FUGA(フーガ) » カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

エンドユーザーからの問い合わせ(6)調光ロールスクリーンは自宅で洗えるか

年度末でバタバタしておりましたがなんとなく落ち着きました。

しばらくブログを書いていないと仕入先の担当からLINEが来たときに、そのついでに

「最近、ブログを更新されていませんが、お忙しいのですか?」と書かれていました。

「はい、忙しいかったのです。」

10日ほど前に風邪をひきまして、休むほどでもなかったのですが、花粉症でも

あるので、目、鼻、喉がくしゃくしゃだったので夜は早く帰って朝仕事を

しており、ブログを書く時間がなかったのです。

それと、月に20回書くことを目標にしていて、今月は早めに達成したので

ちょっと手を抜いていました。

ネタはありますので、これからおいおい書いていきます。

 

エンドユーザーからメールで問い合わせがあった分で、ブログで回答している

シリーズです。過去の問い合わせはこちら

 

【お問い合わせ内容】

社長ブログを拝見して、お尋ねしたいことがありメールいたしました。

○○市で一戸建て建設中の○○と申します。

建築している工務店も設計士もカーテン業者も知識や提案力がなく、困り果てて自分で何とか調べて、こちらのHPに辿りつきました。

全くお金にならないのに申し訳ないのですが、教えてください。

2510mm開口部、2400mm高さの窓が設置されている場所に調光ロールスクリーン(ニチベイ ハナリ)を考えていましたが、キッチン近くで汚れることが見えている場所でメンテナンス(洗うことや掃除が自宅でできること)が容易に行えないものをつけれないので、困っています。

調光ロールスクリーンで自宅で洗えるものはありますでしょうか?

 

—————————————————————————

 

結論からいいますと、自宅で洗える調光スクリーンはありません。

業者に依頼して超音波洗浄できるものはありますが、お値段もけっこうします。

ニチベイのハナリは不織布が使われているので、静電気で特に汚れると

落ちにくいと思います。

調光ロールスクリーンで生地のみ交換できるものはあります。

汚れたら、本体はそのままで生地だけ交換すると安く済みます。

 

広島県福山市のWISが販売しているFUGA という商品です。

DS03673

店内に展示サンプルがありまして、同じサイズだったので生地を入れ替えました。

DSC05288

一番前の商品が白色で、ヘッドレールも白です。

2番目の生地と入れ替えです。

DSC05289 DSC05290 DSC05291

(画像はクリックすると別のページに飛び、そこでもう一度クリックすると

拡大します。)

エンドユーザーでも簡単に生地を取り外すことができるようになっています。

DSC05292

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

暖炉のあるリビングに調光ロールスクリーンFUGA防炎を取付

暖炉のある家ってなんかあこがれるところがあるんです。

そんな暖炉のあるリビングに開閉式調光型ロールスクリーンFUGAの防炎を

取り付けました。

インテリア商品の防炎品は、消防法の規定で公共施設や31m以上にマンション

(一般的には11階建て以上のマンション)には防炎品を取り付けなければ

ならないのですが、戸建ての住宅にはその必要はありません。

今回は暖炉の周りということで防炎品をとりつけています。

DSC05167

DSC05169

後防炎加工をしており、定価の15%ほど価格がアップします。

DSC05170

外からみると

DSC05185

DSC05184

当店では、開閉式調光型ロールスクリーンと言っていますが、一般的には

『調光ロールスクリーン』と呼ばれています。

調光ロールスクリーンはトーソーのビジックたタチカワのデュオレのように

生地が上下して調光するのもあります。

それを当店では昇降式調光型ロールスクリーンと呼んでいます。

DSC05194

前と後ろのレースによって光が屈折して柔らかい光が入ってきます。

DSC05192

DSC05196

開いた状態であげることもできます。

 

