カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

シングルのシェードをツインシェードに変更

昨年他界した父が茶業に50年以上携わっていたので、その軌跡を訪ねて

京都府南山城村の童仙房にある茶農家に行ってきました。

5月の上旬に行き、新茶を摘み始めた時で、摘みたての新茶をわけていただきました。

私は、茶畑からお茶を摘んで、お茶にしていく工程をみるのは初めてでした。

すべて機械化されていますが、そこには「温度」と「時間」をどれだけにするか

という人間の感覚が加味されて、これによってお茶の出来具合がかなり違うらしいのです。

天候や湿気などをみて、毎日設定する温度や時間を変えていて、これは長年の

経験でしか判断できないそうです。

お茶をつくる工程

  

  

 

せん茶は沸騰したお湯を80°ぐらいに湯さまししてから、お茶の入った

急須に入れます。

そこで90秒ぐらい置いてから湯のみにそそぎます。

 

水の影響もありまして、京都の実家でのむお茶は美味しくても、同じお茶を

大阪に貰ってかえって、大阪でいれると同じ味がでないのです。

 

買ってきたお茶は以前父がしていたように、自分で小分けしてお世話になった人

に送りました。

 

 

さて、本題です。

 

1年程前にプレーンシェード(シングル)を取り付けたお客さまで、これに

レースをつけてダブルにしたいという話がありました。

 

こういうことはあとからたまにあるのですが、今ついているメカを

そのまま使うことができず、簡単ではないのです。

 

もう1台シングルでレールのシェードをつくることはできますが、

こちらの現場では窓枠内に取り付けていて、奥行がないためそれはできませんでした。

 

現状は

生地はフィスバのCAROLE02587-717

この幕体はそのまま活かして、シェードの本体(メカ)をツイン用に

新しくして、レース用の幕体を新たに作ります。

レースはフジエテキスタイルFA0102NW

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

マナトレーディングの齋藤会長の「インテリアファブリックの世界」

マナトレーディング株式会社の齋藤伸一会長が書かれた本【改訂版】

インテリアファブリックの世界」を贈っていただきました。

この本は8年前に刊行された本の改定版なのですが、当時のものは完売され、

その後、再版の希望が多かったため、この度【改訂版】を出版されました。

8年前の本はアマゾンで見ると、プレミアムがついて6815円になっていました。

今回のものは5月16日からの販売でアマゾンで、1620円(税込)になっています。

大型連休中は、どこも出かけず家にいましたので一気に読みました。

 

齋藤会長がファブリックをこよなく愛されているのがよく伝わってくる内容で、

インテリア関係者は必読の本になっています。

 

フリーランスを目指すインテリアコーディネーターには参考になることが

書かれていました。

まず、自分の家のインテリアをコーディネートして、近所の人やお友達を

家に呼んでホームパーティをするといいのです。

そうすると、そのコーディネートが素敵だと来られた方から、

「私もこんなのが欲しい」ということになり、コーディネートの依頼が

くるのです。

まさにその通りです。

 

経営をする立場の者にとっても、たいへん勉強になるようなことがいっぱい
書かれていました。

r一流になろうとする気持ち」が大切ということです。

一流の商品を扱って、お客様に満足をしていただくために、いい商品を

提供するだけでなく、自分達も一流の対応をしたいという意識になってくるのです。

 

まさにこれが重要です。

 

インテリア関係者は、ぜひこの本を購入されて読まれることをおススメします。

Amazonでは予約受付をしています。

 

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

エコキメラでばっちりきめら

先日、ブログの書きました【無光触媒】の「エコキメラ」は、エンドユーザーからの

問い合わせも増えてきています。

すでに2件、実際に現場で塗布しています。

リネンのカーテンです。

水洗いするとけっこう縮むので、できるだけ長持ちさせるために「エコキメラ」を

塗布しました。

別の現場です。

現場にコンプレッサーを持っていてすることもありますし、少量ならば店で

加工をしてからお持ちすることもあります。

 

壁紙やお風呂にもすることができます。

 

エコキメラ」は【無光触媒】で、リン酸チタニアの効力で消臭や抗菌等の

効果があります。

納品時にカーテンや、ブラインド、ロールスクリーン、調光スクリーン、

タテ型ブラインド、プリーツスクリーン等のメカものに

消臭、抗菌、防カビ、防汚加工をオプションですることが

できます。

 

コンプレッサーを使って専用のガンで、液体を霧状にして吹き付けます。

1)安全安心で、飲んでも大丈夫なぐらいで無臭です。

2)公の機関である大阪市立工業研究所との共同特許をとっていて、信頼できます。

3)インテリア業界では、まだ実績はないですが、他の分野では多くの実績が

あります。

4)光触媒と違って暗い場所でも効果を発揮し、24時間休まず働きます。

5)50回洗濯をしても大丈夫です。

 

