カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房

カーテン屋の奮闘記・イッキに書いても日記

カーテン夢工房の社長ブログです。

ロールスクリーン ポポラ・マカロン・コルトの比較

3月7日 サウナ健康の日

今日は現場工事は休みです。

ニチベイがポポラを3月1日から50色展開にしました。

ポポラ50色



















ニチベイのポポラという商品はタチカワのマカロン、トーソーのコルトと同等のデフレ対策商品で低価格良品です。

3社とも無地の多色展開をしており、同じ生地でロールスクリーン、バーチカルブラインド(タテ型ブラインド)、プリーツスクリーンに対応しており、タチカワはさらにプレーンシェード、カーテンにも対応しています。

この3社の商品についてはまずはこちらをお読みください。

http://www.curtainkyaku.com/blog/52037914.html

色数に関しての比較です。

ロール比較色

 

 

 



この低価格商品を一番最初に出したのはトーソーのコルトです。その時は20色でした。
そのあと、ニチベイが追随して、ポポラを出しましてその時も20色でした。

これに負けじとタチカワが昨年に30色でマカロンを出してきました。
これはいつものタチカワの戦略で、後から出して優位にたつのです。

今年になって、トーソーがタチカワを上回る40色にして2月22日に新しい見本帳を出しました。

その1週間後の3月1日にニチベイは50色の単冊のカタログを出してきました。


どうよ~

色数でしか差別化するものがないんかい?

実は、このようなメカものといわれる商品のシェアはタチカワが40%ぐらい、ニチベイが35%ぐらい、トーソーが10~15%ぐらいで、この3社の頭文字をとってNTTというのですが、このNTTで90%近いシェアがあるのです。

ですから、価格はお互い儲かるように他社よりあまり下げることはしなくてだいたい同じぐらいになっています。

価格の比較です。

ロール比較kakaku

 

 

 

 


 この3社はお互い価格だけはよく研究しており、何百円程度しか違わないようになっています。

商品的にも、メカニック、品質、色、デザインは多少は違いはありますが大差なく、この3社ならば「大丈夫」だと思っています。
当店の場合は、商品によってすすめるメーカーは違うのですが、担当営業員によって売り上げが左右することが多いのです。


このポポラ、マカロン、コルトは今までの各社の代表的な商品に比べると見た目はそんなに変わらず、メカ機能はまったく同じで18.7%~23%ぐらい安くなっているんです。

たとえば、ロールスクリーンで比較すると、ニチベイのフェスタは同サイズで36200円です。

タチカワのライフは34200円、トーソーのアクアは34500円です。

各社とも従来の同等品に比べて20%前後の価格ダウンです。


エンドユーザーにとってはひじょうにいいことで、これも時代のニーズですが、販売する側にとっては売上減で、メーカーにとっても、問屋にとっても、われわれ小売店にとっても厳しいのです。

価格も色数も重要ですが、価格を下げずに付加価値をつけて値ごろ感を出すことも考えていただきたいものです。

たとえば、ロールスクリーンならば1ミリ単位の受注をするとか、バーチカルブラインドならばルーバーが均等ピッチになるようにピッチキープコードを変えるとかしたらどうですか?

これは、私がブログで常々訴えておりますが、3社どこともやろうとしないのです。

エンドユーザーの声はこちらを読んでください。

こうしたニーズはひじょうに高いのです。

当店ならば、少々高くてもお客様によく説明をして付加価値のあるものを勧めます。

一番最初にやったところが優位になるのです。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 





カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→




 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

今日の現場 お客様の要望はホテルリッツカールトンのイメージ

3月6日 啓蟄

今日、大阪心斎橋にスウェーデン本社の世界的なカジュアル衣料の大型店「へネス・アンド・マウスリッツ(H&M)オープンしました。

関西初出店でこれが世界で2000番目の店舗という事で、先着2000名さまにプレゼントがあるとのことで、朝、会社に行く途中のラジオで7時の時点で数百人が並んでいると言っていました。(12時オープン)

この店には行ったことはないのですが、一昨年銀座店がオープンした時に8000人が並んだことで話題になっていたので知っていたのです。大阪の店はインテリアもなかなかいいと書いていましたのでちょっと行ってみたいと思っています。

この話題よりもっと驚いたのは、3月2日の産経新聞のネットニュースに書かれていた記事で、高島屋大阪店が大阪店に勤める20代の女性従業員にアンケートをしたところ、100人中99人が百貨店で服を買った事がないという回答とのことでした。

