カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

カーテン屋とノーベル賞候補

天幕カーテンを取り付けました。

135㎝×260㎝のリビング吹抜けがありまして、冬はエアコンをつけても

寒いという事で天幕を取り付けました。

風呂敷タイプに作ってマジックテープ付きのレールを壁につけて

貼り付けただけです。

着脱はマジックテープで付いているところをはがすだけで簡単にできます。

この天幕の話は明日また書きますが、今日は別の切り口で書いてみます。

 

カーテン夢工房が天幕について述~べるしょう!!

 

 

ちゃうちゃう

 

 

今、ノーベル賞が発表されていますが、10月3日に発表されたノーベル化学賞に

ネオジム磁石を発見された佐川 眞人博士が受賞されないかと期待して、

原稿も用意して待っていたのですが、今年も残念な結果になりました。

 

このネオジム磁石は最強の磁石で、いろんなものに使われていますが、

カーテン屋にとっても必需品になっています。

 

 

何に使うか?

 

 

今までも、商品として使った例は2回ブログに書いています。

2017年8月14日の「サンルームに天幕カーテン」

2017年2月5日の「リビング階段の寒さ対策にカーテンを取り付ける」

 

今日は下地探しにネオジムマグネットを使っているという話です。

照明の斜め下についているのが、ネオジム磁石です。

これは磁力で壁についているのです。

私が持っているのはアマゾンで買っもので、2個で1080円でした。

耐荷重は30㎏あります。

耐荷重75㎏のものでも1500円ぐらいです。

アスクルでも販売されています。

このぐらいのものならば、金属に直接つければ、お子さんならばぶら下がっても

動きません。

 

壁にこのネオジム磁石を這わせると、壁紙が貼ってあって見えないんだけど、

石膏ボードをとめているビスの位置にあたると強力にくっつきます。

 

そこはビスの位置で、何か所か当たってくっつきますので、その点と点を

結べばその線に下地があるのです。

 

ワンプッシュでいっぱい突いて、針穴をあけなくて下地のあるところが

わかります。

 

その位置にビスを打ちます。

 

天幕カーテンの話は明日書きます。

 

今日は、カーテン屋の必需品である下地探しに使うネオジム磁石を

発見された佐川眞人博士は、今年のノーベル化学賞の有力候補者でしたが

受賞に至らなかったという話です。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

値上げするメーカー、音(ね)を上げる販売店

昨日のニュースで大手百貨店が近畿地区の店舗で、商品の送料を200円から

300円に値上げするのにカルテルを結んだということで独占禁止法違反で

百貨店5社に1,9億円の課徴金が課せられてというのがありました。

5社は阪急阪神百貨店、高島屋、近鉄百貨店、京阪百貨店、そごう・西武です。

大丸松坂屋百貨店もカルテルに参加していましたが、一番最初に自主申告を

して、正直に話して処分が免除されました。

 

これとよく似た話が壁紙業界にもありました

2014年にサンゲツ、リリカラ、シンコールが壁紙の価格を10%程値上げすると

いう話をしたことが、独占禁止法違反で2017年の3月に公正取引委員会は

リリカラとシンコールに総額2461万円の課徴金納付命令を出しました。

サンゲツは違反を事前に申告して、大丸松坂屋と同じやり方で課徴金納付命令を

逃れたのです。

 

 

この秋はインテリア業界は値上げダッシュです。

金属系のメーカーは「物流諸経費」「商品梱包輸送費」という名のもとで

定価を1台に付き2000円値上げをしてきています。

タチカワは9月18日より

ニチベイは10月1日より

トーソーは11月1日より

 

この3社でホームユースの市場では90%以上のシェアがあると思われます。

先例を教訓にカルテルを結んでいるように思われるといけないので、

一番儲けているタチカワは8月1日より値上げをする通知してきたのですが、

なぜか9月18日に延び、その後他社が追随する形になりました。

見本帳が新しくなったわけではないので、各見本帳にシールがはってあります。

 

「3台まとめて出荷して」とか「工場に引取に行くから」と言っても

物流諸経費が安くなるわけではありません。

 

実質1台につき、すべて2000円の値上げです。

 

これはまとまればけっこうな金額になりますので、応分の負担をお客様に

お願いするしかなのです。

 

