カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

今日の現場 実測に行って仮吊りカーテン取付

3月21日

春分の日です。
今日の大阪はすごい黄砂でした。

まいった。まいった。(こうさん、こうさん

今日の現場

実測依頼があり、宝塚の現場に行ってきたんですが、この日が引越し日でとりあえずなにかカーテンをとりつけてほしいとのことで、レールもつけて仮吊りカーテンを取り付けてきました。

SH380329SH380330










リビングの掃き出しは窓は道路に面していて、雨戸もなく何もないと丸見えなんです。

最近は、こだわる方が多くなりデザイン的になかなか決まらない人や資金的になかなか決まらない方が多くなってきていまして、入居間際や引越し後にカーテンを取り付けることが多いのです。

そんな時のために当店では仮吊りカーテンを無料で提供しています。
(保証金は必要)

先にレールだけ付けて、入居後家具とコーディネートして考えたいという方もOKです。(仮吊り貸出期間は2週間+カーテンが出来るまで)

こちらの窓は、レースを部屋側に両開きで取り付けて、厚手生地でプレーンシェードをつくりまして壁正面付けをします。そのため、プレーンシェードの開けた時のたまりを考えてレース用のレールも高い位置にとりつけています。

出来上がるまで10日ほどお待ちしていただくことになります。


今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 





カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→




 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

 

 

今日の現場 電磁波シールドカーテンの打ち合わせ

長男が4月から東京で一人暮らしすることが決まりましたので、今、生活用品をそろえるためネットでいろいろと購入しています。

私はネットで購入するのが好きでたくさん買っていますが、今回改めてネットショッピングを研究してみますとほんとに安いんです。

電化製品は近くのミドリ電化で息子と一緒に製品を見て型番と価格を調べてネットで最安値をみると3割ぐらい安いのです。

メーカー品はどこで買っても同じでメーカーのアフターフォロー体制もしっかりしているので、一番安いところで買う事にしました。

メーカー品でない型番のない商品は安ければいいというものではなく、慎重に検討しなければカスをつかむ可能性もあります。

でも、中古自転車までもネット販売されていて買ってしまいました。現地についてから探しに行くより、引越し日に届いていたら、その日からのフットワークが軽くなるからです。その中古自転車にも6カ月間の保証がついていて、何か不具合が生じたら同等の自転車と無料交換ついていてリーズナブル価格なんです。

私の父親が今年82歳になるのですが、10年前にこれからはインターネットができないと生きていけないといってパソコン教室に行って習得しました。
今は、私よりパソコンの使い手です。

インターネットを活用できなくても生きていけないことはないと思いますが、知らないと確実に損をしますね。

オーダーカーテンもこうしてネットで買っておられるエンドユーザーが相当増えているんだろうなと思っています。当店も常に早くから意識はしておりますが、店舗を構えてやっていると、ネットとの価格差の問題がありなかなか踏みきれないのです。

むしろ、こういう時代になったら逆に専門店としての生きる道を追求していった方がいいのかなと思っています。


今日の現場

電磁波防止カーテンの打ち合わせに行ってきました。

奈良のエンドユーザーから電話があり、電磁波シールドカーテンがほしいとのことでした。話を伺うとマンションの寝室の窓が近鉄電車の線路に面しており、、その送電線から電磁波がでるので、健康のため電磁波防止カーテンをつけなさいとご両親にいわれたそうです。

私どもも電磁波防止カーテンについては詳しくないのでインターネットでしらべました。
どこぞのブログに「携帯電話を使い過ぎの人は電磁波によって精子が少なくなる」と書いてありましたが詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.denjiha-navi.com/guide/index.html

電磁波による健康への影響についてですが、携帯電話や高圧線の電磁波が体によくないと言われますが、これを説明する科学的根拠はないそうです。

だから「電磁波は安全」というわけでもなく、ヨーロッパでは「予防原則」といって科学的根拠がなくても、事前回避の措置をとるそうです。

カーテンに使える電磁波シートの仕入れルートはみつかりましてので、当店で1.5倍使いのオーダーで1間の腰窓サイズで見積りをしたところ6万いくらになりました。

お客様に伝えたところ、健康には代えられないとのことでOKをいただきました。

生地サンプルを送って実測メジャーを送ったのですが、

待てよ、これじゃネット販売店と同じじゃないか、こんなことをしていたらこれから生き延びていけない」と思って、あらたな提案と説明と実測をするためにお客様宅に行ってきました。