こういう人に向いています。

1)掃除のきらいな人

2)カーテンを洗うのがめんどうくさい人

3)ブラインドやロールスクリーンの汚れが気になる人

4)結露しやすいところに取り付けてカビが生えるのが気になる人

5)臭いが気になる人

  (部屋の臭いはカーテンだけやっても効果はうすく、部屋全体をしなければなりません。)

6)吹抜けなど、手が届かないところに取り付ける商品には最適

7)ペットを室内でかっている家

8)室内でたばこを吸う人

 

エコキメラに関してはパソコンで見た場合、左欄のカテゴーの「エコキメラ」を

お読みください。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

タグ :

風薫る季節、風を通すレース

大型連休真っ只中です。

この期間は、世の中一般ではゴールデンウイークと称し、GWと書いています。

NHKでは、ゴールデンウイークと言わずに大型連休と言っています。

ここを読んでください。

「ゴールデンウイーク」(黄金週間)は、連休で観客の入りがよかったため、この期間中に大作をぶつけるようになった映画界が、宣伝も兼ねて作り出したことばで、昭和27~28(1952~53)年ごろから一般にも使われるようになったようです

とのことです。

 

国民のお金で運営されているテレビ局なので、一映画界が使った言葉を

使わないというようなこともあり、「のんきに休んでなんかいられないのに

なにがゴールデンウィークだ~」という苦情の電話があったり、外来語は出来るだけ

使わないということで、NHKでは大型連休というらしいのです。

ゴールデンウイーク(GW)は完全に国民の支持を得ている言葉だし、新聞でも

使われているので、別に問題はないと思います。

 

でも、仕事的に言えば、落ち着いており決してかき入れ時でもなく、

黄金週間でもないので、2年程前ぐらいからこのブログでは

「大型連休」ということばを使っています。

大型連休でもなく、5月は3日4日5日は休みを頂いていますが、

1日2日は営業していましたし、5月6日(日)は営業しています。

 

風薫る季節です。

先日のブログに書きました帝人フロンティアの繊維「潮騒®」を使ったレースを

実際にお客様のところに納品しましたので、実験をしました。

2間の広さの広縁で南側のこの窓と北側の窓を開けて風通しをよくしました。

下の画像は吊り替える前の普通のレースです。

20年ぐらい使われています。

このあと、両開きの左側だけ、「潮騒®」のレースに吊り替えますが、

風の通り具合が左右同じかどうかを確認しました。

吊り替える前に右も左も同じ揺れ具合です。

下の画像は左側だけ「潮騒®」を使ったレースに吊り替えました。

右側の普通のレースの方はかなり風に煽られます。

でも、左側の「潮騒®」を使ったレースは風に煽られないということはないです。

実際に顔をレースに当てると風が通っているのは感じられますが、

過度の期待は禁物です。

どうでもいいが動画をご覧ください。

下の画像の真ん中の三角をクリックすると動画になります。

 

 

左側は「潮騒®」を使ったレースです。

右側は普通のレースです。

動画は4倍速に変速しています。

このレースは風合いがよくて、広縁にはおススメします。

 

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

ユニットラグがよく売れています。

「ウーバーイーツ」を試してみました。

東京に遅れること1年半でやっと大阪市の中心街(中心の10区のみ)にも

4月26日からウーバーイーツが出来るようになりました。

これは、世界70か国で展開する配車アプリの「ウーバー」がやっていり食べ物版で、

「ウーバーイーツ」という無料のアプリをダウンロードすれば、そこに登録している

お店から出前をしてもらえるシステムで、配達する人は店のスタッフではなく、

別の登録人で掛け持ちで配達専門です。

試しに高校の後輩が経営している堂島スウィーツ道頓堀店からプリン3個を注文をして

みました。

 

システムはアプリから店を選んでメニューを選んでクレジットカードで支払いを

します。配達料は別に一律380円かかりますが、5月31日まではキャンペーンで無料です。

今は友達を紹介すると500円値引きというクーポンもあります。

注文をすると何分で届けるという案内がスマホにあり、5分ごとぐらいに更新

されて配達状況が随時わかるのです。

最初の案内では40分ぐらいとなっていたんですが、だんだん早くなり、

若い兄さんが自転車で注文後20分後ぐらいで持って来てくれました。

プリン3個配達で900円のみで、保冷剤もちゃんと入っていて、これがまた美味しい

のです。

 

 

ひじょうに便利なシステムでスマホ1台でなんでもできる時代です。

今は東京、横浜、大阪の中心街だけですが、これが全国的に広がっていくと

すごいことになります。

自宅だけじゃなくて、公園でバーベキューをしていてもそこに配達をしてくれますし、

ホテルに宿泊していても玄関まで配達してくれます。

 