これはまだお客様にお願いしやすいですが、困ったのは壁紙系のメーカーの

サンゲツ、リリカラです。

価格改定の案内がきていまして、現行取引価格の15~20%値上げと

いうのです。

 

定価はかわりませんが、我々販売店への納入掛け率がちょこっと値上がりするのです。

サンゲツとリリカラのカーテンがサンゲツは10月1日から、リリカラは

9月21日から値上がりしています。

 

定価が上がればお客様には説明しやすいですが、こちらの仕入れ値だけが

あげれば、同業者との兼ね合いもあって微妙なところでなのです。

 

メーカーは紙1枚で「自助努力を重ねてまいりましたが、コスト増加を

吸収できませんでした」で済むけど、販売店はたいへんなのです。

微かに息を吸って生き延びているのです。

 

儲けているメーカーはいいけど、

我々は酸欠なのです。

 

 

天下泰平のこの世の中で、価格の

 

転換たいへんなのは販売店なのです。

 

 

ほんまに、音(ね)あげますわ。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切り替えをしたプレーンシェード

10月ですね。

年を重ねると1年がほんとに早く感じられます。

私はいつも朝は早くて、ちょっと前ぐらいまでは家を出る時には車のライトを

つけなくても明るかったのですが、最近はライトをつけないと暗いのです。

サラリーマンの時から太陽に憧れていまして、太陽より早く起きて、

太陽を迎えにいって一日を過ごさないと落ち着かないのです。

サラリーマンの時は「サンゲツ」という会社にいました。

 

オチついた~

 

人間の心理として、悪いことをしている奴は太陽の方に向かわないのです。

 

先日、大阪の富田林警察から脱走した犯人は西に向かって山口県で捕まりました。

ちょっと前に愛媛県の今治市の刑務所から脱走した犯人は、広島県の尾道市の

向島で潜伏していて、海を泳いで渡って本州について、やはり福山方面じゃなく、

西の広島市に向かいました。

 

悪いことをしていると明るいのが苦手になるのです。

 

さて本題です。

 

プレーンシェードの上下切り替えをしました。

 

西日がきつくて、写真がきれいに撮れなかったのです。

ドレープの上の生地は本来は下の画像のような色なんです。

 

プレーンシェードのツインタイプで、前の生地は上下で色違いにして

胴つなぎをしています。

こういう縫製をカーテン業界では「切り替え」という人が多いのですが、

統一されたものはありません。

 

私の2015年7月13日のブログに各メーカーのこの切り替えの呼称について

書いています。

当時の呼称で今は変わっているかもしれません。

 

フジエ      パレットカーテン・オーロラカーテン

川島織物セルコン ボトムボーダースタイル

アスワン     ツートン縫製

スミノエ     ミックススタイル(ボトムボーダー)

サンゲツ     パッチワークボーダー

シンコール    コンビネーションスタイル

東リ       ツートンカラーヨコ

五洋インテックス バイカラスタイル

マナ       切替カーテン

リリカラ     ボトムボーダースタイル

 

 

こんなの誰が覚えられますか?

 

多分、カーテンのメーカーの人でも他社の呼称を言える人は少ないと思います。

私どももわかりません。

 

これじゃ、エンドユーザーに浸透しないのです。

 

メーカーは自社のことだけじゃなくて、業界のためにエンドユーザーにわかるように

してもらいたいものです。

 

 

胡椒(こしょう)臭い話ではなく、

胡散(うさん)臭い話でした。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

マナトレーディングの麻商品の洗濯ラベルの注意書き

2018年9月30日は台風24号の影響で臨時休業をいたします。

 

このブログは、29日に書いていまして、タイマー設定で自動的に30日に

アップされるようになっています。

 

大阪では、9月4日の台風21号の教訓で、台風の恐ろしさをを初めて知った感があり、

今回は早めの対応をされているところが多くなると思います。

30日に社内の慰労会をするために近くの焼き肉屋を予約をしていたら、

昨日電話がかかってきて、30日は公共交通機関が午後から動かなくなる

可能性があり、スタッフの確保ができないので臨時休業としますので

予約はキャンセルさせてくださいとのことでした。

 

この電話で、私どもも終日休業を決断しました。

 

それはいいんですが、そのあと、焼き肉屋さんは「10月2日火曜日は本来定休日ですが、

振り替えて営業しますので来てください」というのです。

 

さすがに大阪の商売人は休みませんなぁ。

 