私の提案は、新しく電磁波防止カーテンでつくるのではなく、今付いているカーテンにフラット裏地「うらだ」として電磁波防止カーテンをとりつけることです。

これによって、効果は同じで価格が3分の2ぐらいになるのです。

本来ならば、電話で注文を頂いたので、サンプル生地を送って、サイズをお客様に測っていただいて先に代金を振り込んで頂いてからつくって出来上がったものを送れば楽で儲かったのですが、高速代を使って安い方法を提案してきました。

この物件だけをみれば儲からなくなったのですが、いつかきっと役に立つことがくるだろうと自分を納得させながらやっています。

また、取付に行くことになっていますので、そのときに写真を撮ってブログで説明します。


この電磁波防止カーテンがどのぐらい効果のあるものかがわからないので自分で実験をしました。

メーカーよりカットサンプルをいただきましたので、それで携帯電話をつつんでみました。
包む前は携帯の本体の電波状況を示すアンテナが3本立っていましたが、包んだ状態で1分間置いてあけてみると携帯のアンテナがなくなっていました。
そしてすぐにまた3本に増えました。

私のは電波の一番強いauなんですが、ソフトバンクの携帯でやるとすぐに「圏外」の表示になりました。

やはり、電磁波シールドカーテンは、それなりに効果はあります。


今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 





カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→




 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

 


今日の現場 プレーンシェードの修理

3月19日 ミュージックの日   

「ミュー(3)ジック(19)」の語呂合せ。


今日の現場

最近、ブログで修理のことをよく書いているので、そうすると検索でヒットするのだと思うのですが、他店で買った商品の修理依頼が多いのです。

当店でご購入頂いた商品は販売責任で修理にも喜んでお伺いしますが、他店で購入されてものは、「購入されたところに言ってください」というのですが、そうするとほとんどが、「その店はもうないのです」とおっしゃいます。

けっこう、淘汰されている業界なんです。

当店でご購入されたものはずっとデータはあるのですが、他店のものはどんな商品でどこが悪くなっているのかわからないので写真も一緒に送っていただきます。

最近はほとんどの人が携帯で写真を撮って送ってくれるようになりました。

そうすると、事前に交換部品を用意していけるので1回で済みましてこちらもお客さまも助かるのです。


今回送られてきた問合せと写真は以下です。

【 お問い合せ内容 】:
> 御社で取り付けたものではないのですが、
> サンゲツ製シェードのひもがとまらなくなって困ってます。
> 修理をおねがいすることは可能でしょうか?

20100303062500002010030306250001
























20100303062600002010030306260001
























お客様から4枚写真が送られてきて、写真をみるとヒモの通し方も間違っているのですが、このタイプはストッパーを交換すれば直るのです。

お客様からはサンゲツ製と書いていたので、この写真と問合せ文をトーソーとサンゲツの営業にメールしました。

そうしたところ、トーソーの営業からはすぐに返事がきて、「これはサンゲツ製でトーソーがOEM供給しているものです」とありました。

サンゲツから翌日、「どこのメカが判りましたか」とノー天気な返信がありました。
すぐに、「サンゲツさんのだとわかりました。自社商品もわからないのですか」と
メールしました。


そしたらまたすぐに返信がきて「時間がなくて写真まで見る余裕がありませんでした。本日、ストッパーを1個送る手配をしました」と書いてありました。

まだ、注文もしていないのにもう手配をしてくれたなんて、さすがにサンゲツは動きが早いです。

でも、お客様の文に「サンゲツ製シェードのひもがとまらなくなって困ってます。」と書いてあるのを送っているんだけどなぁ。

まさか、今のサンゲツでは自社のシェードが売れているとは思ってもいなかったのでしょうか。
これでも、堂々と70億以上売っている会社なんです。

実は8年前の210億販売していた時の製品だったのです。

それでストッパーを交換してきました。

CIMG3906CIMG3907











修理代をたくさんいただいたので、コードも下部のコード結び部分の部品も無料で交換してきました。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 





カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→




 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

 

今日の現場  クレーム・スカラップの上がり

今日はこのブログの1111回目の投稿です。

あんまり関係ねぇ~か?

