784

閉めると室内からは外は見えません。

直射日光が入ってこないときは全開しておけばいいので、機能優先ならば

おススメです。

 

中央の窓は全長で5m80㎝ありましてサッシで5分割されています。

本来ならばサッシのところで分割して2:2:1で3台取り付けるのですが、

ハニカムスクリーンは連窓してもそんなに隙間が開かないので、

中央の部分は2分割しました。

予算の関係とコードが垂れるという問題です。

DSC01782

DSC01789

遮光じゃないので、そんなに気にはなりません。

ルーセントホーム(キューセント株式会社)のハニカムスクリーン

「シェルシェード」はひじょうにリーズナブルで、色数が豊富です。

操作方法もいろいろとあり、操作コードの長さも自由にすることが

できます。

 

続く

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

遮熱レースは効果があるのか

 この度の平成28年熊本地震において被災された方にはお見舞い

申し上げます。

また、お亡くなりになられた方には心よりご冥福をお祈りいたします。

私自身は熊本には行ったことはなく、阪神大震災の時は関西にいなくて

大きな地震は経験したことがないのです、毎日の報道をみていると

心が痛みます。

大したことはできませが、微力ながら店頭で販売していますハギレの

売り上げは今後、日本赤十字社を通じまして被災地に寄付させていただきます。

2011年3月以降、はぎれの売り上げは東日本大震災復興支援や

広島の土砂災害復興支援のために全額寄付させていただいており、

総額で100万円を超えました。

お買い上げいただいお客様の善意のお金だと思っています。

はぎれは10枚で500円で販売をして全額寄付しております。

できれ、今後ともはぎのお買い上げをお願いします。

DSC01555

けっこう大きくていい商品があります。

 

さて、本題です。

 

タワーマンションのリビングの大きな窓に遮熱レールを吊りました。

DSC01482

DSC01481

長さ8m40㎝の台形の大きな窓で、2倍使いの両開きで形態安定

加工をして、裾は本縫いウエイト巻きロックです。

生地は川島織物セルコンのFT0582の遮熱性のある機能性レースです。

機能性レースには、花粉キャッチレース、保温レース、防カビレース、

防汚レース、黒ずみ防止レース、UVカットレース、消臭レース、

アレルバスターやいろんなものがあるのですが、ほんとに効果があるのか

わかりにくいのですが、遮熱レースははっきり効果があると思います。

 

これって、気のせい?  (機能性)

 

DSC01495

カーテンを開けると暑いぐらいなのですが、閉めると直射日光は

和らぎまして、暑さは感じないです。

DSC01494

でも、遮熱レースっていっぱいありまして、

日本インテリアファブリックス協会(NIF)でも基準は作られたんですが、

あまりにも緩やかな基準のため、各社独自の基準をつくって併用しています。

遮熱効果は、光の透過率が低ければそれなりに効果があります。

しかし、私は外が見えないレースというのもいかがなものかなと

思っています。

外が見えないレースは室内が暗く感じます。

 

川島織物セルコンの生地は独自に透過率、遮熱性のランクや、紫外線カットの

レベルなどのデータが見本帳に詳しく載せていますのでわかりやすいのです。

このFT0582は透過率26.24%です。↓

DSC01483

先日、フラットバルーンで納品した川島織物セルコンの遮熱レース

PY1406は透過率19.99%です。 ↓

この場合は、フラットバルーンで上にあがりますのでまったく問題はないです。

DSC01545

 

私は、遮熱性も必要かと思いますが、レースはある程度、室内から

外が見えるものがいいと思っています。

 

 

冒頭の文章で、「熊本がんばれ」を赤字でピックアップして

強調したのですが、わかっていただけたでしょうか?