9月4日の台風の時も、大阪本社の大和ハウスは前日のいち早く、4日火曜日を

社員全員休みと発表しましたが、その代わりその週の土曜日は全員出勤というのが

ニュースになっていました。

 

当店では、祝日のみ定休で、9月30日日曜日を臨時休業にして、

10月8日の祝日を振り替え営業するということはしません。

 

 

さて、本題です。

15年前に当店で取り付けたプレーンシェードの生地交換しました。

もともとウイリアムモリスがお好きな方なのですが、当店にご来店を

いただき、ウイリアムモリス展の案内の表紙がピンパネルになっていて、

運命の出会いを感じたという事で、ウイリアムモリスのピンパネルの色違いに

なりました。

ウイリアムモリス展の案内はこちら

 

ビフォーアフターの取り替える前の写真はきれいに撮れていなかったので割愛します。

350㎝の窓を2分割して取り付けていまして、右片方だけ新しい商品です。

 

「半分、青い。」

 

フラッシュをたいてとると

ウイリアムモリスはマナトレーディングが輸入している生地で

このピンパネル492は 麻90%ナイロン10%です。

マナトレーディングの洗濯ラベルには下の注意書きが書いてありました。

洗濯絵表示ラベルは昨年から国際規格に統一されました。

〇や△や✖がついていてもよくわからないところがありますが、日本語で

いっぱい注意書きがされているとわかりやすいです。

ほとんどのメーカーはカタログに生地の注意書きがされていて、「メーカーの

せいではないですよ」ということをアピールしていますが、それは一瞬だけみるだけで

その後は覚えていないのです。

こうして洗濯絵表示ラベルに書いてあると、お客様から何か言われた時に

ここに書いてありますよと説明できるので販売店としてはありがたいです。

他メーカーもぜひこのようにやってほしいです。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

9月30日(日)臨時休業のお知らせ

お 知 ら せ

 

大型でひじょうに強い勢力の台風24号が明日近畿地方を直撃しそうな影響で、

誠に勝手ながら9月30日(日)は臨時休業 とさせていただきます。

ご来店を予定してくださっていたお客様には大変申し訳ございませんが

ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。

 

みなさまも十分に警戒してお過ごしください。

 

 

9月4日の台風21号の被害は大阪では予想をはるかに超える大きさでした。

 

当日は午前中は営業をしていたのですが、お客様が来られる様子もなく、

午後2時ぐらいには大阪に最大な被害をもたらす状況だったので午後より

臨時休業にして社員を帰宅させました。

 

私どもは店も自宅もほとんど影響がなく、停電もなかったのですが、その後

お客様のところに伺いお話を聞くと甚大な被害をもたらしているところが

多かったです。

 

仕事がらみでいうと市内のタワーマンションで、ベランダに置いてある

プランターが気になって、窓を開けた瞬間、タテ型ブラインド(バーチカルブラインド)の

根っこ(ランナー)がボキボキと折れて、スラットが室内に舞ったというのが

ありました。

 

 

3台、ランナー(ひっかけるところ)が丈夫なメーカーに取り替えることになりました。

 

さすがの大阪人も明日はかなり警戒されて準備をされているようで、

先ほどホームセンターに行ったら単三の乾電池が売り切れていました。

明日は気をつけてください。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

シェードの修理依頼とクリーニングを同時にするとお得

2018年9月27日にインテリ業界のメーカーで日本インテリアファブリックス協会

正会員の極東産機が上場しまして、公募価格(IPO)が405円のところ

初値が696円でした。

実に70%強の値上がりで、久しぶりにインテリ業界にとっては明るい

ニュースとなりました。

極東産機といっても、エンドユーザーの方はほとんどご存じないと思います。

 

ユーザーが手にする商品を扱っているのは少なくて、壁紙の糊付け機や

カーテンでいうならば、プリーツをきれいに出す形態安定機の

「パーマネントフィニッシャー」を最初に出したメーカーです。

 

 

私もこの株は手頃な価格で、株の販売数も少ないので、公募価格で買って

初値で売れば儲かるだろうと思って、IPOに参戦したのですが見事に

外れました。

 

極東産機で儲けて、そのお金で形態安定機(パーマネントフィニッシャー)を

買って店頭に設置して、デモンストレーションをする夢は散りました。

 

当店の縫製加工所のクリーニング工場では、極東産機のクリーニングの

機械や形態安定機を使っています。

 

 

この極東産機のロゴマークは

 

文具メーカーのコクヨのロゴマークとよく似ていると思いませんか?