今日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

調光ロールスクリーン「FUGA」にデジタルプリント

インテリア業界では、数年前から「これからはデジプリの時代」ということを

盛んに言っておられて、展示会でも特設コーナーが設けられ、業界紙も特集を組んだり

しています。

デジプリとは、デジタルプリントの略で、パソコンのデータを紙に印刷するのでは

なく、壁紙や生地に印刷してインテリアとして楽しむことをいいます。

デジタルプリント自体はすでに汎用技術で簡単なことですが、これをいかに

エンドユーザーに伝え、我々としてはどのように商売に結び付けていくかということが

大きな課題です。

当店の仕入れ先でも、幅270㎝までプリントできる設備があります。(こちら

%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%88

今までも何度かオリジナルのデジタルプリントをしたものを販売しましたが

個人情報や著作権の問題で、ブログにアップすることができませんでした。

忸怩たる思いをしていましたが、今回の現場は著作権フリーにデザインのものなので

情報発信させていただきます。

開閉式調光型ロールスクリーン(調光ロールスクリーン)FUGA(フーガ)に

デジタルプリントをしました。

dsc04065

dsc04070

dsc04073

dsc04067 dsc04075

 デジタルプリントにより、思い出の画像をカーテンやロールスクリーンにすることは

簡単にできます。

ぜひ、当店にご用命ください。

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

吹抜けの調光スクリーンは逆回転仕様

 吹抜けに電動の開閉式調光型ロールスクリーン「FUGA」を6台取り付けました。

dsc03872

dsc03883

FUGA電動のいいところは、連窓につけるときにコンセントが1つしかなくても

1台ずつ繋いでいけるのと、線を本体の中に隠すことが出来まして、配線がひじょうに

きれいです。

アダブターも必要ないです。

永年インテリア商品の電動ものの工事をしていると、線が見えるのは当たり前のように

思っているのですが、エンドユーザーは線がみえることをひじょうに気にされます。

dsc03870

上の写真は3台をつないで、線をヘッドレールの中に隠します。

dsc03875-1

 こちらの現場の施工側としてのアピールポイントは、吹き抜けに遮光の生地でとりつけて

いますので、より光漏れを防ぐために逆回転仕様にしていることです。

本来の調光ロールスクリーン(開閉式調光型ロールスクリーン)は後ろから前に傾斜します。

dsc03951

上の写真が本来の姿です。

吹抜けに取り付けると、下から見上げる形になるので、光が漏れるように見えます。

下の写真は完全に閉めていないのですが、このようなイメージです。

dsc03953

それを防ぐために逆回転仕様で前から生地がでて、スラット生地が手前から

後ろに向かって斜めに降りるようにしています。

dsc03874

dsc03890

dsc03884

全開するとまったく気になりません。

dsc03887 dsc03888

FUGAは現場に応じていろんな仕様で対応してくれるの使いやすいです。

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

今後力を入れていく商材は電動商品

先日、インテリアの業界紙から専門店向けにメールでアンケートがきました。その中で、

Q5.
 今後取り扱いを強化する(強化している)商材をお聞かせください。(複数回答可)


1)オーダーカーテン
2)メカモノ関連
3)エコ内窓
4)壁紙(国内ブランド)
5)輸入壁紙
6)デジタルプリント壁紙
7)化粧フィルム
8)ガラスフィルム
9)ペイント
10)カーペット(敷き込み)
11)ラグ・マット類
12)タイルカーペット(住宅用)
13)フローリング
14)照明器具
15) 家具関連
16)インテリア雑貨
17)DIY雑貨
18)その他

というのがありました。

先月行われたインテリア業界最大のイベントであるJAPANTEX2016では

業界唯一の評論家であるインテリア文化研究所の本田榮二さんは、セミナーで

拡大が予想される商材として下の6点を挙げておられて、これらの商品に力を入れる

ように話されていました。

1)住宅用タイルカーペット
2)遮熱ブラインド&ロールスクリーン
3)飛散防止フィルム
4)エコ商材
5)壁紙用フリース
6)デジタルプリント壁紙

業界紙の選択項目は、主催者側が意図するものが優先されていると思うのです。

業界の2人の論客がおっしゃっているのは、遮熱ブラインド&ロールスクリーンを除いては

重なっていると思います。

私も、遮熱ブラインド&ロールスクリーンは過去の商品で、これから力を入れる商材とは

思いません。

数年前は、業界あげてリフォーム、リフォームと言っておられたのですが、

これはもう十分浸透したということなんでしょうか?

 

私はアンケートには18)のその他にして、電動商品、ホームオートメション化商品と

書いて回答しました。

 

当店としては、今後はインテリア関連の電動商品に力を入れていきたいのです。

電動商品といっても、そんなに難しいものではなく近くにコンセントさえあれば

簡単にとりつけることができます。

後から付ける場合は、配線の問題がありますので、きれいかそうでないという問題があり、

事前に十分な打ち合わせが必要です。

 