最近は、このブログを評価して頂いている方も増えてきましてうれしく思っています。
今日は、韓国から私のブログをずっと読んでいるという方からお電話をいただきました。経営コンサルタントの会社で、日本のマーケティングのリサーチでした。あまり書くとまずいのかな・・・・

ブログを読んで遠くからご来店頂く方も増えています。ここ最近でも、愛知県岡崎市からや、大津や和歌山からもお越しになります。
岡崎市の方は、メールで事前に問合せをすると断られると思ってアポなしで「カーテン買うならばここだ」と思って来られました。
私は、お会いしていないのですが、感激しまして岡崎まで実測に行きます。

こんな人がおられると粋に感じて仕事をさせていただきます。

ここ2~3日で、ブログでも評価していただいているのをみつけました。

エンドユーザーの方で「たまごの家のブログ」で、私のブログを読んでひじょうに参考になったと書いていただいています。
こちらをお読みください。
http://ameblo.jp/tamagonoie-tatemasu/entry-10484053706.html

りかさんのブログ「jay blue」にもエンドユーザーから、評価していただいているコメントが載っていました。
こちらをお読みください。

http://jayblue.blog.shinobi.jp/Entry/662/#comment

同業者からも、役にたつブログと書いていただいています。
広島のファインテックスさんのブログです。こちらをお読みください。
http://ameblo.jp/curtain-finetex/entry-10485051642.html

東京のコルティナさんのブログにも書いて頂いています。
おかえしです。こちらをお読みください。
http://blog.livedoor.jp/cortina01/archives/51580824.html

また、カーテンと窓周りに関する質問箱も評価していただいている声があります。
こちらもお読みください。
http://interior.bbs.fc2.com/


今日の現場です。

納品した吊り替えの現場で、スカラップのフリル巾と切り上がりの丈でクレームがつき、作り直して取り替えに行ってきました。

最初の分です。(写真はクリックすると拡大します。)

CIMG4000CIMG3999

 

 

 

 

 

 事前のお客様との打ち合わせで、まん中の上がりの丈を20センチとしていたのですが、フリル巾まで細かく打ち合わせをし忘れたのです。

こちらの方で、フリル巾を12センチにしたところ、それは貧弱だと指摘されました。20センチも上がりすぎと言われました。

そのため、全部作り直しました。

お客様の細かい要望をきいてフリル巾を15.5センチにして、まん中の上がりを9センチにしました。

CIMG4002CIMG4003

 

 

 

 

 

 打ち合わせをして会社に帰ってきたら、「やっぱり何センチにしてください」と変更があり、「間違いないですね」といって指示書をかいたらまた「やっぱり何センチがいいですかね」と電話がかかってくるのです。

オーダーでつくりますのでおっしゃるようできるのですが、出来てから
「あ~じゃない、こう~じゃない」と言われたら困るのです。


今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 





カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→




 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

 

今日の現場 カフェカーテンの形状記憶加工

3月17日

 実は19日で2日前のブログを書いています。
「イッキに書いても日記」というタイトルなのでご容赦ください。

今日の現場

カフェカーテンに形状記憶加工をしています。ピッチが7.8センチに型紙に乗せて真空釜に入れるとこんな感じになります。

SH380315




















SH380318SH380316


















細かいウエーブがでますのでけっこうきれいに納まります。

小窓にプレーンシェードを取り付けた時に、レースはこのような2倍使いのパイプ通しにすることが多いです。
安くできますし、洗濯が簡単なんです。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 





カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→




 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

 

今日の現場 連窓の時のロールスクリーンのすき間

昨年、住宅メーカーの仕事で取り付けたロールスクリーンで、2分割されている真ん中のすき間が気になるとのことで相談があり伺いました。

CIMG3927

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG3922CIMG3928











CIMG3921CIMG3924










幅226センチの窓にニチベイのロールスクリーンダブルタイプを2分割で取り付けてます。

ニチベイのダブルタイプはチェーン式はできなくてプルコードになっています。
以前はタチカワと同じようなワンチェーンのチェーン式があったのですが、よく切れるとのことでなくなりました。