大阪ではあらゆるジャンルのお店が登録されていますし、今後もっと増えていくと

思います。

例えば、大阪の中心街のホテルに泊まって、夜小腹がすいてお好み焼きを

食べたいなと思うとスマホをいじれば、ホテルの玄関まで30分ぐらいで

持ってきてくれるのです。

 

世の中はかなり進んでいるのですが、我がインテリア業界はまだファックスが

主流です。

業界団体の日本インテリアファブリックス協会のセミナーを個人で申し込む

時なんかも、ファックスしか申し込む手段がないのです。

今は、ほとんどメールで個人でファックスを持っている人は少ないのですが、

発想が20世紀の感覚で、世間一般よりかなり遅れています。

 

さて、本題です。

 

以前のブログで川島織物セルコンのユニットラグを紹介したところ、

同じ商品ばかり売れています。

これは市川海老蔵さんのブログを拝見すると、自宅に敷いてあったという

話を書いたからかもしれません。

 

住宅用の置き敷きのラグマットで、敷き詰めることもします。

 

 

 

別の現場

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

風を通すレース発売

私はよくニトリのカーテン売り場に行きます。

日本で一番カーテンを売っている販売店で、どういうのが売れているのか

研究するためです。

先日行った時は、これからの季節に向けた商品として風を通すレースカーテン

「AIR TOSS」(エアトース)を前面に出していました。

裏から風を送って、このエアトースと普通のレースとの違いの実験ツールまで

ありましてその場で体験できるようになっていました。

説明をみると、東レが開発した特殊金属酸化物を練りこんだポリエステル長繊維を

使っていて、共同開発の商品のようです。

風(エア)が通すで「エアトース」なんてうまくネーミングしており、

感心しました。

でも、私ならばおシャレ好きでもうひとひねりをして、東レの商品で

風を通ってくれという願いを込めて「AIR TORAY」(エアトーレ)と

したと思います。

 

これはちょっとヒットする予感がしました。

今年の夏に新しくだしてくるファブリックメーカーのカーテンの見本帳には

1~2点「風を通すレースカーテン」が出てくると思います。

その前に、この商品に似たものがないかと探していたら

ネットで、帝人フロンティアが風を通すレースカーテンとして

「潮騒®」という繊維をだしていることがわかりました。

この糸を使って、レースとして商品化しているメーカーがないのかと思って

SNSで呼びかけたら、すぐにわかりまして2点サンプルを作って実験を

しました。

当店で扱っているのは、帝人フロンティアの「潮騒®(Rマーク)」という繊維を

使ったものです。

下の画像の左側が「潮騒®」で右側が普通のレースです。

当店の玄関入口のところに2点並べました。

事務所側のドアも開けて風通しをよくしました。

左側が「潮騒®」 右側は普通のレース

どうでもいいが動画です。

真ん中の三角をクリックしてください。

動画撮影は2分弱かかりましたが、アップは4倍速に変換しています。

確かにかぜによって揺れ具合は違いますが、「潮騒®」も

けっこう風で煽られます。

この「潮騒®(Rマーク)」の含有率によっても違うと思います。

多く含まれると価格も高くなります。

 

過度の期待は禁物ですが、普通のレースよりは風を通します。

 

当店はオーダーカーテン専門店なので、丈のサイズは5㎜単位で縫製を

しており、この商品に限り両サイドに入れるウエイトは

樹脂製の10グラムのものを使っています。

 

 

カーテンの裾の耳に入れるウエイトも変遷がありまして、ずっと以前は

なまりでした。

それが環境問題などで、その後はステンレスが主となりました。

大手企業は、検針をしており、ステンレスでは検針機が反応する場合もあり、

その後セラミックのウエイトを使うようになってきました。

ステンレス、セラミックではリサイクルの問題も起こりまして、これからは

リサイクルでき、風に揺れて窓ガラスにウエイトが当たっても音がしない

樹脂製のものが主流となってくると思います。

 

ある住宅メーカーでは、レースにウエイトが入っていたところ、窓ガラスとの

干渉でなにかがあったらしく、レースにウエイトを入れるのが禁止に

なっています。

そういったケースにもこの樹脂製のウエイトは対応できます。

 

カーテンはカーテン専門店で買いましょう。

 

このレースは、なかなか風合いがよくおススメです。

 

今日の話は役にたちましたか?  

  役に立った場合は 右のバナーをクリック

 

 

/planner_02/

//instagram_01 .

/

 

ホームページ初めてのオーダーカーテンスタッフブログコラム

 

このブログのトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ :

大型連休の休業日について

大型連休の休業日についてお知らせいたします。

 

当店は、夏季休暇、冬季休暇期間を除いて祝日のみ休業しております。

 

大型連休の期間は

4月30日(月)

5月3日(木)4日(金)5日(土)は休業いたします。

 

4月28日()29日(

5月1日(火)2日(水)6日()は通常通り営業いたします。

ご来店をお待ちしております。

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.