マンションのリビングに電動の開閉式調光型ロールスクリーンFUGAを取り付けました。

新築のマンションで実測に行った時に、エアコン用のコンセントが

あって、200V用と100V用の差し込み口があったのです。

エアコンには200V用を使われるので、FUGA 電動には100Vが使えるので

ラッキーと思いました。

dsc03675-1

でもよく見ると、エアコンのホースの壁からの出口とコンセントの位置関係を

みると、FUGA電動の線はカーテンボックスから出すと、エアコンのホースを

またぐことになるのです。

そこで、事前でコンセントに差し込む線を用意してお客様に渡して、エアコン屋さんが

工事されるときに電線をエアコンのホースの後ろを通しておいてもらえるように

お願いしました。

dsc03667 dsc03668

dsc03669

バッチリうまいことしておいてくれました。

その結果、きれいに納まりました。

dsc03672 dsc03673

電動商品は簡単なのですが、きれいに納めるというセンスは専門店ならではの

経験がものをいうと思っています。

 

今まであまり意識はしていなかったのですが、エアコン用のコンセントが200v用と100v用の

2つの差し込み口があるのは窓周りに電動商品を取り付ける時に応用が効きますので

便利です。

最近の新築物件は皆そうなっているのかは知りませんが、インテリア業界としては、

ハウスメーカーやマンションデベロッパーに対して、建築時にこのようにしてもらうように

啓蒙していく必要があります。

そうすると、インテリア関連の電動商品がもっと浸透していくと思います。

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

 

instagram_01 .planner_02

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

タグ : ,

調光ロールスクリーンの防炎について

リオオリンピック、日本人選手が大活躍です。

サンバのリズムに合わせてメダルラッシュ。

日本のスポーツ選手の団体戦がすばらしいです。

1+1+1+1=4以上になるのがすごいです。

芸能界の団体は難しいですね。

あっ、ファンの方がおられましたら、すまん(`^´ )=3=3

日の丸(国旗)を背負ってウイニングランをする姿にあこがれます。

日本人として誇らしいです。

一度はあのようなスチュエーションを経験してみたかったです。

国歌や国旗に敬意を表さない日本人もおられるますが、日本人としての

高揚感や誇りは日の丸や国歌だと思います。

休み中にアルバムを整理していたら、37年前にバックパッキングでヨーロッパを

旅行していたときの写真がありました。

ユーラシア大陸最西端のロカ岬での写真ですが、服には自分で日の丸を縫い付けていました。

EU164

 

さて、本題です。

 

開閉式調光型ロールスクリーン「FUGA(フーガ)」の防炎を取り付けました。

住宅においては、11階建以上(高さ31m)のマンションでは、窓周り品においても

防炎商品を使わなければならないという消防法の規定があります。

11階建以上のマンションでは、たとえ1階でもその対象になります。

戸建住宅や10階までのマンションではその限りではないです。

アルミブラインドや木製ブラインドは、その対象ではないのですが、カーテンや

布製のロールスクリーンやこの調光スクリーンは対象商品となっています。

 

こちらのお客様は、高層マンションにお住まいの方で、「消防法では

このようになっています」とご説明をすると、「じゃ、防炎品」でということに

なりました。

これらの商品は、燃えない糸を使っているわけではなく、後加工になりまして、

出来上がった生地を防炎液につけるか、液を噴射する方法でやります。

そのため、効果は洗うまでになります。

DSC02894-1 DSC02898

DSC02896

こちらの現場での商品のサイズはW1325×H1245㎜になりまして、

標準品なら定価で55000円、防炎品ならば63000円で、防炎品は15%アップします。

ニチベイの調光スクリーン「ハナリ」は防炎品はなくて、標準品でこのサイズならば

定価70900円です。

トーソーの同等品「ラクーシュ」はすべて防炎品になっていまして、

このサイズで定価63600円です。

ハンターダグラスのシルエットは、このサイズで定価76400円で、防炎品は

さらに30%アップします。

カーテンの場合も後防炎加工をすると、シールを貼ることになり、

一度洗濯をすると、防炎の機能はなくなります。

DSC01566

 

11階建以上の高層マンションで、窓周り品において防炎品を使わなければならないという

消防法の規定はありますが、それを意識されているエンドユーザーの方は少ないです。(特に関西において)

私どもとしては、販売する立場で説明はしていますが、あとはお客様の判断に

任せています。

 

日の話は役に立ちましたか?  いいね!クリック

 

bana_insta_02

↑ 画像検索ができます。詳しくはこちら

 

 

認定窓装飾プランナーのいる店

 

   ホームページ- 初めてのオーダーカーテン- スタッフブログ- コラム-

 

 このブログのトップ

 

 

 

 

 

タグ : ,

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.