わかった人は、はい⇒クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ : ,

タワーマンションで遮光のロールスクリーンとレースの組み合わせ

 三寒四温

この季節になると、寒かったり暖かったりして、巷では「三寒四温」と

いう言葉を使う人を見かけますが、これは本来の日本語の意味からして

間違いで、これは冬の季語になります。

三寒四温(さんかんしおん)とは冬季に寒い日が3日ほど続くと、

そのあと4日ほど温暖な日が続き、また寒くなるというように7日周期で

寒暖が繰り返される現象で、もともとは中国の東北部や朝鮮半島の北部で

使われていた言葉です。

 

五月晴れ」も5月に使う言葉ではありません。

これも、旧暦の五月である新暦の 6月~ 7月にかけての、「梅雨の時期の晴れ」

のことを指す言葉になります。

 

ついでに「小春日和」も「爽やかな春の日」と思われがちですが、

実は、「晩秋~初冬にかけた時期の暖かい日」の事を言うのです。

 

さて、本題です。

 

タワーマンションのリビングに窓側に遮光2級のロールスクリーン、

手前にレース1.5倍使いをつけました。

大きい面が西向きで、小さい面が北向きで両側に窓があり、西日対策が

必要です。

タワーマンションには、住んだことがないのでよくわかりませんが、

お客様の声として、角部屋は半端なく暑いとのことです。

遮光しなければならないのですが、意匠性も重要です。

遮光のロールスクリーンを窓側に取り付けて、レースを部屋側に

つけるというのは、機能性と意匠性を考えると良い方法だと

思います。

お客様が、他店に相談されたところ、カーブレールがついていて、

奥にロールと手前にレースの二重吊りはできないと言われて、

お来店いただきました。

インテリアの専門店にとってはまったく問題のないレベルです。

DSC00868 DSC00869

 窓側のレールを外して、レールのブラケットはそのままで、

 かまぼこ板のようなもので、樹脂でできているブラケットスペーサーを1枚

かましてロールスクリーンのブラケットを取り付けます。

DSC00870

部屋側のレールにレースを引っ掛けます。

DSC00871

レースだけだと、この季節でも暑いぐらいです。

DSC00874

レースの奥側にロールスクリーンをつけていて、半分ぐらい閉めた

状態です。

DSC00878

ロールスクリーンは遮光2級なので、全閉しても真っ暗にはなりません。

 レースは1.5倍使いで二つ山です。

あまりボリュームをとるとストライブ柄がいかされないのです。

DSC00876 DSC00872

DSC00879

 レースはスミノエのU-4084  ロールスクリーンはニチベイの遮光2級

N7593

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

感動を呼ぶタイマー付き電動ロールスクリーン

当店の縫製加工所は大分県の臼杵市にありまして、先日行ってきました。

行きのフェリーに臼杵市のパンフレットがありまして、今「かぼすブリ」が

臼杵名産として全国から注目されているということが書かれていました。

「かぼすブリ」というのは、臼杵の名産であるカボスを餌にして

の養殖をしているというものです。

柑橘類に含まれているポリフェノールやリモネンがぶりを長持ちさせて

美味しくなるという効果があるようで、愛媛県などでは「みかんブリ」や

「レモンブリ」が先行して販売されていて評判です。

この「かぼすブリ」をお土産に持って帰りたいと思ったのですが、その日は

手に入れることができず、送ってもらうことにしました。

それが送られてきました。

IMG_4323_R IMG_4317_R

IMG_4319_R IMG_4322_R

自分ではおろすことができないので、黒門市場の魚屋さんに持って

行って3枚におろしていただきました。

ぶりしゃぶにして食べましたが

めっちゃ美味い。

カボスの味がするのかなと思ったけど、それはしませんでした。

魚屋のにいちゃんからは、関西ではこのぐらいの大きなならば

「はまち」やで、「めじろ」より小さいでと言われましたが、

大分では名産品のかぼすとブリをうまく掛け合わせて

「かぼすブリ」として売り出したアイデアが素晴らしいと思いました。

 