私は、最初に見た時に見間違えました。

コクヨの黒田家もインテリア関係の名家と深い繋がりがあるんです。

 

 

さて、本題です。

 

最近、シェードのクリーニング依頼が多いのです。

しかも、十何年も洗っていないというものです。

私どもはカーテンクリーニングを請け負っていますので、シェードのクリーニングも

引取に行って設置もしておりますので、それは問題はないのですが、

メカ部分が壊れていて修理しなければならないことも多いのです。

修理も得意なのでそれもさせていただいています。

 

シェードのクリーニング依頼の時は、メカの修理もします。

 

これはシャープシェードではなく、12年間洗っておられなかった

綿のプレーンシェードです。

日焼けの形がついていまして、これは取れませんが汚れはとれて綺麗すっくりに

なりました。

シェードが1台だけとまらない現象が起こっていましたが、3台共一緒に

ストッパーの交換をしました。

 

 

シェードのメカの修理依頼の時は、ぜひクリーニングも当店で

してください。

 

そうすると、シェードの取付設置手間代と、修理工賃が合算されて1つに

統合されますので、かなり割安になります。

 

修理依頼の時は、クリーニングもする。

 

これ、お得です。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーチカルブラインドで目隠し間仕切り

得意先の住宅メーカーで施工担当者への安全教育をするためのインストラクター検定を

受けてきました。

労働安全衛生法59条で、『事業者は、労働者を雇い入れたときは、当該労働者に対し、

厚生労働省令で定めるところにより、その従事する業務に関する安全又は衛生の

ための教育を行なわなければならない』となっています。

当店でも、現場に新しい工事担当を入れる時は、安全のための教育を

しなければならず、今までは「雇入れ教育」は当店でやり、「新規入場者講習」は

得意先の住宅メーカーがやっていたのですが、今後はこれら2つを

私が社内で雇用した初日にしていくことになります。

 

今の時代は現場での安全対策はひじょうに厳しく言われています。

私達は内装業で、カーテンの取付においては完全に出来上がった後に

仕事をしますので、安全対策を軽く見ている傾向があります。

 

同業者のブログを見ていても、吹抜けの工事でヘルメットをかぶらないで

作業をされている写真などをアップされているのがほとんどです。

住宅メーカーの仕事では、ヘルメットをかぶらずに高所作業をすると

出入り禁止になるぐらい厳しいものがあります。

 

私どもは町の小さなカーテン屋ですが、日本を代表するような住宅メーカーの

仕事もしており、そこで学んだノウハウを一般のお客様の工事にも

生かしていきたいと思っています。

 

カーテン屋で、日本の住宅メーカー大手7社の仕事をしながらショップを

もっているところは都会では少ないのです。

住宅メーカーのカーテンの仕事をしているところは、工事屋に徹していて

お店を持っていないのです。

 

当店は、工事、販売、提案力にノウハウがあります。

 

 

さて、本題です。

 

大きなリビングダイニングでバックヤードの冷蔵庫と棚があるところを

お客様が見えた時に見えないようにするため、バーチカルブラインドを

取付けました。

クリエーションバウマンの127㎜巾のスラットのIroloの62です。

 

 

クリエーションバウマンのバーチカルブラインドの巾は127㎜か89㎜なんです。

なぜ、127㎜や89㎜という中途半端な数字かというと、クリエーションバウマンは

スイス本社の会社で、127㎜は5インチ、89㎜は3,5インチで、それぞれを

織る織機があるのです。

日本のメーカーのようにロールスクリーンのような大きな生地があって、

それを75㎜、80㎜、100㎜の巾にカットしているわけではないのです。

日本のメーカーのバーチカルブラインドのスラットはヒートカッターの機械で

カットしているだけなので長く使っているとほつれてきますが、バウマンが

5インチ(127㎜巾)の織機に織っているためほつれにくいのです。

それがバウマンのバーチカルブラインドは高くても評価されるゆえんなのです。

 

 

閉めるとなにも見えなくなり、向こうに大きな空間があるように感じられます。

開けた時のたまりも、ハネが12,7㎝で大きいため枚数が少なくて

スッキリします。

間仕切りにバーチカルブラインド(タテ型ブラインド)もいいかも。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック 

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.