百貨店で働いている若い女性が、自分の店で買わない現実


時代は猛スピードで動いています。
ちょっと前と同じことをしていると手遅れになってしまいます。


今日の現場

お客様は、寝室はリッツカールトンのホテルのようにしたいという要望でした。

こういうお話は一番難しいのです。各メーカーにも、「このようなお客様の要望があるんだけど、御社でなにか提案できる生地はないですか」と一斉メールをしました。

結果的には、当店のスタッフが提案したものがお客様が気にいっていただきました。

CIMG3864





















CIMG3865何が難しいかといえば、ホテルと部屋のつくり、窓の高さ、大きさが違いますし、マンションで既存のクロス巻きこみのカーテンボックスが初めからついているのです。 その高さが手が届く215センチなのです。

そのため、スワッグバランスもすることができません。



裏地もつけました。両端はリターン仕様にしました。

CIMG3862CIMG3861










ペルメット(上飾り)も窓の高さの事を考えてプレーンにしました。

CIMG3866CIMG3868











CIMG3860ボルスターもカーテンと同じ柄の総柄でつくりました。

ベッドカバーはこれからつくりますので写真ではありません。







今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 





カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→




 オーダーカーテンならば大阪・カーテン夢工房

 

 ブログのトップ

 

今日の現場 カーテンレールにシェードをとりつけました。

3月5日 珊瑚(サンゴ)の日


今日の現場

昨日のブログで、レールを残してバーチカルブラインドを取り付ける方法でブラケットスペーサーを使ったところ、コメント欄に「ブラケットスペーサーと座金の違いはなんですか」という質問がはいりました。

たまたま、今日工事担当者がレールにシェード取り付けるのに「座金」を使って取り付けましたので説明します。

「座金」というのは、当店では取付補助金具と呼んでいる商品で、一般的には
このようなものだと思います。

金具金具1






2月3日のブログにも書いていますのでそちらをまずお読みください。

当店では、カーテンボックスや天井に直につける場合はブラケットスペーサーを使い、カーテンレールに取り付ける場合は取付補助金具を使っています。

CIMG3796CIMG3798










レールのこま(ランナー)とキャップを抜きます。
そこに取付補助金具を使ってシェードのブラケットを取り付けます。

CIMG3802CIMG3800










ブラケットさえしっかりつけば、あとは普通どおりです。
この場合、レールがしっかりとついていることが前提になります。



今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 





カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→




 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

今日の現場 レールを残してバーチカルブラインドを取付

3月4日 ミシンの日

昨日のブログで「切り返し」というのが正しいのかどうかわからないと書いたところ、埼玉の同業者から、コメントをいただき、これはアパレルからきた言葉なんだそうです。

こういうコメントはひじょうにうれしいです。知らないことがいっぱいあるので、それを同業者が読んでいて教えていただくと勉強になります。
同業者のコメントも期待しています。


今日の現場です。

マンションのリビングの窓が巾420センチあり、カーテンボックスにレールがついています。

そこにバーチカルブラインド(タテ型ブラインド)を取り付けるのですが、レールは処分に困るのでそのままにしておいてほしいという依頼でした。

レールの駒(ランナー)とキャップを外して、レールのすき間にブラケットスペーサーを入れてレールとの高さを揃えて直付けしました。

CIMG3803CIMG3804










CIMG3805CIMG3806










(写真はクリックすると拡大します。)

CIMG3807





















簡単なブログですみません。

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 





カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→




 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

今日の現場  プレーンシェードの切り返し

3月3日ひな祭り

今日の現場

CIMG3839

 

 

 

 

 

 

 








プレーンシェードの切り返し。

この「切り返し」という言葉が正しいのかどうかよくわからないのですが、最近、
カーテンのスペシャリストやインテリアコーディネーターがよくつかわれているのです。

要するに、縦か横に生地を継ぐ場合を言うようなのです。

私は今まで、上の写真のような場合は「ボーダー仕様 」とか「別の生地で巾継ぎをする」と言っていました。

タテに継ぐ場合は「胴つなぎ」と言っていました。

インテリアのメーカーや我々なんかも好き勝手に名前をつけて言っているので、どれがなにを意味しているのかよくわからないのです。

私は、できるだけエンドユーザーにわかりやすい言葉を使うように心がけていますが、プロっぽい人は、「知っているよ」と言わんばかりにわざと難しい言葉を使ったりするのです。