さて、本題です。

吹き抜けにタイマー付き電動のロールスクリーンを取り付けました。

数年前からお住まいなんですが、玄関上の吹き抜けが西側に

面しており、夏の西日対策と冬の寒さ対策になにかを取り付けたい

とのことでした。

吹き抜けなので、電動のものをつけたいのですが電源がありません。

そしたら、お施主様の方で電気屋さんを手配していただき、

コンセントも作っていただきました。

DSC00455 DSC00456 DSC00457

電源さえあれば、電動商品をとりつけるのは簡単で、コンセントに

ただ差し込むだけです。

お施主さまは、以前に書いた私のブログを読んでいただいており、

タイマー付きでやりたいとのことでした。

 

インテリア商品の電動でタイマー付きはまだ少ないのですが、これは

ひじょうにいいアイデアで、事前に時間を設定しておくと、その時間に

自動的に開閉します。

西日対策の電動ロールスクリーンや、防犯や省エネ効果をあげる

電動カーテンレールにタイマーをつけることができます。

DSC00459

タイマーは8800円(税抜)で、お値段以上の価値があります。

今回はニチベイの電動ロールスクリーンにタイマーを取り付けました。

DSC00468

コンセントまではモールで隠して配線をしています。

DSC00462

DSC00467

施工後、操作のやり方やタイマーを実際に時間設定をして

動かしてみたところ、お施主さまは感動していただきました。

わずかなことで、こんなに感動していただけるのはひじょうに

うれしいことです。

もっともっと、こうした商品をエンドユーザーに伝えていかなければ

ならないと強く思った次第です。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

レース用後付けフラット裏地は寒さ対策に効果的

ガソリンが安くなってきました。

attachment00私がいつも入れているところは107円ですが、ニュースによれば90円台に

なっているところもあるようです。

ニューヨークの商業取引所では1バーレルが30ドル割れ(1リットルで22〜23円

ぐらい)まで下がってきていますので、本来はもう少し安くなっても

いいかと思います。

 

さて、本題です。

 

5月に暑さ対策で、レースに後から取り付けられる遮熱用フラット裏地

「シャネットうらだ」を取り付けたお客様の紹介で、この冬に

同じものを取り付けました。

以前のブログはこちらをお読みください。

紹介していただいたお客様は、夏の遮熱対策にも効果的だけど、冬の

寒さ対策にもすごくいいとおしゃっていただき、同じマンションの

お友達の家にもつけることになりました。

同じマンションなので、比較しやすく、この季節に部屋の暖かさが

ぜんぜん違うと言っていただきました。

 

「レースに裏地って?」

 

あまりされていないことなんですが、夏場の遮熱裏地は

効果があるのはよくわかっていて、当店ではよくやっています。

これは、裏地をつけることによって、生地と生地の間に空気層ができて

断熱効果が高くなるため、冬も暖かくなるのは理論的には間違いは

ありません。

但し、レースの透け感が減りますので、冬の直射日光を取り入れられなく

なることが問題なので、私はレース用の遮熱フラット裏地を冬場は

ドレープに裏地として使うようにしましょうと提案しています。

 

こちらのお客様は2件とも手前にドレープ(厚手カーテン)はなく、

タテ型ブラインド(バーチカルブラインド)だったので、

レース用の裏地は、冬の寒さ対策に効果的だったようです。

最初についているレースは、マンションのオプション販売会で

購入された川島織物セルコンの1,5倍使いのミラーレース。

それに後付けのフラット遮熱裏地をつけました。

DSC00273 DSC00275

DSC00276 DSC00277

DSC00279

寝室はクリエーションバウマンの遮熱レースがついていました。

それにアルミ蒸着のフラット遮熱裏地「シャネットうらだⅡ」

取り付けました。

DSC00283

DSC00284 DSC00282

 