この場合、上部のフレームと生地の部分の差が13ミリありまして両方で26ミリすき間があいています。(これはダブルタイプだけのものではなく標準タイプも同じです。)

今回の窓の場合はまん中にサッシがないため、そのすき間がひじょうに目立ちます。特に厚手の生地は遮光1級で生地からは光を通しにくいため。

私の考えは、ロールスクリーンを分割するときは必ずサッシの位置ですべきだと思っています。

お客様の話では、夜は26ミリのすき間から室内が丸見えになりシャレにもならないとの話でした。

「トーソーならば光をとうそう」ってシャレになったんだけどね。ニチベイじゃ、お客様のおっしゃるようにシャレにもならんね。なんのこっちゃ。

そこで、考えたのがガラスとロールの間に5センチぐらいのすき間があり、そこにレールを1本つけて遮光の生地で1,5倍の1つ山で50センチぐらいの幅のカーテンをつくり、夜ロールを閉めた時だけ、まん中まで引っ張るのはどうですかと提案しています。

考え中・・・・・・


今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 





カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→




 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 


ローデコしませんか

3月15日 万国博デー

1970年の今日、大阪の千里丘で万国博覧会が開催されて一般入場が開始された日です。あれから40年ですか?私は中学1年で万博は何回も行ってよく覚えています。

さて、本題です。

2010年2月17日のブログ「トーソーの新しいロールスクリーン」で書いたのですが、ユニクロの商品に好き勝手に刺繍などしてオリジナリティをだすのを「ユニデコする」といわれているように、ロールスクリーンもオリジナリティを加えることを「ローデコする」ということを当店では提案しております。


下の写真は夙川店の窓を外からみたところです。

CIMG3911




















ロールスクリーンをレーザーカットして、ロゴマークをインクジェットプリントしています。レーザーカットはロゴマークの上下に波模様でしています。

下は別のデザインのレーザーカットで、ロゴマークは貼りつけています。

CIMG3918




















レーザーカットは左側にタテ方向にしています。

このレーザーカットは、トーソーのものではなく当店独自で考えたものです。
このようなデザインがお客様が考えたもので自由につくることができます。

今、デザイン集をつくっていますが、たとえばイニシャルをレーザーカットでいれるというようなことも簡単にできます。(ただし、中抜きの文字はできません。)
しかも、ひじょうにリーズナブルな価格です。

下の写真は当店のスタッフが考えたデザインでこれでロールスクリーンにレーザーカットしようと思っています。

SH380319





















ロールスクリーンを自分だけのデザインでレーザーカットするのはいかがですか
 
これを当店では「ローデコする
(ロールスクリーンをデコレーションする)といいまして、これから広めていきたいと思っています。

また、写真もロゴもサイズ制限はあるのですが、リーズナブル価格で簡単にすることができます。

こちらもオリジナルのロールスクリーンができまして、世界に一つしかない自分だけのロールスクリーンをつくることを「ローデコする」といいます。

このロールスクリーンにインクジェットプリントをするのは、メーカーでは、タチカワ、ニチベイ、サンゲツが見本帳に掲載していますがむちゃくちゃ高いのです。

当店ではリーズナブル価格でやりますが、ネットを通じての打ち合わせ、販売はいたしません。営業範囲でご来店頂ける方のみ対象です。


実は、夙川店のものは展示サンプルを兼ねてますので、トーソーのロールスクリーンの「コルト」にレーザーカットをしてもらって、当店でロゴを入れようとしたのです。


インクジェットプリントは、最初紙にプリントして200度ぐらいの温度で転写するのですが、「コルト」に熱をかけると3センチぐらい縮んで失敗したのです。

この失敗で凝ると、いろいろと勉強になり、ひょうたんからコマでこれを独自でできるようになったのです。



   凝ると(コルト)、傑作が出来る





今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 





カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→




 織物
研究会

 

 

 ブログのトップ

 


268 / 427« 先頭...10...267268269...280...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.