上の施工例写真はサッシのところで分割していまして、右のシェードは右だけ、左のシェードは左だけ色違いのものを使って巾継ぎをしています。

巾継ぎ位置はリングテープの位置で両端から7?のところで、生地はフジエのFA2070の11番と15番です。

 

今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 





カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→




 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

 

 

 

 

今日の現場  体育館の窓にリフトでレールを取り付ける。

この時期はちょっと忙しく私も取付にまわったりしています。

ブログも簡単にさせていただきます。

時間のない時は「今日の現場」という簡単なものにさせていただきます。

今日の現場

体育館の窓のカーテンレールの取り替えをしました。

CIMG3840





















今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 





カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→




 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

 

 

タチカワのプレーンシェードダブルタイプ ワンチェーン切れる

ここのところ忙しくて小ネタはありません。いきなり本題です。

今、ブレイクしているタチカワのプレーンシェードダブルタイプのワンチェーンに懸念していたことが起こりました。

ワンチェーンが切れたんです。

CIMG3837





















CIMG3834CIMG3836










新しいものを加工所で用意して取り替えてきました。


昨年の4月に納品した分で、タチカワの部材を使って縫製・組み立ては当店の加工所でしました。
ワンチェーンにするためにボールチェーンを熱圧着しなければならないのですが、そのハンダごてはタチカワから購入したものです。

その事に関してはこちらのブログをお読みください。
http://www.curtainkyaku.com/blog/51913391.html


当店の加工所の熱圧着する技術力に問題があったかもしれませんが、このやり方では、切れる可能性は高いのです。

以前、ニチベイがロールスクリーンのダブルタイプにこれと同じやり方のワンチェーンのチェーン式の商品をだしていました。しかし、チェーンがよく切れたとのことで、そのタイプは廃止にして今はプルコードのみです。

ダブルシェードドラム式に関してはこちらのブログをまずお読みください。

http://www.curtainkyaku.com/blog/51870541.html

ダブルシェードドラム式のタチカワとトーソーの比較です。

私は、そこにも書いているのですが、タチカワのドラム式は、大きいサイズには
不適切だと思っています。
ワンチェーンにかかる負担が大きいからです。

今回の現場の分は巾2050×高さ1235ミリでした。ちなみに生地はサンゲツのCK103とCK967です。

このぐらいのサイズならば大丈夫だと思ったのですが・・・・・・


タチカワは製作サイズの最大は2900ミリにしています。トーソーは4000ミリです。

多分、タチカワも大きいサイズには負担が大きいと考えているのだと思います。

でも、メーカーの品質保証は1年間です。
1年間問題がなければ、メーカーはOKなのです。
その後は部品が破損しても有償になるのです。



サンゲツは昨年の秋に出した新しい見本帳からダブルシェード(ツインシェード)のメカはトーソーからタチカワに変えました。

タチカワのメカを使っているサンゲツは、ダブルタイプのプレーンシェードで最大製作巾を4000ミリにしています。


  どうして?

たぶん、売れないと思っているんからでしょ。

ちゃうちゃう。今まで使っていたトーソーのメカでは最大4000ミリまでやっていたので、「まあいいんじゃないやか」という感じのようです。

ちなみにリリカラも今年からダブルシェードドラム式のメカをヨコタからタチカワに変更しました。こちらは最大製作巾をタチカワに合わせて2900ミリにしています。

私は、タチカワのダブルタイプのシェードは製作巾は最大で2000ミリぐらいかなと思っています。
それ以上はトーソーのメカの方がいいと思っています。

当店は独自に5年間保証しています。
クレームになりそうなのはあまりすすめたくないのです。

ワンチェーンのダブルシェード(ツインシェードもしくはダブルタイプ)が
ワレルチェーンのダブルシェードにならないことを祈ってます。


今日のブログは役にたちましたか  はい、クリック 





カーテンと窓周りに関するご質問はこちらへ→




 織物研究会

 

 

 ブログのトップ

 

 

 

268 / 425« 先頭...10...267268269...280...最後 »

オーダーカーテンのことなら
カーテン夢工房

〒550-0013 大阪市西区新町1-21-8 大阪スカイタワー1F
フリーダイヤル 0120-10-9661
TEL.06-6532-1993 FAX.06-6532-1992

Copyright(C) 2011 CURTAIN YUMEKOUBOU. All Rights Reserved.