今回のケースはドレープ(厚手カーテン)がなかったので、レースに

裏地をつけることによって、冬の寒さ対策にすごい効果がありました。

これは、空気層が出来たから断熱効果が高くなったのです。

このように、裏地をつけると金額は高くなりますが、いろんなメリットが

あります。

ドレープ(厚手カーテン)には裏地をつけましょう。

当店では、オリジナル裏地は、通常価格の半額ですごくリーズナブルに

提供しています。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

透け感のある遮熱レースは効果が薄い

暑いですね。

暑くなると暑さ対策商品を求められるお客様が増えまして商品が動きます。

商売的には夏は思い切り暑く、冬は滅茶苦茶寒いのがいいのです。

個人的には暑さは苦手なので、暑いと体力的にきついのです。

夏場になると遮熱レースを求めて来られお客様が多いのです。

だからと言って、遮熱レースを冬場に取り替えられるかというと

ほとんどそうではありません。

遮熱効果の高いレースは、遮蔽性がありまして透け感があまりないのです。

夏場はそれでもいいのですが、冬はうっとうしいと思うのです。

その中で、デザイン重視で透け感のある遮熱レースというのも

あります。

この遮熱の基準というものがありまして、業界のメーカーの団体である

日本インテリアファブリックス協会(NIF=ニフ)が1年半かけて、

2〜3年前に作ったのですが、NIF会員企業間で考え方の違いがあり

まったく浸透していません。

今や、それを知っているのはメーカーの商品企画の担当者だけで、

その場できちっと説明できるメーカーの営業員はいないのです。

もちろん、販売店のスタッフにもいないのです。

私も忘れました。

メーカーが見本帳に「遮熱」と書いていれば、販売店はデータを求める

ことなく、「これ、遮熱レースですねん」といって販売しているのが

現状です。

DSC06256

DSC06259

DSC06270

フジエテキスタイルの遮熱レースFA1622SLで、お客様は透け感のある

遮熱レースを求めてフジエテキスタイルのショールームで選んで

来られました。

DSC06266 DSC06255

すごく格好いい遮熱レースです。

 

でも・・・・・・

取り付けたあとに行きましたが  あつい!!!!

お客様もよく理解していただいており、リビングなので景色が見えないのは

嫌だとおっしゃっていまして、これを選んでいただいています。

 

別の部屋は透け感のない遮熱レースを選んでいただいています。

DSC06269 DSC06267

画像はクリックすると、別のページに飛びまして、そこでもう一度

クリックすると拡大します。

 

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

タグ : ,

タテ型ブラインド(バーチカルブラインド)だけじゃ暑い

最近、よく相談を受けるのは「タテ型ブラインド(バーチカルブラインド)を

付けているんだけど暑いのでなんとかなりませんか」ということです。

現場によって取り付けているところが違いますし、タテ型ブラインドは

スラットを垂直にした場合、けっこう出幅がありますので、他になにが

をどこにつけられるのかをその都度現場をみて考えなければなりません。

 

先日、西側の窓に業務用のタテ型ブラインドがついている事務所から相談があり、

ご来店いただいたのちに現場に行ってきました。

 

当店の施工ではないのですが、スラット(ルーバー)は遮光1級の

ガラス繊維にPVC(ポリ塩化ビニール)を両面にラミネートした商品です。

これならば暑くないのではと思ったのですが、けっこう熱を持って

暑いとのことでした。

ご来店時の希望としては、このタテ型ブラインドはそのまま残して

冬場は取り外せるカーテンがいいとのことでした。

カーテンボックスの中に1本レールをつけてカーテンがつけられるか

どうか見てほしいとのことで伺いました。

カーテンボックスには、レールを取り付けることはできるのですが、

カーテンを開閉することができるスペースはありませんでした。

そこで、カーテンボックスの奥側の木枠にレールを直付けして遮光のカーテンを

つけることにしました。

現状は

DSC05871-1

閉じても

DSC05869-1

スラット(ルーバー)が熱を持っていて暑いのです。

そこで

DSC05872 DSC05873

奥にレールをつけて

DSC05874

カーテンをつけました。

DSC05876 DSC05875

暑さ具合がまったく違いました。

DSC05880

カーテンは開けた時の納まりのことを考えて、1.3倍の一つ山で

簡易型形態安定加工をしています。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ 初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

 このブログのトップ

      ホームページへ

 

 

 

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.